なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2017年1月博多旅( 31 )

<博多旅の土産>チロリアン

■チロリアン

スーパーや土産物屋で見かけて、気になっていたのを買いそびれていたのが、空港売店にあったので最後のチャンスと買いました。これ、かなり美味しい!買って良かった~。
c0060927_19202516.jpg
c0060927_19202843.jpg
c0060927_19203038.jpg
c0060927_19203381.jpg
c0060927_19203537.jpg

by natchan72 | 2017-01-28 20:19 | 2017年1月博多旅

福岡空港 ハニー珈琲(2017/2/28で閉店)

■福岡空港 ハニー珈琲(2017/2/28で閉店)
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400107/40041198/

福岡空港で飛行機までに時間があったのでベンチに座ったところ、前に改装前の仮設店舗で営業されていたので寄ってみて、夜だったのでコーヒーはやめておいて、ソフトクリーム(400円)をいただきました。
c0060927_19005599.jpg
ちょっとお値段が高めかなと思いましたが、量は結構たっぷりあって、味も濃い感じで美味しくいただきました。
c0060927_19010314.jpg
福岡空港は2019年春完成に向け続々リニューアル中で、また次に行く時にはお店も入れ替わりがあるかもしれませんが、このいい感じの珈琲屋さんがなくなるのはちょっと残念な気がします。今度福岡へ行く機会があれば、ぜひ、他の店舗でスペシャリティーコーヒーをいただきたいです。
by natchan72 | 2017-01-28 17:47 | 2017年1月博多旅

夕食<博多旅>川端 まんぷく亭

■夕食<博多旅>川端 まんぷく亭
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40020906/

上川端商店街にある博多鉄板焼肉のお店です。昔ながらの食堂っぽい雰囲気に惹かれて予備知識なしに入ってみました。
c0060927_18402197.jpg
お水と灰皿はセルフサービス。テーブルにはティッシュと爪楊枝と割り箸と鉄板を傾けておくための箸置きならぬ鉄板置きの木が備え付け。
c0060927_18403673.jpg
メニューの鉄板焼肉は、1人前が780円、1.5人前が1,050円、2人前が1,500円。こちらのお店の「博多鉄板焼肉」とは、新鮮な国産キャベツに国産豚肉を特殊な脂で炒め、あつあつ鉄板の上に盛り付けたスタミナ抜群のものを、特製の辛子味噌を絡めて頂くというもの。
店内は4人がけのテーブル席の他、混雑時は相席をすると想像される大きなテーブル席がありました。私たちは2名で訪問し、16時過ぎという半端な時間で先客がいなかったので4人用テーブル席に着席しました。

BGMは歌謡曲がかかっていました。15時まではお得なランチメニューが利用できるそうですが、訪問時は夜メニューでした。といっても別にそんなに高くは感じませんでした。逆にランチタイムを過ぎていたので「ほろ酔いセット」というものを利用できたのでそれを注文することに。

「ほろ酔いセット」
セットAが鉄板焼肉+生ビール中or瓶ビール
セットBが鉄板焼肉+生ビール小+ごはん小+お味噌汁

鉄板焼肉の大きさで値段が違い、1人前セットが1,200円、1.5人前セットが1,500円、2人前セットが1,800円でした。

私たちは「セットB 鉄板焼肉+生ビール小+ごはん小+お味噌汁」(1,200円)×2を注文。ご飯には沢庵が2切れ添えられていて、小とはいえ、いい感じにたっぷり盛ってくれていました。ビールのお伴にいつもなのかサービスなのかよくわかりませんが、大根キムチを出してくれました。
c0060927_18404972.jpg
c0060927_18405146.jpg
鉄板焼肉はジュージューとアツアツの状態で供されます。白シャツなど、油跳ねが気になる洋服の人は要注意ですが。私は丸洗いできる服なので問題なし。味は結構濃いめなので辛子味噌はなくても美味しかったですが、辛子味噌の味もなかなかいいので、少々つけても頂きました。鉄板を傾ける箸置きみたいなもののおかげで、脂は端に寄せられるので、脂っこさもちょっと軽減できます。
c0060927_18405631.jpg
c0060927_18410021.jpg
c0060927_18410436.jpg
c0060927_18410950.jpg
c0060927_18411329.jpg
c0060927_18411656.jpg
ちょっと濃いめで脂っぽいとはいえ、ビールと一緒に、ご飯と一緒に頂くにはハマる味です。今回の旅で有名店で予約して行った店も良かったけど、全く予備知識なく入った店の中で一番気に入ったかも!!

店を出たところには消臭剤があるというサービスも微笑ましいです。また博多に来たらぜひ寄りたいお店です。ご馳走様でした~。
by natchan72 | 2017-01-28 16:10 | 2017年1月博多旅

<博多旅>ふくや 川端店

■<博多旅>ふくや 川端店
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40039133/

櫛田神社の門とキャナルシティ博多への連絡通路へと続くエスカレーター下の間にある店舗です。
c0060927_18335675.jpg
本店の方が泊まっていたホテルからは近かったのですが、本店には家庭用の明太子が取り扱いないと公式サイトに書いてあったのでこちらを選びました。
c0060927_18335955.jpg
2泊3日の博多旅のうち、初日に寄って実家へ明太子を贈り、最終日に自宅用に買い求めるため訪問しました。

小さ目なお店ですが、試食もできるので、辛さの具合を知るのにもいいです。自宅用には以下を購入。

・明太子のり(648円)
→明太子と海苔の佃煮の瓶入りのご飯のお伴です。少し甘めなので、ご飯以外にも何か使えそうな気もしています。
c0060927_18341618.jpg
・からかもん100g(226円)
→高菜炒めの唐辛子入りタイプです。スーパーで買って帰った袋のラーメン「うまかっちゃん」に入れて食べたりご飯のお伴としていただきました。
c0060927_18341477.jpg
・めんツナかんかん(ノーマル、プレミアム、辛口)(300円、400円、300円)
→薄型の缶に入った明太子入りのツナ缶です。まだこれは食べていないのですが、パスタに使っても良さそうだなあと思ったりもしています。
c0060927_18341931.jpg
c0060927_18342253.jpg
c0060927_18342512.jpg
c0060927_18342707.jpg
・いか明醤150g
→烏賊の塩辛に明太子が入ったようなタイプのものでした。

・家庭用明太子 無着色 レギュラー 485g(1,995円)
→端が切れたりしている家庭用のもので、これは発送はできないのですが、その分とてもお安いです。通販でも送料込みで家庭用のがありますが、それより安いです。保冷セットは100円で買えるのでそれも購入。荷物にはなりますが、これは博多へ行ったらまた買いたいと思いました。
c0060927_18340755.jpg
c0060927_18341023.jpg
羽田空港にもあるので、今度から早めの便で違う旅行先から帰った時に買うのもいいかもなとも思いました。
by natchan72 | 2017-01-28 15:50 | 2017年1月博多旅

<博多旅>cafe MUJI キャナルシティ博多店

■<博多旅>cafe MUJI キャナルシティ博多店
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40000698/

キャナルシティ博多店にあるカフェムジです。隣には無印良品のお店もあります。
c0060927_18272601.jpg
博多旅で2泊したホテル(ホテルリソル博多)は、大浴場があるのは良かったのですが、コーヒーなどのドリンクサービスがなくて(部屋にスティック型のエスプレッソラテみたいなのはあったけどお湯を沸かすのが面倒で)どこかコーヒーを飲める禁煙の店で、かつ非シアトル系コーヒー店を探し求めていました。
c0060927_18272408.jpg
キャナルシティ博多は建物の雰囲気が大好きで、博多へ行くとついつい寄ってしまうのですが、魅力を感じる店が少ない気がするかも。キャナルシティ博多でコーヒーが飲めるところは・・と検索してみたら、スタバかタリーズかプロントかサンマルクカフェは流石に都内にありすぎるから旅行の時まで入りたくないし、ムーミンカフェは混んでるし、じゃあということでカフェムジを選びました。
c0060927_18273178.jpg
セルフサービススタイルのカフェで、席は空いているところに確保し、注文カウンターに行って注文してお支払いし、飲食後は食器返却口へ。というシステム。音楽は、インド料理屋でかかってそうな曲が流れていました。
c0060927_18273401.jpg
2名で訪問し、ブレンドコーヒーMサイズ(350円)×2を注文。コーヒーはシングルオリジンのグアテマラ、タンザニア、コロンビア、エルサルバドルなどもありましたが、とりあえずはブレンドでもいいかなと思いブレンドを選択。なかなか美味しかったです。
c0060927_18273787.jpg
この日のメニューには、季節のおすすめとして抹茶を使ったものが色々あり(グリーンティー、抹茶ラテ、抹茶パフェ、抹茶フロート、抹茶ニューヨークチーズケーキなど)特に「抹茶ニューヨークチーズケーキ」に興味がありましたが、朝から、めんたい重、うどん屋、ぜんざい、櫛田焼き餅を食べていたので入りそうになくて断念。
c0060927_18273958.jpg
カフェムジは山手線の巣鴨駅ビルの店にも行ったことがありましたが、雰囲気も味も素材の感じもどれも満足度の高いもので、今回もこの店を選んで良かったと思いました。
by natchan72 | 2017-01-28 15:17 | 2017年1月博多旅

<博多旅>櫛田茶屋

■<博多旅>櫛田茶屋
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40001645/

櫛田神社の門前にある「櫛田焼き餅」のお店です。櫛田神社前にある明太子の「ふくや」さんへ行くのに前を通り存在に気づきました。
c0060927_18241682.jpg
行列があったので人気なのかなと、ついつい足を止めてしまいました。朝から、めんたい重、うどん屋、ぜんざいと食べているのでお腹も一杯だったので一つだけ買おうと思い、私だけ並んで1つ買いました。店には「一人一個以上購入必須」と注意書きがありました。列が長くなるから2人で並んで1個しか買わないとかやめてねってところでしょうか。
c0060927_18242008.jpg
ご夫婦お二人でやっていらっしゃるようで、男性が焼き方、女性が包みと会計という分担でした。常連さんも多いみたいで、人によっては会話が弾んでいるようでした。
c0060927_18242349.jpg
ひとつひとつ手焼きされたお餅は、中に餡子がたっぷり。結構甘さはありますが、お餅との相性が良く、美味しくいただきました。太宰府天満宮の門前の梅ケ枝餅に似てるかな?
c0060927_18242663.jpg
アツアツなので、受け取る前にタオルハンカチの準備をどうぞ。
by natchan72 | 2017-01-28 14:16 | 2017年1月博多旅

<博多旅>川端ぜんざい広場

■<博多旅>川端ぜんざい広場
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40002314/

上川端商店街にある「ぜんざい」のみ提供する広場です。こちらのサイト( http://www.hakata.or.jp/zenzaihiroba/ )によると、大正初期、福岡市博多区上川端で創業した川端ぜんざいのお店が昭和六十年を最後に看板を下ろしたが、その後川端ぜんざいを懐かしむ声が高まり、地元商店街が主体となってアイデアを出し合い、開店営業することになったとのこと。
c0060927_18201364.jpg
金・土・日曜、祝日、商店街のイベント時のみ営業とのことで、土曜日の14時前頃に訪問してみました。この先にある櫛田神社前にある明太子の「ふくや」さんを目指す途中でもあったので。
c0060927_18203216.jpg
店(広場)には商店街側からも川側からも入れますが、券売機があるのはたぶん商店街側だけかと思います。食券は個数によって分かれていて、ぜんざい1杯500円、ぜんざい2杯1,000円、ぜんざい3杯1,500円、ぜんざい5杯2,500円。「ぜんざいパック」というのも同じ値段でメニューボタンにあったので、持ち帰り用なのだと思います。

食券を買ったら、係りの人のところに持っていきます。できるまでに時間がかかるので、先に席を確保して待って「〇杯ご注文の方~」と呼ばれたら取りに行きます。引き換え券とかはないので、誰が何杯分買ったかはよくわからなくて混乱していました。順番もよくわからないですし・・。お茶はセルフサービスですが、ポットがカラになっているのもあってなんか「混乱」って感じでした。
c0060927_18201943.jpg
私の順番が来た時に、たまたま日本語をほとんどしゃべれない外国人の方が、1杯返却にきたんですが(たぶん1杯しか注文していないのに2杯受け取ってしまったから返すというようなゼスチュアだった)それを私に店の人が渡そうとするので、「他の方がひょっとしたら口をつけたかもしれないものを渡されても気持ちが良くないので新しいものをください」とお伝えすると、その返却されたものを示して別のスタッフに「これじゃダメらしいから捨てて!」って指示しているのが当てつけみたいで気分悪かったです。
c0060927_18202403.jpg
ぜんざいの味ですが、日本一甘いとの伝説通り、本当に甘かったです。小さなお餅が2個入っているので一人1杯は昼食後には食べきれなかっただろうから1杯にしておいて良かったです。添えられていた沢庵の着色料が派手なのも好みでありませんでした。
c0060927_18202887.jpg
広場中央に飾られている「飾り山笠」を眺めながら頂けるのですが、それは店に入らなくても誰でも川側から見学可能ですし、なんか500円も払って味も接客も好みと違って残念でした。
c0060927_18201630.jpg

by natchan72 | 2017-01-28 13:50 | 2017年1月博多旅

昼食<博多旅>うどん和助 天神店

■昼食<博多旅>うどん和助 天神店
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40037206/

地下鉄空港線・天神駅から徒歩5分弱ぐらいのビルの1Fにあるうどん屋さんです。

「元祖博多 めんたい重」で朝食を食べたあと、ホテルのチェックアウトをして荷物を預けて、旧福岡県公会堂貴賓館と福岡市赤煉瓦文化館を見学し、アクロスのステップガーデン(外階段)でビルの屋上まで登って降りたあと、昼食をどこで食べようかなと食べログで検索してこちらへ向かってみました。
c0060927_18145862.jpg
土曜日の12:40頃、2名で訪問。訪問時はたまたまラッキーだったようで、ほとんど待たずに入れましたが、出る時は結構並んでいました。うどんは注文してから茹でるそうなので、出てくるまでに少々時間がかかるのでその分タイミングによっては待つことになるようです。
c0060927_18150615.jpg
席は入口に近いところにカウンター席、奥にテーブルがあり、空いていたのがテーブル席だったのでテーブル席へ。テーブル席は2人用と4人用がありました。テーブルにはお水のポットとレンゲ、天かす、黄柚子胡椒、唐辛子みたいな粉が備え付け。音楽はJ-POPでした。
c0060927_18151171.jpg
注文したのは、以下のもの。

「ごぼううどん」(600円)
→ごぼうは、うどんに「乗せる」か「別皿」かを選ぶことができます。「別皿」の方が食べやすいのでオススメみたいでしたが、ここはフォトジェニックな「乗せる」を選択。「乗せる」ごぼうは薄くスライスしたゴボウを円形にかためて揚げてあり、うどんの器の蓋のようにのってきます。器からはみ出ているのでお盆にのってきます。少しずつ崩してサクっとした食感と、つゆに浸すしんなりした食感の両方を楽しみました。
c0060927_18151609.jpg
c0060927_18153137.jpg
うどんはツルンと滑らかでいて硬くなくてかといって柔らかすぎることもなくて絶妙な感じ。汁の味もとても良かったです。

「南関あげうどん」(600円)+トッピング「丸天」(150円)
→「南関あげ」という名前は初めて聞いたので、どんなものか尋ねてみたら、熊本県南関町に昔から伝わる油揚げなんだそう。油揚げは大好きなので早速注文。大きな揚げで、ふっくらとジューシーです。これは食べられて良かった~。大ファンになってしまいました。甘く炊いてある油揚げの影響で汁はやや甘めになっています。ごぼううどんの汁との違いを楽しめるのもまたいい感じ。「丸天」は安定のおいしさです。
c0060927_18152178.jpg
c0060927_18153615.jpg
c0060927_18152719.jpg
それにしてもこの内容でそれぞれの基本のうどんが600円とはなんて安いんでしょう!都内なら倍ぐらいしそう・・。博多のうどん屋さんのレベルの高さはびっくりです。うどん以外にも色々メニューがあるそうなので、夜などはうどん居酒屋さんみたいに利用するのもありかも。人気のほどがうなずける良店でした。先行レビュアーさんのおかげでいい店に行けました。ありがとうございました。
by natchan72 | 2017-01-28 12:41 | 2017年1月博多旅

<博多旅>博多を散策(3)

■<博多旅>博多を散策(3)

アクロス福岡というオフィスや文化、商業施設の入るビルの外壁に、ステップガーデンという名前の階段があり、それを徒歩で上ると、土日祝だけ屋上展望台が解放されているのに頑張って登ってみました。下りももちろん階段なので、結構疲れます。
c0060927_17425632.jpg
c0060927_17425904.jpg
c0060927_17430976.jpg
c0060927_17433281.jpg
↓上った屋上からの景色
c0060927_17430342.jpg
c0060927_17430585.jpg
c0060927_17430705.jpg

by natchan72 | 2017-01-28 11:22 | 2017年1月博多旅

<博多旅>博多を散策(2)

■<博多旅>博多を散策(2)

福岡市文学館(赤煉瓦文化館)

ここは無料で店内の見学ができます。ここも立派な建物で、内部は特に二階の会議室が気に入りました。東京駅を設計した辰野金吾氏の作です。
c0060927_17385947.jpg
c0060927_17390415.jpg
c0060927_17390821.jpg
c0060927_17391175.jpg
c0060927_17391567.jpg
c0060927_17391758.jpg
c0060927_17392105.jpg
c0060927_17392586.jpg
c0060927_17392862.jpg
c0060927_17393140.jpg
c0060927_17393402.jpg
c0060927_17393796.jpg

福岡市文学館の近くの中島橋からの景色↓
c0060927_17454228.jpg

by natchan72 | 2017-01-28 11:13 | 2017年1月博多旅