なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2010年2月草津・四万温泉旅( 10 )

2010年2月 群馬県 草津温泉と四万温泉の旅 目次

2010年2月 群馬県 草津温泉と四万温泉の旅 目次

(2010/2/12)
(朝食とおやつ)横川SA(下)と横川SA(上)
(昼食)<草津>リンデンバウム
(夕食)<草津>あ・うん亭
(昼食)焼肉あおぞら原町店
(日帰り温泉)群馬県 岩櫃城温泉 くつろぎの館
草津の雪と帰り道の様子
群馬県 四万温泉 四万たむら(宿泊)
四万たむら 宿泊記 温泉編「森のこだま露天風呂」
四万たむら 宿泊記 温泉編 浴場「甍の湯」
四万たむら 宿泊記 温泉編 「御夢想の湯」(庭園露天風呂「甌穴(おうけつ)」併設)
四万たむら 宿泊記 温泉編 「岩根の湯」
四万たむら 宿泊記 温泉編 「翠の湯」
四万たむら 宿泊記 温泉編(その他)
四万温泉 四万たむら「料亭山桜」での夕食

(2010/2/13)

四万たむら 宿泊記 朝食編
(昼食)いち林飯店(いちりん)
by natchan72 | 2010-05-17 23:54 | 2010年2月草津・四万温泉旅

2/13(土)の食事

■朝食四万温泉 四万たむら

■昼食<旅行>いち林飯店(いちりん)(渋川伊香保IC近く)

四万たむらを11時にチェックアウトした私たちは、あとは渋川伊香保ICから関越道にのって真っ直ぐ帰る予定です。高速に乗る前に昼食だけ食べよう、できればラーメンがいいな、ということになり、携帯食べログのGPS検索で見つけたのがこちらのお店。

場所はカーナビに電話番号を入れてピンポイント検索できましたが、先行レビュアーさんの「ヤマダ電機の向かい」、「らあめんと赤い看板」という表記に「おお、そこだ、そこだ」と一目でわかって有難かったです。
c0060927_2343092.jpg


土曜日の12:30頃訪問。駐車場は結構広いのですが、ほぼ満車。どうしよう~と思ったら1台だけ空いていました。ラッキー。真っ白な暖簾に黒字で「いちりん」と。建物がちょっとオシャレな感じなのでいち林飯店という雰囲気じゃなくて、「いちりん」という雰囲気が似合ってます。
c0060927_23493088.jpg


ガラガラと戸を開け、店内に入ると、2名と3名のお客さんが椅子に座ってお待ち。私たちは1名だけ着席し、1名は店内で立って待ちました。順番待ち用の椅子の前にマンガが入った本棚がありましたから、マンガ好きな方は待つのも苦にならないかも。私たちはニンテンドーDSをやりながら。待つ時間は別に辛くないのですが、この店、全面喫煙可なのがキツかったです。というのも、戸を開けて入るとすぐのところにお待ち席があり、その前にあるのがカウンター席。当日は、そこは一人のお客さんが多くて喫煙率も高かったんです。複数の人が、ラーメン待つ間に1本、食べ終わって1本。とても迷惑でした。
c0060927_23494949.jpg


しばらく後にカウンターと座敷、どちらも空席ができました。カウンターは喫煙者がいたので座敷へ。座敷は4人用のテーブルが円形のフロアに点在している感じで、席と席の間隔が広いのが有難いです。これだけ広ければ煙害も防げそうです。(ただし座敷を走り回る幼児はいましたが)
c0060927_235094.jpg


c0060927_23501910.jpg


メニューはシンプルです。私たちは以下のものを注文。

<麺>醤油味(600円)、塩味(650円)
<のせもの>味付煮玉子(100円)×2人分
→塩味のラーメンは、表面に三つ葉と白髪葱が綺麗に飾られていて見た目に綺麗です。醤油味のラーメンは、小松菜と海苔がのっていて雰囲気が違います。どちらもメンマは大きな拍子木切りで味や食感もよく、食べ応えがありました。チャーシューはどちらも丸いのが一枚。柔らかくて味も良かったです。

オプションの「味付煮玉子」は濃い色の黄身が半熟で、味も濃すぎず薄すぎず素晴らしい♪スープはどちらも透明感のあるもので、食べ始めは塩がスッキリしていて美味しいと思いましたが、何口が飲むにつれて、醤油の方が深みがあって面白いと思うようになりました。

麺はどちらも共通で、極細いストレート麺。サラっとしたスープにこの麺は珍しいかも。個人的には、博多ラーメンのスープでバリカタで食べるにはこの麺が好きだけど、このスープなら、佐野ラーメンっぽい縮れ麺の方が好きかなあ。
c0060927_23504941.jpg


c0060927_2350599.jpg


c0060927_2351163.jpg


<餃子>野菜餃子(300円)
→これも先行レビュアーさんの影響で注文したものですが、感謝感激。めちゃうまでした。タレは自分で調合して作るタイプでしたが、私はタレなしで食べるのが好きでした。
c0060927_23514246.jpg


c0060927_23515548.jpg


<ご飯もの>豚そぼろ(200円)
→これも200円ですからぜひ体験しておきたいもの。ご飯の量は多くないので、2人で1つ注文して楽しめばお腹もそんなに苦しくないのではないかな。

お店の人は丁寧で物腰柔らかく、ラーメン屋ながら、くつろいで食べることができる雰囲気が良かったです。ご馳走様でした。

■夕食

切干大根
ほうれん草のお浸し
焼き魚
白菜の漬物
五穀米ご飯1/2膳
c0060927_2352377.jpg


●旅行帰り途中のSAで見かけた猫ちゃん
c0060927_2353721.jpg


c0060927_23531916.jpg


by natchan72 | 2010-05-17 23:53 | 2010年2月草津・四万温泉旅

四万たむら 宿泊記 朝食編

【朝食編】湯ートピアホール「四季」にて(2010/2/13)

朝食はバイキングなので期待をしていなかったのですが、ところがどっこい、個室料亭の夕食より満足度が高いかも!と思うぐらいでした。

ホールなので天井が高く、ゆったりしたテーブル席です。

食材のほとんどが群馬県産で、地域までプレートに書いてあるものもありました。玉子料理は調理師さんが目玉焼きかオムレツを注文してから作ってくれます。

炭水化物は、白ご飯、お粥、売店でも売っているなめこ蕎麦があり。四万温泉で作った温泉玉子や県産のさしみ蒟蒻も嬉しかった。とろろ、しゅうまい、しらすおろし、サラダ、スティックサラダ、デザートはパイナップル、オレンジ、オレンジゼリーとコーヒーゼリー。コーヒーは粉っぽいけど一杯ずつボタンを押して抽出するタイプ。

パンも種類は少ないですが(ロールパンと食パン程度だったと思います)ですが置いてありました。なんだか文章では説得力がなくて申し訳ないですが、各地のホテル・旅館の朝食バイキングの中ではかなりいい方だと思いました。勿論、やはり積善館のお弁当風の朝食の方が思い出深いですが、こちらの宿も温泉がそれぞれいいですし、泊まってみてよかったと思います。
c0060927_2313278.jpg


c0060927_2314237.jpg


c0060927_2315033.jpg


c0060927_232032.jpg


c0060927_2322194.jpg


c0060927_2323944.jpg


c0060927_2324868.jpg


c0060927_233389.jpg


c0060927_2331754.jpg


c0060927_2333319.jpg


c0060927_2335497.jpg


c0060927_234355.jpg


c0060927_2341251.jpg


c0060927_2342179.jpg


c0060927_2343678.jpg


by natchan72 | 2010-05-16 23:04 | 2010年2月草津・四万温泉旅

四万温泉 四万たむら「料亭山桜」での夕食

【夕食編】四万温泉 四万たむら「料亭山桜」

c0060927_22473162.jpg


夕食は「水涌館」と「木涌館」の宿泊者向け個室の「料亭山桜」へと出向きます。約束の時間になると内線電話がかかってきて「どうぞおいでください」と。「料亭山桜」入口で名前を言うと部屋へと案内される仕組みです。私たちは左側の部屋へ。窓のない普通の和室でした。これは想像ですが、もうちょっと高いプランで泊まった人は、入って右側の中庭が見える部屋に通されるのかも?
c0060927_22471483.jpg


飲み物はお品書きがありました。まずは生ビール(小)を2人分注文。
それと、純米酒を・・と思ったら、500mlぐらいの小さいサイズとか2合とかがなくて、「牧水の詩 純米」を720mlボトルで注文。(貴娘酒造 http://www.gunma-sake.or.jp/kimusume/index.php 日本酒度:+1 アルコール度:15.3 酸度:1.4 精米歩合:60% 公式HPより、ほんのりフルーティーな香り。味は豊潤でさわやか、まろやかな旨味、なめらかでキレのある味わいです。)
c0060927_22483237.jpg


お料理は以下のようなものでした。お品書き通りではなく、食べた順に記入していきます。
c0060927_22491213.jpg


食前酒:ブルーベリーワイン
→味は悪くないのですが、和食の前はやっぱり梅酒か果実酒の方が雰囲気出るなあ。
c0060927_22485660.jpg


小付 入母屋づくし
c0060927_2250538.jpg


(ろ)地元名産花豆煮
(は)地元吾妻産銀光鱒麹和え
c0060927_2254277.jpg


(ほ)地元折田エリンギ唐墨
c0060927_230863.jpg


(に)(三宝)サーモン燻製押鮨 菊葉


→器使いが素敵で見た目にも満足。この中では、(は)の鱒の麹和えを日本酒と一緒にちびちび食べるのが幸せで、あとは(ほ)のエリンギとカラスミがまた旨い~と気に入りました。

煮物:湯葉彩豆腐 絹さや 梅麩 もって菊餡
→優しい味でした。
c0060927_22542854.jpg


造里:鮪 磯辺烏賊 寒八 地元産てのし蒟蒻 金魚草
c0060927_22552748.jpg


焼物:銀睦西京深山焼 山芋 あわび茸 松の実 柿 むかご
→工夫が凝らされた感じの面白いお料理でした。
c0060927_22563686.jpg


c0060927_22565516.jpg


揚物:河豚磯辺巻 海老アーモンド 地元沢田産舞茸 白菜
→ありきたりの天ぷらではない食べやすい揚げ物で美味しかったです。
c0060927_22571380.jpg


c0060927_22572420.jpg


蒸し物:粒蕎麦百合根茶巾 三色湯葉餡 桜葉
→出てくるのが遅くて食べるものがなくなっちゃって手持ち無沙汰だったのが難点。
c0060927_2258560.jpg


台物:榛名もち豚鍬焼き
  白菜 春菊 榎木茸 県産椎茸 長葱 下仁田白滝 人参 焼豆腐
→これは平たく言えば豚肉のすき焼き風です。白ご飯をもらってご飯と一緒に食べました。
c0060927_22582248.jpg


御飯:白飯
→ご飯はおひつで出てきました。美味しい白米で、量もちょうど良かったです。
c0060927_22583967.jpg


香物:赤蕪 紫蘇沢庵 沢田胡瓜漬
c0060927_2258587.jpg


御椀:地産野菜茸汁
c0060927_22591224.jpg


水菓子:ゼリー流し ホイップクリーム みかん ミント
→旅館のデザートとしてはちょっと物足りない味でしたが(積善館のデザートが秀逸すぎるのかも)
c0060927_22592862.jpg


味は悪くないのですが、間は悪かったです。こちらがお酒を飲んでいるので気を利かせてくれたのかもしれませんが(お料理はゆっくりめでいいですねと確認されたので)、あまりにも食べるものが何もない時間が長くて途中で催促を入れたほどでした。こちらのペースを見ることができない個室ならではの弊害でしょうか。あと、この個室は喫煙が可能らしく大きな灰皿が置いてあったのですが、隣室からのタバコ臭が不快でした。空調は部屋が暖かすぎるからか、肌寒く感じました。

(2010/2/12)
by natchan72 | 2010-05-11 23:00 | 2010年2月草津・四万温泉旅

群馬県 四万温泉 四万たむら(宿泊)

■群馬県 四万温泉 四万たむら(宿泊)

公式HPのインターネット予約ページで「新春大感謝祭プラン」(土曜を除く1日5組限定)1泊2食付13,800円/1人という破格なプランを見つけて予約。2月の飛び石連休の金曜日は休暇が取り易いので、その日を利用して行ってきました。
c0060927_22555964.jpg


c0060927_22561385.jpg


前夜草津で30センチ、四万で20センチの積雪があったという翌日だったので、路面は凍結箇所もありましたが、積善本館から先の急坂は全く綺麗に除雪されており、問題なく上がれました。玄関に車を横付けしたら、荷物を降ろし館内へ。車はキーを預けて係りの方が駐車場へと移動してくださいます。(帰りも名前を伝えると玄関前へ)
c0060927_22562850.jpg


入母屋造りの玄関は歴史の在りそうな重厚なもので素敵でした。靴を脱いで玄関を上がり、右にあるのが帳場(フロント)。代表の一名が椅子に座って宿泊者カードに記載。宿泊プラン内容の確認、夕食の時間の打ち合わせが行われます。夕食は18:00、18:30、19:00から選べるので私たちは18:30を選びました。
c0060927_2304488.jpg


c0060927_231568.jpg


部屋への案内係りの方が荷物はカートに乗せて部屋へと案内してくださいます。途中、渡り廊下のガラス張りの辺りからお風呂の場所と特徴の説明があります。
c0060927_2305949.jpg


玄関や帳場や売店、温泉は「御夢想の湯」(露天風呂「甌穴(おうけつ)」併設)、「岩根の湯」(温泉蒸し風呂、打たせ湯あり)がある棟が「金涌館」(きんようかん)。

廊下を進んで「ラウンジこてまり」(水出しコーヒーが飲めるそうです)、「料亭山桜」(水涌館・木涌館宿泊者向けの個室夕食処)の前を過ぎ、突き当たりにあるエレベーター2機で階上へ行くと木涌館の客室。4階木涌館の客室を経て先へ進むと「水涌館」(すいようかん)客室という造りになっていました。「木涌館」のエレベーターで地下へ降り「川2」というフロアで降りると、渓流を眺めながら入れる露天風呂の「森のこだま」へ続く廊下入口、大浴場「甍の湯」(いらかのゆ)の男性用浴室。その上の「川1」フロアに大浴場「甍の湯」の女性浴室があります。
c0060927_2321629.jpg


私たちが案内されたのは「木涌館」。個人的にはここが一番お風呂にも食事にも行きやすくて便利でかつ風情もあっていいのではないかと。また泊まるならやはり木涌館がいいなと思いました。
c0060927_2323356.jpg


四万たむらの前身、湯治場「田村旅館」だったころからある建物は「花涌館」(かようかん)。ここのお風呂「翠の湯」にも入れます。玄関から一旦外へ出てすぐ左にも入口がありますが、地下通路を通って行けます。(逆に夜間玄関が閉まるので地下通路でしか行けません。)

通された部屋は木涌館4階の角部屋。和室の奥に広縁が二面あり、眺めもなかなかです。部屋はとっても暖かくて、暖房はなんと、温泉暖房なんだそうです。オイルヒーティングのような外観のヒーターが部屋中に設置してあり、暑くなったら窓を開けて調整するという方式だとか。加湿器も設置してありましたが、この暖房方式なので乾燥が気になることもなく、加湿器は利用しませんでした。
c0060927_2332696.jpg


c0060927_2335177.jpg


c0060927_2355388.jpg


c0060927_2362661.jpg


お着き菓子は花豆と蒟蒻などの漬物風のもの。どちらも売店で販売中とのことで、最近流行のセンスがいいものではないですが、味は悪くありませんでした。部屋に入ると案内係りの方が熱いおしぼりを持ってきてくれ、お茶も入れてくれました。大きな宿なのにとても丁寧です。夕食時に布団敷きがあり、氷水のポットが差し入れられていました。
c0060927_2341591.jpg


c0060927_2342779.jpg


c0060927_2344232.jpg


部屋には檜風呂がついていて、掛け流し(全館そうですが)温泉が楽しめます。ここには夕食後に入りました。
c0060927_2351430.jpg


c0060927_2352750.jpg


c0060927_2364251.jpg


by natchan72 | 2010-05-10 23:06 | 2010年2月草津・四万温泉旅

草津の雪と帰り道の様子

2010/2/12の保養所周辺の雪と帰り道の様子です。

↓草津スキー場は未明からゲレンデ整備が行われていました。スキー場の朝は早いんだなあ。(4:52)
c0060927_2344210.jpg


↓保養所からの眺め
c0060927_23442488.jpg


↓駐車場では車の雪かきをしてから出発。
c0060927_23451422.jpg


c0060927_23452444.jpg


c0060927_23453971.jpg


c0060927_23455374.jpg


c0060927_23461432.jpg


↓草津の国道は結構雪道でした。FF+スタッドレスではちょっと怖い下り坂。
c0060927_23471452.jpg


c0060927_23472873.jpg



More(続き)
by natchan72 | 2010-05-09 23:50 | 2010年2月草津・四万温泉旅

<旅行>焼肉あおぞら原町店

2/12(金・有休)の食卓

■朝食<草津>カップ麺

いつも利用するTipというコンビニがなんと休み!と思ったら、木曜は17時で閉店とか。5分過ぎていて食料GETできず。夕食を食べに行くタクシーに「スーパーもくべえ」の向かいの「セブンイレブン」に寄ってもらって買い求めました。

■昼食<旅行>焼肉あおぞら原町店
http://r.tabelog.com/gunma/A1004/A100403/10001813/

草津へ行くたびに国道沿いに青い看板が出ているのが気になっていた焼肉屋さん。結構駐車場に車が止まっているのを見ては、地元では人気のお店なのだろうなあと思っていました。
c0060927_2311429.jpg


丁度昼食時にこのあたりを通ることになったので、看板に従って原町店を訪れてみました。原町店はベイシア電器の大きな看板が目印になると思います。焼肉ファミレスという感じの外観と広い駐車場。
c0060927_2311551.jpg


店内に入ると「テーブル席がよろしければ手前から二番目のお席へ、お座敷席がよければ空いているお好きなところへどうぞ」とご案内。私たちはテーブル席が良かったのでそちらへ。

音楽は、ファミレスのようなお店にしては珍しくラジオがかかっていました。注文が決まったらボタンを押す仕組み。飲み物は最初から氷水と熱い緑茶が出てくるサービスぶり。途中でも何度もお代わりを聞きにきてくれるし丁寧です。窓際にはティッシュBOXが置いてありました。

ランチタイムサービスは15時まで(日・祝以外)とのことで、ランチメニューの中から、(夫)「ビビンバ定食」(714円)を。(私)「チゲ鍋定食」(714円)を注文。

通常メニューの中から、「牛ロース」(819円)、「ガツサシ」(399円)を注文しました。「ガツサシ」は私はあんまり好みじゃないのですが、夫は喜んで食べていました。千切り胡瓜などと一緒に細切りしたガツサシがあえてあり、野菜代わりにもなったようです。
c0060927_23134773.jpg


「ビビンバ定食」は、ミニワカメスープ、冷奴、漬物がセットになっていました。冷奴は木綿豆腐。メニュー写真では漬物はキムチでしたが、出てきたのは、かなりピンクの大根漬物と蕗味噌でした。ビビンバに蕗味噌って一体!?
c0060927_23122961.jpg


c0060927_2313234.jpg


c0060927_23132434.jpg


「チゲ鍋定食」(714円)は、辛口味噌鍋、ライス、冷奴、漬物のセットになっていました。チゲの具は、玉子(ポーチドエッグ)、もやし、豚肉、椎茸、豆腐、ほうれん草っぽい青菜、ぜんまいなどナムルの具と同じようなもの。白菜も入ってたかな?この鍋の汁が美味しくてガツガツ食べ進みました。
c0060927_2314326.jpg


焼肉は「牛ロース」(819円)を一皿だけにしておきました。オーストラリア産だそうですが、なかなか美味しくいただきました。お店のウリはカルビだったみたいなのですが、最近ロースの方が好きなので。看板には上州牛と大きな文字で書いてありましたが、実際に上州牛がどれか、メニューには目立っていなかったようでよくわかりませんでした。高級なカルビはそうなのかなあ?焼くのはガス方式。燃え上がらないし、火が通り過ぎることもなく、快適でした。
c0060927_23141643.jpg


c0060927_23142834.jpg


車で移動中に焼肉が食べたくなったら、とっても便利なお店だと思いました♪渋川伊香保ICからほど近い本店もあるので、通りがかったときに食事時という方はぜひどうぞ♪
by natchan72 | 2010-05-09 23:17 | 2010年2月草津・四万温泉旅

2/11(木・祝)の夕食<草津>あ・うん亭

■<草津>あ・うん亭
http://r.tabelog.com/gunma/A1004/A100402/10005564/

草津で夕食を食べるところをネット検索してみつけたお店。地元で働く方に特に人気だとのことで、1週間ぐらい前に予約してから行きました。宿泊していたリゾートマンションからタクシーを50分ぐらい前に予約して訪問。地元タクシーは店名だけですぐにわかり、店のまん前で下ろしてくれたので大雪でも楽々でした。ただ、タクシー、FRのスタッドレスで、もっと大雪のときはチェーンを巻くとか。慣れているとはいえすごいなあ。
c0060927_1495134.jpg


お店に入ると玄関で靴を脱いで下駄箱へ入れます。フローリングの床で、掘りごたつ式のテーブル。私たちは左奥の4名用ぐらいの席で、右奥は6名用ぐらいの席に見えました。カウンター席もあり、予約なしで来店したお客さんはカウンターに案内されているように聞こえていました。

照明は暗めで、音楽はジャズが静かにかかっていました。内装は黒と赤を使ったりと、若い人が好みそうなダイニングバーっぽい雰囲気にも感じました。
c0060927_1493862.jpg


お昼を食べるのが遅かったので、いつもよりあまりお腹が空いていない私たち。しかも、前夜、家の近くで思いがけずJINROを3人で1本飲んじゃったし・・。

まずは期待していた地酒を♪

「水芭蕉 活性にごり 純米生酒 スパークリング 数量限定」(700円/30ml)
→乾杯には泡物がいいかなと思いつつメニューを見て目についたのがスパークリング日本酒。開栓時にごく少しずつひねってと注意書きがあったのですが、そろそろと開けたつもりでもプシューっとなってしまいました。微発泡で味は日本酒というのが不思議な感じ。ただ、個人的な好みでいうと、お料理に合う感じではないのかなあ・・と思ったりして。(アルコール度:16度以上17未満 日本酒度:+6 酸度:1,8 精米歩合:60%  原料米:川場村産五百万石)
c0060927_141067.jpg


「上州牛のたたき」(750円)
→せっかく群馬に来たので・・と上州牛のたたきを。舌の上で脂が溶ける感触がいいです♪
c0060927_14102669.jpg


「やりいか刺身」
→本日のオススメとのことでこちらを。刺身のツマが大根ではなく、合成の春雨みたいなもので、ガッカリ。これ、苦手なんです~。イカと一緒につままないように慎重に箸を運びました。
c0060927_14105047.jpg


「焼き鳥 2人前お任せ」(6本)
→焼き鳥にも力を入れている雰囲気に感じましたので適当に盛り合わせてもらいました。身だけ2本、あとは1本ずつ4種類入れてくれて、心遣いに感謝♪普段家の近所の焼き鳥屋さんで食べるより身が小さかったですが、味は良かったように思います。
c0060927_1411830.jpg


「タコから揚げ」(600円)
→刺身っぽいタコの食感を残しつつ唐揚げにしたもので、カラっとはしていないのですが、たぶんそれを狙っての揚げ方かと。なので唐揚げというより天ぷらっぽかったのかな。
c0060927_14113246.jpg


「純米酒 坤滴 特別栽培米 山田錦」(1合900円)
→ぬる燗で飲める純米酒を希望し、お店の人と相談して決めました。京都市伏見区の東山酒造さんが造るお酒で、「坤」とは「土」と言う意味。土から湧き出た滴を意味するのだとか。アルコール度:15.5%、日本酒度:0、酸度:1.4、精米歩合:60%、原料米:田中農場「山田錦」100%というもの。これ、かなり好みでした。
c0060927_14115295.jpg


「まぐろのヅケ丼」(1000円)
→夫が注文していました。甘めのタレが御飯にかかっていました。私はこういう甘いタレはマグロと合わせるにはそんなに好みじゃないかも。セットのお味噌汁の具は「しじみ」でした。
c0060927_14121679.jpg


「水芭蕉 純米吟醸」(800円)
→女性向け白ワインのような純米吟醸酒ということで飲んでみました。甘いです。夫はこの系統は興味がないと、味見だけでそれ以上飲まず。(原料米:山田錦、精米歩合50%、日本酒度+5、アルコール15%。)
c0060927_14124014.jpg


「草間さん家のジャガイモスペシャル」(780円)
→料理の名前が面白くて興味はあったものの、フライドポテトの上にピザの具などをのせてオーブンで焼いたものとのことで、ボリュームありすぎるかなあと躊躇していたものです。が、白ワインのような「水芭蕉 純米吟醸」を飲んでみたところ、これが合うんじゃないかなあと思い思い切って注文。鉄板の上にフライドポテトがベースになっていて、ピーマン、ハム、ウィンナー、玉ねぎなどの具とチーズがかかっていました。チーズの味がなかなか本格的に感じて美味しかった。スパイスはオレガノを使っていたかなあ?この日この店で食べた中で一番気に入ったかも。
c0060927_14125758.jpg


c0060927_14131162.jpg


お会計は2人の合計が8,200円。

お酒は訪問前は日本酒が多いのかな?と想像していたのですが、メニューを見たら、焼酎の数が多かったように感じました。ワインやカクテルも色々あるようでした。デートや合コンにもピッタリかな♪今まで何度も草津に宿泊していたのですが、いいお店を知らなくて、いつもスーパーもくべえでお惣菜を買って部屋で食べていたので面白くなくて・・。でも事前にネットで調べていけばこんないいお店を堪能できたとは嬉しい限り。また草津に泊まるのが楽しみになりました。
by natchan72 | 2010-05-08 14:13 | 2010年2月草津・四万温泉旅

2/11(木・祝)の昼食<草津>リンデンバウム

■<草津>リンデンバウム
http://r.tabelog.com/gunma/A1004/A100402/10000868/

関越道の渋川伊香保ICで降りて国道で草津へ。行き(2010/2/11)は長野原町「大津」信号までは路肩さえも全く雪なし(翌日帰りは結構雪が積もっていました)。大津から先の山道は、全面的に一部凍結で慎重に走りました。草津に到着した14時頃から雪が本格的に降り始め、夜半過ぎまで30センチの積雪予報とか。積もり始めた雪で真っ白な駐車場に車を停めて、以前一度利用したことのあるこちらのお店へ。

まだランチタイムサービスを利用できるとのことで、以下のものを注文。

私「つまごい産キャベツのロールキャベツ」
夫「チキンマスタード焼き」

それぞれに、パンorライス、コーヒーor紅茶、サラダバー付きです。

朝から野菜を摂っていなかったので、サラダバーの野菜をムシャムシャ食べました。3種類あるドレッシングのうち、人参ドレッシングが珍しくて特に気に入りました。
c0060927_1442795.jpg


「つまごい産キャベツのロールキャベツ」はトマト系の味付けで、このトマトソースにはベーコンが入っていて少し甘みもあって美味しいものでした。
c0060927_1445453.jpg


c0060927_1451155.jpg


c0060927_145224.jpg


「チキンマスタード焼き」は粒マスタードがたっぷり。チキンもいい匂いで安心感のある美味しさ。
c0060927_1453741.jpg


c0060927_1454728.jpg


c0060927_1455948.jpg


最後はコーヒーで。
c0060927_1461460.jpg


わざわざ遠方からここを目指して来るというタイプの店ではないかもしれませんが、湯畑周辺の坂道が多くて狭い道へ自家用車で行く勇気はない雪の日、宿泊先の近くにあるこの店は本当に重宝です♪前回は雷雨、今回は大雪の中、美味しいお食事にありつけましたことを感謝します。
by natchan72 | 2010-05-08 14:06 | 2010年2月草津・四万温泉旅

2/11(木・祝)の朝食とおやつ

2月は飛び石4連休に四万温泉「四万たむら」のリーズナブルなプランを見つけて予約。その前に草津の保養所に1泊する群馬2泊3日旅に出かけました。

■朝食サンジェルマンのパン

・・・旅行当日の朝食は、前夜買ってあったパンを食べて出かけました。

■おやつ 横川SA(下)の茄子おやきと餃子コロッケ

草津へ向かってカーナビをセットしたら示したのが上信越道の碓井軽井沢から北上するルート。で立ち寄ったお馴染みの横川SA(下)。今回は「横川おやき(茄子)」(260円)と「ぎょうざコロッケ」(150円)を購入。どちらも普通に美味しかったです。
c0060927_13461553.jpg


c0060927_13463426.jpg


c0060927_13464746.jpg


たかべんコーナーでキティちゃんのだるま弁当を買おうかどうか迷ったんですが、900円というのは高いよなあと断念。でも気になるからいつかは買ってみようかな。(笑)

■おやつ横川SA(上)の上州豚焼きそば

草津へ向かってカーナビをセットしたら示したのが上信越道の碓井軽井沢から北上するルートだったわけですが、碓井軽井沢ICを降りたところまでは路面は全くのドライだったものの、IC出た途端に凍結路が出現。FFスタッドレスのうちの車ではその辺りから軽井沢へは問題なく走れたのですが、旧軽井沢の奥、並木道あたりで平坦な道でも凍結してしまってツルツル路に。これ以上は無理と思い、引き返しました。(2010年2月11日)

再び碓井軽井沢ICから上信越道に乗り、横川SA(上)で休憩。このSAはよく立ち寄るものの、野菜などを買ったりする程度で、中で食べたことはなく、今回腰かけて飲食したのは初めてでした。普段は混むこちらのSAも、まだ午前中なので空いていました。
c0060927_1352192.jpg


c0060927_13521958.jpg


綺麗な施設に感激しつつ「上州豚焼きそば」(500円)を購入。思ったより豚肉がたっぷり入っていて結構いけました。私たちは椅子だけの席を利用しましたが、一部が畳っぽくなっている席もあって、乳幼児連れの方に好評なようでした。
c0060927_1352335.jpg


ジャンボサイズのオムレツ&カツの見本が飾ってあり、すごいなあと思っていたら注文している人発見!食器を返しに行くときにチラ見したら、見本通りの大きさで、食べるの大変そうでした~。4人ぐらいで食べてみたいかも。

■草津へ向かう道の様子(2010/2/11)
c0060927_13563724.jpg


c0060927_13565178.jpg


c0060927_1357468.jpg


c0060927_13571417.jpg


c0060927_13572795.jpg


c0060927_1357382.jpg


c0060927_13575028.jpg


c0060927_1358388.jpg


by natchan72 | 2010-05-08 13:06 | 2010年2月草津・四万温泉旅