なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<博多旅>大濠公園 PARKSHOP PINKBERRY

■<博多旅>大濠公園 PARKSHOP PINKBERRY
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400105/40039090/

福岡市中央区にある福岡県営の公園「大濠公園」の湖畔にあるカジュアルなカフェです。お隣には「ロイヤルガーデンカフェ」というレストランカフェもあります。
c0060927_22155271.jpg
博多に遊びに行った時に早めの夕食を天神で食べた日、夕食までの間に何をして時間をつぶそうかと現地でネット検索して見つけた公園へ行ってみたところで存在を知りました。先に散策して、日本庭園(有料)も見学したあと、戻ってきてこちらに入りました。
c0060927_22154599.jpg
ファミレスのロイヤルホスト系列だそうですが、ロイヤルホストとは全然違う雰囲気です。ピンクベリーというフローズンヨーグルトのコーナーとベーカリーコーナーがあり、レジで注文して着席するような仕組み(セルフサービスの前払い制)で、パンだけ持ち帰り利用の人もいれば、コーヒーなどのドリンクだけの人もいて使い勝手が良さそうです。ちなみにパンは天神地下街などにも店がある「アペティート」というお店のものだそうです。
c0060927_22155999.jpg
私たちは2名で訪問し、フローズンヨーグルト(雨の日特価392円)とアップルパイセット(550円)を注文。外の席は寒そうだったので店内席でいただきました。店内席は2人テーブル×2卓、8人用大テーブル×1卓、池向きのカウンター6人ぐらいのこじんまりしたものです。スタッフは3人ぐらいいたかな。音楽は洋楽がかかっていました。
c0060927_22155896.jpg
フローズンヨーグルトはプレーン味とザクロがあり、せっかくなのでザクロを選択。より酸味が引き立つ感じでした。トッピングはフルーツ3つ(メロン、バナナ、苺)と、アーモンド、ギュウヒとぜんざいものせました。
c0060927_22163142.jpg
c0060927_22163796.jpg
アップルパイは横から見たら笑ってしまうぐらいリンゴがぎっちりで良心的作品!コーヒー単品が280円なので、セットで550円とはこれまたお手頃価格です。(アップルパイ単品は410円)コーヒーはマグカップで供され、「BOATHOUSE」と書かれていました。アップルパイがのっていたお皿は、筑前小石原の和田義弘氏の作品だそうで( http://www.tsurumigama.com/ )若い感覚と伝統的な焼き物のいい融合を思いがけないところで鑑賞できて有難かったです。アップルパイの他、マロンポテトパイやスイートポテトパイもこのお皿で提供されると書いてありました。
c0060927_22165173.jpg
c0060927_22165875.jpg
c0060927_22165938.jpg
お隣のレストランカフェも雰囲気が良さそうだったので次回福岡を訪問した時もまた大濠公園へ来てそちらも利用してみたいな~と思いました。大濠公園、なんだかいい雰囲気なんですよね。
# by natchan72 | 2017-01-27 13:40 | 2017年1月博多旅 | Comments(0)

■<博多旅>大濠公園を散策

■<博多旅>大濠公園を散策
c0060927_22025969.jpg
c0060927_22030368.jpg
c0060927_22030720.jpg
c0060927_22031477.jpg
c0060927_22031639.jpg
c0060927_22032039.jpg
c0060927_22032229.jpg
c0060927_22034242.jpg
c0060927_22034413.jpg
c0060927_22034462.jpg
c0060927_22034966.jpg
c0060927_22035272.jpg
c0060927_22035247.jpg
c0060927_22041372.jpg
c0060927_22041133.jpg
c0060927_22040906.jpg
c0060927_22035428.jpg


# by natchan72 | 2017-01-27 12:19 | 2017年1月博多旅 | Comments(0)

■昼食<博多旅>天ぷらひらお 天神店

■昼食<博多旅>天ぷらひらお 天神店
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40004474/

西鉄福岡天神駅徒歩3~4分の「天神東宝ビル 1F」にある天ぷら屋さんです。私たちは地下鉄空港線から行きましたのでもう少し時間がかかりましたが。テレビ(ケンミンショー)で見て知ったお店で、テレビでは別の店舗が映ったと思いますが、何軒かあるとのことで検索したら、公共交通機関で行きやすそうなお店がここかなと思い、伺いました。この便利な場所の店ですが、天神東宝ビルが閉館するとのことで、2017/3/31で閉店なのだとか。所有者の建替え検討に伴う閉館だそうですが残念なことです。
c0060927_21515048.jpg
c0060927_21492825.jpg
さて、こちらの店舗ですが、10:30から営業で、開店前から行列とか、開店直後に満席とか、なにせ混み合うような話を聞くにつれ、30分ぐらい前に到着しておきたいと10時過ぎを目指して伺いました。店の外に券売機があり、10:30にその券売機の電源を入れてくれるまではただ店の前で待つ感じでした。
c0060927_21493109.jpg
「お好み定食」(880円)と「あなご 単品」(220円)の計1,100円×2人分の食券を購入して入店。音楽は歌謡曲がかかっていました。

カウンターがコの字型になっていて、その中が厨房です。席はカウンター奥から詰めて座るように指示されますが、カバンやコートを置く場所がないから困りました。(カバンかけのフックのみあり)待つ人はカウンターの後ろの席に座って、それより待つ人がいれば外に並びます。

テーブルの上には自由に食べて良いおつまみがあります。角切り大根の煮物、昆布の煮物、もやしのナムル、国産イカの塩辛。これとご飯だけでも定食になりそうな立派さに頭が下がります。そりゃ人気も出るよなあ。
c0060927_21495602.jpg
c0060927_21495661.jpg
c0060927_21495907.jpg
c0060927_21502017.jpg

天婦羅を置くバットと、濃い色のツユにたっぷりの大根おろしが入った器が目の前に置かれ、それとは別にお好みで、3種(カレー、抹茶、紫蘇?)の塩をつけて食べることも可能です。
c0060927_21504342.jpg
c0060927_21503800.jpg
c0060927_21505999.jpg
c0060927_21510116.jpg

揚がった順番に天ぷらが置かれます。当日の順番は、白身、単品穴子、豚肉、海老、安納芋、茄子、烏賊、ピーマンというもので、お味噌汁は豆腐入で麦みそなのか白っぽい味噌汁でした。
c0060927_21512396.jpg
c0060927_21512902.jpg
c0060927_21513057.jpg
c0060927_21513608.jpg
c0060927_21513751.jpg
c0060927_21514581.jpg
c0060927_21514222.jpg
衣はそこそこの厚みがあり、豚肉などネタ自体が大きいこともあり、正直穴子の単品は私には多すぎたかなあと思いました。でも油物が好きな同行者は生ビールを飲みつつ、全然平気な顔で平らげていたので、一般的にはそこまで多い量ではないのかもしれません。私は揚げ物の時に冷たい飲み物は胃が受け付けないので飲まずでした。

あ、そうだ、野菜が3種入る定食だったのですが、そのうちの一品が大きなカットの安納芋で、甘くておいしいのですが、たっぷりの天ぷらの途中で甘いものを食べたのも途中でギブアップしそうになった一因だったかもしれません。ピーマンは美味しかったです。

ともあれ、すごくお安くて、すごい店だというのは実感できました。今度また他の店舗でいただく機会があれば、一番小量な定食をいただきたいと思います。ご馳走様でした。それにしても烏賊の塩辛が美味しかったなあ。
# by natchan72 | 2017-01-27 10:30 | 2017年1月博多旅 | Comments(0)

<博多旅>上島珈琲店 天神地下街店

■<博多旅>上島珈琲店 天神地下街店
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40043268/

天神地下街にあるコーヒーショップです。
c0060927_23182379.jpg
朝食がラーメンだったので、どこかでコーヒーが飲みたかったのですが、泊まっていた中洲川端では朝早くから開いている店がよくわからなかったので、早めの昼食を摂る予定の天神まで一駅移動しました。
c0060927_23182700.jpg
天神地下街は何軒ものコーヒーショップがあり、どこに入るか迷いましたが、普段はお値段が高めで躊躇するけどコーヒーの味は信頼感があるこちらのお店に決めました。

入口のレジのところで注文してすぐにできるものは受け取り、空いている任意の席に着席するという仕組みです。地下街なので外気はないものの、結構足元が冷えるので、貸し出し用のひざかけは嬉しかったです。バッグ置きの籠も自由に使えるようになっていました。
c0060927_23184945.jpg
2名で訪問し、ブレンドM(400円)、ブラジル ワタナベ農園(450円)、ミルク珈琲あんぱん(250円を購入。モーニングセットの時間帯でしたが、ラーメンの後でしたし、昼食が待っているのでモーニングにはせずでした。

「ブラジル ワタナベ農園」は、砂時計とコーヒープレスで提供され、各自でプレスするというもので、コクのある甘さと爽やかな酸味が楽しめるものでした。
c0060927_23190286.jpg
c0060927_23191597.jpg
ミルク珈琲あんぱんは、テレビ「マツコの知らない世界」の三大レトロコーヒー店の回で紹介されたものだったので興味を持っていました。あんは北海道産十勝小豆を使用し、上島珈琲店のネルドリップコーヒーで炊きあげたものだそうで、お店で1つ1つ生クリームを詰めて提供するのだそうですが、パンとしては好みより柔らかいし、パン屋さんのあんぱんに比べると若干微妙かなあと思ったりもしますが、テレビで紹介されたあんぱんが食べられたのは嬉しかったです。
c0060927_23192660.jpg
c0060927_23192880.jpg
c0060927_23193122.jpg
この店で一番感激したのは、コーヒーフレッシュが北海道産生クリーム使用の純乳脂肪ということ。コーヒーフレッシュといえば植物油を加工したものが多いと思っていたので、さすが上島珈琲さんは違うなと思いました。
c0060927_23194281.jpg
c0060927_23194601.jpg
c0060927_23194681.jpg
ゆったりとした上品な雰囲気の中、美味しいコーヒーをいただけていいひと時でした。ご馳走様でした。


# by natchan72 | 2017-01-27 09:00 | 2017年1月博多旅 | Comments(0)

朝食<博多旅>はかたや 川端店

■朝食<博多旅>はかたや 川端店
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40003251/

地下鉄・中洲川端駅から川端商店街(博多リバレイン、博多座からキャナルシティ博多までをつなぐ、およそ400メートルのアケード)を歩いて櫛田神社へ向かう途中の一角(道路の角)にあるラーメン店です。この角、向かいに元祖ラーメン長浜家さんやうどんのウエストさんもあって麺屋激戦区でした。
c0060927_18383950.jpg
c0060927_18383999.jpg
せっかく博多へ行くのでどこかでラーメンを食べようと思っていましたが、ガイド本を見て知ったこちらのお店は24時間営業なので朝食として食べられるなと思い、朝8頃に2名で訪問してみました。
c0060927_18383819.jpg
席はカウンターのみ。カウンタ内が厨房という作りで、椅子とガラス戸の間は結構狭いです。音楽は古い歌謡曲が流れていました。9時~18時は禁煙でそれ以外は喫煙可の時間したが、8時前に訪問した際には運よく先客はたまたま誰も吸ってなかったので嬉しかったです。お水は給水機からセルフサービス。

訪問時は厨房には男性と女性がひとりずついて、どちらも優しそうないい感じの方で、注文が重なって忙しい中でもにこやかにてきぱきお仕事をされていました。朝なので学生服の人がいるかと思いきや、ビールを飲みながら餃子をつまみにしているグループやら色んな客層がいて満席でした。

私たちは「博多ラーメン」(290円)×2杯、「煮玉子」(120円)×1、「きくらげ」(50円)×1、「餃子8個」(250円)×1皿、あとから「替え玉」(100円)を注文。

この旅ではレンタカーを借りる予定もなかったので飲んでも良かったのですが、前夜日本酒を飲んだし、この日の夜も夕食2軒を予約済だったのでやめておきました。

ラーメンは「新味」というのが390円でありましたが、初めての訪問なので前からある「博多ラーメン」にしておきました。
c0060927_18384080.jpg
c0060927_18383780.jpg
c0060927_18383948.jpg
c0060927_18384002.jpg
c0060927_18383865.jpg
カウンターには、ラーメンが薄く感じた時に任意で入れるための「ラーメンタレ」、餃子タレ、白ごま、ラー油、胡椒、爪楊枝、おろしにんにく、紅ショウガ、箸、レンゲなどが備え付け。

「博多ラーメン」は黒い器に入ってくるので白濁したスープがよく目立ちます。チャーシューはごく薄いものですが、この値段なので何の文句もありません。トップには青ネギの小口切りがのっていました。

麺もスープもちょうど好みの味ですごく気に入りました。これで一人あたり約405円とは恐れ入りました。安かろう悪かろうではない店というのが素晴らしい。福岡に住んでいたら何度も通いそうな良店でした。ご馳走様~。


# by natchan72 | 2017-01-27 08:00 | 2017年1月博多旅 | Comments(0)