なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2017年GW関西旅( 30 )

2017/5/6(土)■神戸空港で買ったフロインドリーブのクッキ

■神戸空港で買ったフロインドリーブのクッキ
c0060927_20084545.jpg
c0060927_20084733.jpg
c0060927_20085041.jpg

by natchan72 | 2017-05-06 20:08 | 2017年GW関西旅

2017/5/6(土)

■ANAフェスタ 神戸ゲート店
https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280104/28040859/

神戸空港の搭乗口エリアにあるお土産店に併設のドリンク売り場で、生ビールやコーヒーなどを買って、店の前の搭乗口ロビーにある立ち飲みカウンターでいただくことができます。
c0060927_20062356.jpg
飛行機に乗る前に、「生ビール」と、土産物コーナーにあった「香住かに入りかまぼこ」を買っていただきました。
c0060927_20062692.jpg
c0060927_20062969.jpg
缶ビールより生ビールの方が好きなので、とても美味しくいただきました。帰りはもう羽田空港に着いたら電車で帰宅するだけなので、行きのようにその日にレンタカーを借りるとかもなく、車の運転もないので、ちょい呑みを楽しめました。

香住の蟹も、(元ですが)兵庫県民にとっては、とても価値のあるものなので、普通のかまぼこなら買わなかったかもしれないところを、香住の蟹入りなら食べたい!と思って選びました。

さて、これで2017年GW旅レポは終わりです。相変わらず2カ月遅れのレビューですみません。読んでくださった方、お付き合いありがとうございました。
c0060927_20063231.jpg
c0060927_20064073.jpg
c0060927_20063534.jpg

by natchan72 | 2017-05-06 18:32 | 2017年GW関西旅

2017/5/6(土)たもん庵 神戸空港店

■たもん庵 神戸空港店
https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280104/28005729/

2017年のGW旅は帰りもスカイマーク利用だったので、神戸空港へ。早めの夕食を空港内で頂きましょうということで選んだのがこちら。サルフサービスのうどん店で、看板には自家製麺と書いてありました。
c0060927_20035744.jpg
「たもん庵」さんの名前は聞いた記憶がなかったので、これを書くためにwebサイトを見てみたところ( http://www.tamon-an.jp/search/index.html )、全国で11店舗展開する会社さんのようです。埼玉県にも2店舗あり、なんと、そのうちの1店舗はデオシティ新座という、うちから遠くない場所にあるとは全然気づきませんでした。

品物を受け取って任意の席に着席する仕組みですが、たまたま着席したところが喫煙席でちょっとびっくり。とはいえランチタイムの11時~14時は全席禁煙だそうですが。空港内のセルフうどん屋で喫煙席があるとは、喫煙者にとってはある意味貴重な店かもしれませんね~。私たちが利用した時間帯は喫煙可能でしたが、あまりお客さんがいなかったので、煙害に合わず助かりました。
c0060927_20042707.jpg
2名で訪問し、いただいたのは「ぶっかけうどん(並)」580円×2と、パックに入ったバラ寿司、コロッケと竹輪天をそれぞれ1つずつ。レシートをなくしてしまったのか、価格は失念しました。
c0060927_20040321.jpg
c0060927_20040612.jpg
c0060927_20041066.jpg
ぶっかけうどんの麺は、太目ですが、硬すぎる感じではなく、ややお値段が高い気がしなくもないですが、味は満足でした。

空港にしては簡単なお食事処があって助かります。ご馳走様でした。今度は新座店にも訪問してみたいです。
by natchan72 | 2017-05-06 17:57 | 2017年GW関西旅

2017/5/6(土)■亀の井亀井堂本家 そごう神戸店

■亀の井亀井堂本家 そごう神戸店
https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/28045670/

三宮にある「そごう神戸店」B1食品フロアの一角にある店舗です。売り場面積はあまり広くないです。2017年は神戸港開港150年ということで、それにちなんだ瓦せんべいを買いたくて訪問しました。
c0060927_20012792.jpg
お目当てのものはすぐに見つかり、2枚×4袋(324円)のものを購入。
c0060927_20013112.jpg
絵柄は150の数字の中に錨とカモメっぽいものがデザインされたものでした。記念と言ってもほどなく食べてしまうものですが。
c0060927_20013561.jpg
瓦せんべいは、小麦粉、砂糖、鶏卵、膨張剤とシンプルな原材料から作られており、硬すぎず、丁度いい歯ごたえなのも気に入っています。飽きのこない味だと思います。
c0060927_20013835.jpg
また神戸へ行ったら買って帰りたいな。
by natchan72 | 2017-05-06 14:40 | 2017年GW関西旅

2017/5/6(土)■昼食 芦屋 パンタイム

■昼食 芦屋 パンタイム
https://tabelog.com/hyogo/A2803/A280302/28004182/

阪神電鉄・芦屋駅の北口から線路に平行した道路を打出方面(東)へ歩いた左側にあるパン屋さんです。

以前、JR芦屋駅の方が近い場所にあった時に、まだ関西に住んでいて食べログもない時代ですが、時々買って、特にハード系のパンが気に入っていたお店です。店内だけでなく、外観の写真撮影も禁止で、レビューも禁止みたいな話を聞いた気がして、足が遠のいていましたが、たまたま前を通りがかり、駐車場に警備員さんがいたのを見て、ここが移転したパンタイムなんだと気づいてせっかくなので寄ってみました。

手前が販売店で奥がカフェになっていて、入口は完全に分かれていました。カフェの利用はしていませんので、カフェは名前が違うのかどうかも確認していません。私たちは手前の販売部門で5点買い求め、実家に持ち帰って昼食として食べました。

トングとトレーを持って陳列品を選び、レジにてお会計という仕組みです。レシートには「ハード系」が4点と「デニッシュ」が1点印字されていましたが、具体的な名前は印字されていないので、どれがいくらでなんという名前かはわかりませんが、220円、310円、150円、250円、250円で計1,180円でした。(2人で訪問して2人で分けて食べたので食べログの価格は1,000円未満にしておきます。)

クリームイエローのビニール袋のデザインは移転前と同じで、変わっていませんでした。
c0060927_19573824.jpg
買ったものは、海老カツが1本トルティーヤでラップされたサンドイッチ、ベーコンやチーズが練りこまれたもの、アンチョビが練りこまれたもの、ブリオッシュ型の中にチーズが入ったもの、ツイスト型の砂糖がまぶされたドーナツっぽいものです。
c0060927_19580085.jpg

c0060927_19580724.jpg
c0060927_19580424.jpg
c0060927_19581401.jpg
c0060927_19580213.jpg
海老カツが1本トルティーヤでラップされたサンドイッチとツイスト型の砂糖がまぶされたドーナツっぽいもの以外は昔のパンタイムでよく買っていたタイプのもので、懐かしく感じながらしみじみ頂きました。逆に今回初めて買ってみたトルティーヤサンドがなかなか美味しくて、変わらぬ部分と変わった部分、どちらもいいものだなと思いました。

個人的には撮影禁止の主張が強いお店はちょっと苦手なのですが、そうまでしても、変わらぬ人気店であるのはすごいな、実力店なのだなと感心しました。確かに、味と素材の感じからすると、都内の人気店に比べると価格が半額ぐらいかもしれません。そういう意味ではいい店だな、立派な店だなと改めて思うのでした。


by natchan72 | 2017-05-06 12:30 | 2017年GW関西旅

2017/5/6(土)■芦屋 パスティッチェリア・アマレーナ (PASTICCERIA amarena)

■芦屋 パスティッチェリア・アマレーナ (PASTICCERIA amarena)
https://tabelog.com/hyogo/A2803/A280302/28002287/

JR東海道本線「芦屋」駅(南口)より南へ進み、国道二号線を渡って少し進んだ右側にあるお洒落な外観で、2Fがレストラン、1Fがカフェとスイーツなどの販売を行っているお店です。
c0060927_19521850.jpg
c0060927_19522133.jpg
実家から埼玉へ戻る日の午前中、せっかくなので芦屋市内のスイーツ店へ行ってみようと思い、食べログで検索して知った「パティスリー プラン」さんへ向かってみたのですが、順番が3番目だったのでショーケースを見ながら並んでいたところ、埼玉辺りとはなんか次元が違うというか、おひとりが10個以上買い求めていく中で、私たちの好きなスポンジ系のものが残り1つ、あとはタルト系のものしか残っていない状態になったので、別の店で買おうと店を出て、ちょっと歩いて見つけたお店です。
c0060927_19522575.jpg
c0060927_19523065.jpg
カフェも空席があったのですが、たまたま実家で朝のコーヒーを飲んで出てきた直後だったこともあり、家族の分も含めて買って帰って食べようということになりました。ショーケースを見る限り、先ほどの店よりも私たちの好みに合っていそうな気がしました。
c0060927_19523491.jpg
どのケーキも見た目が可愛らしく、大きさも大き目なものがあるのも嬉しいです。迷いながら選んだのは以下。価格は外税なので、値札の直感よりお会計がやや高めに感じるのは仕方ないですが。

・ドルチェローザ(490円+税)
→大き目カットで、ピンクのクリームが印象的です。トップには苺とブルーベリーと花びらがあしらわれ、バラのイメージだそうです。

・チェスティーノ(500円+税)
→季節のフルーツを詰め込んだフルーツバスケットをイメージしたというこちらの一品は、バスケット部分も食べられてしまうという楽しいもの。パイっぽい見た目ですが、味と食感はプレッツェルみたいな感じかな。私が訪問時の内容は、プリンと生クリーム、苺とブルーベリーとレーズンが盛り込まれたものでした。

・デリツィア アル リモーネ(410円+税)
→ナポリの南、ソレント発祥のお菓子で、レモンとバニラのムースで、トップにピスタチオとベリーがのっていました。期間限定だそうですが、訪問時はとても蒸し暑い日でしたので、この酸味がさっぱり頂けて満足でした。

・カッサータ(430円+税)
→シチリア島のお菓子だそうで、リコッタチーズのムースにナッツとドライフルーツが入った個性的なものでした。

・ゴルゴンゾーラ(380円+税)
→これはスティックっぽい長方形のチーズケーキで、ブルーベリーがトップに一粒と、端に三角形に粉砂糖があしらわれているのが印象的です。

カッサータやゴルゴンゾーラに関しては万人受けするとは言えないかもしれませんが、私としては他ではなかなか頂けないタイプのケーキを食べられたという満足感が高かったですし、見た目に一目ぼれしたドルチェローザやチェスティーノは期待に外れることなく味も良かったです。

お店の雰囲気、スタッフの皆さんの接客、味、価格ともに満足できるバランスの良いお店に出会えて幸せでした。ご馳走さま。先行レビュアーさんもありがとうございました。

(お会計は計2,387円で、4人で分けて食べたので一人当たり597円ぐらいですが、2人で訪問したので一応使用した金額を1,000円台にしておきます。)
c0060927_19523775.jpg
c0060927_19524003.jpg
c0060927_19524367.jpg
c0060927_19524699.jpg
c0060927_19524954.jpg

by natchan72 | 2017-05-06 11:26 | 2017年GW関西旅

2017/5/6(土)■実家朝食

2017/5/6(土)

■実家朝食
c0060927_19492166.jpg
c0060927_19492456.jpg
c0060927_19491954.jpg

by natchan72 | 2017-05-06 09:21 | 2017年GW関西旅

2017/5/5(金・祝)■蓬莱 南海なんば駅北口店

■蓬莱 南海なんば駅北口店
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27027312/

南海で和歌山市から「なんば」へ戻ってきて、駅にあった551の蓬莱さんに立ち寄りました。この店舗は改札内側は左が蓬莱のタイクアウトで、右側が「南海そば」という立ち食い蕎麦屋さんになっていて、改札外からは蓬莱のテイクアウトができる作りになっていました。
c0060927_19433186.jpg
アイスキャンデーのパイン味(120円)を1本買って近くで食べ、豚まん4個入り(680円)は持ち帰って実家で食べました。

アイスキャンデーの味は2017年5月現在は、「ミルク」「アズキ」「チョコ」「フルーツ」「グリーンティー」に「パイン」がレギュラーに復活したそうで、そのパインを選択。他には夏期限定で「ヨーグルト味」もあるようです。

パインのアイスキャンディーはパイナップルの果肉が入っていて、原材料はパインアップル、砂糖、砂糖(増粘多糖類)、酸味料、香料、着色料(V.B2)という値段の割に良心的なもの。噛むとキシキシするアイスキャンディはあまり好みでない私ですが、551のアイスキャンディは好きです。
c0060927_19433573.jpg
c0060927_19433829.jpg
6本以上買う場合は専用の箱に入れてくれて、ドライアイスもつけてくれるので有難いです。(5本以下で希望者はドライアイス代30円で販売可)。

豚まんは実家でレンチンして食べましたが、安心感のあるおいしさ。玉ねぎの甘味がたまりません~。
c0060927_19434270.jpg
c0060927_19434530.jpg
c0060927_19434868.jpg
c0060927_19435137.jpg
c0060927_19435486.jpg
ということで、今回の関西旅でも551蓬莱の豚まんが食べられて嬉しかったです。


by natchan72 | 2017-05-05 19:51 | 2017年GW関西旅

2017/5/5(金・祝)■夕食 和歌山市 ◯京

■夕食 和歌山市 ◯京
https://tabelog.com/wakayama/A3001/A300101/30000018/

南海・和歌山市駅から徒歩15分ぐらいの場所にある和歌山ラーメンのお店です。私たちはJRの和歌山駅からバスに乗り「京橋」バス停で降りてそこから5分ぐらい歩いて行きました。JRの和歌山駅前から出るバスは色々な行き先があり、どの路線が最適かよくわからないまま乗ったので、このバス停が最短かどうかはわかりません。
c0060927_19395455.jpg
お店の道路側は、すりガラスがあしらわれたガラス壁とドアで、暖簾もないので、最初はラーメン屋とわからず前を通りすぎてしまい、探しながら戻りました。
c0060927_19395862.jpg
店内はコンクリート打ちっぱなしの壁と床に黒いテーブルと黒いパイプ椅子。新しい感じで清潔です。テーブルには灰皿が備えつけで、生玉子と小さい鯖寿司が置いてありました。この小さい鯖寿司は、ラーメンを注文して出てくるまでに食べるのが慣例だそうで、帰りにお会計の際に食べた数を申告する仕組みなんだそう。お水は給水機があり、セルフサービスです。
c0060927_19400220.jpg
2名で訪問し。「中華そば」(600円)と「チャーシューメン」(800円)を注文。「サバ寿司」(100円)を1人1個ずついただきつつラーメンができあがるのを待ちました。
c0060927_19401287.jpg
c0060927_19401654.jpg
「中華そば」は、青ネギの小口切り、メンマ、ナルト、チャーシューがのっていて、麺はやわらかめ。スープはとろっと脂が乳化したようにも見えるもの。「チャーシューメン」はチャーシューが器の縁からはみ出ていて、すごくフォトジェニックでした。スープの味も脂っこすぎることもなく、美味しかったです。
c0060927_19402354.jpg
c0060927_19402742.jpg
c0060927_19403170.jpg
和歌山ラーメンといえば「井出商店」さんには二度訪れたことがあったので、今回は系統の違う店で食べてみたいと思いこちらを選びましたが、同じ地域でも結構違いがあるものだなと思いました。

帰りは南海で難波へ戻る予定でしたので、ここから歩いて駅へ向かいました。途中にも有名なラーメン屋さんがあったのでそちらも入ってみたかったですが、流石に満腹になっていたので断念。駅近くの果物屋さんで実家用にかんきつ類を買い求めてから電車に乗りました。
c0060927_19403569.jpg

by natchan72 | 2017-05-05 19:26 | 2017年GW関西旅

2017/5/5(金・祝)■湯浅醤油 蔵カフェ

■湯浅醤油 蔵カフェ
https://tabelog.com/wakayama/A3002/A300203/30006811/

JR湯浅駅から徒歩10分弱ぐらいのところにある醤油蔵さんです。湯浅醤油というのは地域のお醤油の総称でもありますが、こちらの会社さんは会社名を「湯浅醤油 有限会社」とされているのと、同じ敷地に「丸新本家」さんがあって、ちょっとややこしいです。
c0060927_19365944.jpg
c0060927_19370211.jpg

私たちはこちらの蔵カフェというエリアにある醤油ソフトクリーム目当てで訪問。カフェといってもレジで注文して支払って受け取って、空いている席に着席して食べるみたいなものです。ただし、訪問時は席数が少なくて(何かイベント用に物が置いてあったみたいな感じ)外に出てカンカン照りの中で食べました。
c0060927_19370732.jpg
c0060927_19371852.jpg
「醤油ソフトクリーム」(350円)は、「生一本黒豆醤油」と「くろさわ牧場」の美味しいミルクを使って作られたものなのだそう。この数日前の兵庫県で食べた味噌ソフトクリームよりしょっぱさはマイルドな感じで、甘しょっぱいのが苦手な私でも美味しくいただけました。あと、ついでに「みかん甘酒」(300円)も飲んでみました。少し酸味があって、飲みやすい甘酒でした。
c0060927_19371348.jpg
c0060927_19372222.jpg
他には、ホットコーヒー、アイスコーヒー、ゆずジュース、ゆずソーダ、うめソーダなどもメニューにありました。

カフェの奥の方には土産に買える醤油や金山寺味噌などの商品が色々あり、試食も豊富でしたので、購入を検討されている方には便利な店かと思います。私は近くの他店でどちらも購入済だったので、こちらでは持ち帰り品は購入しませんでしたが。

個人的には「蔵カフェ」といういい響きの店は、訪問時は店内でゆっくりできるような造りではなくて、売店のついでぐらいの場所だったのが少し残念でしたが、建物の外観はいい感じでしたので、訪問できて良かったです。
by natchan72 | 2017-05-05 15:04 | 2017年GW関西旅