なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 02月 ( 73 )   > この月の画像一覧

<外食>かるび家 他 11/2(月)の食卓

■朝食

レトルトカレー
キャベツ、目玉焼き、ウインナー
c0060927_22282756.jpg


c0060927_22283764.jpg


■昼食 <外食>浅野屋
c0060927_2229103.jpg


c0060927_22291992.jpg


c0060927_22293096.jpg


・・・今回は「にしん蕎麦」(800円)と「野菜サラダ」(100円)を注文しました。にしんデカっ。食べ応えありました。この店では初めて蕎麦を食べたのですが、私にはちょっと柔らかすぎるというか、うどんの方が好みだなあ。「野菜サラダ」はキャベツが多かったですが、100円でこれだけのサラダが食べられるとはお得!と思い大満足。次回は大根サラダ(100円)にもチャレンジしてみたいです。

■夕食 <外食>かるび家

・・・ロイヤルホスト跡にできた『ブロンコビリー新座野火止店』を目指して車で川越街道上り線を走っていたのですが、建物がやや道路から引っ込んでいることもあり、しゃべっていたらうっかり通り過ぎてしまいました。川越街道って戻るのも大変なので、行き先を変えて『かるび家』へと向かいました。2度目の訪問です。

この『かるび家』さん、ステーキ「スエヒロ」でおなじみの「スエヒロレストランシステム」( http://www.suehiro-net.com/karubiya/index.html )さんの経営だったのを今回初めて知りました。それでお肉が美味しいのかも♪

今回注文したのは以下のもの。

「塩ハーフキャベツ」(189円)
→最近、夜だけ炭水化物抜きダイエットをしていて、ご飯の代わりにキャベツを食べているので♪
c0060927_2230242.jpg


「かるび家ネギサラダ」(451円)
→サラダも注文。
c0060927_22303967.jpg


「キムチ盛合わせ」(535円)
c0060927_223108.jpg


「自家製なむる」(493円)
→野菜として。
c0060927_22311453.jpg


「ロース」(588円)
c0060927_22314779.jpg


「国産牛ハラミ」(903円)
c0060927_2232234.jpg


「ねぎ塩上タン」(1,501円)
→「ねぎ塩上タン」も美味しかったけど、ロースが一番好みだったな。あれ?私たちは一番安い肉が好みなんだ。(笑)
c0060927_2232191.jpg


で2人の合計は4,660円(1人2,330円で満腹♪)。
ご馳走様でした。また来まーす。
by natchan72 | 2010-02-28 22:32 | 2009年の食卓 | Comments(0)

2009/11/1の夕食

■夕食

キャベツ
ふかひれスープ(レトルト)
c0060927_22224521.jpg


■山梨へ行く時に見たちょっと面白い飛行機雲
c0060927_22233070.jpg
by natchan72 | 2010-02-28 22:23 | 2009年の食卓 | Comments(0)

山梨県 勝沼醸造直営 レストラン風

■山梨県 勝沼醸造直営 レストラン風
http://r.tabelog.com/yamanashi/A1901/A190104/19000024/

ワイナリーキッチン ラ カシータ(勝沼 ルミエール)さんにも興味があったのですが、この日は新酒祭りとのことでレストランはお休み、そこで勝沼ワイナリーさんが運営される『レストラン風』さんにお邪魔しました。こちらのお店は土日祭日は11:30~と13:30~の二部制をとっていらっしゃるそうですが、予約電話をしたとき、1部は満席とうことで、2部を予約しておきました。

約束の13:30まで30分以上あったので、売店でも見学しておこうかと思ったら、あらあら、こちらのお店、ワイナリーの直売所とは別のちょっと小高い丘にあり、レストランのみしかありませんでした。カーナビに勝沼醸造さんの名前が載っていたので場所はわかったのですが、既に原茂ワインさんで2本購入済みだし、買いに行く必要なしという夫に反対され、車の中でポケモンをして待つことになりました。
c0060927_1956959.jpg


c0060927_19563161.jpg


c0060927_1956472.jpg


c0060927_1957642.jpg


13:30に車を降りて店内へ。天井の高い重厚な作りです。大浦天主堂をイメージした建物とどこかで読んだような。軽井沢にでもありそうな結婚式ができるチャペルみたいな感じもしました。
c0060927_19572719.jpg


c0060927_19573798.jpg


c0060927_1957474.jpg


c0060927_1958868.jpg


c0060927_2003546.jpg


ローストビーフを予め電話予約しておけば、シェフのテーブルサーブが受けられるとのことで私は予め予約。お店のHPを事前に見たところ、そのローストビーフと山彦という鴨とキノコの炊き込みご飯と甲州地鶏を組み合わせたランチプレートが自慢のように感じたので、それを。
c0060927_201292.jpg


ということで、
夫は、「ランチセットのフルセット」(5,000円)
前菜、スープ、魚、メインディッシュ(ローストビーフを選択)、パンorライス(ライスを選択)、デザート、コーヒー。

私は、「ランチセットのセット」(2,500円)
スープ、メインディッシュ(山彦を選択)、パンorライス(の代わりにぶどうジュースを選択)。
c0060927_2015841.jpg


c0060927_202821.jpg


数量限定と書いてありましたが、まだ残っていたようで、「無農薬有機野菜のサラダ」(ハーフサイズ)を1つ別注文しました。このサラダはドレッシング3種、岩塩、胡椒、グレープシードオイル、バルサミコ酢、オリーブオイル、フルーツビネガーなどが用意され、好きなものをかけて食べるというもの。少しずつ色んなものを試して楽しみました。楽しいです♪
c0060927_201249.jpg


c0060927_201397.jpg


ワインは私だけグラスで1杯、販売用のワインボトルは売り切れたという「アルガブランカ イセハラ」(イセハラ圃場のアルガの白)(800円)を注文。少し甘みがあり、フルーティーで、スパイシィなもの、こういうの大好きです。いいものが飲めて幸せです。
c0060927_2022084.jpg


フルセットの前菜は平目のカルパッチョのようなもの。皮が別添えで唐揚げになっていたのが美味しかったです。
c0060927_2023342.jpg


c0060927_2024162.jpg


フルセット、セット共につくスープは「勝沼産椎茸のスープ」でした。椎茸がツルンとしてとっても美味しかったです。私たちが勝沼朝市で購入したのとたぶん同じ生産者のものみたい。
c0060927_20258100.jpg


「山彦」は鴨とキノコの炊き込みご飯に甲州地鶏の腿肉と胸肉が添えられたもの。鶏肉にはミンチ入りのスープをかけてどうぞ、とのことでしたが、これはあってもなくてもいいぐらいの薄味。鶏のいい味は出ていましたが。
c0060927_2032864.jpg


c0060927_2034647.jpg


c0060927_204384.jpg


フルセットの魚料理は石ガレイとおっしゃったような気がしました。これは私は味見しませんでしたが、夫曰くは、ごく普通の味わいだったそうです。海のない山梨だから、シェフも魚料理よりも肉料理の方が腕が鳴るのかもしれません。
c0060927_2042064.jpg


c0060927_2043556.jpg


フルセットのメインディッシュ「焙りたての特選和牛ローストビーフ」がやってきました。シェフのワゴンサービスなのでわくわくします。当日は、他のテーブルもほとんどがこのローストビーフを注文していらしたみたいです。お肉は赤身と霜降りがあり、どちらも召し上がっていただきたいとのシェフのお言葉のお任せのまま、お皿に盛っていただきます。調味料(薬味)は、わさび&醤油、ホースラディッシュ、塩、ごま入りダレ(ちょっと甘めでした)、があり、好きなものをつけて食べるのですが、やはりオススメのわさび&醤油が一番しっくりきました。霜降り肉には塩も良かったです。肉の味はマグロの大トロを思わせるような食感。赤身、霜降りともに大変美味しくいただきました。
c0060927_2045723.jpg


c0060927_205952.jpg


c0060927_2052947.jpg


c0060927_2054647.jpg


c0060927_206032.jpg


c0060927_2061445.jpg


フルセットのデザートは主に私がいただきました。この日は「栗のプリン、抹茶のアイス、ザクロの実がプレートにのったものでした。ザクロはキラキラとルビー(宝石)みたいで大好きで、実家庭に植わっていて子供の頃よく食べましたが、買ってまで食べたいほどのものでもないので、随分久しぶりに食べました。嬉しかったです。
c0060927_2062938.jpg


c0060927_2064224.jpg


最後はコーヒーで。
c0060927_2065761.jpg


団体での利用も多いと聞き、もっとカジュアルな雰囲気のお店を勝手に想像していたので、私は旅行用のカジュアルな洋服でちょっと申し訳なかったです。今度はもうちょっとちゃんとした格好で行こうっと。そして、次回訪問時は「プチセット」(3,000円)か、デミセット(4,000円)でローストビーフを楽しみたいな。CPはかなりいいと感じました。雰囲気が良くて料理も割りとよくて、CPが良いということで、使い勝手のよいお店だと思いました。ご馳走様でした。

(2009/11/1)
by natchan72 | 2010-02-28 20:07 | 09年11月山梨ワイナリー旅 | Comments(2)

ふれあい工房 にっしょう園

■ふれあい工房 にっしょう園(山梨県 勝沼ぶどう郷)
http://r.tabelog.com/yamanashi/A1901/A190104/19004428/

ここの前に訪れていた11時オープンまで1時間待って着席したワイナリー併設のカフェでは、前の席からの煙害と、後ろの席からの幼児の奇声とスプーン投げ連発に閉口して不機嫌な顔をした私に切れた夫が「もうランチもキャンセルして帰る!」と怒って、食べ終わったらすぐに出てしまったので、13:30予約のレストランまで時間が余ってしまいました。

コーヒーを飲める店でも探そうか・・と思ったところ、思い出したのがこちら。朝風呂に入った「勝沼ぶどうの丘温泉 天空の湯」から山を降りてきた辺りで「コーヒー、軽食」というノボリが旗めいていたのです。来た道をたどると難なく発見。駐車場も広々。入ってみることに。
c0060927_04235.jpg


12時頃というお昼時だったので、食事をしている人でいっぱい。へえ、人気のお店なんだなあ。それもそのはず、1日限定20食500円というお弁当がなんとも美味しそう。きっとリピーターさんも多いんだろうな。私も今度ぜひこちらで食べてみたいな。
c0060927_052590.jpg


c0060927_04241.jpg


レストランの予約をしていた私たちは、手作りマドレーヌも我慢し、ホットコーヒー2つ。1つ300円でかなり薄めだったので、これはそんなに・・でしたけど、店の雰囲気がワイワイガヤガヤ、皆さん楽しそう。地元の方も話しかけてくれたりして親切。テーブルには自家製というお漬物が2種類並んでいて、自由につまんでいいのだとか。
c0060927_04495.jpg


c0060927_05293.jpg


お会計をしてから外に出ると、日曜だったからか、青空のもと、ひっつみ入りのきのこ汁と平茸のバター焼きの販売をしていました。どちらもすっごく美味しくて大感激。作り手の愛情を感じました。
c0060927_054819.jpg


c0060927_06289.jpg


c0060927_061289.jpg


c0060927_062013.jpg


特に平茸のバター焼きは、こんがりめに焼いて、最後に鍋肌から醤油をたらしたもので、味や香りどちらも最高でした。
c0060927_06418.jpg


行列のできるカフェより、このような素朴な処が好きだなんて、私ってちょっと変わり者なんだなと思いました。

(余談)ここのお店の人とお客さんと料理が心温まるものだったので、無事双方機嫌が直り、予約したランチに行けました。ごちそうさまでした。

(2009/11/1)
by natchan72 | 2010-02-28 00:06 | 09年11月山梨ワイナリー旅 | Comments(0)

原茂ワイン「Casa da Noma」

■原茂ワイン「Casa da Noma」
http://r.tabelog.com/yamanashi/A1901/A190104/19000421/

栃木県のココファームワイナリーにある『COCO FARM CAFE』が、料理、サービスともに素晴らしかったので、それ以来ワイナリー併設のカフェやレストランに興味を持ちまして。ネット検索してみたり、KURAという雑誌に載っていたりしたのを見てこちらにお邪魔してみたく思いました。冬期は休業するということで、今年はラストチャンスと思ったこともあり。

勝沼朝市で買い物を終えてからこちらへ向かいますが、場所が離れていないのですぐに到着してしまいます。到着は10時。試飲&ワイン売店が10時からオープンするということで、他へは行かずにこちらでカフェオープンの11時を待つことにしました。まずは前日までの電話予約の方が4組入っているとのことで、私たちは5組目。危ないところでした。まさかカフェに予約があるとは思っていなかったので予約なしで訪れていたのです。今後こちらへ行かれたい方は事前に電話予約された方が無難だと思いますよ~。
c0060927_2254772.jpg


c0060927_22542098.jpg


c0060927_2254301.jpg


c0060927_22544881.jpg


c0060927_2255465.jpg


c0060927_22555535.jpg


まずは1Fでワインの試飲をさせてもらい、自宅用に2本、お世話になっている方へのお土産用に1本の合計3本を購入。
c0060927_22565225.jpg


c0060927_225722.jpg


c0060927_22571651.jpg


c0060927_22572950.jpg


c0060927_2257477.jpg


庭のワンコを眺めながらしばらく椅子に座ってポケモンをやって時間つぶし。11時になったら順番に名前を呼ばれて2Fへと上がります。
c0060927_2323873.jpg


この階段が段差が高くて上るのが結構大変です。階段を上がるときは「わあ、九州は由布院の天井桟敷みたい~。」と期待に胸弾みましたが、上がってみると天井桟敷の重厚なイメージとは違ってカジュアルな空間でした。
c0060927_2259449.jpg


c0060927_22592470.jpg


テーブルの場所はお店の指定で着席。木のテーブルや窓から見える景色など、雰囲気がとても素敵です。お店の人がメニューを持ってきてくれて簡単に説明。購入したいものはセルフサービスでカウンターへ注文しに行くという方式でした。
c0060927_22595174.jpg


c0060927_230413.jpg


私たちは13:30より別のレストランでランチを予約してあったので軽そうなものを選んでみました。
c0060927_2302220.jpg


「仕込みワイン」(グラス300円)
→期間限定の仕込みワイン。これは9月に新潟のワイナリーに立ち寄った時にも飲んだもの。ジュースっぽくて美味しいです。9月の新潟のワイナリーでは発泡が強かったけど、これはほとんど感じないものでした。
c0060927_2303634.jpg


c0060927_234141.jpg


「本日の一皿」(800円)
→この日は「サンマの揚げ煮サラダ仕立て」でした。美味しく頂きましたが、料理というにはあまりにもシンプルすぎるこの一皿、サンマ1尾が800円とは高く感じるな。
c0060927_2305882.jpg


c0060927_238618.jpg


「パンのお皿」(450円)
→任意で2品選ぶので、カンパーニュとくるみパンを選択。バターとオリーブオイルが添えられていました。それにしてもパンのお皿というと、本当にパンだけというのにビックリ。このパンはご近所のパン屋さんに焼いてもらっているものだそうで、11時開店の直前に運び込まれていました。美味しかったですが、この量で450円は高いと思いました。
c0060927_2312283.jpg


「野菜のお皿」(700円)
→この日は「ズッキーニのグリル」でした。もうこの一皿を見て「これで700円!?」と目が点になりました。ズッキーニを縦に薄切りしてグリルしたものに塩が振ってあるものですが、これは自宅なら100円で買ってきたズッキーニをフライパンでソテーしたらできるもの。
c0060927_2332943.jpg


料理にがっかりしているところに襲ってきたのは隣の席のタバコの煙。え~、よく見たら全テーブルに灰皿備え付けですか~!?しかも、窓を開けてあるから臨席の煙が天井に上がらずに全部こっちに流れて来るのです。テラス席もあるから、てっきり喫煙可はテラスのみかと思っていたらビックリでした。一般のカフェや喫茶店なら理解もできますが、ワインを楽しむ人も多いワイナリー併設のカフェが全席喫煙可能で灰皿まで備え付けてあるなんて・・・。こちらのワインへの敬愛の念もどこかへ吹っ飛びました。

大人気のカフェだそうですが、皆さん雑誌などの影響で初めてお見えなのかしら?それとも気に入ってリピーターさんなのかなあ?個人的にはワイナリーカフェとしては栃木県にある『COCO FARM CAFE』の方が内容・CP・接客面どれも好みです。勿論勝沼はワイナリーめぐりができるという魅力はあるなとは思いましたが。あとは埼玉からは栃木が便利ですが、神奈川県や東京南西部の方には山梨が便利という地のりの違いもあるのかな。

トイレはカフェと試飲販売の棟にあるかどうか聞かなかったのですが、ちょっと探してもわからなかったので、屋外にある別棟の公衆トイレのような設備を使用しました。4つほど和式があり、洋式が1つだけあったものを使用したのですが、究極に狭くてびっくりでした。カフェの料金にあれだけの高い値段を取るのであれば、トイレのリニューアルのひとつもできそうなものなのに・・、全然バリアフリーじゃないなあ。
c0060927_2383865.jpg


気に入った点はこちらのワンちゃんとサッカーもどきをして遊べたこと。さすがボーダーコリーちゃんだけあって、すごく運動神経のいい、活発なワンちゃんで和みました。
c0060927_2385116.jpg


c0060927_239245.jpg


c0060927_2391898.jpg


(2009/11/1)
by natchan72 | 2010-02-27 23:09 | 09年11月山梨ワイナリー旅 | Comments(0)

山梨日帰り旅 11/1(日)の朝食と勝沼朝市

■朝食 グースで買ったおにぎり

圏央道の「グーツエクスプレス 狭山PA店」で買ったおにぎりを、翌朝食べました。
c0060927_21584612.jpg


c0060927_2158573.jpg



■買い物 勝沼朝市

シャトレーゼ勝沼ワイナリー敷地内
山梨県甲州市勝沼町勝沼字三輪窪2830-3
http://haj.web.infoseek.co.jp/asaiti/joho/joho.htm

勝沼は通ったことがあるかもしれませんが、意識して訪れたことがなかったので、どんな地域なんだろうとネットをウロウロしていて見つけた「勝沼朝市開催」記事。カフェのオープンまで時間があるから是非立ち寄って野菜を買おうと思いました。

カーナビでシャトレーゼ勝沼ワイナリーを入力してGO。駐車場へは川沿いの進入路を通って入ります。近くに2箇所ほど朝市看板もありましたので迷うこともなく到着。
c0060927_225988.jpg


砂利と土の駐車場なので、捻挫して1ヶ月ちょっとの足首がちょっと危険。一箇所、不安定な砂利に乗ったらまた捻挫しそうになり、めちゃくちゃ焦りました。
c0060927_2252598.jpg


野菜は、チンゲンサイ、大根、ブロッコリー、ズッキーニ、を無農薬栽培と書かれたテントのお店で、
c0060927_2254996.jpg


c0060927_226018.jpg


c0060927_2261935.jpg


椎茸とキャベツはそれぞれ別のところで買いました。
c0060927_2265022.jpg


それと、ぶどうをカップ100円で販売しているのを1つ、
c0060927_2271081.jpg


c0060927_2272153.jpg


別の店で「おから蒟蒻」という珍しいものと、桃ジャム、五穀米を。
c0060927_2273913.jpg


帰宅後食べましたがどれも美味しくいただきました。楽しくて美味しいお買い物ができて大満足。また次回勝沼へ行く際も朝市狙いで行きたいな。
by natchan72 | 2010-02-25 22:07 | 09年11月山梨ワイナリー旅 | Comments(0)

勝沼ぶどうの丘温泉 天空の湯敷地で撮った紅葉写真

駐車場を中心に木々が紅葉していて綺麗だったので一杯写真を撮っちゃいました。
c0060927_21473380.jpg


c0060927_21474411.jpg


c0060927_2148662.jpg



More
by natchan72 | 2010-02-24 21:50 | 09年11月山梨ワイナリー旅 | Comments(0)

(日帰り入浴)山梨県 勝沼ぶどうの丘温泉 天空の湯

■朝風呂(温泉) 勝沼ぶどうの丘温泉 天空の湯
山梨県甲州市勝沼町菱山5093 ぶどうの丘
http://www.budounooka.com/tenku.html

町営の宿泊施設にある温泉で、なんと朝8時から日帰り入浴が可能という有難いところです。前夜自宅を車で出発し、中央道の談合坂SAで車中泊した私たちは、ちょうど8時にこちらの駐車場に到着しました。

日帰り入浴客用の駐車場(手前を右へ行くように看板がありました)に車を止め、坂道を上がると噴水が。ワインを中心とした土産物を販売するところを通り抜け、一旦屋外へ出て日帰り入浴施設の棟へ。
c0060927_21402848.jpg


c0060927_21403936.jpg


玄関で靴を脱ぎ、下足ロッカーに靴を入れ(鍵は自分で保管。鍵のないところもあり。)フロントへ。料金を支払って2Fにある浴室へ。脱衣ロッカーは鍵付きですが、場所は任意のところを使用する方式。
c0060927_2142232.jpg


内湯、露天とも、長方形のシンプルな作りのものでしたが、一面に葡萄畑が広がる景色を眺めながら入浴するのはとても気持ちの良いものでした。お湯は無色透明。少しスベスベする感じのものでした。
c0060927_2141092.jpg


c0060927_21411910.jpg


豪華な施設でもないですし、お湯が特別個性的というわけでもないので、わざわざ温泉目的で訪れるほどでもないかもしれませんが、車中泊の翌朝に洗顔や洗髪などができる清潔感のある施設という面でとても有難いところでした。

宿泊はなかなか競争率が高いようで、6ヶ月前の予約開始と共に埋まってしまう季節も多いようですが、いつか宿泊して、ワイン蔵での試飲をしたいものです。
by natchan72 | 2010-02-24 21:42 | 温泉 | Comments(0)

10/31の夕食 <外食>三芳PA(下) まい泉コーナー

■10/31の夕食 <外食>三芳PA(下) まい泉コーナー

夕方から山梨・勝沼へのプチ旅に出ることになりました。スポーツクラブの帰りだったので、まずは夕食をとこかで食べねば・・という時間帯だったのですが、第一希望だった『ステーキハウスブロンコビリー 新座野火止店』( http://www.bronco.co.jp/shop/kanto5_map.html )は2009/10/22にグランドオープンしたばかりか、ものすごい人!ウエイティングリストにたどり着けないぐらいの人だかりでしたので諦め、所沢ICから関越道に乗ってしまいました。

関越道に入って1つめのPAがこちら三芳PA。ここを過ぎると、今日は圏央道経由で中央道へ進む予定なのでもう関越道上のPAには立ち寄れないのです。圏央道には狭山PAがありますが、コンビニ程度の店で、しかも21時閉店なので間に合わないかも、ということで三芳PAを選択。

三芳PAは日中はさほど混まないのかもしれませんが、土曜日の20時頃、千葉・茨城・東京方面へ日帰りでお出かけしていた帰りの人が利用しているのか、レストランも軽食コーナーもすごい人。椅子も確保できなさそうな状況・・。というときに見つけたのが「まい泉コーナー」さん。運良くこちらの専用の席は空いていたので、ここで食べることに決定。

カツサンドやヒレカツは当日分の数量が売り切れたあとだと貼り紙してあり、私は「おろしカツ定食」を、
c0060927_20273993.jpg


夫は「ロースカツ定食」を選択。券売機で食券を買うと、番号札と交換して座席で待つという仕組みです。
c0060927_20283736.jpg


呼ばれたら取りに行き、箸とキャベツのドレッシングと食器下げはセルフサービスで。ドレッシングは2~3種類ありました。

定食用のカツは注文してから揚げてくれるので7分程度かかります。脂身が少ないのは有難いのですが、あまりにも脂なさすぎ、というか、ジューシーさがない硬いお肉で残念。でもお値段安いから不満はないのですが。(正確な値段はこちらレシートがないので忘れてしまいました。)

「ロースカツ定食」のお肉はまあまあだったみたいです。ソースが甘くて私は好みじゃないかなあ~。

食べている間に聞こえてきた他のお客さんの注文品は、一番よく出ていたのがカツ丼、二番目がカツカレーのようでした。特にカツ丼はテイクアウトも可能なので、購入して屋外のテーブルで食べたり車に持ち帰ったりする人もいるようでした。私たちの注文よりも後からカツ丼やカツカレーを注文する人の方が早く提供されていましたので、それ用のカツはひょっとしたら予め少々揚げておいてあるのかもしれません。

次回は私もカツ丼を食べてみたいな♪

(2009/10/31)
by natchan72 | 2010-02-24 20:21 | 09年11月山梨ワイナリー旅 | Comments(0)

<外食>麺屋4兄弟 他 10/31(土)の食卓

■朝食

きゅうり1/2本
いちじくジャムとヨーグルト

■昼食 <外食>麺屋4兄弟
http://r.tabelog.com/saitama/A1103/A110301/11020984/

食べログのレビューを読んで興味を持っていたうどん屋さんに行ってみました。土曜日の12時過ぎ頃です。駐車場は隣り合った店舗と共通で店の前にあり、既に何台も止っていましたが、この時はお隣のラーメン屋さんに入っていた人が多いのか、うどん屋さんは空いていました。
c0060927_20134963.jpg


c0060927_20142477.jpg


ガラス張りの明るいお店に入っていくと、お店の皆様が大きな明るい声で「いらっしゃいませ!」とお出迎え。すぐのところに券売機がありました。ここで人参うどんか、地粉うどんかを、そして麺の量を選ぶようになっていました。券売機の下の方のボタンは、ゲゲゲの鬼太郎のご当地ストラップ「にんじんうどん ゲゲゲのうどんおやじ ストラップ」販売用。(笑)
c0060927_20144354.jpg


サイズは(小)で300gあるということだったので、2人ともサイズは(小)を選び、私は「にんじんうどん」(650円)、夫は「地粉うどん」の肉汁うどん(550円)を選びました。

席はカウンターがメインで、ちょこっとテーブルがありました。私たちはカウンターに着席。c0060927_2015582.jpg


しばらくしてうどん登場。つけ麺のように麺と汁ば別盛です。人参うどんはややソフトで300gで丁度いい感じ。
c0060927_20154443.jpg


c0060927_20163953.jpg


地粉うどんはムチムチと歯ごたえのあるもので、これは人参うどんよりもボリュームを感じるようでした。ほうれん草とナルトとネギが別皿で添えられ、豚肉は汁の中でした。
c0060927_20161325.jpg


汁はやや甘め濃い目ですがとてもいい味で、カウンター備え付けの割りスープを足して全部飲み干しました。
c0060927_20165185.jpg


あと、必ず野菜も食べたい我が家としては、別料金で野菜のお浸しか、野菜煮物小鉢などの一品でもあるともっと嬉しいんですが。ただ、うどん一筋というのが製麺所さんがやっているいい面でもあるのかもしれないし、ちょっと複雑。

また訪問したいとは思いますが、ここまで行くと、もうちょっと足を延ばして東京うどん 一将さんへ行けるな、なんて考えるとちょっと微妙な距離感な我が家なのであります。

■おやつ

豚しょうが焼き
野菜とウィンナー炒め
c0060927_20171225.jpg


c0060927_20172498.jpg


c0060927_20173551.jpg


・・・昼にうどんを食べたのですが、おかずなしでうどんだけというのがなんだか収まりつかなくて、帰宅後、豚しょうが焼きと野菜とウィンナー炒めを作って食べました。こんなことならご飯一膳添えて家で食べればよかった。うどん300gとご飯一膳150gだったらご飯の方がカロリー低そうだし。
by natchan72 | 2010-02-24 20:17 | 2009年の食卓 | Comments(0)