なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 09月 ( 39 )   > この月の画像一覧

9/30(月)の食卓

■朝食 

マスカット
玉子とハムのサンドイッチ
ごぼうと人参のラタトゥイユ
c0060927_1126616.jpg



■お弁当

空芯菜のニンニク炒め
ごぼうと人参のラタトゥイユ
イカ天
ご飯
c0060927_1126723.jpg



■夕食

冬瓜のかにあんかけ
タコとわかめときゅうりの酢の物
c0060927_1126615.jpg



by natchan72 | 2013-09-30 11:25 | 2013年の食卓

9/29(日)の食卓

■朝食 

大根とハムのサラダ
レッドカレーライス(いなば缶)
c0060927_22522076.jpg



■昼食

きんぴらごぼう
かぼちゃ煮
大根とハムのサラダ
野沢菜炒め(瓶)
ご飯
c0060927_22522392.jpg



■夕食

イナダの刺身(臭かった!)
鯛の刺身
c0060927_22531420.jpg



by natchan72 | 2013-09-29 22:52 | 2013年の食卓

<外食>ハングリータイガー 他 9/28(土)の食卓

■朝食

カレーライス
ごぼうと玉ねぎのマヨサラダ
c0060927_22434136.jpg



■昼食<外食>ハングリータイガー
http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130802/13007931/

東京メトロ銀座線の虎ノ門駅から徒歩3分ぐらいのところにある一軒家のお店です。以前テレビ番組で、とある政治家が昔から好きだったと紹介されていたお店で、どなたか覚えていませんが、お店に興味はあって食べログでブックマークしていました。
c0060927_22443258.jpg



土曜日の午前中、都内に用事があったので、それを済ませたあと、こちらで昼食をいただくことに。12:15頃に訪問。土曜日だからもっと空いているのかなと想像していましたが、意外とほぼ満席。運よく2人用のテーブルが空いていて待たずに着席できましたが。
c0060927_22443167.jpg



席は入口と同じ高さのフロアには4人用と6人用のテーブル席が、1段上がったフロアには、厨房の前にカウンター席が5人分ぐらいと窓際に2人用席が2~3卓ありました。

イタリアンレストランなのかな?と思っていましたが、メニューを見ると、夜の方はわかりませんが、昼に置いてあった限りでは、パスタが12種類、リゾットが1種類という展開でした。これなら夜でも安心して訪問できそう。

訪問日、厨房は女性が2人、ホールはオーナーさんかな?と想像するような年齢の男性が取り仕切っておられました。
c0060927_22433855.jpg



私はテレビで紹介していた「ペスカトーレ」(1,000円 中盛り+100)を、同行者は「ボンゴレ」(950円 中盛り+100)を注文しました。メニューに、男性は中盛り(+100)か大盛り(+150)をお薦めしますと書いてあったので、中盛りを選んだのでした。

「ペスカトーレ」の具は海老、イカ、剥き身アサリ、マッシュルーム。
c0060927_22433856.jpg



「ボンゴレ」は剥き身アサリとガーリックオイル。どちらも、パセリが表面にふってあり、麺は太くて柔らかかったです。そして、食べ終わったあとのお皿に残った油がすごいです!!「ボンゴレ」はなかりニンニクの臭いが強烈なので、平日ビジネスマンがランチで食べるには午後に影響しそうだと思いました。
c0060927_22442968.jpg



中盛りでも麺が太くて油がたっぷりだから、満腹度はかなりのものでしたが、ジャポネと違って値段はそれなりにするので、B級グルメを食べるようなお得感とは少し違うかな。でも小洒落た雰囲気のイタリアンレストランっぽいお店でちょっと懐かしい感じのスパゲティが提供されているのを体感するのは楽しかったです。

メニューは、訪問時にあったのは以下のメニューでした。

[オイルベース]
ペスカトーレ(1,000円)
ボンゴレ(950円)
ペスカトーレ&バジリコ(1,200円)
ボンゴレ&バジリコ(1,150円)

[トマトベース]
ペスカトーレ(1,100円)
ボンゴレロッソ(1,050円)・・剥き身アサリとトマトソース
ポモドーロ(950円)・・自家製トマトソース
アラビアータ(1,000円)・・辛いトマトソース
カプレーゼ(1,100円)・・白身魚、トマトソースクリーム和え

[オリジナル]
ダニエル(1,000円)・・ハム、ベーコン、玉子のオリジナルカルボナーラ
バジリコ(1,000円)・・大葉で和えた特製バジリコ
パンナ(1,150円)・・仔牛ひき肉、マッシュルーム、オニオン、クリームソース

[リゾット]
リゾットペスカトーレ(1,000円)

私の場合は家からも職場からも近くないので、なかなか再訪のチャンスがどうかわかりませんが、再訪できる機会があるなら、ダニエル、パンナ、カプレーゼ、リゾット、オリジナルのバジリコ、トマトソースのペスカトーレ、などの順で食べてみたいな~、と思いました。

■<カフェ>草枕
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13043012/

土曜日のランチで利用した虎ノ門の「ハングリータイガー」からの帰りは新橋まで歩いて山手線に乗ろうと思いました。歩道を歩いていて通りがかりに見かけたのがこちらのお店です。

店の前に「珈琲」と看板が置いてあったので珈琲店だということは理解しましたが、草色ののれん、複数種類の植物などを見るにつけ、珈琲店というよりも骨とう品店のような佇まいにも感じられます。
c0060927_22462012.jpg



入る前にどんな店か食べログで検索してみたところ、想像以上の高評価。これは入らない手はないといそいそと入ってみました。

ドアを入るとすぐに中は見えないように竹っぽい衝立が。照明は暗めです。覗くようにゆっくりと中へと足を進めると、中ほどにテーブル席が。その奥にもうひとつ衝立があり、その先にカウンター席とテーブル席がありました。カウンター席に先客がいたので、私達は手前のテーブル席に着席。
c0060927_22461184.jpg



店内は、ヴォーリズ建築の100年、西洋美術史、日本美術史、他、などの本がずらり。カウンターには文庫本が沢山。壁には美術館のリーフレットが貼ってありました。音楽はターンテーブルでクラシックレコードが回っています。時折レコードを替える間に店内がシンとするのも一興です。

丁寧な言葉使いのマスターは想像よりお若い方でびっくり。オーセンティックバーのバーテンダーさんにこのように素敵な物腰の方がいそうです。まずはお水を出してくださいますが、水のグラスも傷一つないです。
c0060927_22451970.jpg



コーヒーは手廻しロースターの自家焙煎珈琲をネルドリップで淹れてくれるそうです。

2名で訪問し、注文したのは以下。
c0060927_22451988.jpg



「水出し珈琲(濃いめ)(アイス)」(800円)
→ノリタケのデミカップで供されました。アイスコーヒーですが、氷は入っていません。氷で薄めないところがすごいです。そう考えると、氷たっぷりの他店の水出しアイスコーヒーは名前は同じでも別物なのかもしれないと思いました。少し苦みと深みのあるコーヒーでした。
c0060927_22461566.jpg



c0060927_22453310.jpg



「珈琲1(普通め)」(600円)
→中深煎りで130mlというものです。カップは大倉製陶のもの。ブルーローズの質感でしたが、絵は菖蒲のようでした。こちらも中深煎りなので結構深みのある味です。
c0060927_22451994.jpg



「自家製ケーキ」はチーズとチョコがあり、チーズを選びました。チーズケーキはふわふわ♪表面に塩粒がアクセントで個性的です。クランベリー?のジャムは甘いけど素直な味でした。
c0060927_22451662.jpg



私は正直なところ、浅煎りのコーヒーが好きなので、こちらのコーヒーはドンピシャ好みというわけではなかったのですが、オーナーさんのこだわりのメニューには感銘を受けましたし、お店の雰囲気やケーキの味や器などは大変気に入りました。

コーヒー以外に、ブラックルシアン、アイリッシュコーヒー、エビスビール、ワイン、ホットワイン、シングルモルトウィスキー、などのアルコール類があるのも興味深いです。もし職場の帰りに道にあれば、月に一度ぐらい寄りたくなる店だなあと思いました。

■夕食

鶏胸肉と玉ねぎのケチャップ煮
きんぴらごぼう
かぼちゃ煮
冷奴
c0060927_22425053.jpg



by natchan72 | 2013-09-28 22:41 | 2013年の食卓

<外食>魚がし寿司東武練馬店 他 9/27(金)の食卓

■朝食 

カレースパゲティ
ごぼうと玉ねぎのマヨサラダ、リーフレタス添え
c0060927_2331580.jpg



■お弁当

鶏胸肉と玉ねぎのケチャップ煮
きんぴらごぼう
かぼちゃ煮
ご飯
c0060927_233527.jpg



■夕食<外食>魚がし寿司東武練馬店
http://tabelog.com/tokyo/A1322/A132203/13100862/

東武東上線、東武練馬駅の南口(イオンと反対の方)を出て、右斜め方面へ徒歩3分ぐらいの道沿いにあるお寿司居酒屋さんです。
c0060927_238322.jpg



金曜夜、お寿司が食べたくて、でも予算はあまりなかったので、食べログでリーズナブルな価格帯のお店を検索して伺うことにしました。予約はしていませんでしたが空席ありカウンターに着席できました。
c0060927_2383229.jpg



店内にはテレビがついていました。「お父さん」と呼んでいらしたことから推測するに、父娘と、訪問時はもうひとり、アルバイト女性1人の3人でやっていらっしゃるようでした。

テーブル席は手前に6人×3卓、奥にテーブル8人×1卓、カウンター10席ぐらいの規模のお店。カウンター席にさえ、灰皿備え付けで喫煙者も多かったです。喫煙者がいることは、外から店の様子を覗いたときに見えていたので承知の上でしたが、やっぱり残念だなあとは思わずにいられませんでした。

2名で訪問し、生ビールで乾杯。
c0060927_2382819.jpg



「あおやぎわかめ酢味噌」(480円)
c0060927_2374627.jpg



「真あじ刺身」(480円)
c0060927_2374679.jpg



をつまんだあと、握りへ。握りはカウンターに本物のバランを置いてくれるのが昔ながらのお寿司屋さん!という感じで嬉しいです。

「生しらすにぎり」(120円×2)
c0060927_2392346.jpg



「スルメイカにぎり」(120円×2)
c0060927_2383747.jpg



「シメサバ」(120円×2)
c0060927_2392516.jpg



「こはだ」(100円×2)
c0060927_2383947.jpg



「玉子」(50円×2)
c0060927_2392337.jpg



「鉄火巻き」(200円×2)
c0060927_2383645.jpg



「鰹」(120円×2)
c0060927_23113847.jpg

「カンパチ」(120円×2)
c0060927_23111156.jpg

「エビ」(150円×2)
c0060927_2383917.jpg



ネタの鮮度も味もなかなかいいものだと思いましたし、シャリの味も温度も握り方もいいと思いました。雰囲気はこちらはちょっとゆるい感じであり、同じ東武練馬で魚料理に定評のある「棟梁」さんと比べると、私は「棟梁」さんのキビキビした雰囲気と仕事が好きなのですが、あちらは鮮魚料理は食べられても「握り寿司」はないので、比べる訳にもいかないかなと思ったりもして。

中でもとても気に入ったのが玉子。普段あまり玉子のお寿司は注文しないのですが、ここのは美味しそうだと思って注文したら期待通りで。

途中私だけ日本酒を注文。銘柄とかはないみたいで、1合か2合か冷か燗かそんな希望を言うだけです。
c0060927_2392261.jpg



「トロ」(250円×2)、
c0060927_2312580.jpg



「穴子」(150円×2)
c0060927_23122514.jpg



「明太子手巻」(150円)で〆ようと思いつつ、
c0060927_23124416.jpg



先に食べて美味しかった「シメサバ」(120円×2)
c0060927_23125910.jpg



をお代わりしてお会計は合計5,720円。生ビールを飲んで、これだけ食べて一人当たり2,860円は安いなあ♪
c0060927_23131931.jpg



「のり巻き」(250円)は、かんぴょうを炊いているとかで食べられなくて残念!あと、「自家製イカの塩辛」も好評のうちに完売だそうで残念。

当日はお寿司のメニュー以外に、銀むつ照焼、銀だら煮付、天然ホタテバター焼き、あゆ塩焼き、活サザエつぼ焼き、うなぎ肝焼き、岩がき(生)などもありました。

奥の大きなテーブル席のところでは職場の小宴会のようにお見受けしましたし、個人~小規模な宴会まで利用しやすい良店だなと思いました。東武練馬は色んな個人店があってうらやましいです~。

味とCPと優しそうな父娘さんの雰囲気が気に入ったので、喫煙率の高い部分は居酒屋なのだと割り切って再訪できるといいなあと思います。せめてカウンター席の半分を禁煙とかに・・・してもらえるといいのになあ・・。って往生際悪くてすみません。(笑)
by natchan72 | 2013-09-27 22:54 | 2013年の食卓

9/26(木)の食卓

■朝食 

ピーマン入りカレーライス
ごぼうと玉ねぎのサラダ リーフレタス
c0060927_22340800.jpg


■お弁当

白菜のツナ煮
きんぴらごぼう
かぼちゃ煮
ご飯
c0060927_22323245.jpg

■果物屋さんのジュースバー
http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13116871/

こちらのお店を教えてくれた人が一番お気に入りなのは「北海道ミルク」味なのだそう。果物屋さんのジュースバーというお店でミルク推しというのも面白いなと思いましたが、逆に考えると、メインの売り以上のお薦めとはすごいにちがいないと。ミルクを食べてみました。うん、確かに、美味しい。安いバニラと違って、素材の良さを感じるなと思いました。
c0060927_22394626.jpg



■夕食

きんぴらごぼう
鶏胸肉と玉ねぎのケチャップ煮
納豆

c0060927_22323220.jpg


■この日うっすらと見えた富士山
c0060927_22424311.jpg



by natchan72 | 2013-09-26 22:31 | 2013年の食卓

9/25(水)の食卓

■朝食 

ごぼうと玉ねぎのサラダ
トースト
マルシンハンバーグ
c0060927_22164988.jpg


■お弁当

白菜のツナ煮
きんぴらごぼう
マルシンハンバーグ
ご飯
c0060927_22164927.jpg

■夕食

かぼちゃ煮
納豆
c0060927_22164933.jpg
by natchan72 | 2013-09-25 22:14 | 2013年の食卓

<外食>ブルドック 他 9/24(火)の食卓

■朝食 コンビニ

・・・寝坊により家で朝食を食べられず。

■昼食<外食>Roven ビストロローブン
http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131402/13160328/

JR田町駅の三田口から第一京浜を右方向へ、3分ほど歩いたあたりにある、右側にファミリーマートと小さな郵便局の角を右へ。1つめの角、刀削麺のお店のところを左に曲がってすぐの場所にあるお店です。2階建ての建物の1階2階ともに席があり、1Fがカウンター席と厨房、2Fがテーブル席です。
c0060927_1714367.jpg



以前はフレンチのお店があった後にこちらのお店が入ったようで、2013年9月20日オープンだとか。鵠沼海岸の人気カフェ「KABUTOS」の2号店だそうで、こちらも外観やインテリアの雰囲気は女性に好まれそうな感じでした。中でも、STAUB(ストウブ)みたいなホーロー鍋が沢山カウンターテーブルと厨房の間に置いてあるのが印象的でした。
c0060927_1714280.jpg



私は連休明けのオープン5日目のランチタイムに訪問しましたが、以前の店の内装に白いペンキを塗っている臭いが強くて嫌だと思いました。1人だったのでカウンター席の奥の方へ。スツールが高めのカウンターなので落ち着いた感じはしませんが、バッグや上着を入れるカゴはありました。

訪問時のランチタイムメニューは、以下のものがありました。
ランチタイムのパンのお代わりは無料だそう。

[CABBAGEROLLS(ロールキャベツ)]<パン・サラダ・スープ付>
・デミグラスソースのロールキャベツ(1,100円)
・トマトソースのロールキャベツ(950円)
・ホワイトソースのロールキャベツ(950円)
・胡麻味噌ソースのロールキャベツ(950円)
・大根おろしとジンジャーソースのロールキャベツ(950円)

[HAMBURGSTEAK(ハンバーグ)]<パン・サラダ・スープ付>
・デミグラスソースのハンバーグ(1,100円)
・トマトソースのハンバーグ(950円)
・ホワイトソースのハンバーグ(950円)
・胡麻味噌ソースのハンバーグ(950円)
・大根おろしとジンジャーソースのハンバーグ(950円)

[CURRY(カレー)]<サラダ・スープ付/ご飯が足りない人にはパンを追加提供可>
・ローブンドライカレー(950円)

[ランチドリンク](各200円)
・ホットコーヒー
・アイスコーヒー
・紅茶(ホット/アイス)
・オレンジジュース100%
・グレープフルーツジュース100%

[手作りランチデザート](各250円)
・クランブルのチーズケーキ
・ショコラテリーヌ

大根おろしとジンジャーソース以外はモッツアレラチーズが入るそうで、苦手な人は申し出てくださいとのことでした。

この日ランチタイムのメニューから私が選んだのは、「ホワイトソースのロールキャベツ」(950円)と「ランチサイズケーキ」(250円)。

まずは、パンが3種ぐらい供されました。焼いて温かくなったものがたっぷり。バターやオリーブ油はついていませんでしたが。
c0060927_1714474.jpg



サラダはレーズン入り。スープは人参スープなのかな?味は薄かったです。
c0060927_1714319.jpg



ロールキャベツの中身はコーンビーフっぽい色と食感で赤っぽいです。ホワイトソースは量的にも味的にも主張しておらず、あっさりしていました。
c0060927_1714580.jpg



c0060927_1714241.jpg



チーズケーキのお皿にはオレンジピールが添えてありましたが、硬いものでした。ケーキの底は厚め甘いです。お皿に添えられた生クリームはナチュラルな味が好感でしたが、このチーズケーキにはなくてもいいかなとも思いました。
c0060927_1714234.jpg



雰囲気の良い店の950円ランチということでCP的には悪くないと思いますが、私はあのペンキ臭がトラウマで、申し訳ないけれども、再訪したくなるのがどれぐらい先かわかりませんです。。。

■<カフェ>アラカンパーニュ アトレ大井町
http://tabelog.com/tokyo/A1315/A131501/13077965/

京浜東北線・大井駅直結のビル「アトレ大井町」にあるカフェです。アラカンパーニュは田端ではテイクアウトのみの店を利用したことがありましたが、カフェ形式の店に入るのは初めて。他にはたまプラーザにもカフェスタイルのお店があるのを見かけた記憶があります。
c0060927_17163774.jpg



平日夜、大井町へ夕食を食べに行く前の待ち合わせで利用しました。

入口近くの中央に、大きな長テーブル、その他は窓を向いて座るカウンター席、テーブル席と色々な席がありました。夕方の訪問だと、食事での利用かカフェ利用かを尋ねられ、私は2名でカフェ利用だったので手前のカウンターになりました。
c0060927_17163080.jpg



木のテーブル、木の棚のディスプレイなど、天然木が多用された店内はとてもかわいいです。
c0060927_17162972.jpg



同行者は「ダージリンティー ファーストフラッシュ」(683円)を。
これは、カフェオレボウルみたいな器で供されました。今時のカフェは面白いですねえ。で、ファーストフラッシュなので、香りがすごいです。これは数量限定だったようで、このあと、店長さんっぽい人が、注文を聞く担当のホールの人に、「ファーストフラッシュはもう品切れです」と伝言していらっしゃいました。
c0060927_17162811.jpg



私は「(秋限定)いちじくのヨーグルトドリンク」(683円)を。
よく混ぜてお召し上がり下さいとのこと。底に甘めの赤いシロップ。トップにいちじく少々とミントの葉。藤原養蜂場のはちみつ使用だそう。見た目も可愛いし、味もいいのですが、いちじくが少々入ったトーグルトドリンクと思うと、お値段はちょっと高すぎるような気がしないでもないです。
c0060927_17162879.jpg



c0060927_17162985.jpg



秋といってもまだ日がそんなに短くない9月末頃の訪問だったので、店内は17:50にやや照明が落ちました。夜はやや暗めでの運用なのですね~。
c0060927_17163944.jpg



ホールの人はたまたま2名とも接客業自体も不慣れな感じで、サービスとしての満足度は高くなかったものの、店の作りの可愛らしさは文句ないので、ちょっと割り切った気持ちで利用するにはとてもいい店だと思いました。

待ち合わせにしてはちょっとお高めに感じたので、今度はゆっくりしに再訪したいものです。

■夕食<外食>ブルドック
http://tabelog.com/tokyo/A1315/A131501/13001867/

JR京浜東北線・大井町駅から徒歩5分ぐらいの路地、東小路にある昔ながらの洋食家さんです。何かのテレビ番組で見て食べログでブックマークしてあった店で、たまたま同行者が品川から直帰だという日に、過去のブックマークから品川に近いいつか行ってみたい店リストから探して訪問することに決めました。

マクドナルドのある角を曲がり、たぶん1つ目ぐらいの「濱虎家」というラーメン家さん路地の角で右へ入って行った左側にありました。
c0060927_1881535.jpg



ショーケースのサンプルが変色して黒いのに少々引きましたがせっかく来たので入ってみることに。入ってすぐに感じるのが煙草臭い!!ということ。テーブルに灰皿が備え付けなだけではく、店全体が古い感じなので、壁紙にもヤニが染みついている感じです。
c0060927_182572.jpg



c0060927_1884468.jpg



正直店内も古~い感じで引き返したくなる気持ちがなくもなかったのですが、ホールの女性たちの接客がとても優しいいい感じなのに気をよくして注文することに。
c0060927_1823164.jpg



c0060927_1824411.jpg



同行者は「メンチカツ定食」(1,090円)、私は「エビコキール」(800円)を。

「メンチカツ」は注文を受けてから、大きなお肉の塊を伸ばして、衣をつけて揚げるのが見えていて、すごいそんなに大きなメンチカツなの!?とびっくりするやら期待するやら。大きさはスマホよりもずっと大きいのですが、肉に脂身が少ないから、意外とさっぱりしています。添えられたキャベツがたっぷりな上に、ポテサラも添えてあります。また、ソースがオリジナルっぽくて美味しいです。さらにはご飯が美味しい。トンカツ屋のパリッと炊いたご飯を想像してもらえるといいかと思います。漬物は自家製っぽく、大葉が入ってるからさっぱりしています。味噌汁は豚汁。もうこのこだわりようったら、という内容に驚きます。
c0060927_1825882.jpg



c0060927_1835326.jpg



c0060927_184663.jpg



c0060927_1841738.jpg



c0060927_184416.jpg



「エビコキール」は、あこや貝のような形の器に入ってきました。毛蟹の甲羅のようにこんもりと盛られています。パっと見はこぶりな容器なのですが、具はみっちりと詰まっていて濃厚でした。
c0060927_1845526.jpg



c0060927_1851619.jpg



どちらも正直な材料を使った心づくしのお料理という感じがしました。料理って人と心なんだなあとしみじみ幸せな気持ちになれました。他にも気になるメニューがいーーっぱいありました。ちょっと内装の古さは引き気味ですが、ぜひまた美味しい料理をいただきに再訪したいです。ご馳走様でした!
by natchan72 | 2013-09-24 17:12 | 2013年の食卓

<外食>リンガーハット 他 9/23(月・祝)の食卓

■朝食 兼 昼食

カップ麺

■夕食<外食>リンガーハット
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13042746/

新宿駅西口の近く、ヨドバシカメラ本店近くのビルの1Fにある店舗で、同じビルには系列のとんかつ屋さん「はま勝」もあります。入ってすぐのところにある券売機で食券を買って着席。コの字型のカウンター席が2つある広め店舗です。

家のインターネット環境を今までのJ-COMからフレッツ光に変えることになりヨドバシ新宿本店へ行きました。その帰りにこちらで夕食を。三連休の最終日の遅い時間の新宿は人出少なめでした。

こちらのお店というより、リンガーハット自体かなり久しぶりでした。

同行者は「皿うどん」を、
c0060927_20511647.jpg



私は急に寒くなった日だったので、温かいものを食べたくて、皿うどんではなく「野菜たっぷりちゃんぽん」を食べることに。
c0060927_205282.jpg



訪問時、ちゃんぽんの麺の大盛り無料キャンペーンをやっていたので、お願いしてみたところ、野菜たっぷりちゃんぽんは増量できないとか。なんでかなあと思ったら、最近普通のちゃんぽんの麺って、太いちゃんぽん用の従来の麺よりも細い、中華麺っぽいものが使用されているのだとか?今回「野菜たっぷりちゃんぽん」を選んだので、前と同じちゃんぽん麺だったので、気づきませんでした。中華麺っぽい麺は魅力ないから、ここでちゃんぽんを食べたい時は「野菜たっぷりちゃんぽん」を選ばなくちゃだなあと思いました。

この店だけか、訪問時のキャンペーンかわかりませんが、「野菜たっぷりちゃんぽん」には2種類のドレッシングがついてきました。ちゃんぽんのドレッシング!?最近、テレビなどでも「ちょい足し」とかが話題になっていますから、その風潮でしょうか・・・。食べ終わりかけに、試しに両方試してみましたが、面白いとは思いましたが、ゆず胡椒味も、生姜味も、やっぱり純粋に調味料だけではないから、味がきついかな。でも話題としては面白いのかな。
by natchan72 | 2013-09-23 20:51 | 2013年の食卓

<パン>エーデルワイズ

■<パン>エーデルワイズ
http://tabelog.com/saitama/A1103/A110302/11003632/

東武東上線・柳瀬川駅の南口側、スーパー・サミットの前を通りすぎ、横断歩道を渡ったところにある2階建商店街「ぺあもーる」の1F中ほどにあるパン屋さんです。
c0060927_1541332.jpg



ぺあもーる公式web( http://www.pairmall.com/shop/gourmet/edelweiss/interview.html )を読むと、小麦粉は長野県産の夢あさひという銘柄を使用し、家族中心で運営されているとか。

テイクアウトのみで、イートインコーナーはありませんが、商店街の通路にはベンチが置いてあるので、そこで買い食いすることはできそうです。

店内はトレイ&トングを持って各自が選ぶ方式。

壁際と中央にパンが並べてあります。色んな種類がある中から、以下を選んでみました。

「アンパンマン」「ドラえもん」(各160円)
→アンパンマンの具はつぶ餡、トラえもんの具はチョコクリームでした。絵はチョコクリームで描かれています。アンパンマンのほっぺやドラえもんの口周りはやや甘めのメロンパンっぽい生地で作られているので、その分ちょっと甘かったかな。でもこういうキャラ系のパンを見ると買わずにいられない私なのでした。
c0060927_1535687.jpg



c0060927_1535738.jpg



「ベーコン」(160円)
→ベーコンエピと呼ばれるフランスパンのようなパン生地ではなく、普通のソフトなパン生地でできていました。
c0060927_1541111.jpg



「ジンジャーアプリコット」(180円)
→大き目カットの生姜とアプリコットがたっぷり入っているハード系のパンです。これは面白いと思いました。好き好きはあるかもしれませんが、ハード系のパンが好きな私にはツボでした。隣には「パン・オ・フィグ・ノア」というイチジクとクルミのライ麦パンもありましたので、今度はそちらも頂いてみたいと思いました。
c0060927_1541237.jpg



「フロランタン」(320円)
→アーモンドをバターと蜂蜜で煮詰めてラスクにしたものです。煮詰めてあるため、キャラメルっぽい硬さになっていて、一般的なラスクよりも歯ごたえがある、食べ応えのある感じに仕上がっています。ラスクはこの他にも色々種類があったので、それぞれ好みのものを見つけるのも楽しみかと思います。
c0060927_1541039.jpg



ぺあもーるは、お肉のサンアイさんのお惣菜は買ったことがありましたが、それ以外はまだ利用したことがないので、そのうち、お蕎麦屋さん、エスニック料理屋さんなどにも入ってみたいと思います。
by natchan72 | 2013-09-22 15:03 | スィーツ&パン&カフェ&コーヒー

9/22(日)の食卓

■朝食 兼 昼食

スープカレー
・・・レトルトなんですが、作り方が面倒でびっくり~。
c0060927_15142100.jpg



■夕食

サンアイの揚げ物
キャベツサラダ
ちりめんおろし
c0060927_150439.jpg



by natchan72 | 2013-09-22 15:00 | 2013年の食卓