なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2014年GW九州旅( 62 )

<2014/GW旅>亀屋芳広 内田橋店

■<2014/GW旅>亀屋芳広 内田橋店
http://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23050077/

亀屋喫茶部とか亀屋芳松をネットで検索していた時に見つけた和菓子屋さん。こちらは何店舗もある大き目和菓子屋さんのようで、webサイトで見かけた季節の和菓子の写真が綺麗だったので興味を持って訪問してみることに。
c0060927_23391551.jpg



駐車場は店舗の裏手、月極め駐車場の1番~6番となっていました。が、6台といっても前後に2台ずつ停めた場合の6台だったので、一緒に行動するのでなければ、3台しか停められないという不思議なところで・・。

ビルの1F部分がお店です。さすがに複数店舗展開されているだけあって大きいです。
どれにしようか見ていたら、代表的なお菓子の試食とお茶を出してくださいました。
c0060927_23391914.jpg



結局、やはりwebで見て気になっていた「端午の節句」という4つ入りの和菓子を購入しました。4種類入って1,300円でした。個別にプラケースに入っていて、賞味期限が当日中ではなかったのも旅行中の身としては便利で、当日半分、翌日半分いただきました。
c0060927_23391686.jpg



内容は、鯉が2種類、柏餅を模したもの、よろいかぶとの形をしたもの、というものでした。
c0060927_23391792.jpg



c0060927_23391881.jpg



c0060927_23391626.jpg



c0060927_23391733.jpg



鯉は黄身餡というのかちょっと甘い感じ、柏餅っぽいのはお餅っぽい食感、よろいかぶと型のものは粒あんので、よろいかぶとのが一番味は好きでした。
c0060927_23391713.jpg



c0060927_23391492.jpg



見た目も楽しめる楽しいお菓子を頂けて嬉しかったです。ご馳走様でした。
by natchan72 | 2014-05-03 15:53 | 2014年GW九州旅 | Comments(0)

<2014/GW旅>かめや芳松

■<2014/GW旅>かめや芳松
http://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23028686/

かめや喫茶部さんで鉄板ナポリタンを頂いたあと、お会計はこちら「かめや芳松」さんのレジで行います。ちょうどレジのすぐ近くに「黄飯」というのがあるのを見かけ、購入してみました。
c0060927_23345696.jpg



「黄飯」は「きいはん」と読むそうです。その名の通り、ちょっと黄色っぽいご飯で、これは「くちなし」の黄色なのだそう。入っている大粒のお豆さんは、黒豆だそう。
c0060927_23351425.jpg



この読み方は愛知県名古屋市を中心とした地域での名称のようで、他の地域ではそれぞれ「おうはん」とか「きめし」だったりするみたいです。愛知の「黄飯」は端午の節句に食べる風習のようで、訪問時が5月3日で端午の節句向けの期間限定品だったのかもしれません。
c0060927_23345473.jpg



プラケースの蓋の上にはゴマ塩を付けてくれてあり、普通の赤飯よりもあっさりした味で、その日の夜食として、泊まってたビジホでパクっといただきました。

冷蔵ショーケースにあった「チョコたぬき」と「丸ごとメロン」がとにかく美味しそうで可愛らしくて、これらをいただけなかったのは残念でした。

他にも、わらび餅、生クリーム大福、苺大福などの和菓子や、プリン、フルーツシフォン、シュークリーム、フルーツロール、オレンジムース、ダミエ、モカショート、チョコトルテなどの洋菓子など、色々幅広い品揃えでした。
c0060927_23345598.jpg



c0060927_23345567.jpg



「かめや喫茶部」のレビューに書きましたが、駐車場は左の方に3台ほどと、もうちょっと左に第二駐車場がありました。
c0060927_23351331.jpg



by natchan72 | 2014-05-03 15:25 | 2014年GW九州旅 | Comments(0)

昼食<2014/GW旅>かめや喫茶部

■昼食<2014/GW旅>かめや喫茶部
http://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23028685/

名古屋市にある和菓子&洋菓子店に併設された喫茶店です。

「かめや芳松」という名前が書かれた和洋菓子店に入った正面のあたりが和菓子やケーキの冷蔵ケースがある販売エリアになっていて、左側が喫茶部になっていました。
c0060927_2331112.jpg



駐車場は店の左隣に斜めに3台ほど停められるスペースがある他、もう少し左の方へ行ったあたりに第二駐車場が3台分あり、そちらの方が停めやすそうでした。

TV番組、秘密のケンミンショーで紹介されているのを見てブックマークしていた店です。なぜか場所の登録はあるものの、クチコミがなくて、不思議な店です。ケンミンショーで見てから訪問までにかなり時間があったのですが、それでもまだクチコミがないので、まだあるのかどうかも不安に思いながら訪問したら、なんのことはない、地元の人と思われる方々を中心にかなり流行っていました。
c0060927_23305049.jpg



2名で訪問し、4人用テーブル席に着席。テーブルには灰皿が備え付けでちょっといやだなあと思いました。砂糖は懐かしい感じのコーヒーシュガーとグラニュー糖が容器に入って置いてありました。

ケンミンショーでも見た鉄板ナポリタンを食べるのが目的でしたから、ひとまずはイタリアン(680円)を2つ注文。

コーヒーか和菓子かケーキーか、食後になにか頂くかは食べてからの満腹具合で決めようかなと思ったのでとりあえずの注文をしたのですが、「それだけですか?」みたいな聞かれ方をしたように感じたので、あまのじゃくな私達は追加注文をやめました。

いや、まあ、喫茶店ですから、飲み物を注文するのは一般的ですが、食後にメロンのケーキにするか、タヌキチョコケーキにするか、それともコーヒーだけにするか、そのあたりをフードを見てから・・と思ったのに若干残念でした。それに、やっぱり食べている途中で隣のテーブルの人がタバコを2人とも吸い始めたので、食べ終わったらさっさと帰ろうと思いました。追加注文しなくて正解でした。

フォークに紙が巻いてあるのが昔っぽくて面白かったです。料理と一緒に粉チーズとタバスコを持ってきてくれました。鉄板の上に玉子、その上にスパゲティ。具は、赤色ウインナー、ピーマン、玉ねぎなど。麺が柔らかいです。鉄板が熱いので冷めなくていいのはいいところだと思いました。
c0060927_23311023.jpg



車を使っての訪問で名古屋市中心部は渋滞があったり、有料駐車場が高かったりするので、そういうことを考えるとこのエリアで鉄板ナポリタンがいただけたのはとても有難かったです。

メニューは、抹茶セット、赤飯定食、ぜんざい、あんトーストなどのトースト各種、ホットケーキ各種、サンドイッチ各種、あんかけスパゲティやミートスパゲティなどスパテティ各種、カツカレーなどのカレーやピラフ、焼きそば、また焼肉定食までありました。

タバコが目的だったり、気にならない人にはいいお店かと思います。ご馳走様でした。
by natchan72 | 2014-05-03 15:09 | 2014年GW九州旅 | Comments(0)

<2014/GW旅>551蓬莱 大津SA上り線

■<2014/GW旅>551蓬莱 大津SA上り線
http://tabelog.com/shiga/A2501/A250101/25006486/

2014年のGW旅、九州からの帰りは、別府湾からフェリーさんふらわあで大阪南港まで移動。朝南港に着岸したら時間通りに退出できたので、すぐに高速に乗って一路関東方面へと帰路に着きました。

ところどころでSAやPAの休憩をしながらの走行。大津SAに立ち寄ったところ、大好きな551の蓬莱さんがあるのを見つけたので近づいてみました。
c0060927_2328660.jpg



メニューには複数個のものが載っていて、そこまで食べられないけど、1個だけ売ってもらえるのかなあ~と思って列のお客さんを観察していると、1個だけ買っている人を発見!では並びましょうとしばし列に並んで待ちました。

すぐに食べるのでってお伝えしたのですが、1個用の箱がちゃんと準備してあって、その箱に入れてくれて、からしの小袋を添付。さらにはレジ袋に紙おしぼりまでも入れてくれました。丁寧ですねえ~。個人的には、コンビニの中華まんで使われるような紙のような包みでも十分だったのですが。
c0060927_232857.jpg



でも、外に出て食べようとしたところ、蒸したての熱っアツの豚まんは紙では熱くて持てないんだなと理解。そういう点でも紙箱なのかもしれないなと思いました。
c0060927_2328667.jpg



5月に訪問したので、一角にはアイスキャンデーのケースもありました。今度はアイスキャンディも買いたいな。ここのアイスキャンディ、美味しいんですよね~。昔、関西で働いていた時は、職場の営業さんとかが時々ここのアイスキャンデーや、ヒロタのシューアイスや、モロゾフのチョコアイスをお土産に持って帰ってきてくれたもんでしたけど、東京で働くようになってから、今の職場ではそういうのはお目にかからなくて残念だなあ~。まだ個人の財布は不景気なのかな!(笑)
c0060927_23273126.jpg



by natchan72 | 2014-05-03 11:40 | 2014年GW九州旅 | Comments(0)

さんふらわあ あいぼり で別府から大阪へ

■さんふらわあ あいぼり

帰りのフェリーは大分別府港から「さんふわあ あいぼり」で大阪南港へ。暑かったしお腹も一杯だったし、もう早くからフェリー乗り場で時間をつぶして待ちました。
c0060927_23192256.jpg



c0060927_23192261.jpg



帰りも個室で、行きよりも新しい船だったので、部屋も綺麗で快適。ただ、部屋なしで乗船の人がお盆でものすごく多くて、パブリックスペースは床に座ったり、マッサージチェアやゲーム機の椅子でさえ占領されていてなんか怖かったので、お風呂も部屋で済ませました。
c0060927_23191820.jpg



c0060927_23191980.jpg



c0060927_23191879.jpg



食事もレストランの待ちがすごかったし、夕食も翌朝食も、部屋でカップ麺を食べました。

夕方の出航だったので、夜景が綺麗でした。
c0060927_23192071.jpg



c0060927_23192137.jpg



c0060927_23192134.jpg



by natchan72 | 2014-05-02 18:43 | 2014年GW九州旅 | Comments(0)

<2014/GW旅>甘味茶屋

■<2014/GW旅>甘味茶屋
http://tabelog.com/oita/A4402/A440202/44000026/

別府市の国道500号線「亀正くるくる寿司」のちょっと下の方の並びにある甘味処です。「亀正くるくる寿司」をあとにし、フェリーに乗るまでにまだかなり時間があるので、お茶でも飲もうかと食べログでカフェとか喫茶とかコーヒー専門店とかそのあたりで検索して見つけました。
c0060927_22125157.jpg



駐車場は国道500号線側から入ったところには5台ぐらいしかありませんが、奥に舗装された広い駐車場があり、帰りは裏から出ることもできました。
c0060927_22125712.jpg



店内は全席禁煙が嬉しいです。テーブル席やカウンター席、畳敷きの広間席があり、どちらも空いていてお好きな方をどうぞ、とのことでしたが、ガラス窓に向かって座るカウンター席を選びました。お店の人がとても明るく親切でくつろげます。お水ではなくお茶が急須で供され、テーブルには小さな花が活けてありました。
c0060927_221341.jpg



c0060927_22133069.jpg



c0060927_2213511.jpg



c0060927_22133442.jpg



2名で訪問し、以下をいただきました。お腹は空いていなかったのですが、この機会を逃すとなかなか食べられなさそうと思い、だんご汁とやせうまも注文してしまいました。

「だんご汁(小)」(600円)
c0060927_22135422.jpg



「当店名物 やせうま」(320円)
c0060927_22135510.jpg



「ホットコーヒー」(430円)
c0060927_22135644.jpg



「アイスコーヒー」(430円)
c0060927_22135584.jpg



だんご汁は、小麦粉を練って茹でた団子麺入りのけんちん汁のようなもので、大分を代表する郷土料理です。具沢山で、麺も想像よりも美味しくて、注文してみて良かった~と思いました。
c0060927_2217427.jpg




c0060927_2217010.jpg



やせうまは、小麦粉を練って茹でたものにきな粉がたっぷりまぶしてあり、砂糖が添えてあるという大分を代表する郷土菓子で、以前どこかで食べたことがあったように思うのですが、絶品大好きというほどの記憶がなく、それに比べて、こちらの店のものは「当店名物」と書いてあるだけあって、本当に美味しくて、優しい味で、帰宅後も度々思い出しては食べたい~と思うほどのものでした。
c0060927_22164546.jpg



コーヒーは味はどうということはありませんでしたが、小さな角盆に置かれて供されるのが風流で写真写りが良くて嬉しかったです。

訪問時の他のメニューとしては、
・餅グラタン、いそべ巻き、あべ川、きなこ餅、大根おろし餅、あんこ餅、田舎ぜんざい、栗ぜんざい、豊後ぜんざい(団子麺)などの餅菓子系のもの。
・茶そば(揚げ餅添え)、チーズ雑炊、梅しらす雑炊、えび雑炊、天むすびとお味噌汁、おにぎり、白ご飯、玄米ご飯、味噌汁、揚げ餅みそ、揚げ餅すまし、揚げ餅 梅、チーズ入り揚げ餅(チーズを入れた餅にパン粉をつけて揚げたものに塩とカレー粉をつけてどうぞ)、とり天、テールカレー、テールカレードリア、などのお食事系。
・わらび餅、抹茶ムース、抹茶アイス、宇治小町、くずきり、茶屋パフェ、あんみつパフェ、牛乳アイス、柚子シャーベット、ミニあんみつ、などの甘味系。
・ぜんざい団子、いなか饅頭、栗茶巾、やぶれ饅頭、しそ餅、抹茶饅頭、麩饅頭、柏餅、いちご大福などの季節替わりの和菓子。
など、本当にバラエティ豊かな、そしてどれも興味をそそられるものが色々載っていました。

家の近くにあったら毎日通ってしまいそうなぐらい気に入りました。店の名前がストレートすぎるのでどうなのかなあと思っていたのですが、行ってみて良かったです。とっても気に入りました~。また伺いたいなあ~。ご馳走様でした。
by natchan72 | 2014-05-02 15:27 | 2014年GW九州旅 | Comments(0)

<2014/GW旅>昼食 大分県別府市 亀正くるくる寿司

■<2014/GW旅>昼食 大分県別府市 亀正くるくる寿司
http://tabelog.com/oita/A4402/A440202/44000985/

別府の岡本屋売店の帰り、別府湾のフェリー乗り場方面へ向かう途中、国道500号線で坂道を下っている途中の左側にある回転寿司屋さんに伺いました。
c0060927_2271642.jpg



こちらに来たきっかけは、大分といえば「関アジ」と「関サバ」を食べたいなあ~、でも夜に料理屋さんに行くには高そうだし、人気の居酒屋さんは予約がしにくいぐらい人気ってクチコミがあるしなあと、悩みながら色々検索していたときに見つけたからでした。
c0060927_2272074.jpg



食べログの先行レビュアーの皆さんのクチコミを読ませていただいて、ぜひ伺ってみたいと思いました。駐車場はそこそこ広いです。14:30頃に訪問したので、待たずに着席できました。カウンター席とテーブル席があるので、好きな方を希望するといいでしょう。私達は2名で訪問し、カウンター席に。
c0060927_227566.jpg



お味噌汁と水はセルフサービスで無料と説明を受けます。お茶はカウンター席に備え付け。メニューはカウンターのところにも定番のものを中心に置いてありますが、入口近くの壁に大きな黒板があって、それにはその日のネタの産地まで書いてあるのが素晴らしすぎます!

注文は用紙に記入して店の人に渡す仕組みです。以下のものをいただきました。価格表示が1貫ではなく、1皿というのも回転寿司ならではの嬉しさです。

・関あじ(佐賀関)(360円)
・関さば(佐賀関)(360円)
→念願の関アジ・関サバをこんなお安い価格でいただけるなんて、幸せでした。

・りゅうきゅう(130円)
・ばってら(別府)(130円)
・〆さば(別府)(130円)
・紋甲いか(別府)(200円)
・レタス巻きカニカマ
・カンパチ(鹿児島)(200円)
・ひらまさ(佐伯)(200円)
・よこわマグロ(福岡)(200円)
・太刀魚(糸切り)(国東)(150円)
c0060927_2274816.jpg



c0060927_2274682.jpg



c0060927_2273894.jpg



c0060927_2273287.jpg



c0060927_227278.jpg



魚の美味しさ鮮度の良さそうな食感は勿論のこと、切り身の厚さもあり、しかも大分中心の産地のお魚を頂けてとっても嬉しかったです。別府っていいですね~。

食べログにはいつもお世話になっていますが、今回もそれそひしひしと実感しました。本当にいい店!今までに行った回転寿司屋さんの中で一番だと思いました。ご馳走様でした!

お会計は2人計2,516円!びっくり価格です。ほんとにこれでいいんですか?って感じです。
by natchan72 | 2014-05-02 14:31 | 2014年GW九州旅 | Comments(0)

明礬温泉 山の湯

■明礬温泉 山の湯

せっかく別府に来たので、1か所ぐらい温泉らしいところに入らなきゃと、岡本屋売店の近くにある明礬温泉・山の湯という日帰り温泉に行きました。白濁のお湯がいい感じでした。
c0060927_2211521.jpg



c0060927_2213875.jpg



by natchan72 | 2014-05-02 12:53 | 2014年GW九州旅 | Comments(0)

<2014/GW旅>岡本屋売店

■<2014/GW旅>岡本屋売店
http://tabelog.com/oita/A4402/A440202/44000034/

別府温泉の別府八湯と呼ばれるエリアのうちの「明礬(みょうばん)温泉」というエリアにある温泉旅館さんが経営する、イートイン併設の売店です。硫黄の匂いと共に蒸気が噴き出す湯の花採取小屋の近くにあるので迫力があります。
c0060927_21404129.jpg



別府駅は比較的海に近いエリアで、そこから山に向かって車でこちらを目指すと、ぐんぐんと急激に上っていく地形的なものもすごいなと思います。この売店があるところはカーブになっているので、そこを観光バスが結構な頻度で通るのを見るのもまた一興です。
c0060927_21405864.jpg



こちらのお店、今までに何度か訪れていましたが、まだ食べログをやっていなかった時代だったのでレビューをするのは初めてです。窓口で注文して、受け取ってから空いている席に着席するセルフサービス方式です。忙しい店なので、お客さんをさばくのに慣れている感じというか、どれにしようか迷っているとムっとされそうです。
c0060927_2141296.jpg



c0060927_21405344.jpg



2名で訪問していただいたのは以下。
c0060927_21404792.jpg



「天然地獄蒸しプリン カスタード」(260円)
→昭和63年から変わらない製法で手作りで作られているそう。やはりここに来るとこれは絶対外せない。毎回これは必ずいただいています。苦味が効いたカラメルが大人っぽくて好きです。
c0060927_21405316.jpg



「天然地獄蒸しプリン コーヒー」(260円)
→カスタードよりも、コーヒーのほうが、より滑らかでムースみたいな食感に感じました。これも美味しい~。
c0060927_2140544.jpg



プリンは日替わりで何種類かある日もあるようですが、この日は、カスタードとコーヒーの2種類でした。バナナ、おいも、抹茶キャラメルがある日もあるそうですよ~。

「地獄蒸し塩玉子」(100円)
→中までしっかり塩味がついていました。おでんの玉子の塩味みたいです。温泉風味もするので温泉地ならではのご馳走だと思いました。こちらのお店の特徴のひとつでもある、昔から変わらない、新聞チラシなどで作られた殻入れの折り紙箱も雰囲気があります。
c0060927_2141741.jpg



c0060927_2141394.jpg



by natchan72 | 2014-05-02 12:26 | 2014年GW九州旅 | Comments(0)

<2014/GW旅>豚まんの店 幸崎

■<2014/GW旅>豚まんの店 幸崎
http://tabelog.com/oita/A4402/A440202/44003913/

別府にある豚まんのお店です。イートインはなく、持ち帰りのみです。ガイド本に載っているのを見て興味を持ち、徒歩で行きました。商店街の近くなので、地理に詳しくない場合は駅前駐車場などに車を置いて徒歩で行く方が無難かもしれません。

飲み屋さんの「二十八萬石」というお店の一階の一部分のような場所にあり、ぶたまんの店の真上にあるひさしにも「二十八萬石」の文字が・・。「二十八萬石」さんの経営なんでしょうかねえ?なんか不思議です。
c0060927_21361167.jpg



お腹はあまり空いていなかったので、2人で訪問し、2個だけ購入しました。訪問時は朝だったので先客はおらず、待たずに買えました。

豚まんは小ぶりですが、皮のまとめの部分が豚さんの鼻みたいで超かわいいです。食べるのが勿体ないぐらい。これは職人技ですね~。具はジューシーな感じでした。
c0060927_2135169.jpg



ひとつから買えますし、この形は面白いので、別府へ行かれたら立ち寄る店の1店に加えられてもいいのではないかな~と思いました♪
c0060927_21352344.jpg



by natchan72 | 2014-05-02 10:14 | 2014年GW九州旅 | Comments(0)