なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 07月 ( 75 )   > この月の画像一覧

読了:マイクル・コナリー ナイトホークス

(○、◎などは私の好み度)

読了:マイクル・コナリー ナイトホークス 上・下 ◎◎
(原題:THE BLACK ECOH)

扶桑社文庫

・・・職場の人が「ハリー・ボッシュ・シリーズの最新作がまだ日本語に翻訳されていないのでアマゾンで購入した」と英語の原書を読んでいるのを聞き、それほど面白いものなのかと詳しく尋ねてみたものです。

作家はフィラデルフィア出身のマイクル・コナリー。この“The Black Echo”(邦題『ナイトホークス』)(1992年)が、ロサンゼルス市警察「ヒエロニムス(ハリー)・ボッシュ」が活躍するハードボイルド小説シリーズ第1作であり、マイクル・コナリーの作家としてのデビュー作品なのだとか。

マイクル・コナリーの作品を読むにあたっては、作品群を出来る限り発表順に読破したほうが良い、という意見があるとwikipediaに書いてあったのでハリー・ボッシュ・シリーズをアマゾンでどーんと18冊取り寄せました。(「暗く聖なる夜」だけ注文し損ねた)

ヴェトナム戦争に従軍した経験のあるボッシュが、未だに毎夜悪夢にうなされ不眠症に悩む刑事生活の中で出会ったひとつの事件。事故として片付けられれようとしていた被害者はボッシュの戦友メドーズだった。なぜ事故として片付けられようとしているのか。捜査を始めると、裏にとんでもないスケールの計画が隠されていたということが紐解かれていきます。

原題の「Black Echo」はヴェトナム戦争従軍時に地下トンネルでこだまする兵士たちの息を言ったもので、邦題の「ナイトホークス」は、画家エドワード・ホッパーによる「ナイトホークス(夜ふかしをする人たち)」(窓越しに描かれた深夜営業の食堂には3人の客と店員が1人という画だそう)がモデルで、ボッシュとFBI女性捜査官ウィッシュの二人にある心の闇を表現する道具としても使われていました。この原画はシカゴ美術館にあるのだとか。もしシカゴへ行く機会があれば見てみたいなあ。

シカゴは行ったことがないのですが、小説内で描かれるハリウッド大通りなどは訪れたことがあり聞き覚えのある通り名などが出てくるのが楽しかったです。

どんどん読み進めると、最後に燃え尽き症候群になるのが怖いですが、次もシリーズを読む予定です。
by natchan72 | 2008-07-31 23:59 | 読書 | Comments(0)

炒り梅醤油ずんだ 他 7/31(木)の食卓

■朝食

ぬか漬け(スイカ)
納豆
シュウマイ(冷凍食品)
麦入りご飯
c0060927_22322429.jpg


・・・「納豆」は、「遺伝子組み換えでない」は勿論のこと、大豆が国産のものを選んで買いました。

■お弁当

鶏胸肉の照り焼き
きんぴらごぼう
麦入りご飯
c0060927_22323639.jpg


・・・「きんぴらごぼう」が中途半端に残りそうだったので全部詰め込んでお弁当の中身を2品にしてしまいました。

■夕食

長崎産かます一夜干し
とろりん☆バターズッキーニ(izumimirunさんレシピ)
旬の常備菜☆炒り梅醤油ずんだ(ちょりママさんレシピ)
レンチン3分☆かぼちゃのごま味噌蒸し(ちょりママさんレシピ)
鍋飯10分☆小松菜の松の実香りご飯(ちょりママさんレシピ)
ぬか漬け(スイカ、きゅうり)
c0060927_22325252.jpg


c0060927_2233760.jpg
・・・「とろりん☆バターズッキーニ」は「vege dining 野菜のごはん」のizumimirunさんレシピです。これを作ったきっかけは、「@F」のnwlさんがこの日この日、続けて作っていらっしゃったから♪ 

ふたに隙間ができる鍋で作ったので加熱ムラができてしまい、長時間やっていたらちょっと柔らかくなりすぎてしまったかも。でもホント、バターの風味がしてビックリしました。今度はフタがピッタリできる鍋を使って作ってみたいです。


c0060927_22344599.jpg


・・・「旬の常備菜☆炒り梅醤油ずんだ」は「ちょりまめ日和」さんレシピ。これ、めっちゃくちゃ気に入りました。枝豆っ茹でるだけで食べられるし、塩味だけでも十分おいしいから、調味する必要があるのかなあ?なんて正直ちらりと思いながら調理。青紫蘇の風味と梅肉がなんとも言えないハーモニーを醸し出しておいしいのなんの。目からウロコのお料理でした。また必ず作りたいです!
c0060927_22351847.jpg


・・・「レンチン3分☆かぼちゃのごま味噌蒸し」も「ちょりまめ日和」さんレシピです。
レンジの調理ってあまり慣れていなくて、失敗しそう、、、なんてちょっと及び腰だったのですが、薄めにスライスしてレンチン。味噌を混ぜて~。あ~、おいしいです。これも恐れ入りました。素早くできるし、火を使いたくない夏の日にもぴったりです。サラダ感覚でも食べられるね♪ありがとう~。

c0060927_2236090.jpg
・・・「鍋飯10分☆小松菜の松の実香りご飯」も「ちょりまめ日和」さんレシピです。

我が家ではご飯は5合炊いて、その時食べないものはすぐにジップロックの1膳パックに入れて急速冷凍するのですが、ちょうどそのストックがなくなっていて。炊飯器で炊くよりも早くできそうなこちらのレシピを試してみることにしました。ご飯を鍋で炊くのはお恥ずかしながら初めてかも。。。心配しましたが、できました!このように自然の菜飯のような御飯ができるなんて感激~。この方式でまたリピートしたいです~。


↓こちらは夫製きゅうりのぬか漬けでーす。
c0060927_22362270.jpg


今日はちょりママさんレシピ祭りをしちゃいました~。
にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
by natchan72 | 2008-07-31 22:31 | 2008年の食卓 | Comments(8)

鶏胸肉の照り焼き 他 7/30(水)の食卓

■朝食

ぬか漬け(スイカ)
いんげんのくたくた煮
きんぴらごぼう
鶏胸肉の照り焼き
麦入りご飯
c0060927_2351268.jpg


・・・「鶏胸肉の照り焼き」は前夜に焼いておいたものです。醤油、みりん、酒を各大匙2杯ずつ混ぜた中に、半分に切って厚いところを切り開いた鶏胸肉2枚分を15分ずつ(途中で裏返して)下味漬けしてこんがりと両面フライパンで焼いたもの。調味料は全て無添加のものを使っていますので、とっても上品でいい味の照り焼きができました。出来立てでないので写真写りが悪いのはご勘弁を~。

■お弁当

鶏胸肉の照り焼き
いんげんのくたくた煮
きんぴらごぼう
麦入りご飯
c0060927_23511569.jpg


・・・「きんぴらごぼう」はごく定番のレシピにて。醤油、みりん、酒を大匙各1杯ずつ使って。ごぼうを晒さずに作ったので前回より美味しかったです。

■夕食 <外食>駅蕎麦
c0060927_23512880.jpg


・・・スポーツクラブに寄る日なので駅蕎麦屋で山菜蕎麦と鮭おにぎりを食べました。コロッケ蕎麦やかき揚げ蕎麦にも惹かれたけどガマン。せっかくカロリーを取るなら、もっと美味しいもので摂りたいしね~。

●今日のスポーツクラブ

・・・前回に続いて「ファットバーニング」のクラスに参加。2回目でした。今までやったことのないエアロビクスステップが出てきてしかもスピードが速いので、ついていけない部分もあってカッコ悪いんですが、ここで諦めたら余計できないのでまた来週も参加しようと思います。



にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
by natchan72 | 2008-07-30 22:56 | 2008年の食卓 | Comments(6)

新幹線でビュンと!今からでも間に合う。夏休みの超お得な価格で宮城県の鳴子温泉へ。

すごくお得な旅行プラン(宿泊+列車の個人型フリープラン)を「JR東日本びゅう」で発見したので、皆様にもご紹介させていただきます。

会社としての夏休みは特にないと話していた夫が昨日になって「任意の日程でみんな有給休暇で夏休みを取っているみたいだから8月に休みを取ることにした」なんて言い出しました。「え~、今から8月中旬頃なんて予約で一杯なんじゃない?でも一応探してみようか。」と返事をして検討を開始。

まずは「ハレクラニな毎日II」のmimilamiさんが千葉の館山をご紹介されていたのが印象に残っていて、館山へ行く気満々だったのですが、一般に予約できるお宿はとってもお値段が高くて(海が近いので一年で一番高い時期みたいです)ちょっと手が出なかった。。。

じゃあ、車中泊をすることにして、涼しいエリアへ向おうか?となり、東北宮城の鳴子温泉在住の方のブログ「馬耳湯風」さんを覗きにいったところ、にわかに信じられないようなお得な価格の「JR東日本びゅう」のプランをご紹介していらっしゃいました。

ちょっと失礼して引用させていただくと、

-----以下引用-----

JR東日本では「がんばってます!!鳴子温泉郷スペシャル」として7月15日から8月31日までお得なツアープランを発売しています。

東京駅発新幹線料金と1泊2食付きの宿泊料金がセットで18,000円~28,500円という超お得な料金になっています。

東京駅から新幹線指定席で鳴子温泉までの往復料金はJR料金だけで23,680円ですから一泊2食の温泉宿に泊まっても新幹線料金より安い!!・・・(^.^) 

(中略)

◎出発日/7月15日(火)~8月31日(日) ※出発除外日:8/12~8/17
◎申込は2名から
◎1泊2日限定
◎食事/夕食1回、朝食1回付
◎利用限定列車はやまびこ41号(東京発6:04分)、やまびこ45号(東京発8:20)、やまびこ47号(東京発9:32分)、やまびこ53号(東京発12:40)、やまびこ55号(東京発13:40)となっています。
◎宿泊施設は下記の11施設

姥の湯旅館(18,000円~23,500円)
ホテル扇屋(18,000円~23,500円)
ホテル亀屋(19,000円~24,500円)
吟の庄(23,500円~28,500円)
旅館すがわら(19,000円~24,500円)
大正館(18,000円~23,500円)
琢琇(21,000円~25,500円)
鳴子観光ホテル(19,000円~27,500円)
鳴子ホテル(19,000円~27,500円)
旅館弁天閣(18,000円~23,500円)
ますや(19,000円~27,500円)
<参考:大宮発は400円マイナスです。>

詳細は下記リンクをご参照ください。

JRで行く国内ツアー びゅう
http://travel.eki-net.biz/jrnetsbyu/servlet/CommodityListServlet?pid=08246

-----引用以上-----<参考>部分は私が記入しました-----

ツアーに関するお問い合わせ・お電話でのお申込
ナビダイヤル[Tel 0570-04-8928] (市内通話料でOK)
携帯電話・PHS・IP・ひかり電話からは [Tel 03-3843-2001]
営業時間  平日 9:00~21:00/土休日 10:00~18:00

です。


自家用車で宮城方面へ行くことを考えていた私達は、自家用車で行く場合の費用を試算してみました。

高速代は、通常7,850円(ETC深夜割引では4,700円ですが、私達は最近深夜は眠くなってしまい利用が難しいと思われる。)。往復で15,750円。
ガソリン代は往復で900kmと最低の見積もりで、リッター10kmとして90リッター×184円で16,560円。
これだけで、32,200円かかります(2人乗車時の1人頭換算は16,100円)。

エンジンを切って窓は隙間程度の暑い車内で寝る代わりに、空調のきいた部屋の布団の上で寝られて、2人分の夕食と朝食が付いて1人あたり19,000円程度なら、断然ツアーを利用すべし~。それに泊まってみたかった宿もリストにあるし!

で、即刻申し込みをしちゃいましたー。びゅうの電話予約センターの女性はすごーくいい感じの方で、感激しました。今までツアーはJTBを利用していてそれはそれで普通に感じよかったですが、びゅうの方が好きになっちゃった。発券と支払いは色々方法がありますが、私は帰りがけに「びゅうプラザ池袋西口店」に立ち寄り。ここもリニューアルして内装が綺麗で明るい感じになっていました。

ちなみに私の場合

<第1希望>
鳴子温泉郷スペシャル(うなぎ湯の宿 琢琇)
ツアーNo. A27872529-00
ツアー価格22,000円(平日2人1室の場合の1人料金)
宿のHP http://www.takuhide.co.jp/

でしたが、ここは希望の日程では宿が満室だったので諦めました。

<第2希望>
鳴子温泉郷スペシャル(鳴子ホテル)
ツアーNo. A27872521-00, 02
ツアー価格20,000(「紅葉館」は大人3,000円アップ)(平日2人1室の場合の1人料金)
宿のHP http://www.narukohotel.co.jp/
(大宮発にしたので19,600円/1人。鳴子駅まで宿の送迎付)

こちらで予約ができました~。この宿を選んだ理由は、
「ALL About Japan 日本の名湯」さんのクローズアップ記事で紹介されていたからです。自家源泉を3本持っている宿だそうで、時間が経つと緑色のお湯を見られるかもしれない温泉も楽しみです。

あと、かなり前になりますが「旅館すがわら」(ツアー料金19,000円~24,500円)さんにも泊まったことがあり、こらも心地の良い宿でした。ひょっとしたら料理はこちらの方が美味しいかも~。(笑) 
旅館すがわらさんのHP http://www.naruko-onsen.com/index.html

皆様もこのお得なプランで南東北まで1泊2日の温泉旅行はいかがですか?
夏は車も冷房が効きにくいし、新幹線での旅は快適そうですよ♪
by natchan72 | 2008-07-30 06:30 | その他 | Comments(18)

スイカのぬか漬け 他 7/29(火)の食卓

■朝食

ぬか漬け(蕪)
ゴーヤと厚揚げのたらこ酢和え(ちょりママさんレシピ)
スイカ
麦入りご飯
c0060927_2341143.jpg


■お弁当

チンジャオロウスー
いんげんのくたくた煮
イタリアンソーセージ
麦入りご飯
c0060927_23411274.jpg


・・・今の季節、いんげんが安くて嬉しいです。ワンパターンですが、我が家が大好きな定番料理「いんげんのくたくた煮」をまた作りました♪

■夕食

焼き鮭
いんげんのくたくた煮
ぬか漬け(スイカ)
アボカドの梅肉和え
しめじと玉ねぎの味噌汁
麦入りご飯
c0060927_23412522.jpg


・・・昨日、今日と、いりこ出汁で作ったお味噌汁を食卓に。昼間意外と冷房で体が冷えていますから、夜のお味噌汁はホッとします。お味噌は信州味噌2/3、白味噌1/3の割合で溶きました。家で作るお味噌汁は優しい味で美味しいです。
c0060927_23414996.jpg
・・・今夜のぬか漬けは「スイカの皮」です♪

夫はこれを食べたことがないと話していましたが、私の実家ではよく漬けていたんです。

皮が薄めだったせいか、よく漬かった感じの味になっていましたが、ちょっと酸味もあって美味しい♪

今まで捨てるだけだったスイカの皮ちゃんが蘇ってくれて嬉しいわ~。


我が家の定番「いんげんのくたくた煮」
c0060927_23423353.jpg


「アボカドの梅肉和え」
c0060927_23432939.jpg


↓1日1クリックしていただけると嬉しいな~。
にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
by natchan72 | 2008-07-29 23:37 | 2008年の食卓 | Comments(0)

7/28の夕焼け空写真

7/28(月)の夕方(19時頃)の夕焼け空です。雲の芸術ですね!
c0060927_22504659.jpg


c0060927_22505685.jpg


c0060927_2251573.jpg


c0060927_22511436.jpg


c0060927_22512671.jpg
by natchan72 | 2008-07-28 22:56 | マイホーム | Comments(4)

夏の買い物。パソコン机とソファがきました。

この夏はそれまで使っていたノートPCが壊れかけたのをきっかけに、デスクトップPCとそれを置く机を買うことにしました。

ノートPCの液晶画面に縦線が30本ぐらい入るようになって、その後何週間か後には普通に終了しているのに次の起動時に、前回異常終了したとのメッセージが出るようになったのです。まだ2年も使っていないぐらいだったのですが、修理には数万円と2週間程度かかるとのことで買い替えました。

新しいPCはデルの「Inspiron 530s ベーシックパッケージ」で、主要スペックは以下のようなものです。

Windows Vista(R) Home Premium SP1 32ビット 正規版 (日本語版)
インテル(R) Core(TM) 2 Duo プロセッサー E4600
メモリ:4GB(1GB x4) デュアルチャネル DDR2-SDRAMメモリ
ハードディスク:500GB SATA 3.0Gb/s NCQ HDD
OS:Windows Vista(R) Home Premium SP1 32ビット 正規版 (日本語版)
光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
モニタ:デルE207WFP 20インチワイド TFT液晶モニタ

自宅でデスクトップPCを使うのは初めてですが、今迄のようにこたつ机(実家から持ってきたやつ)で使うのも大変そうなので机と椅子を買うことにしました。机&椅子は島忠ホームセンターで「カリモク家具」製のものを選びました。

こんな感じです~。↓
c0060927_22273425.jpg


もうひとつは、欲しいなあと思いながら決めかねていたソファをようやく購入しました。(ヨーコさん、やっと買いましたよ~。)当初は薄いイエロー系かモカ系がほしいと思っていたのですが、結局は廊下や部屋のドアと同じこげ茶色にしてしまいました。これも島忠で購入しました。

こんな感じです~。↓
c0060927_22301957.jpg


向って一番右側だけ、レバーでリクライニングするタイプです。

面白かったのは、私の幼馴染のDuckWalkさんがカウチを買い換えた記事をアップされた同じ日に私たちがソファを発注していたこと。奇遇ですね~★
by natchan72 | 2008-07-28 22:04 | マイホーム | Comments(8)

ゴーヤと厚揚げのたらこ酢和え 他 7/28(月)の食卓

■朝食

ぬか漬け(蕪)
ゴーヤと厚揚げのたらこ酢和え(ちょりママさんレシピ)
きのこの炊き込みご飯
c0060927_221383.jpg


・・・「ゴーヤと厚揚げのたらこ酢和え」は「ちょりまめ日和」のちょりママさんレシピで作りました~。実はゴーヤの苦味が夫も私も苦手。でも身体にいいって聞くし、季節の食べ物だし、何か食べたいな~と思っていました。そんな時にこのレシピを発見。2歳児のちょりちゃんもゴーヤが食べられたと読み、私もチャレンジすることに♪
c0060927_2211726.jpg
ゴーヤはごく薄くスライスし、塩もみして5分放置後何度か水を換えたあと、レンチン。

厚揚げとたらこと和えてお酢を混ぜて~。味見しながら少しずつ加えたお酢は、結局レシピの4倍ぐらい入れちゃった~。

半信半疑で食べ始めた夫も「これ、美味しいね~」と喜んでいました。これで毎年ゴーヤ料理が食べられる我が家になるわ。ちょりママさん美味しいレシピをありがとう!


■お弁当

チンジャオロウスー
ぬか漬け(人参)
イタリアンソーセージ
麦入りご飯
c0060927_2213810.jpg


・・・「イタリアンソーセージ」というのは私が勝手につけた名前で、豚ひき肉500gにドライバジル大匙4、ドライオレガノ少々、自然塩小さじ1.5杯を混ぜて手でよくこねて、オリーブオイルをひいたフライパンで両面じっくり焼いたもの。ハーブの量は好みで半量にしてもいいかも。今回はスパイシーにしたかったのでたっぷり入れました。小さめの円形に成型しましたが、ソーセージ型に丸めても雰囲気が出ていいかも。とっても手軽でかつ美味しかったので、また頻繁に作ろうと思います!

■夕食

ゴーヤと厚揚げのたらこ酢和え(ちょりママさんレシピ)
真イワシ丸干し
ぬか漬け(蕪、きゅうり)
玉ねぎとわかめの味噌汁
きのこの炊き込みご飯
c0060927_2215469.jpg


・・・「真イワシ丸干し」はスーパーで購入したものですが、千葉県いすみ市産でした。実は「真イワシ丸干し」って今まで買ったことがなかったんですが、大反省するぐらい美味しかったのです。値段が安くてこのぎゅっと凝縮された旨み。これを食べない手はありません。また是非購入したいです!千葉のお魚バンザイ♪
c0060927_222471.jpg


にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
by natchan72 | 2008-07-28 21:40 | 2008年の食卓 | Comments(2)

二重の虹の写真を撮りました。(7月27日)

2008/7/27(日)、自宅にいたところ、雷がゴロゴロ、稲光がピカリ。窓から空を見てみました。そうしたら、左の空に光の筋のようなものが見え始めました。どこかのパチンコ屋のサーチライトかな?と思い名がら見ていたら色が出てきて、虹が出現!しかも二重で、180度!残念ながら広角レンズを持っていないので180度つながった写真は撮れなかったのですが、結構長時間見えていて感動しました。見た目より写真は虹の色がぼやけていますが、肉眼で見た虹は奇麗だったなあ。例によって写真を選びきれなかったので沢山のアップでごめんなさい。
c0060927_22472827.jpg


c0060927_22473981.jpg


c0060927_22475226.jpg


c0060927_224827.jpg


c0060927_22481397.jpg


c0060927_22482740.jpg


c0060927_22483947.jpg


by natchan72 | 2008-07-27 22:42 | マイホーム | Comments(6)

ぬか漬け始めました♪ 他 7/27(日)の食卓

■朝食 トマトとアンチョビーのスパゲティ(夫製)
c0060927_22262754.jpg
・・・トマトは生トマトを使用しているのですが、ソースを弱火でしばらく煮込んだそうで、ドライトマトのような風味が出ていました。

キューピーのアンチョビーソースとの相性もバッチリ。めちゃくちゃ美味しい夏にピッタリのスパゲティでした。ご馳走様!


■昼食 <外食>山田うどん
c0060927_22265920.jpg


・・・買い物ついでにお馴染み「山田うどん」へ。カレー南蛮とミニハンバーグ丼のセットを注文。「山田うどん」でカレーうどんを食べたのは初めてでしたが、想像していた蕎麦屋のカレーうどんの系統ではなく、普通のうどんにカレーライス用のカレーをかけたものに近い感じ。あー、ちょっと好みと違ったなあ。ここでは私は蕎麦も食べないのですが、今度からカレーうどんもパスしようと思いました。たぬきうどんは温・冷とも好きなんですけどね。おっと、ハンバーグもパスです。つなぎが多すぎ~。

■夕食

冷奴
ぬか漬け(人参、きゅうり、蕪)
チンジャオロウスー
きのこの炊き込みご飯
c0060927_22271755.jpg


・・・スーパーでエスビー食品(エスビーチルド)の「ぬかづけの素 クリップ付」というものを見かけ、「野菜を漬け込むだけで簡単にぬか漬けが作れます。かき混ぜ不要でにおいがもれないクリップ付き。天日塩を使用し化学調味料無添加です。」というキャッチフレーズに惹かれ買ってみました。まあ増粘多糖類は入っているのですが、これぐらいは多目に見てっと。
c0060927_22281373.jpg


c0060927_22285131.jpg
実はぬか漬けを食べたかったのは私よりも夫の方。従来の1日2回のかき混ぜ方式は時間的にも難しそうで、今まで一度もぬか床を作ったことがありませんでした。

皆さんのところではいかがでしょうか?ぬか床をお持ちですか?

私が作ると失敗しそうだと、夫がせっせと漬け始めました。朝出勤前に漬けたら、夕食に食べられるというぐらいの時間で好みの漬かり具合になりました。


c0060927_22282729.jpg


きゅうりと蕪は夫の好み、人参は私の好みで入れました。蕪がちょっと薄めの味でしたが、他はバッチリで美味しい!薄味の野菜がバリバリ食べられるぬか漬けっていいですね~。ハマりそうです♪


↓1日1回クリックしてもらえると嬉しいな~。
にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
by natchan72 | 2008-07-27 21:42 | 2008年の食卓 | Comments(0)