なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:温泉( 411 )

兵庫県 芦屋市立 あしや温泉

アップが前後しましたが、大阪へ行く前に「あしや温泉」に寄ったのでした。以前はプレハブの建物でしたが、少し立派な建物になっていました。でも価格は銭湯料金のまま。レジャー的な要素はなく、源泉が熱い温泉なので、加水したお湯の湯船が増えていました。このお湯も泡付きのあるいいお湯でした。常連さんが多いので洗い場の場所取りが横行しているのが難点ですが・・。
c0060927_22591144.jpg


c0060927_22592898.jpg


↓足湯は無料みたいです。
c0060927_22595312.jpg



この近くの川で見かけた鴨
c0060927_2312129.jpg


この近くで見かけたマンホール
c0060927_2313315.jpg



More(温泉成分分析表)
by natchan72 | 2011-12-31 17:30 | 温泉 | Comments(0)

峩々温泉 宿泊記(温泉編 その2)

・岩盤浴「美晴」/専用ラウンジ「風雅」
→こちら有料とHPに書いてありましたが失念しており、現地のプレートには有料と書いていなかったので、うっかり予約してしまいました。後から聞いたら1人2,500円、2人で5,000円もしたのですっかり意気消沈。日帰り入浴施設で700円も余分に払えば利用できる施設も多いので。
c0060927_12313274.jpg


とはいえ、専用の浴衣、バスタオル、冷水を用意してくれ、専用ラウンジ「風雅」にはマッサージ機、おしゃれなデザインのソファ、ナナオの液晶TV、間接照明のスタンドが置いてあるといういい雰囲気の部屋が利用でき、飲み物は夕食時の生ビールでいただくこともできましたので、まあ安くはないけれども楽しめたかなと。私の貨幣価値だと、1人1,800円ならもうちょっと満足度も高まるかなあ。
c0060927_12314616.jpg


c0060927_12315571.jpg


c0060927_1232475.jpg


・別館日帰り棟:桧の湯
→日帰り入浴は大人1,000円だそうです。廃校のような歴史のありそうな建物にあり、男女別の桧の湯はどちらも湯船が小さいものが1つずつ。宿泊者は日帰り入浴時間以外(19時以降ぐらい)は家族風呂として入ることができます。朝貸切で入らせていただきましたが、駐車場がガラス越しに見える作りで、壁には蜘蛛の巣がものすごい量からまっていて気持ち悪かったですが、湯口の析出物はいい感じでした。
c0060927_12324643.jpg


c0060927_12325686.jpg


c0060927_1233678.jpg


c0060927_12331684.jpg


・露天「六治の湯」
→これを楽しみにしていたのですが、1Fも2Fも探して歩いたのですが見当たらず、ここからフロントへ行くのもまた面倒だったので聞きませんでしたが、入れると思っていた湯に入れないのは特に宿泊した場合には残念な気持ちで一杯になりました。他の方のブログなどを拝見して想像するには、私が訪れた際に廊下に置いてあったここから先は通行止めの仕切りの先にあったようです。閉鎖しているのであれば予め予約の際にアナウンスしておいてほしかったです。
by natchan72 | 2011-11-04 16:00 | 温泉 | Comments(0)

峩々温泉 宿泊記(温泉編 その1)

■峩々温泉 宿泊記(温泉編)

・貸切露天風呂「天空の湯」
→ガラス戸のところにある下足をはき、プラスチックケースに入った「只今入浴中」札を表示させて外へ出ます。真っ直ぐ進んで右へ回り込むと施錠してある建物の裏手へ行ってしまい、左上の石段を数段上がってみたものの、落ち葉がものすごくて足元が危険、左は木板2枚と錆びた鉄パイプで組んだ工事現場の足場みたいなのがあってまさかそんな危ない足場の方へ行くわけはないだろうと、三方ふさがり。どこにあるのかわからないので、わざわざ1Fのフロントまで行って宿の人に尋ねたら、なんとその足場の先の小屋が「天空の湯」なのだとか。
c0060927_12203388.jpg


c0060927_1220569.jpg


c0060927_1221633.jpg


せっかくなので再び向かって入りましたが、湯船横の板は一部腐食して穴が開いていて怖い感じ。源泉に近いだけあってお湯はいい感じで、渓流沿いの高台にあるので自然な音を聞く分にもいいけれど、個人的にはあんまり落ち着く感じではないなあ。渓流沿いの露天風呂であれば、大沢温泉だとか、夏油温泉だとかの方がしっかりメンテナンスしてあって好きだったなあ。
c0060927_12211891.jpg


c0060927_12212827.jpg


c0060927_1222280.jpg


・大浴場:ぬる湯とあつ湯+露天風呂+混浴露天風呂
c0060927_12225718.jpg


c0060927_1224029.jpg


→男女ほぼ同じ作りと思われるぬる湯とあつ湯の湯船が各1個。こちらのぬる湯はゆったり入れて一番好きでした。
c0060927_12224092.jpg


c0060927_12234259.jpg


あつ湯は周囲の板に寝て掛け湯するのがいいそうですが、かけるどころかあまりの湯の熱さに私はその板の上にさえ乗れませんでした。
c0060927_12242887.jpg


c0060927_12244519.jpg


男女別の露天風呂は、内湯の下の部分にあり、長方形です。入ろうかと思って降りたところで小さな蛇がいたので怖くなって入らずでした。
c0060927_12251251.jpg


c0060927_12252667.jpg


ついでに混浴露天も見に行きましたが、これはリニューアルしたものだそうで、岩組みのもの。植えてある紅葉が綺麗でした。
c0060927_12262068.jpg


大浴場に限らずですが、大浴場でさえパウダーコーナーはありません。アメニティーも一切なし。風力の強くない小型ヘアドライヤーが2個置いてあるだけでした。
c0060927_12254558.jpg


by natchan72 | 2011-11-04 15:45 | 温泉 | Comments(0)

(日帰り温泉)長野県 みづほ温泉 湯楽里館

■(日帰り温泉)長野県 みづほ温泉 湯楽里館
http://www.yurarikan.com/yurarikan.html

以前ゆうふるtanakaさんに日帰り入浴に行ったときに、こちらも同じ系列と知り、いつか訪問したく思っていました。信州への旅行の帰りに立ち寄りました。かなり小高い丘を上がったところにある施設なので、浴室から見える景色のいい温泉でした。消毒などはしているそうですが、塩素の臭いはしませんでした。特に露天風呂のお湯は少々スベスベするもので気持ちよく入れました。
by natchan72 | 2011-08-06 17:30 | 温泉 | Comments(0)

仙仁温泉 岩の湯 宿泊記(温泉/洞窟湯、男湯)

■仙仁温泉 岩の湯 宿泊記(温泉/洞窟湯、男湯)

洞窟湯は混浴なので、男女それぞれの内湯のところに湯あみ着の用意があります。女性の場合はブルーのショートパンツを履いたあと、グレーの布を上から巻きつける感じのものでした。
c0060927_1554435.jpg


↓女湯から洞窟湯へ入って行く入口あたり。
c0060927_1554265.jpg


c0060927_1555854.jpg


c0060927_1555344.jpg


↓さて、ここから奥が洞窟風呂。かなり広くて(長くて)びっくりしました。
c0060927_15562151.jpg


c0060927_15565452.jpg


c0060927_15572190.jpg


c0060927_15573663.jpg


c0060927_1558832.jpg


c0060927_15582090.jpg


↓こちらは男湯近くの普通の湯船
c0060927_15585998.jpg


↓男湯内湯
c0060927_15593186.jpg


↓男湯半露天風呂
c0060927_15594344.jpg


by natchan72 | 2011-08-04 17:15 | 温泉 | Comments(0)

仙仁温泉 岩の湯 宿泊記(温泉/女湯)

■仙仁温泉 岩の湯 宿泊記(温泉/女湯)

↓左が女性用脱衣所、右が男性用脱衣所の入り口です。
c0060927_15433862.jpg


↓脱衣棚
c0060927_1543567.jpg


↓パウダーコーナー
c0060927_15441668.jpg


↓かかり湯
c0060927_15443225.jpg


↓洗い場
c0060927_15453422.jpg


↓内湯全景
c0060927_1546160.jpg


↓内湯から露天方向を眺める風景は絵画のよう。
c0060927_15464763.jpg


↓2011年3月に新設された露天風呂
c0060927_15471084.jpg



More(温泉成分分析表)
by natchan72 | 2011-08-04 17:00 | 温泉 | Comments(0)

仙仁温泉 岩の湯 宿泊記(温泉/家族湯)

■仙仁温泉 岩の湯 宿泊記(温泉/家族湯)

↓全部写真がピンボケしてしまって残念でしたが、こちらは外気にはさらされない内風呂です。内湯は入るとお湯があふれるのですが、ちょっと排水が追いつかないようで残念。
c0060927_1420138.jpg


↓露天風の湯船。天井はガラスがはまっているので意外と明るかったです。
c0060927_14201251.jpg


↓温泉成分分析表
c0060927_14202198.jpg


by natchan72 | 2011-08-04 16:15 | 温泉 | Comments(0)

仙仁温泉 岩の湯 宿泊記(温泉/家族湯「無想の湯」)

■仙仁温泉 岩の湯 宿泊記(温泉/家族湯「無想の湯」)

こちらは「野守の湯」に多少似た感じの歴史ありそうな家族湯でした。
c0060927_131446.jpg


c0060927_1311977.jpg


c0060927_1321162.jpg


↓内湯を少々違うアングルで。
c0060927_133020.jpg


c0060927_1331378.jpg


c0060927_1332334.jpg


↓露天風呂です。これがよく雑誌の撮影に使われる露天かな。
c0060927_134292.jpg


c0060927_1341291.jpg


by natchan72 | 2011-08-04 15:45 | 温泉 | Comments(0)

仙仁温泉 岩の湯 宿泊記(温泉/家族湯「風姿の湯」)

■仙仁温泉 岩の湯 宿泊記(温泉/家族湯「風姿の湯」)

c0060927_1244168.jpg


↓「風姿の湯」は戸を開けると上り階段。
c0060927_12464570.jpg


↓コンパクトながら洗面やアメニティがあります。
c0060927_12465830.jpg


↓シャンプー類はこういうのでした。
c0060927_12473662.jpg


↓こちらの内湯は黒い石っぽくて大人っぽい感じでした。
c0060927_12482227.jpg


↓内湯から露天方向を見たところ
c0060927_1249583.jpg


↓露天風呂からは木々が眺められます。
c0060927_12494485.jpg


↓露天風呂から内湯を見たところです。
c0060927_12501299.jpg


by natchan72 | 2011-08-04 15:30 | 温泉 | Comments(0)

仙仁温泉 岩の湯 宿泊記(温泉/家族湯「野守の湯」)

■仙仁温泉 岩の湯 宿泊記(温泉/家族湯「野守の湯」)

仙仁温泉 岩の湯には家族風呂が4つもあるのが特徴で、予約も不要で札を見て空いていれば入れます。別料金もかかりません。最初に入ったからというものあるかもしれませんが、ここ「野守の湯」はとても気に入りました。
c0060927_12233417.jpg


ドアを開けて階段を下りたところに、洗面台、アメニティ、ドライヤー、タオル類がありました。こんな立派なセットもある家族湯は初めてだったので驚きました。
c0060927_12243045.jpg


↓脱衣所からさらに何段か降りると正面に内湯がありました。内湯はほとんどの家族湯でジェットバスの装置がついていました。この内湯はチェックインして間もなく入ったからか、ほのかな温泉のいい香りがしていました。
c0060927_12256100.jpg


↓これは内湯から脱衣所を振り返ったところ。
c0060927_12275622.jpg


↓内湯
c0060927_12284613.jpg


↓内湯のジェットバススイッチを入れたところ
c0060927_1229832.jpg


↓内湯から露天方面を見たところ
c0060927_12294683.jpg


↓露天風呂
c0060927_12345467.jpg


↓露天風呂から見上げた空
c0060927_12353386.jpg


↓露天風呂から内湯の屋根を見たら、その作りの立派さに驚きました。
c0060927_1236788.jpg


by natchan72 | 2011-08-04 15:15 | 温泉 | Comments(0)