なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:群馬県の温泉 ( 39 ) タグの人気記事

(日帰り温泉)群馬県 伊香保温泉 伊香保露天風呂

■群馬県 伊香保温泉 伊香保露天風呂
http://www.city.shibukawa.gunma.jp/kankou/onsen/rotemburo.html

結構な本降りの雨になってしまいましたが、石段を登って、「伊香保露天風呂」まで歩いてしまいました。露天風呂だけの施設ですが、450円します。

入口の窓口で女子はロッカーのカギを貸してくれます。脱衣所といっても畳1.5畳分ぐらいしかないスペースですが・・。

大雨なので葉っぱがいっぱい浮いていてコンディションはイマイチ。せっかく伊香保へ来たから・・とそれを承知で入ったから仕方ないのですが。右奥の木の下あたりがちょっと雨がしのげるようで、先客の方が手招きしてくれました。親切に感謝!

また天気のいい日に再訪したいですー。

↓源泉湧出口。このすぐ近くなので、お湯も新鮮です。(当日は雨は入ってましたが)
c0060927_1451330.jpg


↓これが湧出ドーム
c0060927_1453272.jpg


↓草津温泉でも有名なベルツ博士の像
c0060927_146137.jpg


↓こちらが露天風呂の入り口です。
c0060927_1463337.jpg


(2010/5/23)
by natchan72 | 2010-10-02 14:06 | 温泉 | Comments(0)

群馬県 伊香保温泉 伊香保石段の湯

■(日帰り温泉)群馬県 伊香保温泉 伊香保石段の湯
http://www.city.shibukawa.gunma.jp/kankou/onsen/ishidannoyu.html

伊香保温泉に着いたら、「伊香保温泉 石段街 名所見学 駐車場」(無料)に車を止めました。朝8時台でしたが、すでに半分ぐらいは埋まっていたので、止めたい人は早めに来た方が良さそう。
c0060927_21404735.jpg


「石段の湯」は朝9時からの営業なので、少し車で時間をつぶしてから、9時を目指して「石段の湯」へと出かけました。
c0060927_2141868.jpg


貴重品ロッカーは有料なので、ビニールの巾着袋に入れて浴室まで持って入りました。シンプルな内湯がひとつ。褐色透明の湯で、湯船の淵からお湯が溢れ出すのが清潔感があって好感が持てました。

(2010/5/23)
by natchan72 | 2010-09-23 21:43 | 温泉 | Comments(0)

四万たむら 宿泊記 温泉編(その他)

■これは夏期にオープンする温泉プール
c0060927_22543881.jpg


c0060927_22544824.jpg


■足湯
c0060927_2255109.jpg


■飲泉所
c0060927_2256510.jpg


■お風呂の種類と入れる時間帯の説明。部屋にありました。
c0060927_225646100.jpg


by natchan72 | 2010-05-16 22:56 | 温泉 | Comments(0)

四万たむら 宿泊記 温泉編 「翠の湯」

●「翠の湯」(足下湧出)
→旧館「花涌館」の方にある足下湧出の内風呂です。泡がぽこぽこ湧き出るのを見ながら入るのは至福のときです。温泉好きならぜひ一度体験しておきたい一湯に入れて嬉しかったです。
c0060927_2249416.jpg


c0060927_22491491.jpg


c0060927_22492428.jpg


c0060927_22493581.jpg


c0060927_22494830.jpg


c0060927_2250637.jpg


c0060927_22501696.jpg


c0060927_22503164.jpg


by natchan72 | 2010-05-16 22:36 | 温泉 | Comments(0)

四万たむら 宿泊記 温泉編 「岩根の湯」

●「岩根の湯」(温泉蒸し風呂、打たせ湯あり)
→「御夢想の湯」のすぐ近くにあります。あまり魅力を感じなかったのですが、せっかくなので入ってみました。こちらのお湯は、メタケイ酸が沢山入っているとか。塩の湯とも呼ばれ、冬場は特に体が温まるのが嬉しいお湯。寝起きはあまりお腹が空いていなかったのですが、この湯に浸かって「さあ、バイキングの朝食に行くぞ~」といういい感じの空腹感がやってきました。
c0060927_22342653.jpg


c0060927_22343820.jpg


c0060927_22344948.jpg


c0060927_2235225.jpg


c0060927_2235162.jpg


by natchan72 | 2010-05-16 22:28 | 温泉 | Comments(0)

四万たむら 宿泊記 温泉編 「御夢想の湯」(庭園露天風呂「甌穴(おうけつ)」併設)

●木涌館部屋の檜風呂(写真は部屋編で掲載済み)
→これはどの部屋にも付いているのかわからないのですが、蛇口をひねると高温の温泉が出てくる仕組みでした。檜の香りが強いので温泉を楽しむというより、檜風呂を楽しむという感じかな。水で薄めたくない場合は早めに湯を張って、冷めてから入浴するといいでしょう。

●「御夢想の湯」(庭園露天風呂「甌穴(おうけつ)」併設)
→翌朝、朝食前に入りました。「金涌館」売店横エレベーターで降りて行きます。ちょっと暗めの伝統的浴室造りで、ここのお湯が一番素晴らしかった。庭園露天風呂「甌穴」は、一旦脱衣所に上がってから「御夢想の湯」とは別の出口から出る方式なのですが、水滴を拭かずに移動する人がいるのが困ったものです。庭園露天風呂とはいえ、面積が狭いので、庭園と言えるかどうか・・。強いて言えば露天風呂に浸かりながら「御夢想の湯」の外観をしみじみ眺めるのがいい感じというぐらいかな。
c0060927_22255545.jpg


c0060927_2223830.jpg


湯船は1つですが、もう一枚写真を・・。
c0060927_2224978.jpg


c0060927_22231810.jpg


c0060927_22233196.jpg


c0060927_22234435.jpg


c0060927_22253069.jpg


露天風呂から見た内湯の建物
c0060927_2225221.jpg


by natchan72 | 2010-05-13 23:36 | 温泉 | Comments(0)

四万たむら 宿泊記 温泉編 浴場「甍の湯」

●大浴場「甍の湯」
→ここは1階が男性用、2階が女性用です。脱衣所は広く、パウダールームには綿棒や基礎化粧品もあり、洗髪や身体を洗うには一番適した浴室だと思います。浴室に入るとすぐ右に(女湯の場合)ビニールカーテンで仕切られた韓国式アカスリエステコーナーがあるのがちょっと興ざめ。せめてもうちょっと上品なカーテンにしてほしい・・。その変なカーテンの前にあるのが木をくりぬいたような雰囲気のいい長い掛け湯用の湯船。左には熱い湯と書いてある木枠の湯船。中ほどと奥は同じような形の湯船でお湯の温度が少し温めになっています。お湯の温度が違うといっても浴感が特別変わるわけでもないのでここはそんなに感動はないかな。階下に男湯が覗けてしまう作りが面白いといえばそうなのですが、見たら悪いしなあと思いますし。そういえば、熊本県にある「地獄温泉・清風荘」にある露天風呂も、上の方に女湯があり、下の方に男湯があるその名も「仇討の湯」があったのを思い出しました。
c0060927_23315195.jpg


c0060927_2332456.jpg


c0060927_23331422.jpg


c0060927_23333097.jpg


c0060927_23335166.jpg


このあと、甍の湯(男湯)の前に設置してあったクイックマッサージコーナー(17:30で閉店)でマッサージをしてもらいました。

More(温泉成分分析表)
by natchan72 | 2010-05-13 23:29 | 温泉 | Comments(0)

四万たむら 宿泊記 温泉編「森のこだま露天風呂」

【温泉編】

「竜宮の湯」が工事中で入れなかったのですが、その他の普通に開放されているお風呂には全部入ることができました。(四万グランドホテルへは面倒だから行かなかった。)こちらも入った順にご紹介を。

日替わりで2箇所ほど、朝8:00~11:30まで清掃があるので、その清掃が入るお風呂に初日に入ることをオススメします。どの浴室が翌朝清掃なのかは、チェックイン時にくれる館内図に蛍光ペンでマーカーしてくれているのでそちらで確認できます。

●「森のこだま露天風呂」
→「木涌館」のエレベーターで「川2」というフロアへ。渡り廊下(屋根付きながら屋外で寒い!)を歩いて行きます。その先は露天も脱衣所も男女別です。渓流を眺めながら入れる露天風呂で、ロケーション的にはここが一番いいと思います。露天といっても屋根があり、その屋根が高くて丸太組(?)のような感じでいい感じ。湯船がクランクっぽい形に作ってあり、湯船に入っていると縁側にいるような気分も味わえました。湯船の広さでいえば「四万やまぐち館」には勝てませんが、こちらぐらいの規模の湯船もしっとりした感じで満足でした。
c0060927_2321323.jpg


c0060927_23254573.jpg


c0060927_23273559.jpg


c0060927_23221446.jpg


c0060927_23223332.jpg


c0060927_23224954.jpg


c0060927_2323098.jpg


c0060927_23232617.jpg


by natchan72 | 2010-05-13 23:23 | 温泉 | Comments(0)

(日帰り温泉)群馬県 岩櫃城温泉 くつろぎの館

■日帰り温泉 群馬県 岩櫃城温泉 くつろぎの館

昔、夜に訪問したら閉館したあとで入れなかったところ、今回は昼間で「えっ、こんなところにあったんだ!」と懐かしい気持ちで訪れてみました。というのも、前回は夜で見えなかったのかもしれませんが、ベイシアとか焼肉あおぞらとかまだできていなくて真っ暗な田舎道にあったような印象だったんです。
c0060927_2333647.jpg


入浴料はリーズナブル♪脱衣所のロッカーは鍵がかかるところは100円必要ですが。

内湯+岩組みの露天風呂がありました。小高い丘の上にあるので眺めがいいです。
湯船のお湯は無色透明に見えましたが、湯船や湯口は茶色っぽく変色していました。入浴中には消毒臭は感じませんでしたが、お湯は循環ろ過で塩素消毒ありで加水はなしと表示がありました。
c0060927_23332363.jpg


c0060927_23333929.jpg


湯上り後には畳の広間で、お酢ドリンクやホットコーヒー(有料)を飲みながらゆっくりと過ごしました。
by natchan72 | 2010-05-09 23:33 | 温泉 | Comments(0)

(日帰り入浴)群馬県 白沢高原温泉 初穂カントリークラブ 初穂の湯

群馬県 白沢高原温泉 初穂カントリークラブ 初穂の湯
http://www.hatsuhocc.co.jp/25/#a04

c0060927_20594633.jpg


2007年12月~2008年3月の営業時間:11:30~22:30(入館の最終受付は22:00)
入浴料:大人(中学生以上)600円、子供(小学生)400円、幼児(3歳以上200円)
温泉名・源泉名:白沢高原温泉(源泉名 初穂の湯)
泉温:57度C
湧出量:450リットル/分(動力楊湯)
pH値:9.8
泉質:アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)

c0060927_20583614.jpg


ゴルフ場の大浴場をゴルフ客が利用しないような時間帯や時期のみ日帰り入浴として開放している温泉です。
c0060927_20585739.jpg


カーナビで行くと除雪していないから通行止めと書いてあった「利根沼田望郷ライン」からのルート(初穂カントリークラブの北口)を案内されるのですが、そちらのゲートは工事中で進入禁止だそうで、川場田園プラザを右に見て南下し、酒屋の角を左折してクラブゲート(左側)から入っていくことになっているようです。南口のナビ座標を書いておきますので、初めてカーナビを使って訪れる予定のある方は参考にしてください。

(ナビ座標 北緯:36.39.49 東経:139.07.38)
(入口の住所:沼田市白沢町上古語父 付近)
c0060927_20592869.jpg


エントランスを入り、左手にあるフロントで料金を支払い、階下へと階段で降りたところに浴室があります。ゴルフ客用には立派なロッカーがありますが、日帰り入浴客には無料のカゴもしくは100円のコインロッカーをしようすることになっています。タオルもゴルファー用のものは積み上げてありますが、日帰り客はマイタオル持参にて。
c0060927_2101912.jpg


内湯はガラスが広い展望風呂風の造りで、左右に長い長方形のもの。露天風呂は岩風呂風で円形のもの。どちらもゴルフ場らしい人造池が見えました。
c0060927_210462.jpg


お湯は無色透明でとてもツルツル(ヌルっと)するアルカリ度の高いもの。湯口では温泉のいい香りがしていました。


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

温泉成分分析表の写真
by natchan72 | 2008-03-16 14:00 | 温泉 | Comments(0)