なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2013年8月九州旅( 58 )

<2013年夏旅6日目 旅の終わり>

さて、夏旅6日目のその他写真をアップして旅レポを終了します。

・こちらはキャナルシティの近くで見かけた屋台の収納場所。昼間はこういう風に収納されているのですね~。
c0060927_14335254.jpg



・こちらは九州新幹線つばめ。東京行きの東海道山陽新幹線ホームに上がったらホームに停車中だったので写真だけ撮りました。いつか九州新幹線にも乗ってみたいです。
c0060927_1434628.jpg



c0060927_14335622.jpg



c0060927_14343482.jpg



c0060927_14335355.jpg



c0060927_14342670.jpg



c0060927_14335447.jpg



c0060927_14335327.jpg



c0060927_14334933.jpg



・こちらは帰りの新幹線の座席。N700だったかな。グリーン席しか取れなくてグリーン席ですが、ツアーなので一般で買うよりも随分安かったです。
c0060927_1434422.jpg



・こちらはこの日の夕食となった「かしわ飯弁当」’駅弁)。なかなか美味しかったです。
c0060927_1434272.jpg



長期間に渡るブログ記事を最後まで見てくださった皆様ありがとうございました。
by natchan72 | 2013-08-15 16:30 | 2013年8月九州旅 | Comments(0)

<2013年夏旅6日目 旭軒 博多駅前本店>

■旭軒 博多駅前本店
http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40000204/

2013年夏旅、いよいよ最後の飲食店となりました!

夕方、新幹線に乗る前に(今回の旅は、お盆の時期で飛行機は高くて手が出なかったので、東京-博多は新幹線を利用しました。)「ひと口餃子」を食べに来ました。

こちらは博多駅から徒歩圏内。ガイド本(まっぷる博多)掲載の、博多祇園鉄なべ、テムジン大名、餃子屋 弐ノ弐、博多餃子 游心(ゆうしん)、そしてこちら旭軒の中から選びました。
c0060927_14183268.jpg



創業50年を超える餃子専門店だそうです。他の4軒は営業が17時~だったのに対し、こちらは15時~というところで新幹線前の立ち寄りが可能となりました。

2名で15時の開店を待って訪問。店内はテーブル席、小上がり席、カウンターとあり、私達はカウンター席を選びました。古い店というのと、まだ開店早々で換気が上手くできていなかったからかと思いますが、古い建物によくある臭いはしていました。
c0060927_1419784.jpg



同行者は「生ビール」(420円)、私はビールは注文しなかったところ、氷入りの冷たいお茶を出してくださったのが嬉しかったです。
c0060927_1419042.jpg



餃子を待つあいだに、「手羽先」(1本90円)を食べることに。「手羽先ください」って声をかけると大皿に綺麗に並べられたものを持ってきてくれました。アルミホイルで1本ずつ手で持つところを巻いたのが並んでいるので、好きなものを取るという仕組みのよう。これは少し塩が強めだけど、油っぽくなくて超美味しいです。
c0060927_14182048.jpg



c0060927_14185952.jpg



餃子は水餃子と焼き餃子をそれぞれ10個ずつ注文。まずは「水餃子」(10個340円)登場。ふにゃふにゃっとした食感。味は予めついていました。野菜の旨味があるのはいいのですが、焼き餃子と同じものを茹でた感じのもので、皮がしっかりしたタイプではないので、ぐちゃぐちゃになるのが残念でした。
c0060927_14192076.jpg



「焼き餃子」(10個340円)は、お皿にキャベツの千切りを添えてくれているのが嬉しいです。バリバリの食感。その名のとおり「ひと口」サイズで、とても小さいです。こちらは具が肉気が少ないのでちょっと物足りなさを感じてしまいました。
c0060927_14191123.jpg



c0060927_14191822.jpg



c0060927_14182947.jpg



こちらのお店で私達が一番気に入ったのは「手羽先」だな~。「手羽先」の感じは、広島県尾道市の「ブロイラー」( http://www.kenminkan.com/user/scripts/p_product.php?product_id=89 )に似ているかなと思いました。

メニューは他には、飲み物が、コカコーラ、キリンレモン、バヤリース、焼酎(いも・むぎ)、酒、ビール大ビン・小ビン。料理は小鉢(酢モツ、マカロニサラダ、キンピラ)、味噌汁、めし 大・小がありました。

私は餃子の味はあんまり好みでなかったものの、お店の人の接客はどの方もとてもいい感じでしたし、いいお店だと思いました、ご馳走様でした!博多での最後の飲食楽しめました。
by natchan72 | 2013-08-15 14:57 | 2013年8月九州旅 | Comments(0)

<2013年夏旅6日目 福新楼>

■福新楼
http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40000171/

ガイド本(まっぷる福岡)を見て、「博多皿うどん」に興味を持ち訪問しました。博多の天神というエリアにあるお店で立派なビルになっています。まっぷるによると、創業明治37(1904)年、福岡で最初の中国料理店なのだとか。
c0060927_1414552.jpg



訪問時満席だったので、前述のチャイナカフェさんでアイスコーヒーを飲んで待ちました。しばらくすると呼ばれて、エレベーターで2階へ。
c0060927_1412017.jpg



ビルの外観や1Fも立派で綺麗なので、なんとなく想像はつきましたが、2Fのレストランフロアもかなりの豪華さ。正統派のレストランという感じです。特に中央のフラワーアレンジメントが目を引きます。
c0060927_1415436.jpg



実は私の出身の神戸の方ではこういった立派な中国料理レストランがいくつかあり、家族での食事や親戚の集まりにも利用したものですが、いつしか自分の中では中華=餃子を売りにする店と似たようなカジュアルなお店という意識に変わってしまっていました。ここはそういう意味で、若いころを思い出す、懐かしい雰囲気がしました。

案内されたテーブルは4人用の席。紺色のシックなテーブルクロスの上に透明アクリル(?)板が。これならクロスの雰囲気と汚れない使い勝手の良さの両方が味わえて良いと思いました。
c0060927_1415016.jpg



c0060927_1414275.jpg



2名でランチ時に訪問し、注文したのは以下。

「博多ショウケイ」(4枚1,000円)
→福新楼が昭和34年に考案したオリジナル料理だそう。当日の朝、職人さんが焼いた「薄餅」の皮に、自家製テンメンジャンを塗り、「はかた地どり」と九州産「根深ネギ」を包んで食べるというものです。北京ダックの地鶏版っぽいように感じました。私達は2人だったので一番小さい単位の4枚を頼みましたが、8枚なら1,600円、16枚なら2,600円とお得な価格の皿もありました。
c0060927_141495.jpg



c0060927_1415621.jpg



「古式皿うどん」(1,100円)
→具に椎茸、玉ねぎ、細いねぎ、豚肉などが入り、粗びき黒胡椒、やオイスターソースで調味されたと想像する弾力ある太めの麺。麺が太いせいもあり、長崎の皿うどん(太麺の皿うどんよりも太い)よりも、一般的な焼きうどん的な感じの味わいでした。しっかり味でコクがあり、かなり美味しかったです。
c0060927_142417.jpg



c0060927_142525.jpg



「博多皿うどん」(1,100円)
→「古式皿うどん」と麺は同じなのですが、具がキャベツ、椎茸、もやし、人参、海老、いかげそ、豚肉などになっていて、とんこつ味?のスープで炒めたのかな?と想像するような味でした。どちらも麺に濃いめの色がついていて、ここの麺は随分個性的だと思いました。食べ終わった後に見たお皿の絵も個性的で味があるなあと思いました。
c0060927_1415070.jpg



当日は猛暑の休日でしたので、カジュアルな服装のお客さんが多く見られましたが、普段行く中華料理屋さんとはワンランク上のお店と思ってもうちょっとおしゃれしていきたいような雰囲気でした。こういう感じの店が家の近くにもあるといいのになあ~。都内だと、ここまでオシャレだともう少しお値段が張るみたいなんですよね~。
c0060927_1421022.jpg



今回は皿うどん目的で訪問しましたが、ぜひ色々なお料理をいただいてみたいと思えるお店でした。ご馳走様でした。
by natchan72 | 2013-08-15 13:00 | 2013年8月九州旅 | Comments(0)

<2013年夏旅6日目 福新楼チャイナカフェ>

■福新楼チャイナカフェ
http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40000908/

創業明治37(1904)年、福岡で最初の中国料理店「福新楼」さんの1Fにある中国茶カフェです。「福新楼」さんへ「博多皿うどん」を食べに行ったところ、満席で、少し待つことになり、こちらを利用しました。

無料のロビーもしくはこちらのカフェを利用するのですが、名前を呼んでくれるのでお茶を飲んでいても大丈夫です。こちらのお店はセルフサービス。窓口で注文して、受け取ります。
c0060927_13374517.jpg



待つ間だけだったので、「アイスコーヒー」(300円)を注文。販売もしているココナツ団子がお茶うけに付いてきて感激♪
c0060927_13374681.jpg



中国茶、コーヒーなどの飲み物の他、パンやカップケーキ類(マフィン?9も充実していました。当日あったのは、カスタードタルト、パイチーズ、ミートパイ、パンプキンカスタード、スイートポテト、クッキーなど色々。
c0060927_13382791.jpg



天井が高くて明るくて、オリエンタルな雰囲気の中にもカジュアルな利用が可能というこちらのお店、待ち合わせ、穴場のお茶処としても活用できそうないい店でした。
by natchan72 | 2013-08-15 12:48 | 2013年8月九州旅 | Comments(0)

<22013年夏旅6日目 ムーミンスタンド キャナルシティ博多店>

■ムーミンスタンド キャナルシティ博多店
http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40033906/

2013年夏旅最終日の移動は公共交通機関にて。ホテルはチェックアウトし、バスで博多駅に向かって、コインロッカーに荷物を預けました。その後、博多駅バスターミナルからバスに乗ってキャナルシティにちょっと行ってみました。
c0060927_23205192.jpg



訪問時が夏休みだけあって、水遊び企画やポケモンイベントやらお子さま向けなスポットになってるのかな。できた当初とイメージ変わったような。大昔は大人向けのおしゃれスポットだったような・・。10年以上ぶりだったので記憶違いかもしれませんが。
c0060927_23213595.jpg



まだお腹は空いていなかったので、ムーミンスタンドでタピオカドリンクをいただくことに。お隣はムーミンカフェ&ベーカリーでした。
c0060927_23201629.jpg



選んだのは、ひとつは期間限定の「オーロラフローズン」(450円)と「ミックスベリーミルク」(380円)。

特にこの店専用のイートインスペースみたいなものはなく、買って近くのベンチみたいなところに腰掛けて飲みました。蓋は密閉性の高いシール包装をしてくれるので、その場で飲む場合はストローをさしてもらいますし、持ち帰りたい場合はストローを別でもらえばこぼれる心配はありません。

カップにもシール蓋にもムーミンのイラストが書いてあり、特にシール蓋は使用する部分によって模様が違うのが楽しいです。
c0060927_232025100.jpg



c0060927_23204133.jpg



太いストローにはニョロニョロのマスコットみたいなのがついていました。このマスコット。この時はニョロニョロでした。期間限定で他のキャラクターのもあるのか、次回訪問時ストロープレゼント券をくれました。東京は吉祥寺にもあるそうなので行って交換しようかなあなんて思って一応チケットをもらったけど、結局行けずでしたが・・・。

タピオカドリンクの味としては、「オーロラフローズン」は暑い日だったのでこれが美味しいと思いましたが、450円は流石に高いなあと思いましたし、
c0060927_23212687.jpg



「ミックスベリーミルク」は香料っぽい風味が私は若干気になりました。
c0060927_23203612.jpg



でも、パッケージがかわいいし、話のネタに一度利用するには楽しい店かなと思いました。

ムーミンカフェは東京ドームシティや東京スカイツリーのところにもあり、気になっているのですがまだ入ったことがなく。いつかムーミンカフェもどこかの店で利用してみたいです。
by natchan72 | 2013-08-15 11:23 | 2013年8月九州旅 | Comments(0)

<2013年夏旅6日目 かじ 博多駅一番街店>

■朝食 かじ 博多駅一番街店
http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40027595/

2013年夏旅の最終日はダイワロイネット博多祇園に宿泊しました。こちらのホテル、朝食付きにもできて、その場合はホテル1Fにある「やよい軒 博多祇園店」を利用することになるそうです。時間のない人とかビジネスで何度も博多を訪れている人だとホテル1Fというのはとても便利かとは思いますが、私達はせっかくだったら東京とかにはない、行ったことのない店を利用してみたいな~と思い、ホテル外で朝食を食べられそうなところを、食べログで検索。博多駅直結のこちらの店を見つけました。
c0060927_1232292.jpg



ホテルからは徒歩6分程度で地下へ入る入口があり、ほとんど手ぶらなので気候さえよければ苦ではないでしょうが、朝から猛暑日だったので若干辛かったです。バスはじゃんじゃん走っている路線なので、あとでチェックアウトしてからは荷物もありましたし、バスを利用しました。
c0060927_1223522.jpg



地下道に入って少々歩くと、「博多1番街」( http://hakata-1bangai.com/ )という飲食店が連なる場所が出てきます。ミスタードーナツも朝から人気そう。その並びにこちらのお店もありました。玄界灘のふぐ料理のお店( http://hakata-1bangai.com/kaji/ )が出店するお手頃価格のお店だそうです。
c0060927_1224483.jpg



休日の朝8:15に2名で訪問。中央には単身者も使いやすそうな大きなテーブル、壁沿いには横につながったシートと長いテーブルと椅子が。私達は4人用テーブルのところに着席しました。温かいお茶が出されました。ホールは女性が一人。接客は普通。休日の朝なので人は先客はほとんどなしでした。

朝食メニューは1種類だけでしたので、2名ともそれを注文。

「朝食」(525円)という内容は、
・塩サバ
・かまぼこ
・海苔
・温泉玉子
・小鉢(当日は冷奴でした)
・あさり貝汁
・ご飯
・辛子高菜(食べ放題)
というもの。
c0060927_1232377.jpg



鯖焼きの皿にはキャベツ千切りの胡麻ドレッシングかけと大根おろしが少量、ピンクのかまぼこ小さいのが2枚。鯖の切り身が随分小さいのは仕方ないとしても、キャベツの千切りはもう少し量がある方が嬉しいなと思いました。
c0060927_1231931.jpg



温泉玉子はごく薄い出汁入り。ご飯はパリっと炊けていてとても美味しいです。ご飯は言えばお代わりができて、清算したら無料だったみたいです。でも、お代わりしてね~って感じじゃないので、歓迎ではないかも?
c0060927_1223324.jpg



アサリの味噌汁は白味噌でした。これに関しては博多っぽくて嬉しかったです。
c0060927_1232021.jpg



そのほか、博多らしい食材としては、辛子高菜ぐらいなのかなあ。となると、お隣の店「たんやHAKATA」の「おきゅうと」が付けられる朝食メニューとか、博多うどんの「大福うどん」とかの方が良かったのかなあと思いました。
c0060927_1223296.jpg



夜は居酒屋になるようで、壁に貼ってあったメニューの「ピーナッツもやし天」が気になるなあと思いました。昼は、天丼、カツ丼、チキン南蛮御膳、とんかつ御膳、しょうが焼御膳などがあるようです。

こちらのお店、全然悪くはなかったんですが、食堂っぽい雰囲気を勝手に期待して浮かれて訪問したので、ちょっと残念感が。やっぱり下町の昔ながらの食堂とかとは訳が違うから、食堂のおばちゃんがご飯を出してくれるっぽい雰囲気は味わえないです。新しくて綺麗な店内の内装と、そつのないクールな接客。それのどこが悪いの?って言われそうですが。いや悪くないんですよ。でも関西人の私は大阪の食堂や駅そば屋のおばちゃんの愛想の良さを期待しちゃいましてね。これじゃ、やよい軒で良かったかも。。。あ、でも、こんなことを思うのは関西人な私だけかもしれません。きっと博多の人や博多に来る人にはこれぐらいの普通さが好まれるのだと思います。

525円で美味しい和定食が食べられたのは有難かったです。ご馳走様でした。
by natchan72 | 2013-08-15 08:14 | 2013年8月九州旅 | Comments(0)

<2013年夏旅5日目 ダイワロイネットホテル博多祇園 泊>

■ダイワロイネットホテル博多祇園 泊
http://www.daiwaroynet.jp/hakatagion/

2013年夏旅の最終日はダイワロイネット博多祇園に宿泊しました。ダイワロイネットホテルはビジホのチェーンの中でも一番好きで(部屋の広さとベッドサイズの大きさ)、あちこちで泊まっていて、今度の10月にも別のエリアで既に2か所ダイワロイネットで予約してあるのですが、ここ博多での宿泊という点では、駅からの近さ、コーヒーなどのサービス(ダイワロイネットはお湯を沸かして部屋で入れるタイプのドリップパックで、東急ビズフォートは1Fでフリードリンク)の点では東急ビズフォートの方が好みだったかな。
c0060927_11593646.jpg



c0060927_11584843.jpg



なにせ博多は大昔にハイアットリージェンシー福岡とイルパラッツオに泊まったことがあっただけで、その時も本当はグランドハイアット福岡に泊まりたいけど予算がと思ったぐらいのバブリーなことで、最近の好みとまた違っていて。

なんだかんだで、今の私達であれば、東急ビズフォート、ダイワロイネットが一位、二位、ぐらい好みではありました。

でも、知らないところに泊まってみたい気もするから、次回博多で泊まる機会があるとしたら、その時のレート次第ではあるけれども、JR九州ホテル ブラッサム博多中央、FORZA ホテルフォルツァ博多、CANDEO HOTELS(カンデオホテルズ)ザ・博多テラス、ロイヤルパークホテル ザ 福岡、、リッチモンドホテル福岡天神、天然温泉 御笠の湯 ドーミーイン博多祇園、ベストウェスタン 福岡中洲イン、5th HOTEL(フィフスホテル)なども興味あるかな。
by natchan72 | 2013-08-14 18:00 | 2013年8月九州旅 | Comments(0)

<2013年夏旅5日目 ベイサイドプレイス博多>

■ベイサイドプレイス博多
http://www.baysideplace.jp/

糸島半島などをドライブしたあと、レンタカーを博多駅に返却する時間を余裕を持って20時にしていたので、もう一か所ぐらい寄って行こうと、ベイサイドプレイス博多に立ち寄りました。海の中道公園やマリノアシティ福岡にも興味があったのですが、さすがに疲れていたので行きやすいところで。
c0060927_1127195.jpg



ベイサイドプレイス博多は昔はもっと華やかなイメージがあったんですが、最近はちょっと地味な感じなのでしょうか。ちょっと期待と違ったかな。

博多ポートタワーが無料で展望台に上がれたので上がってみました。竣工は1964年なんだそう。全高は100mだそうですが、思ったより景色が綺麗に見えてこれは良かったです。
c0060927_11273635.jpg



c0060927_11265934.jpg



c0060927_11273839.jpg



c0060927_1127087.jpg



さて、4日間お借りしたトヨタのアクアちゃん、全行程605.3キロ走りました。燃費は、エコドライブに気を遣っても18km/Lぐらいだったかな~。35kmとかは残念ながら。(^^ゞ
c0060927_11265058.jpg



JR駅レンタカー博多の駐車場のスロープが結構狭くてグルグルな感じで、一般の駐車場と一緒なんですが、いや、普段乗り慣れてない人はここが一番難関なんじゃないかと・・。

旅自体はあと1日続きますので、いましばらく旅レポにお付き合いのほどを・・・。
by natchan72 | 2013-08-14 16:30 | 2013年8月九州旅 | Comments(0)

<2013年夏旅5日目 福岡県 ラーメン 西谷家 本店>

■西谷家 本店
http://tabelog.com/fukuoka/A4002/A400203/40003139/

今回の九州旅、ラーメンは長浜では元祖長浜屋さんで既に食べましたが、博多では「伊都商店」さんで食べようかと思っていました。

糸島半島ドライブの帰り道、その日の夕食は博多でラーメンかな~なんて思いながらガイド本(まっぷる福岡)を改めてパラパラめくってみたところ、「伊都商店」の解説として、「福岡県北西部にある糸島の人気店 西谷家の系列店」とあるではないですか。えっ、今、糸島のあたりにいるんだから、西谷家に行ってみよう~と食べログで検索して訪問しました。
c0060927_9564099.jpg



店の横に駐車場があり、車で行くのに便利です。15時という半端な時間だったので、お客さんはまばらでした。店内はテーブル席が多いですが、厨房の前にはカウンター席があり、左奥には堀こたつ式の小上がり席もありました。店名が西谷家さんだけに坂本龍馬に関係あるのかなと思ったら、やはり、龍馬さんの写真が飾ってありました。
c0060927_9564024.jpg



c0060927_9565547.jpg



テーブルには、紅しょうが、白ごま、ラーメンのたれ、ラー油、胡椒、生にんにくと生にんにくをつぶすもの、れんげ、爪楊枝、割り箸、そしてどこかの広告入りのポケットティッシュが。
c0060927_9564190.jpg



2名で訪問して注文したのは以下のもの。

「あっさりとんこつ白ラーメン」
      +Bセット(ごぼチャーおにぎり、餃子5個)(700円)+替え玉120円
「焦がし醤油のこってり黒ラーメン」(600円)+替え玉120円

麺の堅さは最初も替え玉の時も好みを聞いてもらえます。私達はどちらも「ばりかた」にしましたが、元祖長浜屋のばりかたよりも一段階堅めでこれは本当にバリカタで仕上がっていました。

まずは「ごぼチャーおにぎり」登場。これは個性的。白いフラットなお皿に海苔が敷いてあり、その上に牛蒡のささがきとチャーシュー入りの炊き込みご飯のおにぎりが置いてありました。博多のうどん屋で食べた「かしわおにぎり」よりも、肉(チャーシュー)がしっかり入っているし、しっかり
c0060927_9564171.jpg



続いて「ギョウザ」登場。薄い羽がサクっとついているのが楽しかったですが、味は特別印象的ではないかな。
c0060927_9565617.jpg



「あっさりとんこつ白ラーメン」は、決してあっさりではないとは思いますが、でもこってりが苦手な私にしては美味しいと思える範疇で、最後まで残さず飲めました。チャーシューは大き目、厚めのものが2枚。脂が周囲に巻いているタイプでしたが、この脂身は柔らかいものだったので食べられました。スープは、とんこつに仕上げに豚足を加え、背脂を浮かべたものだそう。
c0060927_9565692.jpg



c0060927_9565456.jpg



「焦がし醤油のこってり黒ラーメン」は「濃厚こってりスープ」(豚骨の素材が砂状になるまで長時間炊き上げたものだそう)のスープに、自家製のマー油(高温の油で揚げた焦がしにんにく油)を加えたもので、脂っぽさというよりは、さすがに味が濃いと思い、私はちょっと苦手でしたが同行者は気に入って食べていました。チャーシューは「あっさりとんこつ白ラーメン」のと同じものかどうかよくわかりませんでしたが、2枚のっていて、こちらはモヤシものっていました。
c0060927_9565444.jpg



麺は中細平打ち麺と書いてありましたが、細いストレートかと思っていました。こういう細めの麺大好きです。替え玉を頼むと、しっかりお湯を切った麺だけをお皿に入れて持ってきてくれました。
c0060927_95711100.jpg



c0060927_9571193.jpg



c0060927_957927.jpg



ラーメン鉢の周囲には「まっこと感謝」の文字が。内側には店名が書いてありました。
c0060927_95792.jpg



c0060927_9571042.jpg



c0060927_9571029.jpg



帰りに壁の貼り紙を見たら、「あっさりとんこつ白ラーメン」は麺を完食したあとは、ご飯とテーブルの辛子味噌を加えてトンコツ雑炊をお楽しみくださいって。その食べ方も試してみたかったかも!

こんなに個性的で丁寧に作ったラーメンで人気の店なのに、敷居の高いようなところは一切なく、厨房の男性も、ホールの女性も、接客が丁寧で、女性や子供連れでも安心して利用できそうな店というところも気に入りました。ご馳走様でした!
by natchan72 | 2013-08-14 15:04 | 2013年8月九州旅 | Comments(0)

<2013年夏旅5日目 福岡県 糸島半島 夫婦石>

■糸島半島の右手突端の夫婦石です。こちらは博多側ということもあり、かなりの賑わい。カフェやレストランも何軒かあり、海水浴場もありました。
c0060927_951748.jpg



c0060927_95165.jpg



c0060927_951881.jpg



c0060927_951743.jpg



c0060927_951587.jpg



by natchan72 | 2013-08-14 14:20 | 2013年8月九州旅 | Comments(0)