なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2010年6月千葉旅( 12 )

2010年6月 千葉保養所旅 目次

2010年6月 千葉保養所旅 目次

(2010/6/11)
夜の海ほたる

(2010/6/12)
(見学)洲埼灯台
房総半島の景色
野島埼灯台
道の駅 ちくら潮騒王国にて
ストロベリーポット(千倉 / カフェ)
木村ピーナッツ・ピネキ (館山 / アイスクリーム)
千葉の保養所にて

(2010/6/13)
千葉保養所の朝食バイキング
(見学)TEPCO東京電力 新エネルギーパーク
地魚料理 小松
by natchan72 | 2010-10-24 15:58 | 2010年6月千葉旅

地魚料理 小松

■地魚料理 小松 (青堀 / 魚介料理・海鮮料理、定食・食堂)
http://r.tabelog.com/chiba/A1206/A120603/12023619/
房総半島の保養所へ1泊2日ドライブ旅の2日目。マザー牧場へ行ってみたいなあ、と思ったものの、今回は極貧旅行だったので無料で見学できる「TEPCO東京電力 新エネルギーパーク」( http://www.tgn.or.jp/enepark/ )へ。ソーラーカーに乗ったり、電気を科学するコーナーを見たりして1時間半ぐらいゆっくり見学。そのあと、昼食をとるためにこちらへやってきました。富津公園の駐車場前にある食堂です。公園駐車場に車を停めて訪問。

実は、富津公園へは、ガイド本に載っていて、食べログでも何件かレビューが上がっていた「志のざき」さんを目指して来たのですが、来てみたら、富津公園前には「志のざき」さんを始め、4~5件の食堂が並んでいて、どこに入ろうか悩みました。結局、表に張り出してある料理写真が大きくてわかりやすかったこともあり、こちらを選んだのでした。
c0060927_15551894.jpg


この界隈の食堂は5月以降は潮干狩りのお客さん、7月からはビッグプール帰りのお客さんで賑わいそうな雰囲気。この日もほぼ満席近い盛況でした。

店内はザ・食堂という感じのテーブル席と、小上がり席、2階にも席があるようでした。私たちはテーブル席へ。場所は特に指定されなかったように思います。店内ではテレビが付いていて、調理場からの熱気が押し寄せてきて結構暑かったです。海の近くですし、こちらも簡単な服装なので、別に暑くても困ることはありませんでしたが。

選んだのは以下のもの。それぞれに、わかめの味噌汁、海苔佃煮、漬物(柴漬け)が付きました。海苔佃煮は甘みがあってとっても美味しかったです。もしも土産物で売っていたら分けてほしいと思うぐらいでした。

「煮あなご丼」(1,300円)
→にょろ55さんの「天鈴」さんというお店のレビューを拝見したとき、この界隈で「はかりめ丼」なるものをご当地グルメとして売り出し中らしい、という情報を得ていました。にょろさんが撮られたお写真も大変綺麗でしたので、この辺りへ伺ったらぜひ穴子丼を食べてみたいと思っていました。こちらのお店では、表のノボリには「はかりめ丼」と表示があるものの、お店のメニュー自体は「煮あなご丼」いうものでした。
c0060927_15555832.jpg


c0060927_15561381.jpg


c0060927_15562267.jpg


富津市商工会さんのHP( http://www.futtu-city.or.jp/hakarime/index.htm )によると、「はかりめ」ネーミングの由来は、市場や河岸で使用していたはかりめ(棒はかり)にアナゴの形状が似ているため(アナゴの測線がはかりの目のように点々とあるため)アナゴの別称として関係者の間でいわれていた。ということだそう。  

普通の量の丼飯の上に煮穴子がぎっちり並べられ、なかなか食べ応えのあるものでした。こちらの煮あなごのタレは、一般的な鰻の蒲焼のタレのように照りはなく、まさに「煮」穴子でしたので、見た目は少々地味ではありました。

「かきあげ丼」(1,100円)
→立ち食い蕎麦屋で注文するかき揚げに似た形状のものが3枚、丼飯の上にのっていました。具は、貝柱と白葱のワイルドな小口斜め切りが中心。私はかき揚げの葱といえば、玉ねぎしか知らなかったので、白葱バージョンには少々びっくりしました。(関東出身の夫はよく知っているようでしたが。)齧ってみると、バリバリっとした食感。私はもう少しソフトな食感の方が好きなのですが、やはりこれも夫はこの食感が好きだと話していましたので、関東らしい丼なのかもしれません。
c0060927_15564741.jpg


c0060927_1557232.jpg


c0060927_15572168.jpg


ザ・食堂という雰囲気で1000円超のメニューが多いという点では、好みが分かれるところかもしれませんが、味は割りと好きな感じだったので、個人的には結構満足でした。帰りがけに営業時間などをお聞きしてみたところ、富津公園手前にある「魚・季節料理 多きん」さんが本店のお店なのだそうです。今度は「魚・季節料理 多きん」さんへも是非伺ってみたいな~と思います。

ちなみに、2F席では宴会が開かれていたようで、生ビールや焼酎など、何度も運び込まれている様子でした。公園前の食堂で昼間っから宴会、なんだか楽しそうですね。
by natchan72 | 2010-10-24 15:57 | 2010年6月千葉旅

(見学)TEPCO東京電力 新エネルギーパーク

朝一、保養所でミニパターゴルフを楽しんだあとチェックアウト。
c0060927_13542917.jpg


今回は特に貧乏旅行なので、無料で楽しめる「TEPCO東京電力 新エネルギーパーク」さんに伺いました。( http://www.tgn.or.jp/enepark/ )

↓外観です。
c0060927_1463691.jpg


↓毎時0分に人形が動く時計
c0060927_1464742.jpg


↓ソーラーカーに実際に乗れます。これも無料。
c0060927_1465520.jpg


↓これがソーラーパネルだが、実際はハイブリッドで運行しているらしい。
c0060927_1473668.jpg


↓ソーラーカーコース
c0060927_1410380.jpg


c0060927_1411350.jpg


c0060927_14111242.jpg


c0060927_14113379.jpg


c0060927_14114429.jpg


c0060927_14115396.jpg


by natchan72 | 2010-10-24 13:55 | 2010年6月千葉旅

千葉保養所の朝食バイキング

■朝食バイキング

以下のものを頂きました。
c0060927_22554617.jpg


↓マザー牧場の飲むヨーグルトが嬉しい。
c0060927_22561827.jpg


c0060927_2256352.jpg


c0060927_22564885.jpg


c0060927_22565822.jpg


お酒や別注文の料理などは別料金ですが、1泊2食付きの基本料金がオット5,250円、私7,875円とはいつもながらビックリ価格。この保養所は大浴場が温泉なのも嬉しい。千葉へ行くのは埼玉の我が家からは結構大変なのですが、また泊まりにきたいです。
by natchan72 | 2010-10-23 22:58 | 2010年6月千葉旅

千葉の保養所にて

6月には千葉の保養所に宿泊しました。

・お部屋
c0060927_13541860.jpg


・部屋からの眺め
c0060927_13544794.jpg


・プールに入りたいぐらいの暑さでしたが、まだオープンしておらず。
c0060927_1355444.jpg


(夕食)水無月 料理献立

先付  鮎背越南蛮漬 糸唐 洗い葱
前八寸 あじさい見立 一寸豆 ローストビーフ野菜巻 鱧照焼 木の芽 もろ胡射込
小鍋  帆立 じゃがポー コラーゲン 水菜 木ノ芽
造里  鮪 牡丹海老 勘八 プチマリン あしらい一式
蓋物  吸上げ湯葉蒸し 海老 べっこう餡 楓麩 オクラ 木ノ芽 山葵
焼物  鰹照焼前玉 はじかみ 山桃 稚鮎田楽
油物  合鴨竜田揚げ 野菜 宝石ビーズ
酢物  鰆炙り ナタ豆 蛇ノ目胡瓜 若布 打茗荷 割ポン酢
強肴  丸茄子田楽 木ノ葉百合根
食事  香の物 留腕 御飯
水菓子 アメリカンチェリー パセリ

c0060927_13573068.jpg


c0060927_1358097.jpg


c0060927_13581658.jpg


c0060927_1358279.jpg


c0060927_13583829.jpg


c0060927_22333222.jpg


c0060927_1417294.jpg


c0060927_14174012.jpg


↓これは別注文の「ひらめの姿造り」
c0060927_14175168.jpg


↓これも別注文の「あわび刺身」
c0060927_14183229.jpg


c0060927_14184455.jpg


↓別注文の安房麦酒
c0060927_22302094.jpg


↓別注文のぎんから(小泉酒造さん)
c0060927_22315873.jpg


↓いつもながらビックリ保養所価格のドリンクメニュー
c0060927_22344939.jpg


c0060927_22353141.jpg


c0060927_22355924.jpg


c0060927_22505086.jpg


c0060927_2251221.jpg


(2010/6/12)
by natchan72 | 2010-10-23 13:53 | 2010年6月千葉旅

木村ピーナッツ・ピネキ (館山 / アイスクリーム)

■木村ピーナッツ・ピネキ (館山 / アイスクリーム)
http://r.tabelog.com/chiba/A1207/A120704/12005224/
ランチを食べた後、保養所へ向かう途中で「ピーナッツソフトクリーム」の看板を見つけ、是非食べてみたい!と思い、看板に従って訪問してみました。駐車場は店を中心に左右にあり、なかなか便利です。
c0060927_13395860.jpg


前回房総半島を旅した時には「枇杷倶楽部」で「びわソフト」を食べましたので、今回は「ピーナッツソフト」を食べる機会ができてとっても嬉しいです。
c0060927_13401282.jpg


お店はピーナッツ製品の物販が中心で、イートインできるのは「ピーナッツソフトクリーム」(350円)1種類だけ。レジで注文する仕組みです。私たちは1つ購入して2人で食べました。何も言わなければコーンに入れて渡してくれますが、小さな子供さんなど、落としてしまう心配がある方や、シュガーコーンが苦手な方は、カップでお願いすることもできるそうです。
c0060927_13402895.jpg


ピーナッツ製品を宅配便で送るための記入椅子も兼ねたカウンターがあり、そちらに腰掛けていただきました。店の前の屋外にもちょっとした椅子とテーブルがあり、そこを利用している人たちもいました。

「ピーナッツソフトクリーム」の味は、ピーナッツバター(ペースト)をバニラソフトクリームで溶いたような味に感じました。私は粒々を期待したのですが、粒は全然入っていなくて、濃厚なまったりした食感でした。でも美味しいとは思いました♪希望者にピーナッツダイス(粗みじん)のトッピングなどがあってもいいかもしれませんね~。

ピーナッツソフトクリームを堪能したあとは、物販コーナーにあった「殻付千葉半立種ピーナッツ」を1袋購入して帰りました。千葉半立種の味を覚えたら、他の品種は食べられないと思うぐらいお気に入りの品種です♪

今回は利用しませんでしたが、ピーナッツアイスクリームも販売されていましたので、次回館山へ行ったら、ぜひアイスクリームも購入して食べてみたいと思います♪
by natchan72 | 2010-10-23 13:40 | 2010年6月千葉旅

ストロベリーポット(千倉 / カフェ)

■ストロベリーポット(千倉 / カフェ)
http://r.tabelog.com/chiba/A1207/A120704/12020195/
金曜の夜に家を出て「道の駅とみうら枇杷倶楽部」で車中泊。朝7時頃に道の駅を出発して反時計回りに南房ドライブ。州埼灯台、野島埼灯台、道の駅ちくら潮騒王国などを経由し、こちらにちょうど営業開始の10時頃に到着しました。
c0060927_1145599.jpg


道路沿いに看板があって、そこからちょっと徒歩で入った建物の2Fに目指すカフェがありました。駐車場はお店に向かって左側、月極駐車場の向かって左側の手前から2台分が用意されていました。
c0060927_11461016.jpg


たまたま店の外に出て入らしたお店の方に素敵な笑顔で挨拶していただき、すっかり嬉しい気持ちになって入店。階段を上がると、屋外テラス席、屋内カウンター席、屋内テーブル席とあり、私たちは屋内テーブル席に着席しました。海は目の前ではないのですが、畑越しに見えていました♪
c0060927_11463438.jpg


c0060927_11473434.jpg


こちら、主にFIRE-KINGの食器を使ったカフェだそうです。失礼ながらFIRE-KINGというのを、こちらに伺うまで知らなかったのですが、アメリカで製造されていた耐熱ガラス食器であり、今は製造されていないけれどもファンの間で根強い人気のあるものだそうです。
c0060927_1147081.jpg


注文したのは以下のもの。

「クリームあんみつセット」(600円)
→この辺りの海で採れる「天草(てんぐさ)」100%で作った寒天、千倉産の豆が入ったものとのことで、カフェらしからぬメニューではありますが、注文してみました。寒天と豆以外には、(たぶん缶の)フルーツ、バニラアイスクリーム、小豆、トップに缶のチェリーがのった伝統的な「クリームあんみつ」でした。寒天をはじめ、餡もアイスも、シンプルに美味しいものでした。FIRE-KINGの器にもよく合っていたと思います。
c0060927_11474779.jpg


c0060927_1148664.jpg


「塩やきそばセット」(700円)
→具は帆立が1個分を崩したぐらい入っていて、その味がいいんです。胡椒がピリリと効き、細かい青葉もいい香りを添えていて、塩分は若干濃い目なのが、お天気のいい暑い日に海の近くで食べる塩焼きそばとしては抜群のマッチングでした。ソース焼きそばの具は豚だそうでしたから、それなら家でもよく作るので、帆立入りの塩やきそばを選べてよかったです♪
c0060927_11482848.jpg


c0060927_11484163.jpg


c0060927_1148593.jpg


どちらもセットにしたのはアイスコーヒー。若干濁りがありましたので、自家製なのだなと、却って好感が持てました。最近、アイスコーヒーを注文すると、業務用紙パックのアイスコーヒーを入れてくれるお店もあるので・・。
c0060927_11493552.jpg


「カフェ」という言葉は受け取る人によって様々な思い入れがあるようで、想像と違うと散々なことを書く人がいるので、なかなか難しいところなのですが、こちらのアメリカンカジュアルなこじんまりとしたお店、飾らない雰囲気のお店の方々、畑越しに見える海。そんなゴージャスじゃいけど心地のいい、友達の家の屋根裏に遊びに来たような雰囲気、私はとても好きでした。また房総半島をドライブしたら、立ち寄りたいな。
c0060927_1150480.jpg


(2010/6/12)
by natchan72 | 2010-10-23 11:30 | 2010年6月千葉旅

道の駅 ちくら潮騒王国にて

■道の駅 ちくら潮騒王国

「道の駅 ちくら潮騒王国」に寄りました。
c0060927_9443929.jpg


c0060927_9445396.jpg


そこで見つけたのが おしどり「ミルクケーキ」!?
c0060927_9431254.jpg


c0060927_9432430.jpg


c0060927_9441281.jpg


山形県・高畠にある日本製乳さん( http://www.sm.rim.or.jp/~mn01-nsn/ )で作られているお菓子だそうですが、これが私たちがイメージするケーキとは違う食感なもので不思議で。見た目は板ガムのようですがカリっとした食感。

他は千葉らしいものを買いました。
飲む枇杷と房総麦茶。
c0060927_9451725.jpg


c0060927_9452577.jpg


by natchan72 | 2010-10-23 09:45 | 2010年6月千葉旅

野島埼灯台

■野島埼灯台

野島埼灯台には周遊しながらみられる遊歩道があり、車を駐車場に置いて徒歩で海沿いを散策しました。
c0060927_2346582.jpg


↓なんという鳥かな?
c0060927_23471182.jpg


c0060927_23473972.jpg


c0060927_23474954.jpg


c0060927_23475868.jpg


c0060927_23483335.jpg


c0060927_23484458.jpg


↓正面の岩の上にベンチが置いてありました。
c0060927_2349157.jpg


c0060927_2349251.jpg


c0060927_2349371.jpg


↓房総半島最南端なのだそう。
c0060927_23503375.jpg


c0060927_2350577.jpg


c0060927_235192.jpg


↓駐車場へ戻る途中の民家庭にいたワンちゃん。
c0060927_23513989.jpg


↓一面クローバーの花が咲いていました。
c0060927_2352950.jpg



(2010/6/12)
by natchan72 | 2010-10-22 23:48 | 2010年6月千葉旅

房総半島の景色

房総半島は街路灯が個性的で好き!
c0060927_2250481.jpg


c0060927_22501981.jpg


c0060927_22503153.jpg


途中で見かけた海の景色
c0060927_22505423.jpg


Pの看板が恐竜っぽい。
c0060927_2251172.jpg


c0060927_22512795.jpg


c0060927_22514258.jpg


by natchan72 | 2010-10-22 22:51 | 2010年6月千葉旅