なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2010年11月新潟旅( 37 )

2010年11月 新潟旅 目次

2010年11月 新潟旅 目次

(2010/11/20)
上里SA 蔵仕込みらーめん
(朝食)越後湯沢駅・湯沢庵
(日帰り温泉)新潟県 越後湯沢温泉 駒子の湯
(昼食)青島食堂 宮内駅前店
(宿泊)新潟県 岩室温泉 高志の宿 高島屋(外観、ロビー編)
(宿泊)新潟県 岩室温泉 高志の宿 高島屋(廊下編)
(宿泊)新潟県 岩室温泉 高志の宿 高島屋(ラッキーウッドギャラリー編)
(宿泊)新潟県 岩室温泉 高志の宿 高島屋(部屋編)
(宿泊)新潟県 岩室温泉 高志の宿 高島屋(温泉編/竹生の湯)
(宿泊)新潟県 岩室温泉 高志の宿 高島屋(温泉編/翁の湯)
(宿泊)新潟県 岩室温泉 高志の宿 高島屋(温泉編/田舟足湯)
(宿泊)新潟県 岩室温泉 高志の宿 高島屋(喫茶コーナー編)
(宿泊)新潟県 岩室温泉 高志の宿 高島屋(夕食編)
もみじ谷 弥彦公園 紅葉ライトアップ(その1)
もみじ谷 弥彦公園 紅葉ライトアップ(その2)

(2010/11/21)
(宿泊)新潟県 岩室温泉 高志の宿 高島屋(朝食編)
(昼食)みかづき万代店
(昼食2)バスセンターそば(浦浜農園そばコーナー )
(見学) みなとぴあ(旧新潟税関庁舎)
(見学) みなとぴあ(荷揚げ場と石庫)
(見学) みなとぴあ(旧第四銀行住吉町支店)
(見学) みなとぴあ(博物館本館)
笹川餅屋
(夕食)とんかつ政ちゃん 沼垂本店
(宿泊)ホテルディアモント新潟西(部屋編)
(宿泊)ホテルディアモント新潟西(大浴場編)

(2010/11/22)
(宿泊)ホテルディアモント新潟西(朝食編)
むさしや菓子店(きんぴら団子)
(昼食)五十嵐食堂(カレーラーメン)
(宿泊)群馬県 法師温泉 長寿館(建物編)
(宿泊)群馬県 法師温泉 長寿館(部屋編)
(宿泊)群馬県 法師温泉 長寿館(夕食編)
(宿泊)群馬県 法師温泉 長寿館(温泉編)

(2010/11/23)
(宿泊)群馬県 法師温泉 長寿館(朝食編)
道の駅 水紀行館でダムカレー
関越道 星の王子様寄居PA(上)  Chassez les poules!(オムライス)
by natchan72 | 2010-11-23 23:59 | 10年11月新潟旅 | Comments(0)

関越道 星の王子様寄居PA(上)  Chassez les poules!(オムライス)

・関越道 星の王子様寄居PA(上)  Chassez les poules!(オムライス)
http://r.tabelog.com/saitama/A1105/A110503/11025684/

2010年6月30日に関越道・寄居PA(上)が「テーマ型PA」として「星の王子様 寄居PA」になってからずっと憧れていましたが、ようやく訪問することができました。というのも、連休の上り線は渋滞していることが多く、渋滞嫌いな私たちは、もっと手前から高速を降りて下道で帰ってしまうことが多くて。この日は飛び石4連休の最終日で、結構高速が空いていたので、こちらも混んでいないだろうと思い立ち寄りました。

わあ、本当に星の王子様の建物だ~。プロバンス瓦や塗り壁、テラコッタタイルや石積み壁を使用し、施設管理設備やバイク置き場でさえセットの中のような凝り様です。箱根で星の王子様ミュージアムを訪れたことがありましたが、建物の雰囲気はそちらとそっくり♪
c0060927_0411285.jpg


c0060927_0412465.jpg


c0060927_0413938.jpg


土産物も一般的なものは売っていないような感じで、星の王子様関連グッズが売られていました。私はタオルハンカチを1枚購入。本当は洗面所で使う用のタオル(箱根の星の王子様ミュージアムで買ったやつ)がほしかったのですが、結構単価が高いからか置いていませんでした。
c0060927_0415476.jpg


c0060927_042751.jpg


c0060927_0421851.jpg


c0060927_0424199.jpg


c0060927_0425389.jpg


c0060927_043395.jpg


食事をするところは、南仏プロバンス地方の家庭料理がブッフェ形式でも食べられるレストランが屋内型でありましたが、他はセルフサービス方式で購入したものをテラスで食べるようなサテリット(飲食外売店)みたいです。
c0060927_0443385.jpg


サテリット(飲食外売店)は、カフェ、オムライス専門店、パン屋、ソフトクリーム店があり、私はオムライス専門店「Chassez les poules!」を利用してみました。「Chassez les
poules!」は、シャセー レ プルと読み、雌鶏を捕まえろ!という意味なんだそうです。なるほど、オムライス専門店ですから、卵を採らせて~、ということですね。
c0060927_0434165.jpg


c0060927_0441063.jpg


オムライスは注文を受けてから卵を調理してくれるそうです。3種類のソースをどれにするか選びます。私は「自家製ケチャップ」(780円)を選択。他には「デミグラストマト」(780円)、「シャンピニオンアラクレーム」(880円)もありました。
c0060927_0445615.jpg


チキンライスを大きなお皿に盛った上に、できたてのオムレツを乗っける方式。チキンライスには大きめのチキンとピーマンが入っていました。玉子3個を使ったというオムレツは、ふわふわの食感。ちょっと生っぽい火の通し具合に仕上げてありました。ケチャップは酸味があって美味しく思いました。
c0060927_0451176.jpg


c0060927_0452166.jpg


c0060927_0453167.jpg


c0060927_0454858.jpg


c0060927_046375.jpg


こういうお店だと作る人がいつも一緒とは限らないかもしれないので、訪問する日によってひょっとしたら出来栄えが変わるのかもしれませんが、この日はなかなか美味しかったと思いました。ボリュームもあるのでCPも悪くない印象でした。
c0060927_0472176.jpg


今後、追々他の店たち、パン屋「Cheveux tout dores(シュブー トゥ ドレ)」(金色の髪の毛の意味)、カフェ「Cafe Saint-Exupery(カフェ サンテグジュペリ)」(星の
王子様の作者の名前)、ソフトクリーム屋「Magnifique image(マニフィック イマージュ」(素晴らしい絵の意味)にも順次訪問してみたいです♪ 楽しいひと時を過ごせました、ご馳走様!
c0060927_0465696.jpg


(2010/11/23 14:30)
by natchan72 | 2010-11-23 14:30 | 10年11月新潟旅 | Comments(2)

道の駅 水紀行館でダムカレー

■昼食 道の駅 水紀行館
http://r.tabelog.com/gunma/A1003/A100302/10009672/

法師温泉長寿館を10時にチェックアウトし、山を降りて一番近いのは関越道の月夜野ICですが、みなかみ温泉が町おこしで作った「ダムカレー」( http://www.minakamionsen.com/damcurry.htm )がどうしても気になって「道の駅 水紀行館」に寄ることにしました。
c0060927_23583560.jpg


ダムカレーのスペックはダムマニアが泣いて喜びそうな本格的なもの。

<アーチ式ダムカレーデータ>
所在地:群馬県利根郡みなかみ町
堤高/堤頂長 :60mm/180mm
河川名:利根川水系利根川
堤体重量:200g
目的:満腹感
総貯水容量:約200g
形式:アーチ式ライスダム
ダム事業者 :お客様
設計者:ダムマニア・宮島咲
本体施工者:みなかみ町の飲食店
管理者:水上温泉旅館協同組合
c0060927_23581649.jpg


一般的にダムカードに書いてある内容そっくりですね!面白いです。
提供するお店によって、ご飯の盛り方と量が違うそうで、

中盛り・重力式(藤原・須田貝・相俣ダム)
普通盛り・アーチ式(矢木沢ダム)
大盛り・ロックフィル式(奈良俣ダム)

の3種類があるそうです。これまた超楽しい。

取扱店は、関越道・谷川岳PA(下)、みなかみの森、旅館たにがわ、宝川温泉 宝川山荘、宝台樹自然花苑、ホテルサンバード、水上高原ゴルフコースなどがあるようですが、まずは寄りやすい道の駅を選んだというわけでした。

こちらの道の駅の食事処は小規模(18席)です。スナックコーナーのような窓口で注文し、呼ばれたら運んで、終わったら返却口へ運ぶというセルフサービス方式。

「ダムカレー」(750円)は、他の店のことはよくわかりませんが、この店では1種類しか扱っていません。しばし待ってご対面~。ご飯の盛りは、「普通盛り・アーチ式(矢木沢ダム)」のようです。
c0060927_2359980.jpg


カレーの湖面には、紅葉と魚の形に繰り抜いた人参が!堰き止められた反対側には水が流れた跡(多分)を福神漬けで表現されていました。
c0060927_23592165.jpg


c0060927_2359568.jpg


ルーは、お子様でもOKなように辛さを抑えてあるそうで、マイルドです。別皿に、わかさぎフライとミニサラダ添え。
c0060927_23593680.jpg


途中、ダムに穴を開けて放流を楽しんだりしつつ、完食。
c0060927_00933.jpg


c0060927_001759.jpg


本当に面白い企画です。他の店にもぜひぜひ食べに行きたいです。願わくば公式HPで取扱店のリストを携帯でも一覧できるようにテキストで詳細アップしてほしいです。

ちなみにこのダムカレー以外は、うどん、そば、カツ定食、コーヒーなどの軽食がメニューにありました。

(2010/11/23 11:00)
by natchan72 | 2010-11-23 11:00 | 10年11月新潟旅 | Comments(0)

(宿泊)群馬県 法師温泉 長寿館(朝食編)

(宿泊)群馬県 法師温泉 長寿館(朝食編)

前夜と同じ場所にていただきました。
c0060927_2324035.jpg


内容は、鱒焼山菜添え、
c0060927_23242264.jpg


湯豆腐(豆腐、春菊、椎茸)、
c0060927_23244882.jpg


温泉玉子、
c0060927_232522.jpg


生ハム入りサラダ、
c0060927_23251532.jpg


佃煮、
c0060927_23253289.jpg


自家製漬物、
c0060927_23255122.jpg


きのこ入り味噌汁、
c0060927_23261640.jpg


ご飯、のり、小梅、
c0060927_23263328.jpg


蜜柑。

これまた想像以上に美味しく、ご飯が進みます。ここのご飯は今まで食べた旅館のご飯の中で一番美味しいかも。なんと、お櫃ご飯をお代わりまでしちゃいましたー。

(その他)
秘湯を守る会の宿は、今までに、蔦温泉 蔦温泉旅館、夏油温泉 元湯夏油、姥湯温泉 桝形屋、高湯温泉 旅館ひげの家、ぬる湯 旅館二階堂、塩原元湯温泉 大出館、松之山温泉 凌雲閣、奈良田温泉 白根館、地獄谷温泉 後楽館、平瀬温泉 藤助の湯 ふじや、栗野岳温泉 南洲館、吹上温泉 みどり荘に泊まりましたが、ここが温泉と料理と価格のバランスがよく一番気に入りました。

温泉だけでいうと「蔦温泉旅館」は良かったですが、階段の上り下りがすごいし、料理が普通。「高湯温泉 旅館ひげの家」と「奈良田温泉 白根館」は料理も温泉も良かったけど規模が小さいのでここほどのびのびした気分にならない。あとは料理か温泉か部屋のどれかが残念だったり値段が高すぎたり色々。

ということで、いい宿にめぐり合えました。またぜひ泊まらせていただきたいです。

上記以外の秘湯の宿で良かったところ、ぜひ教えてください!行ってみたいです!
(2010/11/23 7:45)
by natchan72 | 2010-11-23 07:45 | 10年11月新潟旅 | Comments(0)

(宿泊)群馬県 法師温泉 長寿館(温泉編)

・(宿泊)群馬県 法師温泉 長寿館(温泉編)

※浴室は人が入っているときは撮影禁止ですが、今回は清掃が入るタイミングで許可をいただき、撮影させていただきました。

浴室は3ヶ所ありました。
・一番有名な「法師乃湯」(混浴風呂ですが20時~22時は女性専用タイム)
→女性専用タイムに2度入浴しました。とても歴史があり、灯りの少ない暗い雰囲気も良かったです。仕切りの丸太がまたいい感じで、底に敷いた大き目の玉砂利の間から空気とともに温泉が湧出するのが素晴らしい。温めの温度でゆっくり浸かっていられます。中は混浴であるものの、脱衣所は男女別ですので、気にならない方は混浴タイムでもお入りになっているようでした。
c0060927_22424436.jpg


c0060927_2243865.jpg


c0060927_2363268.jpg


・「玉城乃湯」(15時から19時までが女性、19時から翌朝7時までが男性)(内湯と野天風呂)
→夜に一度と、翌朝7時以降に一度入りました。ここはお湯は足元湧出ではなく、引き湯で他の2箇所に比べると弱いものの、雰囲気は「法師乃湯」を新しく作ったようないい雰囲気の内湯があり、外には岩組みの露天風呂がありました。この露天風呂、昼間見るとまあまあよくあるタイプっぽいですが、夜はかなり暗くしてあり、湯気がライトアップされた紅葉に当たって夜空に消えていく様が美しくて気分的にリフレッシュできました。
c0060927_22593176.jpg


c0060927_225804.jpg


c0060927_22541751.jpg


c0060927_2351667.jpg


c0060927_2352983.jpg


c0060927_235421.jpg


c0060927_2355785.jpg


c0060927_2361226.jpg


・長寿乃湯(24時間女性専用)
こちらはこじんまりとした内湯だけの浴室ですが、湯船底は大きな玉砂利で、足元から温泉が湧き出す、泉質的にはかなりいい感じだと思うところでした。
c0060927_22532032.jpg


c0060927_2304085.jpg


c0060927_2305333.jpg


・時間割表
c0060927_22434927.jpg


・マッサージ機
c0060927_22522314.jpg


・飲用可能な湧水
c0060927_2258508.jpg


・湯あがりに待ち合わせたりできるところ
c0060927_2302193.jpg


(2010/11/22 19:30)
by natchan72 | 2010-11-22 19:30 | 10年11月新潟旅 | Comments(2)

(宿泊)群馬県 法師温泉 長寿館(夕食編)

(宿泊)群馬県 法師温泉 長寿館(夕食編)

夕食も朝食もお食事処で頂くことになっていました。私たちが案内されたのはテーブル席。横との仕切りがあり、1区画当たりのスペースはゆったりしていて、半個室のような感覚でゆっくりできました。
c0060927_2272469.jpg


飲み物は、予め美味しい日本酒を部屋の冷蔵庫から出して部屋で飲んでいましたので、ここではグラスの生ビールを2ついただきました。料理はテーブルに先付けと鍋物セットなどがセッティングされていましたが、その他はほぼ、温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに個別に運んでいただけたように思います。
c0060927_2274144.jpg


c0060927_228096.jpg


先付:柿むかごの白和え 菊花おろし酢漬
→どちらもめちゃうまでした。季節感があり、地域らしい食材が出てくるのは嬉しいです。菊の花は食わず嫌いの私ですが、抵抗なく美味しくいただけました。
c0060927_2282982.jpg


吸物:松茸どびん蒸し
→海老や銀杏も入っていました。松茸の香りはさほど強いものではありませんが、今シーズン他で食べる予定もありませんでしたので、思いがけずいただけてとても嬉しかったです。
c0060927_2285522.jpg


造り:姫ます・鯉の洗い(片品産)・湯葉
→鯉に苦手意識があったのでこちらの宿への宿泊を躊躇していたところもあるのですが、こちらの「鯉の洗い」は臭みもなく、とてもさっぱりと美味しくいただけました。姫ますも美味しかった。山らしい刺身が出るのが最高です。
c0060927_2291860.jpg


煮物:里芋、白舞茸、地鶏治部煮、花人参、絹さや
→どれも新鮮味を感じる山の素材、優しい味で満足でした。
c0060927_22111653.jpg


鍋物:上州牛陶板焼(赤城産)
→綺麗な赤いお肉2枚に、玉ねぎ、きのこ、野菜添え。新潟で宿泊した宿は、お肉が全く出ませんがもしどうしてもとのことでしたら、ステーキを如何ですか?と4000円以上もするオプションを提案されましたが、なんでそんなに極端なのか不思議でした。沢山はいらないにしても、こちらのように薄切り2枚の陶板焼きぐらいあるのは私はとても嬉しかったです。
c0060927_22114014.jpg


c0060927_221251.jpg


揚物:山河豚唐揚(丸十挟み揚)、銀杏、しし唐
→「山河豚」とは、ナマズのことだそうですよ!夫は食べたことがあったそうで、当てていましたが、私はわかりませんでした。淡白な味わいで、蛙っぽくもあったかな。食感もよく揚がっていて、貴重なものを食べられて良かった!
c0060927_22122826.jpg


焼物:岩魚塩焼き
→鮮度も塩加減も申し分なく感じました。
c0060927_22124225.jpg


蒸物:茶碗蒸し
→ありきたりと感じがちですが、具に栗や穴子が入っていたので「ほほう」と思いました。
c0060927_2213227.jpg


c0060927_22131724.jpg


c0060927_22133182.jpg


酢の物:鮎酢〆(川場産)、刺身コンニャク、錦糸巻、茗荷、胡瓜
→最後まで満足させてくれます。どれも最高でした。
c0060927_22134794.jpg


香の物、お食事
→お漬物は素朴な味のものが3種、ご飯は南魚沼市の契約農家で栽培した魚沼産コシヒカリだそう。白ご飯が美味しいこと。
c0060927_2214982.jpg


c0060927_22145088.jpg


フルーツ
→フルーツゼリーのようなものでした。ザ缶詰のようなものでなく、フレッシュフルーツを使ってありました。
c0060927_22143334.jpg


(2010/11/22 18:30)
by natchan72 | 2010-11-22 18:30 | 10年11月新潟旅 | Comments(0)

(宿泊)群馬県 法師温泉 長寿館(部屋編)

・(宿泊)群馬県 法師温泉 長寿館(部屋編)

玄関で靴を預け、部屋までは、宿の女性が荷物を持って案内してくださいました。宿泊した部屋は、「国登録有形文化財」に指定された一番古い客室棟である本館。ここは全室トイレ無しで、部屋の大きさが6畳か8畳+踏み込みなどいくつかあるようですが、踏み込みのないシンプルなタイプでした。
c0060927_21553960.jpg


c0060927_21534514.jpg


c0060927_21551964.jpg


c0060927_21535828.jpg


共同トイレには洋式の新しいものが設置されていましたし、部屋も歴史があるけれども清潔に保たれていて、布団もハウスダストや猫やカビにアレルギー鼻炎がある私にも何の問題もありませんでした。暖房器具はガスか電気が不明ですが、ちょっと古めのファンヒーターのようなもの。大体の温度と風量を調節できる床置き型のものでした。
c0060927_21542180.jpg


c0060927_21555331.jpg


紅葉の時期はカメムシが部屋に侵入してくるとのことで、ガムテープとレジ袋を予め用意してくださっていて、捕獲方法も丁寧に教えてくださって親切でした。湯沸しポットと冷水魔法瓶、色々な種類の飲み物(有料)が入った冷蔵庫、グラス、湯のみなどが完備されていました。
c0060927_21545849.jpg


c0060927_21561251.jpg


最初のお茶は入れてくださり、その間に宿泊者カードに記入する仕組みでした。お着き菓子は売店で売っている土産物のお菓子でした。
c0060927_2159474.jpg


(↓部屋の前の縁側)
c0060927_21564210.jpg


(↓部屋から見えた紅葉)
c0060927_21565995.jpg


(↓雪見障子がいい感じ)
c0060927_215838100.jpg


(↓向かい側の建物)
c0060927_21572987.jpg


(↓向かい側の建物へ向かう渡り廊下)
c0060927_2158612.jpg


(↓浴衣)
c0060927_21585387.jpg


(2010/11/22 15:30)
by natchan72 | 2010-11-22 15:30 | 10年11月新潟旅 | Comments(0)

(宿泊)群馬県 法師温泉 長寿館(建物編)

(宿泊)群馬県 法師温泉 長寿館(建物編)

永年憧れていた宿「法師温泉 長寿館」にやっとこさ泊まることができました。今回は飛び石連休の間の平日宿泊。ということで、「秘湯を守る会」のweb予約を利用しました。結論から言うと、温泉は勿論のこと、料理も接客も想像以上に良くて大満足でした。

交通手段は自家用車で。行きは新潟から行ったので関越道の湯沢ICで降りて三国街道で、帰りは関越道月夜野ICまで約40分とのことでしたが、道の駅みなかみ水紀行に寄りたくてちょっと寄り道しました。宿の近くはところどころ対向車が来るとすれ違いにくい狭い道になっており、こりゃうちの車(FF+スタッドレス)じゃ冬期は無理だなと11月の訪問で良かったと胸を撫で下ろしました。
c0060927_20295550.jpg


c0060927_2030436.jpg


15時丁度に宿に到着。駐車場は先着順なので、一番近い上段の最後の1区画が空いていてラッキー。そこが埋まると少し遠い下のエリア利用となるそうです。玄関前は荷物の積み下ろし時のみ止めていいとのこと。私たちは車から徒歩(40秒ぐらい)で荷物手持ちで行きました。
c0060927_20302840.jpg


c0060927_20303934.jpg


c0060927_2031465.jpg


c0060927_20311781.jpg


(↓帳場横に土産物売り場がありました)
c0060927_20313872.jpg


c0060927_20321166.jpg


c0060927_20322980.jpg


c0060927_20324083.jpg


c0060927_20325542.jpg


c0060927_20334452.jpg


(2010/11/22 15:00)
by natchan72 | 2010-11-22 15:00 | 10年11月新潟旅 | Comments(0)

(昼食)燕三条 五十嵐食堂(カレーラーメン)

・(昼食)五十嵐食堂(カレーラーメン)
http://r.tabelog.com/niigata/A1501/A150102/15007141/

新潟を後にする前に「三条カレーラーメン」をぜひ食べようと思っていました。事前に「三条名物カレーラーメン食べ歩きマップ」さんHP( http://www.curry-ramen.com/ )を見て、数軒ピックアップしていたのですが、当初日曜日に行こうと思っていたものですから、それらが軒並み月曜定休と・・。慌てて携帯webで検索して見つけたこちらのお店が日曜定休とのことで、ナビで検索して訪問しました。

国道8号線沿い、走っていた右手に大きな看板の食堂を発見!いやはや、ザ食堂!って感じの店構えです。雰囲気いいぞー。食堂マニアとかがいたら、ヨダレものなのでは?駐車場は特に白線などはないようで、なんとなく店の近くに止めました。大型トラックも止められるようなスペースがあります。
c0060927_181124.jpg


にいがたロケネットさんHPによると(
http://www.niigatalocation.net/vibrator/memo/memo.html )2004年に「ヴァイヴレータ」という映画で、主人公の二人が最後に食事をするシーンのロケで使ったお店だったそうです。
c0060927_18115522.jpg


店に入ると、手前に6人ぐらい座れそうなテーブル席が2つ、とカウンターもあったかな?奥は8人ぐらい座れそうな小上がりが2部屋ありました。座敷の左側にはテレビがあり、テレビのある方が人気のようでした。テーブル席と小上がり席の間にタバコの自販機が!!店内喫煙大歓迎の店ですか・・・。まあ仕方ないんでしょうねえ。正直臭いです。
c0060927_18114490.jpg


c0060927_18133016.jpg


愛想のいい好感の持てる女性が温かいお茶とビニール入りのタオルのお絞りを運んできてくれました。定食類も色々ありましたが、私は目的どおり「カレーラーメン」(730円)を。もうひとつは「タンメン」(600円)を注文し、途中で交換して食べました。

「カレーラーメン」は、具には豚肉、人参、玉ねぎなどが入っていて、上にメンマと小口切りの白ネギがトッピングされていました。カレーの味は家庭で作るような素朴な感じ。蕎麦屋であるカレーそばなどの和風出汁入りのものとは違い、ラーメンだなと。片栗粉のトロミっぽいものは感じず、普通に作ったカレーをラーメンスープで溶いた感じなのかなあ?部分的に普通のスープっぽいところもあったような気もしました。麺は少し黄色味があり、少しだけウエーブがあり、太さは中ぐらいかやや細めぐらい?茹で加減は普通な感じでした。豚肉がヒラヒラというのではなく、3~4ミリの厚みがあったのが嬉しかったです。
c0060927_18121159.jpg


c0060927_18123389.jpg


c0060927_18124370.jpg


「タンメン」は、白菜、人参、ニラ、キャベツ、もやし、ネギなど野菜がたっぷりで見た目の彩りもいいです。豚肉は入っているものの、野菜がたっぷりなので、塩野菜ラーメンっぽい雰囲気です。スープはかなり薄めで絶妙。私たちはとても気に入りました。麺はカレーラーメンに使用されているものと同じに感じました。
c0060927_1812586.jpg


c0060927_18131139.jpg


他のお客さんはラーメンを注文している人も多かったみたいです。

偶然ながら、このような食堂らしい食堂に入ることができて(事前の情報がなければ入る勇気がなかったと思います)嬉しかったです。量も結構たっぷりあって満腹。ご馳走様でした!

(2010/11/22 11:45)
by natchan72 | 2010-11-22 11:45 | 10年11月新潟旅 | Comments(0)

新潟県三条市 むさしや菓子店(きんぴら団子)

■むさしや菓子店(きんぴら団子)
http://r.tabelog.com/niigata/A1501/A150102/15011080/

ホテルをチェックアウトしたあと、すぐに高速に乗って三条方面へと向かいました。お目当ては「きんぴら団子」です。

にいがた観光ナビ( http://www.niigata-kankou.or.jp/feature/b_class_gourmet/0303.html )に載っていた3軒のうち、1軒目に行ってみるも定休日のようで、2軒目に訪問できたのが「むさしや」さんです。
c0060927_17581584.jpg


c0060927_17583717.jpg


c0060927_18123.jpg


「きんぴら団子」の歴史は、昔、農家の昼食時に、手軽な軽食として中越エリアに誕生したと言われているそうです。なるほど、おかず+主食になりそうな団子です。
c0060927_17585442.jpg


団子の生地はもちもちとした食感でとても美味しいです!まさに団子です。中身は、「きんぴらごぼぼう」ですが、こちらのお店のは、笹がきした牛蒡をきんぴらにしたもので、さほど甘さは強くなく、基本的に醤油味に感じました。
笹がきにしてあるお陰で、団子のもちもちとの違和感があまりなく、すんなり食べられるのが有難かったです。
c0060927_17591775.jpg


c0060927_17593279.jpg


これは想像より美味しくて感激。5個ぐらい昼食代わりに食べたいぐらいでした。他には「みそまんじゅう」を。これは普通に美味しい優しい味の饅頭でした。それと、「赤飯(味付おこわ)」を買いました。これがまたこの地域らしいもので。一般的に赤飯は小豆で炊き、味は特につけていなくて、ご飯の上から胡麻塩をかけて食べるものが多そうですが、こちらのは、最初から醤油味で炊いてあり、豆も小豆ではなく金時豆を入れてあります。金時豆は小豆より大きめなので食べ応えもあり、これまた美味しいです。一般的な赤飯より、長岡や三条辺りの醤油おこわの方が好きになっちゃいました。
c0060927_17594430.jpg


c0060927_1759573.jpg


c0060927_180992.jpg


このあたりへ行かれることがあれば、ぜひぜひ!オススメ。私も新潟を再訪するときはまた寄せていただきたいです。

お店は、右側がケーキや洋菓子の冷蔵ショーケース、左側が和菓子となっていて、きっとご近所の方にも愛されているお店なのだろうなと思いました。店に向かって右隣が専用駐車場でした。

(2010/11/22 11:00)
by natchan72 | 2010-11-22 11:00 | 10年11月新潟旅 | Comments(0)