なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:東京都の温泉 ( 15 ) タグの人気記事

(日帰り温泉)東京都 生涯青春の湯 日の出つるつる温泉

■(日帰り温泉)東京都 生涯青春の湯 日の出つるつる温泉
http://www.gws.ne.jp/home/onsen/

『kan-KURA』さんでのランチの後は、日帰り入浴施設で温泉に入ってから帰る予定でした。このエリアには3箇所の日帰り入浴できる温泉があるのですが、昔から名前の聞き覚えがあったこちらを選択しました。あとの2箇所もいつか訪問したいところです。
c0060927_21461663.jpg


c0060927_2146319.jpg


c0060927_21465841.jpg


駐車場は施設建物に一番近いところは満車。少し来た道を下がった道路沿いにある第二駐車場を利用しました。お風呂はフロント方式、ロッカーキーは場所指定制のものを渡されます。

浴室は日替わりで和風と洋風があるそうで、この日は女性が洋風風呂の日。和風は結構良かったそうですが、洋風の露天湯船はプラスチック系素材のジェット風呂を2つ埋め込んであるようなもので、循環がなく、湯船の色が明るいから、湯の表面に浮かぶ汚れが目立ちました。ただ、乳幼児連れの人にはこのタイプの冬ねは好まれるようでしたので、これはこれで役に立っているなと思いました。

お湯は循環・ろ過・塩素とオゾン殺菌ですが、特にお湯から消毒臭が匂うことはありませんでした。無色透明で、ツルっとした感触がありました。

湯上りは2箇所ある食堂(座敷タイプとテーブルタイプ)のうち、テーブル席の食堂で軽く食べることに。天井が高くて開放感があります。水はセルフサービス。注文はテーブル備え付けのボタンを押してオーダーを取りにきてもらいます。注文したのは以下の3品。
c0060927_21472123.jpg


「つるつる豆腐」(300円)
→汁切りが悪いのがちょっと・・。醤油をかけると薄まってしまいます。
c0060927_21473510.jpg


「ゆず味噌おでん」(350円)
→蒟蒻臭い。これが自然な感じなのかしら?こんにゃくに味が染みていないので物足りないです。
c0060927_21475012.jpg


「もつ煮」(400円)
→甘めの味付けで、具は白葱を和えてあるだけ。私は蒟蒻やゴボウと煮込んだ方が好きなので、これはあまり好みでなかった。
c0060927_2148512.jpg


と3品とも期待ほどではなかったのですが、他のテーブルでお蕎麦を食べている人は美味しいを連発していましたので、味の好みによるものだと思います。かなり不便そうな場所ながら館内は大入り満員でしたので、特に週末は人気のスポットなんだなあと思いました。

有料の送迎バスも運行されているようで、形がカッコイイ♪
c0060927_21484459.jpg


by natchan72 | 2010-02-23 21:48 | 温泉

東京都 稲城天然温泉 季乃彩(ときのいろどり) 入浴記

■東京都 稲城天然温泉 季乃彩(ときのいろどり)
http://www.tokinoirodori.com/
c0060927_23314098.jpg


国営昭和記念公園にクリスマスイルミネーションを見に行った帰り、どこか今までに入ったことのない日帰り入浴施設に立ち寄ってみたいと「温泉ニュースBlog」さんをチェック。この記事でご紹介のあった「稲城天然温泉 季乃彩」を選んでみました。営業時間が午前1時までと遅くまでやっているのも魅力的です。

2007年11月26日にオープンした施設だそうで、まだオープンして2週間弱。混んでいるのは覚悟で訪れたのですが、時間が遅かったせいか(訪問22時、清算24時)チェックインもアウトもカウンターで並ぶことなくスムーズでした。

入場料は土日祝日の大人は900円。それに500円の岩盤浴もつけました。入浴用のタオルは別料金で販売していますが私たちは持参していたのでそれは注文せず。岩盤浴を申し込むと専用の岩盤浴着と岩盤浴の室内に敷く大型バスタオルを貸してくれます。男女の別のない浴着で「F」(フリーサイズ)を渡されるのですが、「L」というサイズもあるそうで、体格の良い方はそれに替えてもらったほうが良さそうです。受付嬢に「フリーも結構デカイですよ」と言われた体格の良い夫は不安に思いつつも「そうですか」と「F」を受け取りましたが、着る時は良くても脱ぐときに汗ですべりが悪くなっているので脱ぎにくく、バンザイをした姿で固まってしまい、真剣に近くにいる人に「すいません、浴着を引っ張ってもらえませんか?」と頼みそうになった、と恐怖の体験談(笑)を語っていました。

チェックイン時、フロントでは下足ロッカーの鍵と引き換えに館内で飲食やマッサージなどの支払に使えてチェックアウト時に清算する方式のバーコード式リストバンドを受け取ります。これはロッカーの鍵とは別で、ロッカーでは空いているところを自由に使う方式です。

ロッカーの形は2種類ありました。上中下三段の四角いロッカーと、上下2段の縦長ロッカー。私は四角い方が好きなので四角いのを選びましたが、仕事帰りの服装だったりする時は縦長の方がいいのかな?

岩盤浴の最終申込は22:30とのことだったので早めに利用したほうがいいと思い、まず最初に岩盤浴のコーナーへ。四季をテーマにした4種類の岩盤浴室があります。係員はおらず、好きな部屋に自由に入る方式でした。冷水機はあり、無料で水が飲めるようになっていました。春(やや温度低めで玉砂利が肩甲骨あたりに当たるのが肩凝りに気持ちよかった)、夏(平らな床でかなり高温)、秋(平らな床で春より若干温度低め。入口の戸が低い)、冬(クールダウンの部屋で、寝転ばず腰掛け式。クーラーがかかっていると思われかなり温度は低い。)の順に利用しました。体のためにもこの順が良いような気がしますが。説明看板には、これを2~3回繰り返すといいとありましたが、私たちはこの後お風呂ゾーンへと向かいました。

ちなみにこの岩盤浴ゾーンの近くに寝転びクッションが置いてある休憩場所があるのですが、そこを汗だくの岩盤浴着のまま利用している人がいたのが気になりました。クッションカバーを毎日洗濯するか、利用後の岩盤浴着のまま利用しないよう注意書きを貼るかの対応をしないとすぐに臭くなってしまいそう・・。と、これは館内に設置してあったアンケートに書いて提出しておきました。

館内は2階建てでかなり広く、お風呂ゾーンも色々な湯船があって広く思いました。ナトリウム-炭酸水素塩泉の温泉は内湯、露天ともに使われており、それぞれの浴槽ごとに源泉の使用方法が明記してあります。これはとても好感の持てるものでした。ただし、泉温41.4度Cなので各浴槽とも恐らく加温していると思われますが、それについての記載はなかったみたいですが。

かかり湯をしたあと、檜風呂(温泉 加水循環・塩素臭強し)、つぼ風呂(温泉 加水掛け流し)、岩風呂(温泉 加水循環・ここはちょっと記憶が曖昧なので使用方法が違うかも)、源泉かけ流し露天風呂(温泉 掛け流し)の順に入ってみました。寝ころび湯は床に湯が流れている程度の湯量だったので利用しませんでした。お湯をちょっと舐めてみたところ(飲泉可ではありません)、源泉かけ流し露天風呂の湯口のお湯のみ、微々たる温泉味がしたような気がします。浴感はそんなに特徴がないというか、クセのないお湯に感じました。内湯の主浴槽も温泉利用のようで、露天風呂は夜なので暗くて色がわかりませんでしたが、ここはお湯の色が微黄色透明に見えました。

これもアンケートに書いてきたことですが、現地でひとつ困ったことがありました。ハードコンタクトの目にゴミが入って痛くなったので、コンタクトを水洗いしたく洗面所へ行ったのですが、脱衣所もトイレも、洗面ボウルに栓がないタイプで・・。栓をしないで洗うと流してしまうことがあって怖いので結局洗えずでした。

パウダーコーナーのドライヤーは無料でした。浴室に備え付けてあるシャンプーとリンスは女湯の方は私の髪に合っていたようで、サラサラになって気に入りました。ですが、やはりここも他の施設でよくそうであるように、男湯はリンスインシャンプーだったとか。夫はリンスインシャンプーが好きでないので、これは是非男湯もシャンプーとリンスを別々なものを置いて欲しいと話していました。世の中の日帰り入浴施設を利用する男性の好みはどちらが多いのでしょうね?リンスインシャンプーでも構わない人と、別々の方が好きな人と・・。(笑)

無料休憩スペースは岩盤浴側ともうひとつフロント上側の2箇所あり、広いスペースが設けられているのが好感をもてました。高台にあるので、ちょっとした夜景が見えるのも嬉しいです。。

1Fレストランのメニューもスープカレーがあったりとオリジナリティあるもので美味しそうでした。特に稲城市内にあるお豆腐屋さんの寄せ豆腐や冷奴を食べてみたかったな。食事のラストオーダーは24時で、飲み物はそれ以降ももう少し注文できるとアナウンスされていました。

コイン式マッサージ椅子コーナー、アカスリ、マッサージなども完備されていましたし、お湯については利用者それぞれの好みの個人差があるのでさておき、設備は良いのでリラックスする場所としての利用価値は高いと思います。近くにあれば時々利用したいと思う施設でした。

なお、すぐ近くに名古屋が本店の「コメダ珈琲店」がありましたよ!残念ながら通ったのが24時だったので閉店後でしたが、口の中が「シロノワール」になって困りました。あ~、シロノワール食べた~い。この際ダイエットはどうでも・・。(笑)(1年前の帰省途中にコメダ珈琲店でシロノワールを食べたレポはこちら。) 


by natchan72 | 2007-12-08 23:59 | 温泉

■東京都 板橋温泉 スパディオ

■東京都 板橋温泉 スパディオ
http://www.spadio.com/index.html

オープンしてから数年経過した入浴施設ながら、料金の高さゆえ訪れたことのなかったところでした。近くに新しい入浴施設ができているので、もしかしたら少し安くなってないかなあとHPを見てみたら、21時以降クィック入浴1,260円という料金プランができていたので、訪れてみることにしました。

この周辺は一方通行の道路が多く、住宅街を縫うように走る道路は狭いので、車幅感覚が十分にわかった運転に慣れた人でない場合は車での訪問をオススメできません。

1階が駐車場(フロントに申し出ることにより、3時間まで無料)、エスカレーターで2階へ上がり、フロントで受付をしてから3階の浴室へ。オープン当初に一度訪れたきりだという夫は、フロントまわりの雰囲気がリニューアルしているような気がすると言っていました。

温泉は内湯の主浴槽と、露天風呂の1つに使用されているようで、褐色透明の舐めてみると塩辛いものでした。シャワーなどに使われている湯水はカルキ分などを取り除いたものらしく、そのお陰か温泉のお陰か、湯上りの肌がツルツルしました。

若干料金が高いお陰で、混み合っていないので、ゆっくりリラックスできました。私たちの場合は毎日銭湯として利用するわけではないので、安くても芋洗いほど混み合う入浴施設へ行くより、こういう静かなところに来るほうが気分がいいな、と思いました。

c0060927_23535262.jpg


c0060927_2354550.jpg


c0060927_23541971.jpg


by natchan72 | 2007-01-27 21:00 | 温泉

東京都 前野原温泉 さやの湯処

■東京都 前野原温泉 さやの湯処
http://www.sayanoyudokoro.co.jp/
平日800円、土日祝1,000円
41.0℃ 270リットル/分 規制により 50t/日
ナトリウム塩化物強塩温泉(高張性・弱アルカリ性・温泉)

2005年12月にオープンしていたそうですが、近頃温泉サイトを見る時間がなくて、めっきり情報に疎く、ここの存在すら知りませんでした。週末は2週に1度ぐらの割でスーパー銭湯系日帰り温泉へ行く我が家ですが、この日は蕨のダイヤモンドシティキャラへ買い物に行った帰り、ここに寄ってみることにしました。

温泉は露天風呂で使用されているそうで、露天風呂の湯船は3つのカメ風呂、円形で屋根のある湯船、源泉掛け流し湯船とに分かれていました。源泉浴槽のお湯は夜だったのでよく見えないものの、濁りのある湯で、その他の湯船の湯は(色は若干着いていたと思いますが)透明感のあるものでした。源泉はちょっと舐めてみると塩辛さと出汁のような味で、アブラ臭も弱いながら感じました。
露天の一角に薬草サウナがあり、座席が一人ずつになっているのが気に入りました。

館内にはゴロ寝処、女性専用休憩室、マッサージ椅子、食堂など、色々設備もあり、退出までは何度でもお風呂に入ってもいいそうです。既に常連さんもいるようで、話によると、オープン以来日を追うごとにお客さんが増えているようなきがするとのこと。当日に限ったことかもしれませんが、我が家でよく行く「やまとの湯 蕨店」の客層よりは若干年齢層が高いような気もしました。泉質が強食塩泉なので、我が家の好みではないのですが、今回は食事を済ませて行ったため食堂を利用しませんでしたし、従業員の方々がとても丁寧で好感が持てましたので、また行きたいと思います。

(2006年28湯目)
by natchan72 | 2006-07-08 21:43 | 温泉

東京都 豊島園 庭の湯

■東京都 豊島園 庭の湯

21時以降の割引価格で利用しました。閉館が23時なので約2時間の滞在です。水着レンタルもありましたので、それを利用してバーデゾーンにも入ってみました。

バーデゾーンの屋外には温泉と白湯の2つ浴槽があり、庭園を眺めながら入浴することができます。夜の雰囲気は世田谷区にある瀬田温泉に少し似ているように思いました。(あれほど広くはないですが)

男女別の浴室にも露天風呂がついていますが、こちらは景色はさほど見えません。ですから、ここへ行くなら、是非水着を持参してバーデゾーンも楽しまれるといいと思います。

温泉は茶系のナトリウム-塩化物強塩温泉です。源泉温が33.8度なので、加熱するとともに循環使用でありますが、独自の消毒システムを使用しているそうで、温泉のパワーは健在ですし、消毒臭もありませんでした。加水はしていないそうです。結構濃い感じのお湯です。

2階は食事処のほか、マッサージ関係、マッサージ機、仮眠室などがあり、どこも比較的静かで落ち着いた時間が過ごせました。やはり中学生未満入場禁止というのが嬉しいです。基本料金には、バスタオルとタオルと館内着のレンタルが含まれ、シャンプー・リンス・ボディーソープはマシェリでした。

我が家からだと、大宮近辺へ行くよりもこちらの方が近いですし、ここはリピーターになりそうです。

ちなみに駐車場料金は、受付カウンターへ申し出ることにより、3時間まで無料サービスが受けられました。
c0060927_2212253.jpg


by natchan72 | 2006-04-15 23:48 | 温泉

東京都 天然温泉 いこいの湯 武蔵境店

■東京都 天然温泉 いこいの湯 武蔵境店

お正月に訪れたので、激ゴミでした。受付の人に尋ねたら、普段の週末の倍ぐらいの盛況だとか。温泉は内湯が循環、露天は掛け流しだそうです。露天の檜風呂湯口付近では、泡がつき、確かにいいお湯だと思いました。平日の朝一なんかだと、お湯の劣化もなく、もっといいのではないかな?いくら良いお湯が掛け流しでも、イモの子洗いではあまり堪能できません。

浴室のある1階は、喫煙所が屋外にあり「ああ館内禁煙なのね」と思いつつ、出入りする人で廊下が激寒で閉口しましたが、こんなに徹底している風の施設にもかかわらず、2階の軽食コーナーは喫煙OKとなっていて臭かったです。このギャップは一体・・・。なんだか不思議な作りだなあと思いました。

(2006年1湯目)
c0060927_2372546.jpg


by natchan72 | 2006-01-03 22:04 | 温泉

東京都 東京染井温泉 SAKURA

■東京都 東京染井温泉 SAKURA

都内に比較的新しくできた日帰り入浴施設へ行ってみました。埼玉県内にできた新興の入浴施設に比べると値段が高いですが、そこは東京都内の土地代に比例するからかな。若干高めでも、近隣に競合入浴施設もないので、かなりの人気のようでした。実際夕食をここで食べようかと思っていた私達も、食事処が行列でしたので諦めました。

お湯は濃い食塩泉で、褐色透明。よくあたたまるのはありがたいですが、洗い流さずに出てきた私は、身体に熱がこもってしまい、このあと体調を崩してしまいました。食塩泉の温泉は、真湯で流してから上がる方がよさそうです。

脱衣所のパウダーコーナーが綺麗で良かったです。ロッカーの鍵は何番に入れたかを覚えておかなくてはいけない方式なので、個人的にはちょっと使い辛いと思いました。

アクセスですが、今回私達は巣鴨からは徒歩(10分弱)で行き、帰りは巣鴨まで無料送迎バスに乗りました。

(2005年64湯目)
by natchan72 | 2005-12-23 22:01 | 温泉

東京都 江戸川区 あけぼの湯(乙女温泉)

■東京都 江戸川区 あけぼの湯(乙女温泉)

温泉と東京メトロスタンプラリーとニンテンドッグス通信の3つを目的に、電車に乗って出かけてみました。乗車券は「都営・東京メトロ共通一日券」(大人1,000円)を利用。

都営地下鉄新宿線「船堀」駅で下車し、船堀街道の「船堀小学校前」交差点を左折。少し進むと右側に看板が見えてきます。

浴室は1階と2階があり、2階に別料金で利用できるサウナがあるようです。基本料金で利用できる浴槽も2階にあるみたいですが、うっかり上がってみるのを忘れていました。でも1階部分の内湯と露天風呂を利用するだけでも、400円なら十分満足という感じの温泉銭湯でした。お湯は無色透明無臭で、若干つるり感があるような気もするもの。泉質としては「メタ珪酸の項で温泉法の温泉」というもの。源泉温は18.1度で、成分はナトリウム、塩素、炭酸水素などが他の成分より多めに入っているようでした。

待合室というかフロント前エリアがタバコ臭くて長居はしたくない匂いでしたが、脱衣所や浴室は清潔にしてあって悪くはないなと思いました。

(2005年33湯目)

c0060927_21262347.jpg


by natchan72 | 2005-09-10 22:55 | 温泉

東京都 大江戸温泉物語

■東京都 大江戸温泉物語

埼玉から車で行くのは大変そうだと思い、今まで行ったことがなかったお台場ですが、今回ついに電車で行ってきました。webのサーチエンジンで「大江戸温泉物語 割引」と検索したら、コンビニでチケット発行ができるJTBの割引チケットを発見。サマーキャンペーンというもので、土日も使えて大人1人2407円(税込み)で買えました。番号を控えた紙を持ってくるのを忘れて、画面で検索することにしたのですが、お馴染みのローソンロッピーでは検索しにくく、セブンイレブンへ移動。セブンイレブンの発見機はカラーコピー機と一緒になったタッチパネル式のもので、カラー写真の表示もあるのでわかりやすかったです。

さて、前置きが長くなりました。現地では下足ロッカーに靴を入れ、受付へ。入場料(含む入浴料)を支払い(私の場合は前述のチケットを提出)、脱衣ロッカーキーを受け取ります。これはバーコードがついていて、館内での飲食や昔ゲームなどはこれを提示、チェックアウト時に清算するしくみでした。次は浴衣選びです。色んな柄がありましたが、実際借りる浴衣は、何度も洗濯して色あせてクタっとしているので見本ほどいい雰囲気でもなかったかな。

脱衣ロッカーは番号指定制。空いている番号のロッカーキーを渡すということもある気の利いた日帰り入浴施設とは違い、同時期にチェックインした人と上下のロッカーキーを渡されたので、着替える場所に少し困りました。ここで着てきた服とカバンをロッカーに入れ、浴衣に着替えて飲食や昔ゲームのあるフロアへと出ていきます。

そこで土産物を買ったり、足湯(屋外)へ行ったり、飲食したり、ということをしてから(?)さてお風呂へ。なんと脱衣所がさきほどとは別になっています。今度はロッカーは自由選択です。浴衣を入れるだけのスペースとして考えられているので小さな箱になっています。タオルとバスタオルは1枚ずつ、バーコードロッカーキーの提示にて借りられます。2枚目以降借りたい場合には有料だそうです。

ナトリウム-塩化物強塩温泉の温泉を利用しているのは内湯で、少し高台にあるような作りの四角い湯船1つのようです。褐色透明のお湯でした。湯は浴槽内より出ている作りでしたので味見はしませんでした。トロっとした浴感のあるいい感じのお湯でした。その他は白湯ですが、四角い浴槽とか、露天風呂とか、露天ゾーンにある壷風呂とか、そんな感じの普通に最近の日帰り入浴施設にあるようなタイプのお風呂でした。江戸時代の湯屋をイメージと聞いて鹿児島・指宿「白水館」のお風呂を想像していたのですが、「白水館」の方が橋があったりして断然いいと思いました。

手裏剣や吹き矢などの昔ゲームがいくつかあるのですが、1回400円近くするんです。それで、残念賞が手裏剣の模型。こんなん貰っても使い道ないしー。飴でもくれる方が嬉しかった。カキ氷は一般の小さな氷をクラッシュするタイプの機械だから氷の目が粗いし、おでんのカラシもイマイチだし。マッサージはちょいと高めだし・・。

一度は行ってみたいと思っていたので今回は「行った」ということで満足ですが、リピートはないだろうなと思うのでした。

(2005年32湯目)

c0060927_1065742.jpg
外観


c0060927_1028643.jpg
選べる浴衣


c0060927_10362954.jpg
カキ氷


c0060927_10372020.jpg
ゲーム


c0060927_10314127.jpg
お犬様用の露天風呂(別料金)


c0060927_1037207.jpg


出口付近にあった売店で買った韓国ロッテ製サイダー
by natchan72 | 2005-09-03 22:33 | 温泉

東京都 多摩テック 天然温泉クア・ガーデーン

■東京都 多摩テック 天然温泉クア・ガーデン

多摩テックのホームページに入浴料の割引券がアップされていたのを見つけ、1人1050円で入れるようだったので、行ってみました。実はこの時まで多摩テックという存在も、そこに温泉があることも知らなかった私。西の方は埼玉からは行きにくいのかと思い込んでいましたが、下道でのんびり走って1時間半弱で行きました。我が家からのルートだと、府中競馬場の開催日は府中が混むので避けた方がいいそうですが、この日は新潟競馬場だったので問題ありませんでした。

靴を下足ロッカーに入れると下足ロッカー鍵と引き換えに脱衣所の鍵と、リネン(タオル、バスタオル、館内着レンタル)引き換えプレートを渡されます。脱衣ロッカーは縦長のもの。お湯は薄緑透明で、ツルツルします。高台に位置しているため、内湯の大きなガラスの向こうにはいい展望です。露天風呂は少々下がった場所にあり、垣根があるので内湯からほどは景色がよく見えません。露天風呂は打たせ湯用の小ぶりなものと、広めのものと2つありました。内湯、露天ともにお湯は温泉でした。

一風呂浴びてから館内着に着替え、昼食を食べに行きました。その後はタイ古式マッサージを受けました。これはストレッチを取り入れたマッサージのようなもので、とても気持ちよかったです。

1050円で入れるとはいうものの、食事、マッサージ、カップのコーヒーが200円、駐車場は3時間無料ですが、10分超過したので200円、と全部で14000円ぐらい使ってしまいました。わはは。これならどこか民宿に2食付きで1泊できたな。とも思いますが、まあ1度は経験で行ってみないとね。

c0060927_1253969.jpg


温泉湧出場所。ナトリウム-塩化物泉ながらも、炭酸水素も多く含まれているため、ツルツル感があります。


c0060927_126145.jpg


外観。逆光で綺麗に写せなかった。やっぱデジカメ持参すべきだったか。


c0060927_126139.jpg


入り口。ここからエスカレーターで上がります。
by natchan72 | 2005-07-31 22:05 | 温泉