なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:静岡県の温泉 ( 15 ) タグの人気記事

6/20(土)(日帰り温泉)静岡県 伊豆 天城湯ヶ島温泉 源泉termeいづみ園

■(日帰り温泉)静岡県 伊豆 天城湯ヶ島温泉 源泉termeいづみ園
http://www.terme-idumien.co.jp/

c0060927_13131972.jpg


民宿に泊まりに行く前に温泉日帰り入浴をしようとガイド本「ことりっぷ」に掲載の中から選んで訪問してみた温泉です。宿泊可能な宿で、1泊朝食付きのB&Bや、素泊まり、自炊もできるそうです。到着時、駐車場でバーベキューをしていたので、販売かと思いきや、宿泊者のバーベキューコーナーだったようです。小さな子供さんがチョロチョロされていたのでなんだか危ないなあと思いました。

玄関で靴を脱いで下足入れに入れ(鍵はなし)スリッパを履いて男女別の浴室へ。

浴室は手前に内風呂、奥の外に露天風呂がある造り。
どちらもそんなに大きな規模のものではないですが、ちょうど落ち着くぐらいのもの。
お湯は無色透明に見えました。浴感は柔らかい感じ。

湯上りの休憩室が広くていい感じです。
網戸になっていて渓流の方からいい風が吹き込んでいました。

平日3時間(日・祭日2時間)で700円と、かなりお高いように感じましたが、
1999年に訪問したことのある「湯ヶ島温泉(西平温泉)共同浴場 河鹿の湯」さんに比べると
車が入りやすいことと、休憩室があることがメリットかと思いますので
それぞれお好みの方へ行かれるといいかなと思いました。
by natchan72 | 2009-08-16 12:15 | 温泉

静岡県 焼津黒潮温泉 焼津駅前健康センター

■静岡県 焼津黒潮温泉 焼津駅前健康センター

「2005年正月の帰省」17湯目

浴槽の湯は毎日換えている&オーバーフロー兼の循環仕様だそうです。24時間営業の健康ランドとしては1000円で利用できるのはお得だと思う人も多いそうで、随分賑わっていました。

個人的には焼津黒潮温泉では以前行った「元湯 なかむら館」のお湯が一番だと思います。

さて、これが2005年正月帰省シリーズの最後の温泉となりました。今回は合計17箇所での入浴でした。

(2005年1湯目)
by natchan72 | 2005-01-01 22:42 | 温泉

静岡県 伊豆下田横川温泉 手打ちそば・うどん ふかや

■静岡県 伊豆下田横川温泉 手打ちそば・うどん ふかや(現在は営業していないそうです)

せいろ蕎麦700円などを食べると無料で自家源泉の家族風呂に入浴させてもらえるとのことで訪れてみました。当日はうどんは売り切れで、せいろ蕎麦を注文。瑞々しい美味しさでツルリと平らげました。蕎麦湯を飲むと、つけ汁の出汁味も強調されて美味しいものでした。

温泉は無色透明で、ツルツル感があります。源泉は湯船の中から出てくる方式。シンプルな長方形の湯船ではあるものの、家族風呂にしては意外と大きく、外の竹林や渓流を愛でながらノンビリ入浴することができました。

近くにある昭吉の湯や、観音温泉は未湯なのですが、湯上り後、汗が出て体力を消耗したので、今回は他の温泉に立ち寄らずに帰宅することに。

中伊豆を北上するルートで帰路についたのですが、途中「嵯峨沢館」の横を通り、「あせび野」の看板を見ながら走りました。うーん、泊まってみたいな~。

それにしても夜出の日帰り旅で入浴数3箇所とは、私たちも体力がなくなったもので・・。

(2004年53湯目)

c0060927_1771293.jpg


c0060927_177357.jpg


c0060927_177523.jpg


c0060927_1781036.jpg


by natchan72 | 2004-08-10 22:14 | 温泉

静岡県 網代温泉 平鶴

■静岡県 網代温泉 平鶴

随分久しぶりに伊豆へ行きたくなりました。夏場に伊豆半島が混むのは承知していましたが、夏の海も見たいと思い、混雑覚悟でいざ出発。さすがに東伊豆は湯河原街道、熱海、伊東など、要所要所で結構な混雑でしたが、意外にも他府県ナンバーの車がさほど多いわけでもなく、普段でもこれぐらい地元の車で混むのかもしれないと思うにつけ、これが週末やお盆ならどうなってしまうのだろうかと思うのでした。

自遊人パスポートの無料券にて入浴ができるので、ここを目標に行きましたが、当初からここの昼定食を食べるのも目的もひとつでした。魚料理が美味しい庶民的な宿との評判を聞いていたからです。海を見ながら、鯵タタキなど、たっぷり海の幸を堪能。自家製のような烏賊の塩辛は、塩辛を苦手とする私でも美味しく食べられるものでした。

朝の8時に日替わりで男女交代するという風呂は、当日は奥が女湯、海により多く面しているだろうと思われる側が男湯でした。想像よりも小さな露天風呂だったものの、お湯は想像よりもかなり良く、ほぼ無色透明ながらも、味は塩味よりも苦味が利いたようなしっかり源泉そのままが湯口から注がれています。浴感も良く、このように見た目よりも浴感が素晴らしいお湯が最近好きだと再認識したのでした。

(2004年52湯目)

c0060927_1723422.jpg


c0060927_1713744.jpg


by natchan72 | 2004-08-10 13:16 | 温泉

静岡県 御前崎温泉 魚味(がわ)

■静岡県 御前崎温泉 魚味(がわ)

四角い内湯と露天風呂があります。御前崎にあるものの、海からは少し離れた立地のようで、意外ながら景色などは楽しめませんでした。

温泉はやや緑色がかった透明なもので、舐めてみると若干塩味を感じたような・・。いずれにせよ、温泉的には特筆するものはないのですが・・・。

ここを私が気に入ったのは休憩所兼の食堂。施設の名称になっている「がわ」が楽しめるのです。「がわ」とは、漁師の船上料理だそうで、カツオや葱など、を氷水と味噌で和え、鍋の中でかき混ぜると「ガワガワ」と氷が音を立てることから付いた名前なのだとか。そこで当て字で魚ヘンに味と書いて「ガワ」なのだそうです。これが美味しかったな~。またこれを食べにここへ行きたいと思うほどです。

(2004年3湯目)

c0060927_2125924.jpg


c0060927_21252426.jpg
これが「ガワ」です。


c0060927_21253523.jpg


by natchan72 | 2004-01-02 22:37 | 温泉

静岡県 遠州浜天然温泉 八扇の湯

■静岡県 遠州浜天然温泉 八扇の湯

源泉100%との張り紙がありましたが、加水をしていないという意味でしょうか。消毒臭はしていたように思います。無色透明の冷鉱泉はマグネシウム含有量日本トップクラスの名湯とのことです。湧出量は666リットル/分あるそうですが、16.9度の源泉を大量に沸かすのは大変だろうなと思いました。

池に面した広い露天風呂や、露天風呂の一角にある能舞台風呂(少し高台に設置した檜露天風呂)が人気のようです。食事をするところや土産物を売るコーナーもあり、家族連れや若い女性グループに大人気のようでした。

(2004年2湯目)

c0060927_21273088.jpg


by natchan72 | 2004-01-02 22:36 | 温泉

静岡県 西里温泉 清水市西里温泉浴場やませみの湯

■静岡県 西里温泉 清水市西里温泉浴場やませみの湯

含銅・鉄(II)-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉 (高張性中性低温泉)という珍しい湯。これは1000湯に1つしかないそうで、それを聞くと入浴が叶ったことが有難く感じます。ただ、浴槽の湯に関して言うと、タンクに貯めてからの配湯だからか特別な印象はなく、さらには「竹炭の湯」など温泉効果を謳うよりも竹炭の効能を謳っているなど、どの浴槽が温泉なのやらというのが正直な感想。

冷泉との表示がある湯船が源泉浴槽なのかと思ったりしましたが、源泉温度の27.9度Cよりは高い温度の湯が注がれており、これまた意味がよくわかりませんでした。勿論周辺環境はよく、露天風呂もいくつか浴槽があるので、湯の状態に特にこだわらないなら、リラックスのできる施設だとは思いました。 

++++++++++++++
●施設のジャンル・・・入浴施設
++++++++++++++
●訪問時・・・入浴で利用
++++++++++++++

(外観↓)
c0060927_22563139.jpg


(露天風呂↓)
c0060927_22565025.jpg


c0060927_2257220.jpg


by natchan72 | 2003-04-30 22:54 | 温泉

静岡県 平山温泉 龍泉荘

■静岡県 平山温泉 龍泉荘

今回の静岡温泉旅の中で、最も気に入ったお湯でした。楕円形でタイル貼りの湯船は3槽に分かれており、常連さんらしき人々が思い思いの場所で入浴していました。湯はやや白濁しており、硫化水素も含まれるいい匂いがしています。湯船縁から湯が溢れ出るのが気持ちいいです。

廊下にはカラオケ宴会の歌声が響いていました。ここは1回入浴よりは1日過ごす人が多いようですね。どこか懐かしい感じのするこの宿で宿泊するのも楽しいかもしれないな、なんて思いました。

++++++++++++++
●施設のジャンル・・・宿泊施設
++++++++++++++
●訪問時・・・日帰り入浴で利用
++++++++++++++

(歴史ありそうな石。昭和33年と書いてあるのかな?↓)
c0060927_22505326.jpg


(この階段を降りてゆきます。道から建物は見えないので、どこだろうかと探してしまった。↓)
c0060927_22513858.jpg


(玄関↓)
c0060927_2252102.jpg


(入浴したあとは、この階段を上るのが辛いなあ。↓)
c0060927_22523683.jpg


by natchan72 | 2003-04-05 22:49 | 温泉

静岡県 滝の谷温泉 滝の谷温泉センター

■静岡県 滝の谷温泉 滝の谷温泉センター

広いガラス窓があるので明るい雰囲気です。お湯は無色透明で、香りや浴感に特にインパクトはないものの、湯上りはサラっとしたように思います。浴室に入った瞬間、消毒臭がしましたが、これは主に洗い場の清掃に使用しているものなのか、当日のお湯からは匂いませんでした。ただ、湯船から湯が溢れ出ない構造からか、湯の表面に皮脂のようなキラキラがあったのが若干気になりました。

++++++++++++++
●施設のジャンル・・・入浴施設
++++++++++++++
●訪問時・・・入浴で利用
++++++++++++++

(外観↓)
c0060927_22384859.jpg


(まずは建物右側にある階段登り口から2階へ。この温泉、どっから入ったらいいのか最初分かりませんでした。↓)
c0060927_22461613.jpg


(2階へ上がったら靴を下駄箱へ入れ、戸を開けて料金を払います。スリッパに履き替えて(?)向こう側の階下へ。↓)
c0060927_22391656.jpg


(ふつーの家の玄関みたいな戸。この暖簾も何もないところが浴室への入り口です。誰かの家だったらどうしようと思いながら恐る恐る開けちゃいました。↓)
c0060927_22473396.jpg


(無事入浴。これは男湯浴室です。↓)
c0060927_22392615.jpg


(近くにあったお茶畑↓)
c0060927_22402295.jpg


by natchan72 | 2003-04-05 22:37 | 温泉

静岡県 小田温泉 小田温泉

■静岡県 小田温泉 小田温泉

「おそまつながら、この坂を下ったところが小田温泉です」というような看板が出ているのが微笑ましいのですが、私が運転していたならばきっと怖くて進む勇気がないような急坂&細い道を20~30メートル(?)利用したところにある温泉です。何だか秘密の場所にある温泉に辿り着いたかのような嬉しさも覚えました。

内湯が男女各1つあり、私が利用した時には女湯が石作りの湯船、男湯は木作りの湯船でした。木の浴槽が好きなお連れ様は「男湯の方がいい感じだな、ラッキー!」と喜んでいましたが、石作りの女湯も手作り感が伝わってくる素敵なもので、私はお気に入りになりました。

お湯は無色透明。冷鉱泉なので沸かしてありますが、人が湯船に浸かるとザバーンと溢れるので、比較的新鮮な湯が楽しめました。ガツーンというインパクトはないですが、常連さんが多いこじんまりとした温泉で湯の香を楽しみながら入浴させて頂きました。

++++++++++++++
●施設のジャンル・・・入浴施設(?)
++++++++++++++
●訪問時・・・入浴で利用
++++++++++++++

(玄関がある方の外観↓)
c0060927_22315760.jpg


(玄関と反対側の外観↓)
c0060927_22322668.jpg


(木の浴槽だった男湯↓)
c0060927_22323585.jpg


(石の浴槽だった女湯↓)
c0060927_22324563.jpg


by natchan72 | 2003-04-05 22:31 | 温泉