なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2014年10月草津旅( 7 )

本家ちちや 高原ルート店

■<草津旅>本家ちちや 高原ルート店
http://tabelog.com/gunma/A1004/A100402/10010363/

駐車場が店の横にあって便利なので、草津温泉の帰りによく立ち寄る店です。今回も帰りにこちらに立ち寄り。せっかく泊まったので、一軒ぐらい立ち寄り入浴をしたかったのですが、台風が来るというので宿をチェックアウトしたらすぐに帰ることに。
c0060927_17502965.jpg



皆思うことは同じなのか、10時頃にここを通る車がどんどん訪問。でもここのスタッフさんは手慣れているので順番が廻ってくるのも早くていいです。

今回購入したのは以下で合計1,810円。

「茶畑セット」(680円)を1箱。
→いつも買うお馴染みの茶色い皮の粒あん入りの温泉饅頭が6個入ったもの。
c0060927_17504416.jpg



c0060927_17505639.jpg



「白 バラ」(100円)を1個。
→白い皮に漉し餡と栗餡が入った温泉饅頭。これは我が家にとっては甘めなので、1個だけ。
c0060927_1751963.jpg



c0060927_17511981.jpg



「ちちやバウム ちっち(5個入り)」(1,030円)を1箱。
→今回初めて買ってみました。カットカステラのように四角くカットされたものが個包装で箱に入っているので、手土産には分けやすくていいかもしれません。トップにザラメがついているのは個人的にはあんまり好きではないかな。美味しいは美味しいけど、バウムクーヘンとして、この値段を出してわざわざ買うほどでもないかなあ。あくまでも私を含めて草津のちちやファンが、ちちやがバウムクーヘンも出したのね、と思いつつ食べるのに値打ちがあるような。
c0060927_17513619.jpg



c0060927_17515380.jpg



c0060927_1752241.jpg



ということで、やっぱり次回からも、茶皮の粒餡温泉饅頭だけで十分だな~なんて思った私なのでした。
by natchan72 | 2014-10-05 17:53 | 14年10月草津旅 | Comments(0)

昼食<草津旅>シャンゴ問屋町本店

■昼食<草津旅>シャンゴ問屋町本店
http://tabelog.com/gunma/A1001/A100102/10000083/

高崎市にあるパスタなどのお店です。高崎市は小麦の生産量が多いためにか、パスタ屋が多いとテレビなどでよく紹介されるので、どこかで昼食にパスタを食べて帰ろうと思い食べログで検索。結構上位に出てきたこちらへ行ってみました。(ディチェコのパスタケースを飾ってあったけど輸入小麦なのかなあ?と思って帰りに店の人に聞いてみたら、イタリア産のパスタを使っていて、高崎の小麦ではなかったんですが。)

店は大きな通り沿いにあり、駐車場は裏側に広いものがありました。訪問日結構雨が降っていて、外観の写真は撮り損ねました。紳士服のはるやまの向かいで、裏手でははま寿司の隣でした。

日曜の12時過ぎに訪問。満席で並んでいました・・。ウエイティングリストに名前を書いて、外は屋根が2人分ぐらいしかないし雨で寒い日だったので中に入りましたが、中といっても店内へはもう一枚扉がある間の部分で、椅子は4人分しかないので立ったっま50分ぐらい待ちました。

いつもこんなに回転が悪いのか、訪問時日テレが取材に入っていて優雅にお食事する風景を撮影しつつ各テーブルにインタビューして廻っていたから遅かったのか・・・。ちなみにインタビューをした人には何か聞いたのかもしれませんが、待っている人には取材中である旨の貼り紙等はありませんでした。
c0060927_1812717.jpg



貼り紙といえば、本日オーブン故障につき、ピザやグリル料理はできませんと書いてあったのですが、セットのパンもできないからライスでと言われてちょっとびっくりでした。

店内のテーブルは、オレンジ色のテーブルクロスの上にアクリルの板。明るい感じなのは好感です。お水はたっぷりお代わり用のピッチャーも供されます。

2名で訪問して注文したのは以下。

「月替わりセット」(1,328円)
「ヴェルデセット」(1,382円)+パスタサイズをMに変更+75円(Sは150g、Mは200g)

「月替わりセット」は、通常セット価格2,250円のところ、キャンペーンで1,328円というものでした。10月の内容は
(1)エリンギとツナのマリネサラダ
→かぼちゃにマスタードを加えた個性的なドレッシングがかかっていました。
c0060927_182485.jpg



(2)麦豚と秋ナスのクリームスパゲティ
→上州麦豚は挽き肉、秋ナスはスライスで上に、にんにく微塵切り、小口切りの唐辛子、ブラックペッパーが利いていました。麺は柔らかめで細いものでした。
c0060927_1822299.jpg



(3)フランスパンor群馬県産こしひかり
→オーブンが壊れているのでご飯しか選択肢がなく。ご飯は少なめだったので食べられましたが。
(4)榛名うめ鶏 茸ソース
→鶏胸肉のソテーに茸とチーズとハーブのソースがけ。このメインディッシュは、オーソドックスなトマトピューレ味。
c0060927_1824189.jpg



(5)3種から1種チョイスのデザート
→マスカルポーネと梨のパウンドケーキ、カボチャのティラミスとイタリアンマロンのジェラート、季節のパフェから1種を選択するもの。私はカボチャのティラミスとイタリアンマロンのジェラートを選びました。デザートの味は普通かな~。
c0060927_183170.jpg



(6)ドリンク
→コーヒー、紅茶、エスプレッソ、カフェラッテ、アイスピーチティー、ウーロン茶、オレンジジュース、マンゴージュースから1種選択。私はホットコーヒーを選択。コーヒーは粉っぽいので好みでないものでした。
c0060927_1831316.jpg



「ヴェルデセット」は、リッチサラダ、パスタ、ドリンクというセットです。リッチサラダは豪華でした。生ハムとチーズ、ピクルス、オリーブ、コーンなどが入っていました。
c0060927_1832683.jpg



パスタは「シャンゴ風」というのを選びました。パスタにカツとオリジナルのミートソースがのっているというものです。こちらのパスタは麺が少し太め、ソースもやや油っぽいです。カツの上の秘伝ミートソースは46年の味だそうで、違うかもしれませんが、八丁味噌を感じ、甘味と苦味と酸味のバランスが絶妙と思いました。好みかどうかは別として一度食べられて良かったです。
c0060927_1833448.jpg



c0060927_1834225.jpg



小ネギ、トマトピューレなどは地元産なのだそう。禁煙になってたのは助かりました。トイレは男女別なのも好感。

シャンゴ風スパゲティの写真を見て、もうちょっと庶民的な雰囲気の店なのかなと勝手に思い込んでいましたが、結構オシャレ系にも使われている家族やカップルもいらっしゃいました。価格はセットは特にすごくお安く感じました。本店はマスコミ報道が多くて並ぶようですが、帰りに近くの他の店舗を通りがかったら、駐車場の車の数も全然多くなくて、そちらを利用すれば良かった~と思いました。ということで、「シャンゴ風」を体験するならば、ぜひ空いている他店舗の利用をお薦めしたいです~。
by natchan72 | 2014-10-05 02:59 | 14年10月草津旅 | Comments(0)

<草津旅>珈琲専科綾

■<草津旅>珈琲専科綾
http://tabelog.com/gunma/A1004/A100402/10010961/

草津温泉の湯畑から路地に入ってちょっと進んだ右側の1Fにある珈琲専門店です。昔ながらの喫茶店という佇まいです。どこかでコーヒーを飲みたくて路地入口にあった看板を見て存在を知り伺いました。
c0060927_18204288.jpg



「煙草可」とドアの戸にもステッカーが貼ってあるのを承知で入ってみました。テーブルには大きな灰皿が備え付けで、ゆっくりしていくお客さんも多いのだろうなと想像。

店内は赤いソファが印象的。地元の常連客が多いようにお見受けしました。サイフォンが置いてありましたので、たぶんコーヒーはサイフォンで淹れてくれるのだと思います。
c0060927_18202740.jpg



珈琲専科とはいえ、メニューには紅茶やソフトドリンクもありました。(ダージリンティー、アッサムティー、ニルギリティー、アップルティー、ジャスミン茶、ウーロン茶、レモンスカッシュ、オレンジジュース、レモンジュース、トマトジュース、コーラ、カルピス)。珈琲の銘柄はブレンド、ストレート、バリエーション、アイス系ともに6種ぐらいずつありました。

2名で訪問し、以下を注文。

「ゴールデンキャメル」(550円)
→少し薄い、あっさりとしたコーヒーでした。

「カサブランカ」(500円)、
→少し苦みがあり、きりっとしたコーヒーでした。
c0060927_1820744.jpg



「シフォンケーキ」(400円)
→自家製のシフォンだそう。甘さは超控えめ、添えられた純生クリームの味もおいしくて気に入りました。生クリームにかかっていたシナモンシュガーは、シナモンは大丈夫かどうか聞いてくれました。
c0060927_18205129.jpg



観光客が少なくて落ち着いた雰囲気でコーヒーが飲めて良かったです。ご馳走様でした。
by natchan72 | 2014-10-04 18:20 | 14年10月草津旅 | Comments(0)

草津温泉 旅館たむら(泊)

■<草津旅>旅館たむら(泊)
http://www.ryokan-tamura.co.jp/

草津温泉の湯畑から徒歩3分ぐらいの場所、共同湯「地蔵の湯」の隣ぐらいの場所にある温泉旅館です。車では、行きは大滝の湯の方から、帰りはバスターミナルの角へ出る道を使いました。どちらも短距離ながら結構細くて急な坂なので雪が積もるシーズンに四駆でない車では若干心配かも。
c0060927_17441528.jpg



草津温泉には何度も泊まりで訪れたことがあるのですが、今までは職場の保養所となっているリゾートマンションに泊まっていました。ただ、そちらだと、湯畑から遠い場所のため、夜に一杯飲みながら食事をする選択肢が少なくて残念なので、一度ちょっと奮発して旅館に泊まってみたいと思いました。
c0060927_17442636.jpg



でも、草津温泉の宿って高だよな~、予算に合うところってあるんだろうか~と半ば諦めモードでネット検索してみたところ、こちらの宿の公式サイトに出会い、湯畑から徒歩圏内で1万ちょっとで泊まれる宿があるんだ!と予約しました。
c0060927_17443087.jpg



江戸末期創業より約150年やっている老舗湯宿で、総客室数14室、家族経営とのこと。宴会場や食事室はなく、夕食も朝食も部屋食です。(布団敷きは夕食後、朝食前にあり)料理は部屋に備え付けのテーブルは利用せず、運んできてくれる御膳での提供です。
c0060927_1745977.jpg



料金はプランによって色々あり、食事なし、朝食のみ、夕朝食付き、夕食が豪華なものと選べるのも嬉しいです。一人宿泊も歓迎されるという貴重な宿です。私達は公式サイトからネット予約で【1泊2食】+上州食材地産地消特別プラン(通常の2食付きプラン+2,000円)というのを利用しました。土曜日2名で1名14,000円ぐらいだったと思います。
c0060927_17452118.jpg



部屋は8畳か10畳(どちらだったか失念)+広縁で、電灯は天井埋め込み式で設えがとても素敵な純和風建築でした。気候のいいシーズンということもありましたが、部屋の温度も快適でしたし、部屋やトイレや洗面の清潔感も問題なく、布団の埃っぽさもありませんでした。(ハウスダストやカビのアレルギー持ちなので、古い宿は布団が敷かれてからチェックアウトまでくしゃみをし続けることがある私ですが、こちらの宿では全く症状は出ませんでした。)禁煙室はない宿ですが、部屋のタバコ臭さも全く感じませんでした。エレベーター前の灰皿で誰かが喫煙後に臭かったのは不快だったので、客室フロアのエレベーター前の灰皿は廃止してほしい旨はアンケートに書きましたが。
c0060927_17454421.jpg



夕食は公式webにほとんど一度に出す旨の断り書きがありましたが、作ってからさほど時間が経っていないようで、冷たくなっていていやだと思うようなものは特にありませんでした。ご飯とお吸い物だけは後から電話して持ってきてもらう仕組みです。
c0060927_17455860.jpg



夕食時には草津地ビール(瓶)を1本別料金で注文、公式webからの予約特典(2名以上2食付きプラン時などの制限はあり)で頂いた草津ワインと柚子ワインを。
c0060927_1746916.jpg



食前酒 自家製赤しそワイン、群馬の最高級ニジマス「ギンヒカリ」、上州牛の陶板焼き、嬬恋のキャベツ、長野原のかぶ、六合のいんげん、舞茸、柿とぶどうなど。量も味も十分満足でした。ひとつも嫌いなものがありませんでしたし、上品な味付けも気に入りました。
c0060927_17462558.jpg



c0060927_17463665.jpg



c0060927_17465595.jpg



朝食は、焼鮭、昆布佃煮、温泉卵、ぜんまいと筍とかぼちゃと厚揚げの煮物、小松菜のおひたし、和風ドレッシングがけハム添えサラダ、お味噌汁、焼のり、漬物、ご飯という内容。朝は野菜物が少ない宿もあるなか、こちらのはサラダだけでなく、ぜんまいなどの煮物、小松菜のおひたしなど野菜料理も豊富で、鮭も大き目の切り身だったので、充実していると感じました。
c0060927_1747946.jpg



c0060927_17472015.jpg



華美なものや斬新な料理はないですが、どれも手作り感のある、私達にとっては理想のお料理でした。ネット予約サイトでのクチコミは賛否両論ありましたので気になっていましたが、勇気を出して泊まってみて良かったです。私達にとって気に入った宿を見つけられて嬉しいです。またいずれ、基本の二食付きプランや朝食だけのプランでも泊まってみたいです。

温泉ですが、内湯の湯船は結構熱かったです。草津の旅館では露天風呂を持っている宿が多くない中、こちらには露天風呂があり、露天風呂のお湯で身体を慣らしてから内湯の湯船に入ったりしました。内湯にはシャワーがあるのも宿泊する宿としては良かったと思います。ちなみに温泉の源泉は、地蔵源泉です。
by natchan72 | 2014-10-04 18:00 | 14年10月草津旅 | Comments(0)

<草津旅>ひょうたん食堂

■昼食<草津旅>ひょうたん食堂
http://tabelog.com/gunma/A1004/A100402/10011182/

草津温泉の湯畑から西の河原公園方面へ行く途中にある焼肉&ラーメンが中心の食堂です。草津温泉の旅館に宿泊予定の日の昼間、車だけ旅館の駐車場に預けて徒歩で散策途中に通りがかって昼食をいただきました。
c0060927_1520361.jpg



店内はテーブル席と小上がり席があり、私達はテーブル席に着席しました。テーブルにはアルミ製の灰皿が備え付け。先客がいなかったので、煙害がなくて良かったと思いきや、店主さんが途中で吸っておられましたけど。(笑)
c0060927_1520876.jpg



焼肉定食も良さそうだなと思ったものの、テーブルの置き型の四角い小さなガスコンロで焼くのは面倒だなと思い、「噴火ラーメン」(800円)をいただくことに。
c0060927_15201080.jpg



「噴火ラーメン」は、ラーメンの上に、牛肉、もやし、ニラ、玉ねぎを炒めたものがのり、ワカメ、メンマがトッピングされていました。スープはピリ辛で味噌味。こういう油でしっかり炒めた野菜がのった食堂風ラーメンって結構好きで、たまに食べたくなるので、悪くはないなと思いました。
c0060927_1520259.jpg



c0060927_1520399.jpg



「餃子6個」(400円)も注文しました。こちらは水分がやや多めな感じであんまり好みの食感ではなかったかな。
c0060927_15195641.jpg



c0060927_15195794.jpg



温泉地のランチは草津に限らずやや割高感を感じる店もある中で、普段着価格の食堂での一食をいただけてお得感がありました。

ちなみに他には、焼肉の具は、焼野菜(300円)、ホルモン(400円)、レバー(400円)、タン(500円)、豚焼き肉(650円)、豚ロース(700円)、カルビ(750円)など。中華がラーメン(500円)、山菜ラーメン(600円)、ミソラーメン(700円)、チャーシューメン(750円)などがありました。夜に一杯やりながら焼肉っていうのも良さそうな店だなと思いました。
by natchan72 | 2014-10-04 13:33 | 14年10月草津旅 | Comments(0)

<草津旅>道の駅 群馬県 くらぶち小栗の里 おもてなし処 小栗

■<草津旅>道の駅 群馬県 くらぶち小栗の里 おもてなし処 小栗
http://www.kurabuchi-oguri.com/
c0060927_1513295.jpg



高崎から草津温泉へ車で向かう途中、カーナビの指示によって走っていたら通りがかった道の駅です。比較的新しそうな建物ですが、木材の良さを活かした内装になっていました。
c0060927_15132810.jpg



入って左側には農産物売り場が、右奥にはこちら「おもてなし処 小栗」がありました。店頭の券売機で食券を買って中の人に渡す方式です。テーブルは4人がけ中心に四角いものが並んでいて、空いている好きな席に着席します。

黒板に本日のメニューとして、おきりこみ鍋(倉渕の伝統食)、倉渕こだわりトマトカレー(倉渕のトマトと人参使用)、かき揚げうどん、卵かけどんぶり(倉渕の平飼い卵と倉渕のお米)、ソースカツ丼(上州麦豚のヒレカツに特製タレ)などにも惹かれたのですが、朝食にビジホでバイキングを食べてきたあとだったので、食べ物は断念。

「自家製黒豆ジュース」(180円)と
c0060927_15132731.jpg



「ソフトクリーム黒豆」(300円)をいただくことに。
c0060927_15132654.jpg



よく見たら壁にPOPがあって説明があったのですが、思いこんだ自分のイメージで注文したものだから、出てきたものを見てびっくり仰天。私が想像した「黒豆ソフト」は、バニラソフトクリームの中に、豆大福の黒豆みたいな黒豆もしくは、おせち料理に入っているような黒豆を煮たものが入っているようなものだったので・・。こちらのは、地元倉渕産の黒豆を煮出し、抽出したジュースにクエン酸を加えたスッキリした味のもの。それのソフトクリームであり、ジュースだったのでした。

なので、クエン酸の酸味と見た目のピンクというか赤というか、アセロラドリンクを思い出すような味でした。黒豆がどのへんにあるのかよくわからなくて、酸っぱいものと言う感じ。多分「黒豆」のイメージを自分で勝手に思っていなければ抵抗なく美味しいのだとは思うのですが・・。あと、「自家製黒豆ジュース」はPOP写真では透明プラカップに入っていましたが、渡されたのが紙コップだったのもちょっと・・。

料理は美味しそうなのですが、この黒豆シリーズは私は個人的にはあんまり好みでなかったなあ。

でも野菜はとってもいい感じです。翌日帰りにもう一度寄って、またしても朝食後で満腹だったので食べられませんでしたが、野菜と天日干しのお米を買って帰りました。あ、スライスした干し椎茸もとても美味しかったです。またここは草津の帰りにはぜひぜひ寄って農産物を買って帰りたい道の駅になりました。
by natchan72 | 2014-10-04 10:50 | 14年10月草津旅 | Comments(0)

<草津旅>ドーミーイン高崎(泊)

■<草津旅>ドーミーイン高崎
c0060927_1422677.jpg



JR高崎駅より徒歩7分ぐらいの場所にあるビジホです。宿泊者用の無料の夜鳴き中華そばと、翌朝有料のバイキング朝食を利用しました。

夜も朝も会場はフロントがある1Fの奥のところ。夜鳴き中華そばは、やや黄色いちじれ麺で、醤油系のスープ、海藻と大きなメンマがトッピングされたものでした。ちょっと汁の味は濃いめですが、シンプル系で結構美味しくいただきました。
c0060927_14223322.jpg



朝食は1人1,200円で、フロントで利用券を発売しています。朝食はあちこちのビジホで食べていますが、無料とか800円とかせいぜい1,000円ぐらいのところが多かったので、1,200円は久しぶりです。

当日あったのは、目玉焼き、豚バラと里芋煮、サラダ、水沢風うどん、ご飯、味噌汁、オムレツ、烏賊の塩辛、たこわさ、春雨酢の物、もずく酢、ウィンナー、鶏肉ロースト、温泉玉子、冷奴、フライドポテトなど。
c0060927_1422375.jpg



c0060927_14224661.jpg



c0060927_14224932.jpg



c0060927_14225276.jpg



牛乳、ヨーグルト、オレンジジュース、ワッフル、パン、ジャムなどもありました。

おかずらしいと思ったのは、鶏肉ローストぐらいかなあ。あとはあまり温かいものが少なかったような・・。一番面白かったのはワッフル。自分でホイップクリームとチョコソースをかけて食べるのが楽しかったです。
c0060927_14221173.jpg



ドーミーインは大浴場があるのが便利でいいと思いますし、また高崎に泊まる時には利用することもあるかもしれませんが、次は朝食なしプランでいいかなと思いました。
c0060927_14223095.jpg



c0060927_1422225.jpg



c0060927_14222586.jpg



by natchan72 | 2014-10-04 07:20 | 14年10月草津旅 | Comments(0)