なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 02月 ( 42 )   > この月の画像一覧

おがわ温泉 花和楽の湯 Cafe&Bar花音

■おがわ温泉 花和楽の湯 Cafe&Bar花音
http://www.kawarano-yu.com/index.html

関越道・嵐山小川ICから5分ぐらいの場所にある日帰り温泉入浴施設です。新伊勢崎の「日の出屋」さんにもつ煮込み定食を食べに行った帰り、どこか温泉に寄って帰ろうとこちらに伺いました。
c0060927_18385921.jpg



18:00~はシンプルコースといってタオルセット、岩盤浴着、浴衣がつかない大人880円のプランもありましたが、タオルを持参していなかったので、8:00~夜割り料金の大人1,180円(税込)で入館しました。

館内着がついていると、一度入浴後に、ついつい館内をうろうろしてしまいます。となると、ついつい飲食施設へと足が向いてしまいます。館内には、お食事処「楽膳」と「Cafe&Bar花音」がありましたが、夕食は済ませていたので、「Cafe&Bar花音」を利用することに。
c0060927_18391387.jpg



回遊式のようにあった外廊下を歩いて奥へ行ったところにあり、ゆったりしたテーブル席と、リキュール類が綺麗に並んでいるのが見えるカウンター席があり、音楽はジャズがかかていました。テーブル席のエリアには、2月末の訪問だったので、お雛様が飾ってありました。
c0060927_18392422.jpg



テーブル席も空いていましたが、なんとなくカウンター席の雰囲気が気に入ったので、カウンター席を利用させていただくことに。念のため、アルコールは頂かなくてデザートを頂こうと思っているがカウンターでもいいかとスタッフの方に確認したところ、全然問題ないとのことでした。というか、お食事処「楽膳」で提供しているメニューもこちらで頂くことができるそうで。
c0060927_18393534.jpg



まずはお水がワインボトルのような瓶入りで供されました。グラスに氷が入っていて、湯上りでもあり、とても美味しくいただきました。
c0060927_18394240.jpg



さて、二名で訪問して頂いたのは以下のもの。

「自家製そば餅和風アラモード」(580円)
→国産そば粉と新もち粉で作ったそば餅、小豆、バニラアイス、栗の甘露煮、バナナなどが盛合さった和デザートです。そば餅の味も栗もとても美味しかったです。
c0060927_18395120.jpg



「デリシャスエッグバーム」(ホットコーヒーお代わり付 880円)
→毛呂山にある「ココロ(cocoro)」さん( http://www.cocoro-baum.com/ )とのコラボメニューだそう。中に入れるクリームを、マロン、抹茶、チョコから選べるのでマロンを選択しました。
c0060927_18395828.jpg



c0060927_18401329.jpg



エッグバームが丸1個の他に、白いお皿には、苺とアイスクリームと共に、ソースでデコレーションしてくれていました。これでコーヒーお代わり可能なものがついて880円とは良心的な価格だなと感心。
c0060927_18401821.jpg



ココロさんは養鶏場直営のバームクーヘン屋さんらしく、農林水産大臣賞受賞した地元毛呂山の波田養鶏の産みたて新鮮赤玉を使用したものなのだとか。そのため、玉子型のバームクーヘンなんですね~。味は想像以上に優しい味で、とても気に入りました。いつか直売所の「ココロ」さんや、カフェ併設の「チョコロ 若葉」さんも訪問してみたくなりました。
c0060927_1931516.jpg



館内着一枚で過ごしていると、流石に冷えてきたので、もう一度温泉で温まってからこちらを後にしました。駐車場の車は多かったですが、22時頃にチェックアウトする頃には比較的空いてきていて、とってものんびりと過ごせました。家からは少し遠いですが、ここは値打ちあるな~と大満足。またぜひ伺おうと思います♪
c0060927_1932450.jpg



by natchan72 | 2015-02-28 21:38 | スィーツ&パン&カフェ&コーヒー | Comments(0)

2/28(土)の食卓

■朝食 兼 昼食

ウィンナー&目玉焼き
トースト
c0060927_18244218.jpg



■夕食<外食>新伊勢崎 日の出屋
http://tabelog.com/gunma/A1002/A100202/10005887/

群馬県の伊勢崎市にある「もつ煮込み」がメインの食堂です。「もつ煮込み」といえば、「永井食堂」さんをテレビで見て行ってみたいと思っていたのですが、日・祝は休みで平日は私が行けなくて、行ける可能性があるのは「土曜日 9:00~15:00 」という時間のみ。ということで、なかなか行きにくいなあと思っていたところ、ナツメグさんのレビューでこちらを知りました。味はどちらも同じぐらい美味しくて、こちらの方が土曜日の営業時間が長いのと場所的にも、うちからは行きやすそうと思い、早速訪問してみることに。
c0060927_18243450.jpg



駐車場は店の前にありました。ガラス張りで蛍光灯が煌々とついています。店員さんの掛け声がゆるーい感じでちょっと面白いかも。店内は小上がり席とテーブル席があり、土曜の夜の訪問時は、子供連れのグループが多かったです。もつ煮以外に、ラーメンとか定食とかもメニューにあるから家族での訪問にも十分対応可能ということのようです。

2名で訪問し、テーブル席に着席。トイレの斜め前というのがちょっと気になりましたが、他に空いていなかったので。

注文したのは「もつ煮定食」(700円)と「もつ煮定食 おかず大盛」(800円)。
c0060927_18253717.jpg



びっくりするぐらい早く供されました。もつ煮、冷奴、漬物3種盛、ご飯、味噌汁という内容で、ご飯は大き目お茶碗にたっぷりでした。漬物3種盛は、もやしのナムルみたいなのが美味しかったです。
c0060927_18251590.jpg



もつ煮は、白ネギの小口切りがたっぷりのっています。汁は見た目はすっごく赤いのですが、食べてみると、そこまで辛くはないです。もつの臭みなども全然なく、さらっとしていて、飲みやすいというか、食べやすい、美味しいもつ煮でした。それにしても安いし~。店の人は元気でいい感じだし。来てよかった~。
c0060927_18255396.jpg



「おみやげ」も購入して帰りました。2~3人前がひと袋に入っていて、価格は1,080円。車にいつも積んであるクーラーボックスで持ち帰り、帰宅後はすぐに冷蔵庫に保存して、翌日鍋で温めていただきました。

群馬県中北部などへ行った帰り、この前の道を通りがかったらぜひまた寄せてもらってもつ煮定食を食べたいです。いい店を教えていただいてありがとうございました~。

■この日見かけたガスタンク
c0060927_18373920.jpg



by natchan72 | 2015-02-28 18:45 | 2015年の食卓 | Comments(0)

新伊勢崎 田中屋分店

■新伊勢崎 田中屋分店
http://tabelog.com/gunma/A1002/A100202/10008616/

新伊勢崎の方にある「日の出屋」さんに、夕食としてもつ煮込定食を食べに行く途中、せっかく遠くまで来たから、なにかもう一軒、スイーツかパンか、そういった店に行ってみたいなと、食べログで検索したお店です。実は先にもう一軒「忠治茶屋」という店に寄ってみたのですが、17:30までの営業で、訪問時には従業員の人が鍵を閉めて帰るところで・・。で、こちらへ伺いました。

周囲はすっかり暗くなってしまった頃、カーナビで示す場所までは着いたものの、駐車場の入口が最初はわからなくて、店の前に一旦横づけしてお店の人に聞いてしまいました。もう一周して戻ってきて無事駐車。駐車場は広いのですが、道路と段差があるので、電柱の横のところだけロープがない場所となっていて、そこから入るのだそう。駐車場の近くの角には他店の大きな看板があったりするので、なんかわからなくて・・。
c0060927_18184650.jpg



さて、戸を開けて入ると、テレビがついていて、6人ぐらいが座れるテーブルと、2人用の小さなテーブルがありますが、新聞が置いてあったりして、人の家のダイニングみたいな感じ。物も雑然と置いてあり、どこでどうすればいいのか不安になりつつ・・。お店の年輩男性に「焼きまんじゅうをください」と。

炭火で焼くので、2本から受付だそうです。2名で訪問したので、「焼きまんじゅう」(1串150円)2本を注文。出来上がるのを待っている間、壁の上の方を見たら、メニューが貼ってあり、「あん入り焼きまんじゅう」(1串250円)もあるのに気付きました。そのほかは、「すまんじゅう」が1個30円、「あん入りすまんじゅう」が1個55円と書いてありました。

出来上がったころに、パックに入れてくれようとしたので、そのままでいいですよ。と声をかけると、「食べるか持ち帰りか先に言ってくださいよ、パックに入れそうになったじゃいですか」と、ちょっとムっとされつつ、お皿に置いてくれました。こっちこそ、初めての店なのに、システムがわからないよ。。と心の中で思いつつ、「すいません」と言って受け取り。あまりきれいでなくて、落ち着かない椅子とテーブルのところで腰かけていただきました。
c0060927_18174389.jpg



さて味ですが、表面がかりっとしていて食感がとてもいいです。さすが炭火焼きと思いました。タレは、甘さはあまりなくて、どちらかというとしょっぱい系。これはタレも食感も形もかなり気に入りました。
c0060927_1818266.jpg



埼玉県南部から下道で訪問していたので、かなりトイレに行きたかったのですが、来客用トイレがあるかどうかわかなない作りでしたのでお借りするのは諦め、急いで食べて「日の出屋」さんへ向かう途中のコンビニでお茶を買ってお借りしました。

味は良かったですが、やはり飲食物を扱うお店は、古いのは仕方ないとしても、清潔感があるのは大事だと思うので、今度は店の雰囲気の良さそうだった「忠治茶屋」に行ってみたいなと思います。
by natchan72 | 2015-02-28 18:09 | スィーツ&パン&カフェ&コーヒー | Comments(0)

2/27(金・有給)の食卓

■朝食

キャベツとウィンナー炒め
トースト
c0060927_20335073.jpg



■昼食<外食>たまプラーザ 蕎麦 魯庵
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140201/14041848/

東急田園都市線・たまプラーザ駅の北口を出て、東急百貨店の方へ渡り、北西側(左の方)へ進んだ右側のマンション1Fにあるお蕎麦屋さんです。
c0060927_20342221.jpg



平日のブランチに表参道へ行くことになった日、せっかくだったら帰りにたまプラーザの方に住むお友達とランチしたいなあとお声かけしてみたところ、日程を調整してくれたので、たまぷらへ伺うことに。

お店は、ブランチがエッグベネディクトなので、お昼はお蕎麦がいいな~と食べログで探してここに興味を持ちました。同じたまプラには、ミシュランの星を獲得したお店もあるのだとか。でもこちらもクチコミで評判が良さそうだし、こちらにしようと、電話予約の上、二名で訪問。

外観の赤が目を引くお店で、店内はカウンター席とテーブル席が。外観と同じく店内も赤と白の壁、テーブルは木目調で、木枠に白いクッション材の椅子の背もたれには赤いひざ掛けがかかっていて、音楽はジャズがかかっていました。
c0060927_20344065.jpg



夜は炭火焼など居酒屋さんっぽいメニューもあるそうですが、お昼は基本的にお蕎麦と天ぷらと少々セットのご飯ものがあるぐらい。ということで以下をいただきました。
c0060927_20352815.jpg



<日本酒>山口県 貴 山廃純米(900円+税)
→一合がたっぷり供されました。二人で一合でよかったかも、(笑)  それにしても日本酒はいろんな種類がありました。しかも結構珍しいものも。勿論焼酎も色々あったので、夜にも訪問してみたいな~と熱望してしまいました。
c0060927_20345280.jpg



<蕎麦>せいろ蕎麦(800円+税)
→石臼で挽いた国産蕎麦粉で手打ちしたお蕎麦だそうで、店頭には蕎麦打ち場所もありました。細く切られたお蕎麦は香りもよく、瑞々しく、切りムラもなく、美味しくいただきました。
c0060927_2035235.jpg



c0060927_2035548.jpg



<天ぷら>広島県産・たけのこと奈良産・春菊の天ぷら(580円+税)
→メニューには載っていなかったのですが、本日のおすすめということで声をかけていただきました。お皿の赤も素敵で、お塩もついていました。
c0060927_2035145.jpg



<平日ランチ時のみのサービス>ミニアイスクリームかコーヒー
→アイスを選択しました。アイスの上に、蕎麦茶がのっていて、これがプチプチといい食感。上から黒蜜もかけていただきました。
c0060927_20354296.jpg



お会計は一人2,352円。

ご夫婦が中心になってやっていらっしゃるそうで、お若いのに立派!いや、若いからこそのセンスでしょうか。女性一人のお客さんも、ご隠居さんっぽいご常連さんも、パラパラと次々に訪れていましたので、しっかりと地域に根付いたお店となっているようです。地元のお友達がいたので帰りがけに少しお話させていただいたところ、地域のおすすめ店も色々教えていただいて、とっても楽しかったです。夜に再訪したいなあ!ほんと、たまプラは、オーナーさんがしっかりしたお店が多くて感心します。うちの近くにも少し分けてほしいぐらい・・・・・・・。

■夕食

しめサバ
もつ煮
ねぎのおかか和え
いかの麹漬け
ご飯
c0060927_20341082.jpg



by natchan72 | 2015-02-27 20:31 | 2015年の食卓 | Comments(0)

たまプラーザ ウメノヤ

■たまプラーザ ウメノヤ
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140201/14046619/

たまプラーザ駅から7分ぐらいのところにある「蕎麦魯庵」さんからさらに西にまっすぐ10分弱ぐらい歩いたところ、左側にあるマンションの半地下のような場所にあるカフェです。
c0060927_20285228.jpg



「蕎麦魯庵」さんでご紹介をうけ、お店の雰囲気だけでも見に行って、もしお茶だけでもよければ寄ってみたいねということで、歩いていきました。

まだランチタイムで、ランチセットのメニューが表にありましたが、平日昼すぎで空席も多かったので、お茶だけでもOKとお許しをいただき、入店してみました。

店内はソファ席をはじめとして、色々な席の形があるのが面白いです。私たちは右側の中ほどにある大きなソファ席に着席。
c0060927_202966.jpg



お茶は「東方美人」(1人前500円)という台湾のお茶を注文。お友達はそれだけにしましたが、食い意地が張った私は「苺大福」(660円)というこちらのお店オリジナルのスイーツを注文することに。

「東方美人」は、あまりクセがなくて、飲みやすいお茶です。ポットで供されるのでゆっくりいただけます。そして、途中でお湯を足してくれました。
c0060927_20292020.jpg



「苺大福」ですが、コーヒーカップに苺と漉し餡が入っていて、その上には、ふわふわのメレンゲがこんもりとのっています。こんな珍しいスイーツを見たのは初めて~。味も和と洋の融合という感じで感激ものでした。
c0060927_20292712.jpg



c0060927_20294916.jpg



c0060927_20295692.jpg



c0060927_2030294.jpg



ランチメニューもお得感のあるものでしたし、夜はワインとタパスなどお料理にもとても興味があります。今度はランチにお食事をしに伺ってみたいな。
c0060927_20301654.jpg



こちらもご夫婦でやっていらっしゃるそうで、大手資本の会社がやっているカフェより私は好きだなあと思いました。
by natchan72 | 2015-02-27 13:50 | スィーツ&パン&カフェ&コーヒー | Comments(0)

クリントン・ストリート・ベイキング・カンパニーでエッグベネディクト

■クリントン・ストリート・ベイキング・カンパニー
http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13159456/

東京メトロ「表参道駅」B1出口を上がり、左へ。青山通り沿いにちょっと歩いて、一つ目の信号のある「南青山五丁目」交差点を左へ。信号を2つとちょっと歩いた右側にある路面店です。約7~8分ぐらいかかりますが、場所がわかった帰りは近く感じました。
c0060927_13555582.jpg



思ったよりもこじんまりとしたビルで、入口は1Fにあり、1Fと2Fに席があり、1F席は朝8時から営業していますが、2F席は10:30からしか利用できないのだそうです。予約は夜のみ可能なので、行くしかありません。

ランチ会をしたかったけど、早く帰らなきゃいけないというメンバーがいて、それじゃあブランチ会にしようと金曜日の朝、同級生と3人で集まりました。早く帰らなきゃな友達が一番乗りで9時に店に着いたところ、もう満席だったそうで、待ち列に並んでいてくれました。私だけ副都心線が遅れていたので少し遅刻してしまい、私が到着した09:30のちょっと前に友人2人は着席できたようです。
c0060927_1356927.jpg



注文したのは「エッグベネディクト」(1,600円+税)と「ホットコーヒー」(500円+税)。ホットコーヒーはお代わり可能なので、1杯お代わりをいただきました。
c0060927_13562928.jpg



1Fは2人~4人に適したテーブル席、お手洗いのある2Fへ行ったときに見たら、ちょっとしたグループなら2F席なら対応できそうな感じでした。でも正直店の作りは、特に高級感もなくて、ちょっと拍子抜け。スタッフさんも若い男性が多くて、ファミレスとかスタバとか、駅のカフェとか、どこにでもいそうなカジュアルな雰囲気に感じました。

さて、エッグベネディクトですが、オランデーズソース(一般的には、バターとレモン果汁を卵黄を使用して乳化し、塩と少量の黒コショウまたはカイエンペッパーで風味付けしたもの)がたっぷり。2つがお皿に乗ってくるので、2人でシェアする人も多いようで、小皿も何も言わなくても持ってきてくれていました。が、3人で訪問していた私たちは分けるのも困るので、全員2つずつ頂きました。面白いと思ったのは、青ネギが上に載っていること。ネギ嫌いな人は困るかも・・。そんなにクセもなかったですし、私は気になりませんでしたが。
c0060927_13565093.jpg



で、くだんのエッグベネディクトですが、まずバンズというか、パンというか、マフィンのようなものは、「バターミルクビスケット」というのだそう。でも、一般的に日本人が想像するクッキーみたいなお菓子のビスケットとは違い、ケンタッキーのビスケットよりはしっかりした食感で、マフィンよりは硬めの食感という感じだったかなあ。具は厚めのハム、上にポーチドエッグ、その上にオランデーズソース、生トマトカット、ねぎ、という順です。
c0060927_13565899.jpg



それにしても玉子の量がたっぷりですねえ~。まあたまにはいいかな。味は悪くなかったです。私は並んでないので楽しめましたが(一人の同級生とは4年ぶりの再会でしたし)、店を出たあとの列も平日なのに結構長かったので、並んでまで食べるのもなあと、思ってしまいました。値段も高いですし・・。青山価格なんですかねえ。ただ、きっとここのエッグベネディクトが本格的なものに近いのかなあとマスコミの宣伝を見る限りでは信じてしまいそうなので、基準がここであるとふまえた上で、他店でも味わってみたいなと思いました。
by natchan72 | 2015-02-27 09:45 | 2015年の食卓 | Comments(2)

2/26(木)の食卓

■朝食

ハヤシスパゲティ
サラダ
c0060927_23345699.jpg



■お弁当

きんぴられんこん
ほうれん草のお浸し
イカ天(冷凍食品)
ご飯
c0060927_2335254.jpg



■夕食

生キャベツ
納豆
もやしのナムル
ほうれん草のお浸し
c0060927_23351786.jpg



by natchan72 | 2015-02-26 23:34 | 2015年の食卓 | Comments(0)

パパブブレ 東京大丸店

■パパブブレ 東京大丸店
http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13147691/

大丸東京店のB1Fにある飴の専門店です。1Fフロアに入らず、B1直通のエスカレーターで降りるとすぐ横なので迷わずに行けるかと思います。

現代版金太郎飴という感じのもので、タイミングが合えば、実演販売といいますか、複数人のスタッフさんが作成されるのを目の前で見ることができます。
c0060927_1241725.jpg



私が訪れた時には(木曜日の夕方)、三角帽子の男の子みたいな絵柄の飴を作っていて、出来上がってまだ温かいところを試食で配ってくれたので、なんだか愛着が湧いて、それを買ってしまいました。
c0060927_1242230.jpg



c0060927_12421078.jpg



翌日ランチをする約束のあったお友達へは、期間限定のお雛祭りセットを購入。後日、お友達が綺麗に並べてくれた写真を見せてくれたのがとても嬉しかったです。
c0060927_12413966.jpg



c0060927_12422260.jpg



今回購入したこの飴、思ったよりも細いものでした。味はさっぱりしたソーダ味のように感じました。

こちらに伺ったきっかけというのが、用賀にある「ティックトック」( http://tiktok.jp/ )さんに行ってみたいなとツイッターでつぶやいたところ、東京にも似たお店がありますよとフォトワーさんに教えていただいたところ。便利な場所にあって購入できて嬉しかったですが、公式webを見たら、ティックトックさんもやっぱり魅力的なので、いつかぜひティックトックさんへも伺えたらいいな~と思います。
by natchan72 | 2015-02-26 18:40 | スィーツ&パン&カフェ&コーヒー | Comments(0)

2/25(水)の食卓

■朝食

ハヤシスパゲティ
サラダ
c0060927_23221164.jpg



■お弁当

焼き鯖
回鍋肉
もやしのナムル
ご飯
c0060927_23221749.jpg



■夕食

焼き鯖
ほうれん草のお浸し
とろろ汁
鶏のから揚げ(スーパーの)
c0060927_23222532.jpg



by natchan72 | 2015-02-25 23:21 | 2015年の食卓 | Comments(0)

2/24(火)の食卓

■朝食

ハヤシライス
サラダ
c0060927_2318885.jpg



■お弁当

きんぴられんこん
回鍋肉
ご飯
c0060927_23181520.jpg



■夕食

から揚げ(スーパーの)
イカ刺身
とろろ汁
ご飯
c0060927_23182295.jpg



by natchan72 | 2015-02-24 23:17 | 2015年の食卓 | Comments(0)