なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2013年10月北東北旅( 11 )

秋田県横手市 ホテルプラザアネックス 宿泊

2013年10月の東北旅 2日目は秋田県横手市にあるホテルプラザアネックスに宿泊しました。
マッサージチェアがあるお部屋を選んで予約してあったので、度々利用して気持ち良かったです。
お風呂はユニットバスが部屋についていますが、最上階に中浴場がありましたので、そちらを利用しました。
立地は駅前とのことで、もうすこし都会的な場所を想像しましたが、周辺にはあまりお店っぽいものがないような・・。このホテル自体は綺麗で良かったですが。
c0060927_20514358.jpg



c0060927_20513316.jpg



c0060927_205141100.jpg



c0060927_2051421.jpg



↓部屋からの景色
c0060927_20514223.jpg



by natchan72 | 2013-10-12 22:00 | 2013年10月北東北旅

秋田県男鹿市 はちりゅう食堂

■夕食 はちりゅう食堂
http://tabelog.com/akita/A0503/A050303/5001338/

【2013/10月 北東北旅 2日目/4軒目(累計8軒目)】

2013年10月の連休は、紅葉を見ながらドライブがしたくて岩手県の八幡平から秋田県へと抜ける道を通る計画を立てたのですが、アスピーテラインを下ったあとは、田沢湖でも見学して横手方面へ降りれば楽だったかと思うのですが、同行者がどうしても「男鹿しょっつる焼きそば」が食べてみたいと言うので、男鹿方面へと車を進めました。

とはいえ、男鹿半島の先端方面は以前に温泉めぐりで訪れた際に思ったよりもアクセスに時間がかかることがわかっていましたので、今回は先端方面へ行かず、根元の方にエリアへと向かいました。手持ちのB級グルメ系ガイド本に2軒ほど載っていたうちの1軒「カメリア」という店の17時閉店には時間的に間に合わず、こちらに到着。かなりお腹が空いていましたし、ここが開いていてくれて本当に助かりました。駅前、線路沿いの店、とはいえ、夜でも営業しているお店があまりなさそうな静けさでしたので。
c0060927_1733058.jpg



駐車場は店の裏にもありました。民家の一角が食堂になったような佇まい。ガラガラとガラス戸を開けると犬に吠えられつつ着席。姿は見えないのですが・・。席はL字型にカウンター席っぽい作りでした。年配男性が一人出てきてテレビをつけてくれます。あとから女の人が温かいお茶を出してくれました。
c0060927_1732926.jpg



2名で訪問して注文したのは「男鹿(しょっつる)焼きそば」(550円)。

男鹿しょっつる焼きそばとは、ハタハタのしょっつるをベースにした塩ダレ、醤油ダレで味付けした焼きそばです。店によって具などは少しずつ違うようです。こちらのものは、目玉焼きと青のりが上にのっていて、紅しょうが添えてありました。具は、あさりがたっぷり。他には、イカ、もやし、人参、キャベツ、ピーマン、シメジなど色々入っています。しょっつるや塩ダレを使うので結構汁っぽいです。
c0060927_1732988.jpg



店内は若干くたびれた感じがして、食べるまでは結構不安感がありましたが、「男鹿(しょっつる)焼きそば」に関してはかなり美味しいです。「カメリア」に間に合わない時間帯に「男鹿しょっつる焼きそば」が食べたい場合に重宝すると思います。

遠回りして訪問した甲斐がありました。いやあ、よかったよかった。時間があって、男鹿半島の先端方面へ行ける人はそちらの方がいいのかもしれませんが、こちらもひとつの選択肢としてどうぞです~。

ちなみに、男鹿焼きそば以外のメニューとしては、とんかつ、丼類(玉子、親子、豚焼き肉、かつ、海老かつなど)、かつカレーライス、チャーハン、うどん/そば(かけ、月見、肉、海老天)、ラーメン類(醤油、味噌、タンメン、ちゃんぽん、ちゃーしゅーめん、五目ラーメン、スタミナなど)、野菜炒め、レバニラ炒め、ギョウザ、中華丼、海老フライなど、いわゆる食堂っぽいメニューが各種ありました。
by natchan72 | 2013-10-12 18:00 | 2013年10月北東北旅

秋田県 ふけの湯温泉 食堂

■昼食 ふけの湯
http://tabelog.com/akita/A0504/A050401/5004324/

【2013/10月 北東北旅 2日目/3軒目(累計7軒目)】

2013年10月の連休は、紅葉を見ながらドライブがしたくて岩手県の八幡平から秋田県へと抜ける道を通る計画を立てました。前日の朝、埼玉県の自宅を出て休憩しながら約10時間かけて盛岡に着いて一泊した翌日こちらへと向かいました。そんなに苦労したにも関わらず、お天気はあいにくで、ここに着く直前まで八幡平アスピーテラインの2/3区間ぐらいは雨と霧でとっても残念。でもここで日帰り入浴をした時、露天風呂からの紅葉は綺麗に見えたので、少し報われたかな。12年ぐらい前にやはり日帰り入浴で訪問して以来、2回目の訪問でした。
c0060927_15594519.jpg



c0060927_15595851.jpg



入浴後、食堂で軽い昼食をいただくことに。厨房の窓口で注文して先払い。このとき、着席予定のテーブル番号を伝え、セルフサービスで運んでいただくという方式です。
c0060927_15594614.jpg



c0060927_15594733.jpg



当日あったメニューは
・山菜定食(1,300円)
・田舎鍋飯セット(2,100円)
・きりたんぽ鍋(1,500円)
・ふけの湯ラーメン(750円)
・くまげら宮様うどん/そば(650円)
・山菜うどん/そば(650円)
・なめこうどん/そば(650円)
・月見うどん/そば(650円)
・にしんうどん/そば(850円)
・山菜かき揚げうどん/そば(950円)
などなど。

私達が選らんだのは以下。

・「おでん」(各100円)
3種類のみが鍋に入った状態で置いてあり、3種類ともいただいてみました。お出汁は薄めの色です。大根は小さめ、玉子、こんにゃくは白っぽいものでした。
c0060927_15595968.jpg



c0060927_16006.jpg



・「期間限定岩魚天ぷら蕎麦」(1,000円)
→出汁は色こそそれほど黒くはないですが、意外としっかり目の味でした。蕎麦は駅そばよりやや美味しいか同じぐらい。岩魚天ぷらはソフトな食感でした。この内容でこの価格とは、ちょっと高めに思わなくもないですが山の価格だから仕方ないのかな。
c0060927_15594828.jpg



c0060927_160114.jpg




車で立ち寄り入浴だったので頂けませんでしたが、自家製果実酒が各グラス1杯500円で、姫りんご酒、ブルーベリー酒、ななかまど酒、さくら花びら酒、山ぼうし酒、ばっけ酒、レモン酒、山わさび酒と色々あって、どんなものか想像のつかないものもありましたが、美味しそうだなと思いました。

宿泊での利用ではないので、総合評価と利用価格の欄は空欄にしておきますが、温泉としてはいいところだと思いますので、またこちらを通ればぜひ寄せていただきたく思っています。
by natchan72 | 2013-10-12 15:57 | 2013年10月北東北旅

秋田県 八幡平 ふけの湯温泉 日帰り入浴

八幡平アスピーテラインを紅葉ドライブしたくて計画した今回の旅、途中の「ふけの湯温泉」で日帰り入浴しました。「ふけの湯温泉」は以前行ったことがあり、記録によると2001年10月に行ってました。なんと12年ぶり!
↓はJ-COMにアップしてある当時のHPなんですが、J-COMは解約したので間もなく見られなくなると思いますが一応URLを。
http://members3.jcom.home.ne.jp/natsuhome/akita2/akita2-a.html

こうして見ると建物の入口のあたりが結構変わっていたんですね~。あと、館内の女湯の露天も変わったのかなあ。まあ12年も経つと色々変わりますかね。
c0060927_16265257.jpg



c0060927_16264965.jpg



c0060927_16265033.jpg



c0060927_16265357.jpg



c0060927_16265390.jpg



c0060927_16264868.jpg



c0060927_16264931.jpg



c0060927_16265015.jpg



c0060927_16265165.jpg



c0060927_1627968.jpg



c0060927_16265363.jpg



by natchan72 | 2013-10-12 13:30 | 2013年10月北東北旅

フクダパン

■フクダパン
http://tabelog.com/iwate/A0301/A030101/3001022/

【2013/10月 北東北旅 2日目/2軒目(累計6軒目)】

岩手県盛岡市にあるちょっと個性的なパン屋さんです。食パンや山食パンは1斤で普通に販売していますが、他のパンは、コッペパンに具をはさんだものを販売するというタイプ。よくある、トレー&トングで選ぶとか、ショーケースのパンを名前を言って包んでもらうとか、そういうタイプではありません。
c0060927_135355.jpg



TV番組の秘密のケンミンショーで紹介されているのを見て知ったのを失念していたところ、これまたツイッターのフォロワーさんに教えてもらって思いだして訪問しました。結果、この店は超気に入ったので、本当に感謝です。
c0060927_1353355.jpg



昔の小学校を戸建の家サイズで再現したようなかわいらしい外観の建物が住宅街っぽいところにあり、建物の手前に駐車場がありました。お客さんがどんどん来るので一旦満車になったりしますが、テイクアウトの人が多いので、結構回転はいい感じでした。
c0060927_1353611.jpg



右側の窓口で何を挟んでもらうかとお伝えし、作ってもらいます。各種ペーストをパレットナイフでパンに塗って挟んでくれるのを見るのは圧巻。左側の窓口で受け取り、お支払いという仕組み。店に向かって右側にはイートインスペースがありましたので、私達はおかず系のものを挟んでもらったパンはその場で食べ、おやつ系のものを挟んでもらったパンは持ち帰ってのちほど車の中で食べました。

おかず系のパンは、カラシバターを入れるか聞いてくれます。からしが苦手でなければ、これがかなり美味しかったので、入れてもらうのがお薦めだと思いました。

・「オリジナル野菜サンド」(280円)+「豚生姜焼」(105円)=計385円を注文。
これは、トマト、キャベツ、たまねぎ、スライスチーズ、ピーマン、マヨネーズ、塩という具で、中でもキャベツがたっぷり。追加で入れた生姜焼きも肉が厚めで大きいです。コッペパンは思ったより大きいです。汁がたっぷりでパンに染みてしまうので、これはできれば店内ですぐに食べた方がよさそう。すっごく美味しかったです。
c0060927_1355421.jpg



c0060927_1355039.jpg



c0060927_1355266.jpg



おやつ系のパンは、
・「スイートポテト&ホイップ」(165円)
c0060927_1355376.jpg



・「ミルク&すりおろしりんご」(135円)を選びました。
パンが甘くないのが嬉しいです。そしてパンの伸びがいいです。値段がお安いのでびっくりです。
c0060927_135513.jpg



はさむものは、書ききれないぐらいのバリエーションがあり、それぞれ組み合わせると、その数はすごいことになりそうです。一部書いてみると(店舗限定メニューというのもあるそうで、他店にはないのも含まれていたり、季節限定品も含まれているかもしれないのでご了承ください。)

<135円>
・ピーナッツ・ピーナッツバター・ジャム・ジャムバター・マーガリン
・まろやかチョコレート・ブルーベリークリーム・バナナ・ミルク
・コーヒー・クリーム・ヨーグルト
<155円>
・あんバター・あん・抹茶・抹茶あん・チーズクリーム
・マーマレード・粒あん・マイルドコーヒー
<160円>
・メロンクリーム・ホイップクリーム・イチゴミルク・アプリコットジャム
<165円>
・ザ☆ピーナッツ2・粒入りピーナツ・黒豆きなこクリーム
・ブルーベリージャム・スイートポテト・クッキー&バニラ・クッキー&コーヒー
<200円>
・ハムサンド
<220円>
・たまご・ポテトサラダ
<250円>
・カレー(ポテトサラダ入り)・コンビーフ(ポテトサラダ入り)
・れんこんしめじ・キーマカレー・スパゲティナポリタン
・ごぼうサラダ・しょうがやき・やきそば・メンチカツ
<270円>
・ツナ・てりやきチキン・ハンバーグ・トンカツ

と一年中通っても飽きなさそうです。

こちらのお店は、想像より美味しいし、安いし、すごく気に入りました。人気先行型の店じゃなく、本当にいい店でした。また盛岡へ行ったらぜひ寄りたい店のひとつです。ご馳走様でした!
by natchan72 | 2013-10-12 09:45 | 2013年10月北東北旅

りすとらんて とっと totto

■朝食 りすとらんて とっと totto
http://tabelog.com/iwate/A0301/A030101/3004634/

【2013/10月 北東北旅 2日目/1軒目(累計5軒目)】

ダイワロイネットホテル盛岡( http://www.daiwaroynet.jp/morioka/ )に宿泊した際に朝食で利用しました。
c0060927_1262176.jpg



c0060927_1262093.jpg



朝食はチェックイン時に申し込んで宿泊料金と一緒に支払いましたが、価格は大人1人800円とのことでした。(5才~小学校6年生までは1人400円だそう)。
c0060927_1261775.jpg



c0060927_1261726.jpg



朝食の営業時間は、6:30~10:00(LO9:45)だそう。8:25頃に伺いました。

朝食はブッフェスタイルです。昼と夜はイタリアン系のレストランカフェとして営業されているそうで、イタリアンな料理が多いのかな?と想像していましたが、意外と和食系もありました。
c0060927_1272982.jpg



c0060927_1272552.jpg



c0060927_1261657.jpg



c0060927_1261556.jpg



入口を入って右側に厨房がオープンキッチンタイプであるのですが、その中で作業をされているのは男性お一人。予め作ってあるものが多いかとは思いますが、温めたりする作業はありますし、そこそこの広さの店なのでお忙しそうでした。

当日置いてあったのは以下のようなもの。

【飲み物】ミルク、オレンジジュース、グレープフルーツジュース、コーヒーなど。
【フルーツ】グレープフルーツとピンクグレープフルーツ。
【おかず洋風】いんげんとアサリのトマト煮、フライドポテト、鶏のから揚げ、スクランブルエッグ、ウィンナー、ラザニア、ハム、グリーンサラダのドレッシングはイタリアン・フレンチ・青しそ、マカロニサラダ、ポテトサラダ、バーニャカウダ、
【おかず和風】マーボー豆腐、いわし、サバ焼き、切干大根、もやし胡麻和え、玉子焼き、結び昆布、きのこご飯、芋煮っぽい味噌汁。
【パン】バゲットにハチミツとカッテージチーズ、食パンやマーブルパン(ジャム類は色々あり)
【デザート】コーヒーゼリーと岩泉ヨーグルト(加糖)。

エレベーター内に貼ってあった朝食の説明には、岩手産の食材を使った朝食と書いてありましたが、勿論野菜など岩手産が多いのかとは思いますが、産地が書いてあって岩手っぽいなと思ったものは、ミルクと岩泉ヨーグルトぐらいだったかな。私の注意力が足りなくて表示を見落とした可能性は大いにありますが。
c0060927_1261638.jpg



c0060927_1261973.jpg



c0060927_1261936.jpg



c0060927_1261816.jpg



c0060927_1261878.jpg



この日、気に入ったのは、ラザニア、バーニャカウダ、岩泉ヨーグルトぐらいかな~。個人的にはこのイタリアンな店構えの朝食であるなら、おかずは洋風朝食にしぼって、その分、ポテサラやマカロニサラダを仕入品っぽいものではない、自家製の個性的なものにした方がいいのになあと。でもそうすると朝からちゃんと調理人を置かなきゃだからダイワロイネット的には乗り気でないのかもしれませんね~。まあこちらもダイワロイネットは建物が良くてリーズナブルという点を最も評価して全国的に利用しているので、割り切っていますが・・。

ということで、昼と夜に出す料理と朝出す料理は全然違うのではないかなあと想像するので、こちらのお店の評価は控えておきます。
c0060927_1262173.jpg



by natchan72 | 2013-10-12 08:30 | 2013年10月北東北旅

ダイワロイネットホテル盛岡(泊)

2013/10月の北東北旅 1日目はダイワロイネットホテル盛岡に宿泊しました。
駐車場は裏口の真向かいのタワーパーキング。
向かいといっても渡るのに苦もない細い道ですし、道路係り員の人もいるし、不便ではありませんでした。
駅からは少し離れているっぽいので(この時は駅へ行かなかったので正確な距離感がわかりませんが)新幹線利用時の利便性はよくわからないですが・・・。
窓からの景色は近くのビルでしたが、部屋は快適でした。
c0060927_11542233.jpg



↓ロビーフロア
c0060927_11542213.jpg



c0060927_11542199.jpg



c0060927_115421100.jpg



c0060927_11542310.jpg



↓部屋の前の廊下
c0060927_11542384.jpg



↓宿泊した部屋
c0060927_11542492.jpg



c0060927_11542047.jpg



c0060927_11542015.jpg



by natchan72 | 2013-10-11 22:00 | 2013年10月北東北旅

南部藩長屋酒場

■夕食 南部藩長屋酒場
http://tabelog.com/iwate/A0301/A030101/3004226/

【2013/10月 北東北旅 1日目/4軒目】

北東北旅の1日目は岩手県の盛岡市のビジホで宿泊。今回選んだ宿は駅からは徒歩15分ぐらいの場所で、ガイド本や食べログで気になったお店からはやや遠かったので、ホテルのフロントで教えてもらったこちらに伺うことに。
c0060927_857646.jpg



とはいえ、最初にここを訪問したところ、金曜日ということもあってか、満席で入れず。一旦は諦めてあちこち別の店を求めて一時間以上彷徨い歩いたでしょうか。盛岡の飲食店は、聞くところ聞くところ、予約か先客で満席とは皆さん景気がいいのねえと。もうチェーン店でも、コンビニ飯でもいいか、と自棄になりそうになりながら、ダメもとで振り出しに戻ってこちらへ来てみたら空席ができていて入ることができました。とっても嬉しかったです。
c0060927_857827.jpg



大きな暖簾の奥の小さなくぐり戸を開けて入ると下駄箱が。靴を入れて中へ入ると、真ん中に大きな堀こたつっぽいカウンター席。2名で訪問した私達はそこに着席し、雰囲気はそこが一番いいように感じて嬉しかったですが、人数が多いグループ向けには、半個室っぽくなったテーブル席などもあるようでした。
c0060927_963265.jpg



まずは「氷で冷やす昔の冷蔵庫で冷やしたビール」(630円)で乾杯。これはアサヒのプレミアム生ビール熟撰という銘柄の瓶ビールで、アサヒの公式webで、このビールが飲めるお店が紹介されて( http://www.asahibeer.co.jp/jukusen/ )いたりするようなものでした。私はこのビールの存在は初めて知りました。なんだかいい雰囲気のビールでしたので、東京でもお店を探して行ってみたくなりました。大きなすり鉢に氷を敷き詰めた上にこのビールとグラスが置かれて供されるのは演出が大げさですが面白いです。
c0060927_857815.jpg



c0060927_85763.jpg



「お通し」(525円)がまた大層で、季節の野菜と鶏そぼろあんかけ鉄鍋みたいなものが一人用の固形燃料で加熱されての提供です。
c0060927_857412.jpg



料理もお酒もメニューが豊富で、しかもどれもすごく魅力的で、もう選びきれない!という感じでした。あと何回も通って全部食べてみたいぐらい。苦慮した末に注文したのは以下のもの。

「イカの塩辛」(380円)
→期待通りの美味しさで。素材の良さが感じられるものでした。これは早く日本酒へと進まなくてはと思いました。
c0060927_8591775.jpg



「あさ開、氷竹酒 約2合」(1,029円)
→岩手に来たら「あさ開」をぜひ飲みたいと思っていました。こちらのお店は色々な種類を扱っていらっしゃってどれにしようか迷いました。せっかくなのでと選んだのは竹筒入りのものを。これも大きなすり鉢に氷、その上に竹筒での提供です。
c0060927_90053.jpg



「さんま刺身」(609円)
→醤油はキボシ醤油という会社のものでした。きゅうりのスライスの上にわさびがのせてあり、刺身のツマにはワカメが添えてありました。秋刀魚の刺身としての味もかなりよくてびっくりしました。秋刀魚の刺身ってこんなに美味しかったのかと。
c0060927_8591892.jpg



「白金豚ロースのくわ焼き」(1,029円)
→ホントにくわの形の鉄器でジュウジュウ言いながら出て来てびっくり。白金豚ロースは、脂身は多いのですが、脂身が甘くておいしい。これはハマるとどんどん太りそうで危険ですよね~。
c0060927_8591890.jpg



「三陸さばスモークのサラダ風」(714円)
→思ったより大きなお皿に盛られたサラダは、リーフレタス、スライスオニオン、そばスプラウト、トマト、刺身のツマみたいな大根などの定番野菜の他にスモーク鯖が沢山入ってました。
c0060927_90963.jpg



「あさ開」をもう少し飲みたくて今度は「南部鉄器」入りの燗酒(480円)で。南部鉄器での燗酒を飲むのは初めてだったので、雰囲気に感激。お冷をもらおうかと思ってメニューで目についたのは「龍泉洞の水」(210円)というペットボトル。氷入りのグラスとペットボトルで供され、残ったペットボトルは持って帰っていいというもの。今回龍泉洞はスケジュール的に行けなかったので、今度岩手に来る機会があればまたこのお店に来て、翌日龍泉洞へ行ってみたいです。
c0060927_91911.jpg



同行者は「生ビール(中)」(504円)を注文していました。

〆は「浅沼養鶏場の新鮮玉子(50円)とご飯(210円)」
→これは生玉子が籠に積んであるのが見えていて気になっていました。玉子掛けごはんでいただくことに。きぼし醤油をかけて♪飲み屋さんで玉子掛けごはんってのもいいものですね~。
c0060927_92459.jpg



c0060927_92571.jpg



それに「三陸パスタ」(1,575円)
→お値段は高めですが、よくある瓶ウニの味ではなく、箱ウニの味だったと思います。トップに生ウニがのっているのにも感激。この内容なら値段も安いぐらいだと思いました。満足満足。
c0060927_911894.jpg



お会計と言うと味噌汁が!これにはびっくり。飲んだあとの味噌汁は胃に染みいります。このお味噌汁がまた美味しくて。鰹と昆布に生姜入り。寒い冬でも帰りに身体がポカポカになりそうですね。で、金額はこれだけ飲んで食べて2人で7,990円(1人あたり3,995円)。ぎりぎり3千円台で収まりましたよ。雰囲気と素材と味を考えるととてもCPが高いです。
c0060927_924110.jpg



来店時と帰る時にドラ鳴らしてくれるのですが、出口では肩先で火打石をやってくれました。タイムスリップしたみたいな面白い、そして美味しいお店。郷土料理好きにはたまりません。すごくいいお店でした。観光客向け、大いに結構!だって私、観光客ですもの。またぜひぜひ伺いたいです。ご馳走様でした。

ちなみに、岩手以外に、宮城県、長野県、秋田県にもそれぞれお店があるようです。それらも行ってみようかな。(笑)
by natchan72 | 2013-10-11 21:00 | 2013年10月北東北旅

菅生PA下り 竹雀おこわ

【2013/10月 北東北旅 1日目/3軒目】

■菅生PA下り 竹雀おこわ
http://tabelog.com/miyagi/A0402/A040201/4012114/

東北道下り線、宮城県内の菅生(すごう)PAのフードコートです。PA建物の外は黒で、入口上のあたりには、伊達正宗の兜のマークが光り輝いています。
c0060927_16165981.jpg



こちらのフードコートには、

・屋台グルメ「みちのくいしんぼ」
・おこわ・惣菜「竹雀」
・カフェ・サンドイッチ「CAFE BY CIRCLE」
・牛タン「杜の牛たん」
・ラーメン・プレート料理「すごうでキッチン」
・村田の地粉そば「丹誠庵」
・みちのく海鮮丼「海仙道楽」

が入っていて、どこで食べようか迷います。フードコートですので、席は共通。空いている任意の席を利用です。

「杜の牛たん」に惹かれるも、1,380円の牛タン定食を買う決心がつかず・・。どちらにしようか迷って決めたのは、おこわ・惣菜「竹雀」さん。

「旨み塩の自家製鶏唐揚げ(塩)」(230円)、「野沢菜おこわ100g」(200円)。

「旨み塩の自家製鶏唐揚げ(塩)」は1個約50gの量り売り。「にんにく醤油の自家製鶏唐揚げ」ではない方を選んだのでが、若干ニンニクっぽい風味がしたような…。カラっとしてなくて、しっとりなタイプでした。これはこれで美味しいけれども、やっぱり私はカラっとしたものが好きだなあ。
c0060927_16171638.jpg



「野沢菜おこわ」は透明のペラペラしたプラケースで供されるので、ちょっと寂しい感じ。同じプラでも、竹皮模様とかであるともっと雰囲気あるだろうけどな~。とはいえ、200円で結構お腹に溜まるから有難いんですけどね。
c0060927_16172860.jpg



by natchan72 | 2013-10-11 15:30 | 2013年10月北東北旅

矢板PA(下)

【2013/10月 北東北旅 1日目/2軒目】

■矢板PA(下)
http://tabelog.com/tochigi/A0905/A090502/9013671/

東北道の矢板PA下り線のスナックコーナーです。上り線とほとんど同じ作りで、デジャヴな感じでした。( http://tabelog.com/tochigi/A0905/A090502/9008047/ )

建物に入ると、すぐのところに土産物コーナー、奥がこじんまりした食堂エリアになっています。作りは新しく清潔な感じです。4人用テーブル、2人用テーブル、カウンター席と色々そろっています。

券売機で食券を買い、窓口に提出して任意のテーブルに着席して待っていると、出来上がると呼んでくれる方式。

昼食で立ち寄りましたが、私はついついスイーツに目を奪われ、「加藤さんちのまるごとりんごソフトクリーム」(400円)をポチってしまいました。それだけではなんなので、「鮎コロッケ」(200円)を。これはどの辺が鮎なのか、色も保護色だからか、いまいちわからなかったです。
c0060927_1694017.jpg



c0060927_1694124.jpg



もうひとつ「お豆腐屋さんのメンチカツ」(180円)も。これは肉は良くわからなかったですが、お豆腐入りで具が柔らかでした。
c0060927_16102623.jpg



c0060927_16104450.jpg



「加藤さんちのまるごとりんごソフトクリーム」はソフトクリーム自体がりんご味で、通常のソフトクリーム形状の「りんごソフトクリーム」300円のもありました。「加藤さんちのまるごとりんごソフトクリーム」は、シナモンパウダーをかけるかどうか聞いてくれました。私はシナモン大丈夫なのでかけてもらいました。ワッフルコーンに入っていて、乾燥りんご2枚とりんごのシロップ煮が添えてあります。
c0060927_1683287.jpg



同行者は「肉野菜炒め定食」(680円)を。もやし、キャベツ、豚肉、人参、ニラなど野菜たっぷり。それに味噌汁とご飯、漬物。人気のメニューのようで他の人もこれを注文する声がよく聞こえていました。この他には「かき揚げ蕎麦」がよく出ていたかな。
c0060927_1611022.jpg



c0060927_16111232.jpg



こちらのPA、このスナックコーナーは綺麗でいいんですけど、なぜかお手洗いがしっかりリニューアルされていなくて使い勝手が悪いのが難点。やっぱり女性はお手洗いが綺麗なPAやSAに寄りたいと思ってしまうものなので、食堂や土産物コーナーのリピーターを増やしたいようであれば、お手洗いもしっかりリニューアルしてほしいものだなと思いました。
by natchan72 | 2013-10-11 12:00 | 2013年10月北東北旅