なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:読書( 63 )

マークスの山 高村薫

(◎、○などは私の好み度)

■読了 マークスの山 高村薫

出版社: 講談社文庫
ISBN-10: 4062734915
ISBN-13: 978-4062734912

・・・高村薫さんの本を初めて読みました。今回の物語の主人公(犯人側)があまり好きになれなかったので読み終わるのに時間がかかってしまいました。でも刑事側の主人公「合田雄一郎」シリーズはまた読みたいです。

(10/24)
by natchan72 | 2008-10-24 23:59 | 読書

読了:メタボにならない脳のつくり方 森谷 敏夫

(◎、○などは私の好み度)

読了:メタボにならない脳のつくり方 森谷 敏夫 ◎

出版社: 扶桑社(新書)
ISBN-10: 4594056849
ISBN-13: 978-4594056841

・・・京都大学大学院教授が書かれた本です。アタマで考えて食べ、歩いたり階段を上がったりすることにより、無理なく生活習慣病を予防しようなどが具体的に色々載っていました。スポーツクラブでちょっと背伸びした運動をして肉離れをおこして寝ている私には耳の痛い話でした。

(9/30)
by natchan72 | 2008-09-30 23:59 | 読書

読了:ホワイトアウト 真保 裕一

(◎、○などは私の好み度)

読了:ホワイトアウト 真保 裕一 ◎◎

出版社:新潮文庫
ISBN-10: 410127021X
ISBN-13: 978-4101270210

・・・厳冬のダムに勤務する2人職員が遭難者と見られる2人組を救出しに冬山へ出て行った。遭難者は2人とも助かったがダムの職員1人が逆に亡くなってしまうのだった。2ヶ月ほどの後、ダムは武装グループに乗っ取られた。折りしもその日は遭難者を救出する際に亡くなった職員の婚約者が彼の職場と冬山を見ておきたいと見学に来ていたのだった。。。。

読み始めたら面白くて一気に一日で読み終わってしまいました。
真保裕一さんの小説は「防壁」は短編でまあ普通な感じ、「連鎖」は割と良かったですが、やはり「ホワイトアウト」が断然いいな。最後は泣きました。

(9/28)
by natchan72 | 2008-09-28 23:59 | 読書

読了:ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書

(◎、○などは私の好み度)

読了:ドラゴン桜公式副読本
     16歳の教科書 なぜ学び、なにを学ぶのか
7人の特別講師プロジェクト&モーニング編集部 著  ◎◎

出版社: 講談社
ISBN-10: 4062140950
ISBN-13: 978-4062140959

・・・ドラゴン桜は漫画もドラマも見ていないのですが、この本はいいと夫に勧められて読みました。まだ大学受験までに余裕のある中学生~高校2年生までの生徒たちに贈るメッセージをまとめたものというコンセプトだそうですが、大人が読んでも読み応えのある熱いメッセージが伝わってきました。それぞれの先生がオススメする本も2冊ずつ載っていて、それらも順番に読んでいけるといいなと思いました。

(9/26)
by natchan72 | 2008-09-26 23:59 | 読書

読了:ラストコヨーテ 上・下 マイクル・コナリー 

(◎、○などは私の好み度)

読了:ラストコヨーテ 上・下 マイクル・コナリー ◎

出版社: 扶桑社ミステリ(文庫)
(上巻)ISBN-10: 4594020003
(上巻)ISBN-13: 978-4594020002
(下巻)ISBN-10: 4594020011
(下巻)ISBN-13: 978-4594020019

・・・ハリーボッシュシリーズ4作目を読み終わりました。前作と今作の間にロサンゼルスでは地震があったという設定のようで、今回ボッシュは地震による自宅の一部倒壊、シルヴィアとの別れを経て、上司のパウンズ警部補とのトラブルによりカウンセリング休暇中だという設定でのスタートでした。

今回のテーマはボッシュの母親を殺害した犯人を休暇中に割り出すということ。犯人がわかった時には何人かが亡くなったあとでちょっと暗い気持ちになりますが、途中新たな女性との出会いもあり、ハリーボッシュシリーズの次の作品を読むのがまた楽しみなところです。

(9/25)
by natchan72 | 2008-09-25 23:59 | 読書

読了:行動経済学 経済は「感情」で動いている 友野 典男

(○、◎などは私の好み度)

読了:行動経済学 経済は「感情」で動いている 友野 典男 ◎

出版社:光文社新書
ISBN-10: 4334033547
ISBN-13: 978-4334033545

「経済人」という特別の人々とは、禁煙や禁酒やダイエットに失敗するなんてことはありえない。しょっちゅう電車の中に傘を忘れたり、ダブルブッキングをして友人を不愉快な気持ちにさせたり、当たるはずのない宝くじに大金を投じたりはしない。経済活動を行っている人、つまりわれわれすべてがこのような人物であるという想定の下で、標準的経済学は構築されている。(本文より一部改変して抜粋)

感情などに振り回されない、超合理的な経済人を扱う経済学は、どこか現実にそぐわない。感情、直感、記憶など、心のはたらきを重視し、私たちの現実により即した経済学を再構築しようとする新しい学問、「行動経済学」の基礎を、詳しく解説する本。

ブログ「生活記」chapさんの感想を読んで興味を持ち、読んでみました。予想通り楽しい本でした。これを機に、わかりやすい経済学の本をまた読んでみたいものです。

(9/11)
by natchan72 | 2008-09-11 23:59 | 読書

読了:マイクル・コナリー 「ブラック・ハート」上・下

(◎、○などは私の好み度)

読了:マイクル・コナリー 「ブラック・ハート」上・下 ◎

出版社: 扶桑社文庫
(上巻)ISBN-10: 4594018181
(上巻)ISBN-13: 978-4594018184
(下巻)ISBN-10: 459401819X
(下巻)ISBN-13: 978-4594018191

・・・ハリーボッシュシリーズ第三弾。ドールメイカー事件の犯人はボッシュが逮捕(その際に発砲して犯人は死亡)したはずなのに、同じ手口で新たなブロンド美女が発見された。それは折りしもボッシュが発砲した指名手配犯は誤認だったのではないかとの裁判が行われる日であった。

裁判の進行部分は、私が小学生の頃にほぼ全巻読んだペリーメイスンシリーズの法廷物のようで面白かったし、前作から続いているボッシュとシルヴィアの関係も垣間見られてアメリカの小説らしい楽しみがあって気に入りました。

(9/6の記事)
by natchan72 | 2008-09-06 23:59 | 読書

読了:健康神話にだまされるな 高田 明和

(◎、○などは私の好み度)

読了:健康神話にだまされるな 高田 明和 ○

出版社: 角川グループパブリッシング(新書)
ISBN-10: 4047101435
ISBN-13: 978-4047101432

・・・「これは健康に悪い! 」と聞けば闇雲にそれを排除し、「これが健康に良い!」と聞けば一晩にしてスーパーの陳列棚から商品が売り切れるような極端なことが多い今日この頃。

この本では、健康にまつわるそのような「常識」を、最新の研究成果をもとに検証。データの一面のみを抜き取り、食品の効果を謳うことに対しての危険性をわかりやすく解説されています。

何事も中庸が良いのです。ということで、気が楽になる本でした。
by natchan72 | 2008-08-22 23:59 | 読書

読了:貫井 徳郎 追憶のかけら

(◎、○などは私の好み度)

読了:貫井 徳郎 追憶のかけら ◎

出版社: 文春文庫
ISBN-10: 4167682028
ISBN-13: 978-4167682026

文学部大学講師の冴えない主人公は、ある日「50年前に自殺した作家の手記が見つかったので差し上げたい。ただし、それを読んでなぜの作家が自殺しなくてはならなかったのかを謎解きしてほしい。そしてそれを論文として発表してくれて構わない。」と見知らぬ人から手記を預かることになった。手記は旧かな使いで書かれていて、終戦直後、作家佐脇の身に何が起こったのかが詳しく書かれていた。それをきっかけに主人公もまた何者かの悪意に陥れられて行く。50年前と現代を行き来しながら書く貫井らしい構成で楽しめました。
by natchan72 | 2008-08-21 23:59 | 読書

読了:鉄道 噂の真相 大井 良

(○、◎などは私の好み度)

読了:鉄道 噂の真相
    ―現役鉄道員が明かす鉄道のタブー 大井 良 ○

出版社:彩図社
ISBN-10: 4883926400
ISBN-13: 978-4883926404

夫が出先のKIOSKで買った本が家にあったので読んでみました。読みやすく書いてあるので、読む前から知っていたような錯覚を覚えてしまった。
by natchan72 | 2008-08-16 23:59 | 読書