なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2014年8月北東北旅( 1 )

青森市 りんご箱

■青森市 りんご箱
http://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2007857/

青森市に宿泊する日の夕食は、早めの時間に「味噌カレー牛乳ラーメン」を頂きましたが、せっかく宿泊なので、どこかでちょっと一杯やりながら、青森らしいものがつまめる店があるといいな~と、駅周辺などをウロウロしてみました。
c0060927_146171.jpg



以前、青森のねぶた祭りにツアーで来た時に、ガイドさんに教えてもらった「アウガ」という地下に海産物市場がある建物の前を通りがかり、「魚っ喰いの田」という店があったっけなと思ってエスカレーターで降りてみました。そこにあったのがこちらのお店「りんご箱」。お店の方にお聞きしてみたところ、「魚っ喰いの田」のあとの場所に経営も変わってできた店だそう。
c0060927_1465816.jpg



ここも青森っぽい料理がありそうだったので入ってみることに。店内にはステージがあって、三味線の生演奏を一日数回やるらしいです。訪問時は遅い時間だったので、生演奏ではなく、ねぶた祭りや津軽三味線のビデオが流れていました。ねぶた祭りは2回観に来たことがあるので、ライブ映像が流れていて懐かしい~。座席やテーブルは、りんご箱で作られているのが面白いです。(座席には座布団あり)。
c0060927_1462323.jpg



日曜の20時過ぎに2名で訪問していただいたのは以下のもの。

「ビール(キリン一番絞り)」(500円)
→ジョッキだけでなく、ビールまで凍ってる!
c0060927_1463692.jpg



「田酒 特別純米」(800円)
→青森に来たのでせっかくなのでこちらを。「魚っ喰いの田」の時もここで田酒を飲んだっけな。

この日の「お通し」(350円)×2は、もずく酢でした。

「ねぶた漬け」(400円)
→せっかく青森に来たからねぶた漬けを食べたいなあと思っていたので嬉しいです。お土産用のは要冷蔵だし量が多いから買いづらくて。ちょっとだけでも食べられればと思って注文しましたが、意外と量が入っていて良心的な価格と満足。日本酒のアテにもいい感じでした。
c0060927_1462096.jpg



「ホタテフライ」(580円)
→タルタルソースが自家製っぽくて気に入りました。水菜とプチトマトのドレッシングがけも添えてあって、野菜も少しとれてありがたいです。関東辺りで私どもが入るような居酒屋では、臭みがあるフライのことがあるので何となく苦手意識があったのですが、ここのホタテは美味しい!!今回の旅では、昔立ち寄ったホタテの直売所の前辺りを車で通るものの、どの店だったかわからなくて通り過ぎてしまったこともあり、少しでも食べられて嬉しかったです。やっぱり青森のホタテは味がいいな~。ちなみにホタテは紐付きでした。
c0060927_1464086.jpg



「りんご箱 純米吟醸」(650円)
→こちらのお店の名前がついた日本酒を1杯飲んでみました♪ りんごにちなんだものとしては、りんごジュースや極上りんごジュースもメニューにありました。
c0060927_1464564.jpg



「帆立の貝焼き味噌」(700円)
→青森の郷土料理として聞いたことがあり興味のあった一品。どこで食べられるのかなあと探していたので、ここで出会えて大変嬉しかったです。玉子とじになっています。味噌はそんなに主張してない感じです。味付けはちょっとしょっぱいですが食べられて良かったです。
c0060927_1473491.jpg



デザートには「アップルボックス」(580円)を。
→りんごをくり抜いて、その中にリンゴの果肉入りのややシャーベットっぽいアイスが入ったものです。りんごのリキュールも入っているかも?これが思ったよりも本格的で、かなり気に入りました。
c0060927_146527.jpg



観光客向けだとは思いますが、そんなに悪くない店だと思いました。食べログで探したり、ガイド本を見たり、一般的にネット検索しても、「あ!ここ行ってみたい!」みたいな店も特に見つけられなかったし、実際にウロウロしても見つけられなかったので・・。その中でここに入れたという意味でも。それにしても、地元の人は、駅周辺とは違うエリアで飲むのかな?正直青森より八戸の方が夜の街としては楽しかったな~。
by natchan72 | 2014-08-10 20:00 | 14年8月北東北旅 | Comments(0)