なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2009年10月長野保養所旅( 22 )

2009年10月 長野保養所旅 目次

2009年10月 長野保養所旅 目次

【2009/10/10】
10/10(土)の朝食 談合坂SAでラーメン
サントリー白州蒸留所を見学
10/10(土)の昼食 <旅行>こふく亭
「おっぽに亭こっこ」で玉子かけご飯
長野保養所へ道中車窓の景色
長野の保養所の部屋など
10/10(土)の保養所の夕食

【2009/10/11】
10/11(日)の朝食と保養所周辺朝の景色
白樺湖周辺と諏訪湖へ向かう途中の車窓の風景
諏訪湖 水陸両用バス ダックツアーに乗車しました(前半)
諏訪湖 水陸両用バス ダックツアーに乗車しました(後半)
10/11の昼食 「元祖塩天丼」
諏訪湖 間欠泉センター(見学)
タケヤ味噌 みそ会館で味噌ソフトクリームと豚汁
(日帰り温泉)長野県 尖石温泉 縄文の湯
夜の保養所
10/11(日)の保養所夕食

【2009/10/12】

10/12(月・祝)の朝食と帰りの車窓風景
10/12(月・祝)の昼食 長野県 レストラン ディ・モア
山梨県 甲斐大泉 ミルクの家
山梨県 甲斐大泉 中村農場
埼玉県 道の駅あらかわ お食事処
by natchan72 | 2010-02-19 23:04 | 09年10月長野保養所旅 | Comments(0)

埼玉県 道の駅あらかわ お食事処

■埼玉県 道の駅あらかわ お食事処
http://r.tabelog.com/saitama/A1107/A110701/11021213/

10月の3連休、長野旅からの帰り、中央道上り線は小仏トンネルを先頭に渋滞との情報を聞き、山梨県と埼玉県を結ぶ雁坂トンネルルートで帰ることにしようということになり、中央道は甲府昭和ICで下道へ降りて雁坂道へ。トンネルを抜けて秩父超えの途中、トイレ休憩に「道の駅あらかわ」に立ち寄りました。
c0060927_2341432.jpg


この道の駅、以前は飲食施設がなかったと思っていたのですが、なんだか以前記憶のない建物に明かりが灯っています。閉店間際だったようですが、「蕎麦がき」と「手作りドーナツ」(チーズボールか沖縄風ドーナツ)ならできます、と声をかけてくださいました。

さほどお腹は空いていなかったのですが、せっかくのご縁なので、頂いていくことにして着席。お会計は券売機で食券を購入する仕組み。お水はセルフサービスです。「こちらのお店、以前からありましたっけ?」とお聞きしてみたところ、2009年4月10日にオープンしたのだとか。なーるほど、それで知らなかったわけだ。ここには飲食店がないと思い込んでいた私は、こちらはパスして果樹公園あしがくぼまで行ってたものな。
c0060927_2332090.jpg


「蕎麦がき」といえば、そば粉を練ったものに麺つゆをかけて食べるねっとりしたものが一般的なのかなと認識していたのですが、こちらの「蕎麦がき」は、小判型に成形した「蕎麦がき」が汁蕎麦用のつゆに入れたものでした。お雑煮の御餅の代わりに「蕎麦がき」というようなイメージというと余計わかりにくいかな?麺つゆもなかなかいいお味で、蕎麦がきも適度にお腹にたまり、満足でした。それと、こちらのオリジナルな食べ方かどうか、地域的なものかわかりませんが、蕎麦がきだけを箸でつまみ、添えてくださった行者にんにく醤油につけて食べてみたのもとっても美味。行者にんにくは体にいいそうなので、今度もっと早い時間にこちらに寄ったときに販売しているかどうか聞いてみようかなあ。
c0060927_232532.jpg


c0060927_2322194.jpg


c0060927_2323491.jpg


c0060927_232525.jpg


「チーズボール」は注文後に新しく作ってくださいました。(タイミングによってはできているものが販売されているのかも。)アツアツ、カリカリ、中はもっちり、とっても気に入りました。
c0060927_233628.jpg


てきぱきとした感じのいい女性中心にやっていらっしゃるのも好感度大でした。今度こちらの道を通るときは、もっと早い時間に立ち寄ってゆっくり他のメニューも試してみたいです♪ 思いがけずいいお店に出会えるのって旅の楽しみのひとつ。いい旅の終盤となりました。ご馳走様でした。
by natchan72 | 2010-02-19 23:03 | 09年10月長野保養所旅 | Comments(0)

山梨県 甲斐大泉 中村農場

■山梨県 甲斐大泉 中村農場
http://r.tabelog.com/yamanashi/A1902/A190201/19000151/

食べログで見て「へえ、有名なところがあるんだなあ」と憧れて行ってみました。うちのカーナビでは電話番号では検索できず、長坂ICを降りて住所の地番まで指定して途中脇道に逸れてしまいちょっと寄り道してしまいましたが、何のことはない、広くて運転しやすい県道28号を上がって行った道路沿いの左側にあったんですね。地図の読めない女なのかも。

ランチタイムは12:00~14:00ということで、私が訪れた14:30頃には行列こそはありませんでしたが、駐車場にはPA並の台数が止まっていました。この駐車場、砂利敷きだったので、足を捻挫していた私は拷問のよう。砂利で足首が動くのが痛いし再度捻挫しそうで怖い。

食堂の右横に売店がありました。どちらも簡易な作りに見えます。農場という名前を聞いて素朴な建物を勝手に想像していた私は拍子抜け。最近オシャレな道の駅も多いから、道の駅の方が雰囲気あるかも。
c0060927_22531624.jpg


売店に入ってみると、すぐ左にレジがあり、そこにホットフードのケースが1つ。焼きたての鶏肉が売っていたので「地鶏手羽元」(240円)を購入。シンプルな醤油味で固めの身が美味しい!これは感激。
c0060927_22533362.jpg


有名な玉子は色んな種類がありました。店のオススメは1パック800円ぐらいのものでしたが、せっかくだからと夫がウコッケイの玉子を選択。ビニール袋入り(2,000円)だったので、持ち帰るようにケースがないか尋ねたら、有料(紙パックが35円、プラケース小5円)でした。殻には鳥の毛がついていて、採り立てなんだなあという雰囲気がしました。帰宅後に食べたところ、味は私には豚に真珠だったようで普通に感じました。それはそうと、ウコッケイの卵の殻ってすっごく薄いんですね!知りませんでした。こちらの卵は「うずらの卵」ぐらい薄かったです。

冷凍した鶏肉1パック(甲州地どり若オスモモ 1,651円)とソーセージ2パック(630円×2)も買ったので保冷バッグ(150円)も購入。その上で車に積んである保冷箱に入れて持ち帰りました。
c0060927_2254258.jpg


「地鶏手羽元」が美味しくて舞い上がったのと、有名な憧れ店に来て舞い上がったので、ソーセージは裏返して原材料表示も見ずに購入してしまったのですが、帰宅後調理しようと裏のシールを見たら、スーパーで売っている大手メーカーの製品同様の添加物が入っているんですね。この内容なら、うちの近所のスーパーでも買えるサイボクハムの製品で十分だなあ。(サイボクも結構入っている) 
c0060927_22542625.jpg


c0060927_22543697.jpg


玉子はスーパーで八ヶ岳高原の放し飼い鶏の玉子が買えるし。 添加物を極力控えた製品なら茨城県の筑波ハム( http://u.tabelog.com/000100505/o/rvwdtl/45028/ )や、無添加のソーセージやハムなら、GWに実際に訪問した岩手県の館ヶ森アーク牧場( http://r.tabelog.com/iwate/A0303/A030301/3004255/ )のものが好きでこちらはナチュラルハウスでも購入可能です。どちらも接客は最高に気持ちの良いもので、訪問したことがいい思い出になっています。反対にこちらのお店の接客態度は、私達には全く相性の合わないもので、旅行の終盤でちょっと暗い気持ちになってしまいました。

なお、売店の前に灰皿が2箇所設置してあり、当日は車から降りてそこで喫煙する人が多かったので、非常にタバコ臭くて不快でもありました。トイレはこちら専用のものはなく、隣に公共のパーキングとトイレ(女子には洋式あり/男性は未確認)があり、そちらを利用するようにと看板がありました。
by natchan72 | 2010-02-19 22:54 | 09年10月長野保養所旅 | Comments(0)

山梨県 甲斐大泉 ミルクの家

■山梨県 甲斐大泉 ミルクの家
http://r.tabelog.com/yamanashi/A1902/A190201/19002291/

食べログで有名な中村農場へ行こうとナビで探しますが、うちのカーナビでは、電話番号検索で出てこなくて、住所の地番までを指定して向かいました。長坂ICから県道28号を上っていくとナビが右折を指示しました。細い道を入っていくと十字路の左手前にあったのがこちらのお店。場所をお聞きするついでにソフトクリームを食べてみよう!と思って訪問。
c0060927_21481.jpg


ウッディな作りのこじんまりした建物。木製の椅子とテーブルがあってナチュラルな雰囲気です。セルフサービスかな?と思ったのですがそうではないようで、空いている席に着席。お水を持ってきてくださり、オーダーを尋ねてくださいます。
c0060927_2144041.jpg


私は予定通り「ソフトクリーム」(300円)を、夫は「牛乳」(260円)を注文しました。

「ソフトクリーム」は手渡し。ソフトクリームラックみたいなのがあるといいのになあ。味はミルクっていう感じの後味すっきりナチュラルテイスト。普通に美味しいソフトクリームでした♪
c0060927_2145754.jpg


「牛乳」はホットもできるそうですが、アイスのままいただきました。表面にクリームのようなものが浮いていてそれを飲むと濃厚。その下は普通の美味しい牛乳でした。
c0060927_2151251.jpg


ソフトクリームや牛乳以外にも、ちょっとした軽食のメニューも日によってできるみたいで、このあたりの別荘地にお住まいの方は重宝していらっしゃるのかも。

冬季は休業するほか、夏休みなどの繁忙期以外は不定休というか、ほとんど土日のみ営業というような形態だそうですが、この辺りで週末などにふとソフトクリームや牛乳が飲みたくなったら立ち寄ってみてもいいかもしれません。
c0060927_2142554.jpg


ちなみにこの角を上へ上がって行って県道に出て、右折してすぐ左手が中村農場でした。

(2009/10/12)
by natchan72 | 2010-02-19 21:05 | 09年10月長野保養所旅 | Comments(0)

10/12(月・祝)の昼食 長野県 レストラン ディ・モア

■長野県 レストラン ディ・モア
http://r.tabelog.com/nagano/A2004/A200403/20000037/

前回の旅行時に上信越自動車道のSAで買った、「KURA」(長野が主に紹介されている雑誌)に載っていたお店です。今回の旅行に際して、「KURA」に載っている中から1軒、どこかでランチを食べようと検討して、野菜を自家栽培していらっしゃるこちらのお店を選びました。

予め電話予約の上、お店オープンの11:30に伺いました。(実際は小一時間早く着いてしまったので、近くのマックスバリューでぶらぶらと食品を見て楽しんでいました。)

店の前の道路は今回の旅行中だけでも3回は通っていたのに、その存在に全く気付かず。そんなにオシャレな感じではなく、若干古い感じがしなくもない。(ごめんなさい!)それもそのはず、この地でもう23年目になるのだそう。
c0060927_2220768.jpg


店内はかなり暗めの照明。ランチは明るい店内で食べる方が好きな私なのでちょっと意気消沈、あと、テーブルクロスの柄も好みとは全く違うタイプ。占いの館みたい。ステンドグラスのテーブル上シーリングランプは低めに取り付けられていたので、夫も私も着席時に頭をぶつけました。目に当たらず助かった・・。これはもう少し上に取り付けてほしいなあ。
c0060927_22202521.jpg


サービス担当の方は若い男性でした。メニューの説明を明るく&詳しくしてくださり好印象。ランチメニューの中から、私は魚料理と肉料理がつくコースを、夫はお肉がステーキのコースを注文しました。

(絵皿)
c0060927_22205718.jpg


c0060927_2221888.jpg


c0060927_23142630.jpg


まずは私が注文したコースからご紹介。
「アミューズ:ホタテ貝」
→塩がキラキラ光っていてきれい。塩加減も絶妙で、甘いホタテが美味しくいただけました。
c0060927_22214031.jpg


c0060927_22215248.jpg


「手作りパン」
→ライ麦か全粒粉っぽい丸いパン。オーブンから出したところで熱々。ハート型のバター皿に三角形にカットされて供されるバターもどちらも美味しかった♪
c0060927_2222784.jpg


「とうもろこしの温スープ」
→自家農園で採れたとうもろこしは、昨年17.8度ぐらいの高糖度で大喜びだったそうですが、天候不順にも関わらず今年はなんと糖度21.4度のものが収穫できたのだそう。これが甘くて。びっくりしました。品種はゴールドラッシュというものだそうです。このスープを味わうだけでも価値のあるランチだと感激。
c0060927_22222149.jpg


「サラダ」
→12時ぐらいからどんどん混み始めてあれよあれよという間に満席に。ホールは奥様もきびきびと動いていらっしゃいますが、シェフも自らサラダを運びにきてくださいます。「野菜が虫の息ですが」と。ちょっと葉物野菜が少なめ収穫な日だったのかもしれませんが、どれも新鮮で生き生きした食感でした。中でも気に入ったのは枝豆。黒豆の枝豆が収穫時期を迎えたばかりの頃だったそうです。
c0060927_22232426.jpg


「魚料理:白身魚のアメリケーヌソース」
→魚はなんだっけな。アメリケーヌソースというのは海老の殻でとった出汁をベースに作ったものだったかな。魚もソースもあっさりした一皿でした。
c0060927_22241475.jpg


「肉料理:安曇野の地鶏(若鶏)のソテー」
→皮がパリっと焼けていて食感もいいです。ソースは醤油+酢のような味で、ご飯を注文したくなりました。パンを食べたくてパンとリクエストしてしまいましたが、こちらのお店ではご飯の方が合いそうな気がしました。次回伺う際にはライスと指定しようと思います。
c0060927_2354045.jpg


ここからは夫注文のコースをご紹介します。それぞれ少しずつもらって味見しました。

「選べるオードブル(1):平貝(たいらがい)」
→表面を少しあぶってあるので食感を楽しませてくれます。こちらも私が食べたホタテ刺身と同じく塩がふってありますが、塩加減が生ホタテとは変えてあります。こちらのシェフの味付け加減、すごいです。
c0060927_2355913.jpg


c0060927_2361188.jpg


「選べるオードブル(2):シェフ手作りのハム」
→安曇野で放牧飼育されている豚の腿肉を使い、数時間かけて作ったものだそう。素直な味の美味しさ♪
c0060927_2362760.jpg


c0060927_2364190.jpg


「とうもろこしの温スープ」
→私と同じものですが、お皿が違うのが面白い。
c0060927_23730100.jpg


「サラダ」
→これも私とほぼ同じものですが、量が若干違ったようです。
c0060927_2383868.jpg


「ステーキ」
→こちらのお店、A5等級の黒毛和牛を出すことでも有名だそうですが、さしがあまり入っていないお肉の方が好きな夫は安曇野ステーキを選んでいました。シェフがまな板の上の肉を見せにきて、焼き方の希望を聞いてくださいます。
c0060927_2385877.jpg


できあがったお肉は食べやすい幅に切れ目を入れてくださっていました。ニンニク醤油やミョウガと味噌などで作ったタレなど3種類のタレと共に供され、どれも試してみましたが、うっすらとシェフがつけた塩味そのままで食べるのが一番美味しかったです。脂身がないのにすごく柔らかいお肉で、これぞ私達の好きなお肉だと思いました。他のテーブルの方がA5等級の黒毛和牛を注文されていたようで、生のA5等級の黒毛和牛も見えていましたが、ちょっと私達の胃には難しいかなあ。若い頃はさしがたっぷり入ったお肉大好きでしたけど。
c0060927_2393549.jpg


c0060927_2395494.jpg


c0060927_2310912.jpg


「ライス」
→ご飯好きな夫はライスを選んでいました。これは大正解。お米は茅野市で、おじいちゃんと若者達が一緒に作ったものなんだそう。美味しかったです~。

さて、デザートは2人ともケーキを1つ追加(プラス200円)して、計4種類を半分ずつ食べました。
c0060927_23111263.jpg


選んだのは「山栗」「プリン」
c0060927_2311401.jpg


「ガトーショコラ」「チーズケーキ」。
c0060927_23121867.jpg


どれも美味しかったのですが、私は「チーズケーキ」の濃厚さに感激し、
c0060927_23123923.jpg


夫は「山栗」の栗が気に入っていました。
c0060927_23131815.jpg


ケーキにはそれぞれジェラートが添えられていて、ひとつが「木苺」、もうひとつが「白とうもろこし」。「白とうもろこし」って初めて聞きました。本当にとうもろこしの味がして美味しい~。不思議なジェラートでした。

飲み物は、コーヒー、紅茶、エスプレッソから選べ、私達は2人ともエスプレッソを選択。ほどよい苦味で口に合いました。
c0060927_23133968.jpg


c0060927_23135141.jpg


お会計は2人合計で11,340円。1人平均5,670円でこの内容とは、お酒を飲んでいないにしろCPがいいと大満足。なにしろ季節によって野菜が色々楽しめるのも魅力。また別の季節にぜひぜひ何度も再訪したいと思いました。
by natchan72 | 2010-02-18 23:15 | 09年10月長野保養所旅 | Comments(0)

10/12(月・祝)の朝食と帰りの車窓風景

この日も保養所でバイキングの朝食です。
2人でこんなものを取りました。
c0060927_21415677.jpg


c0060927_2142779.jpg


c0060927_21421623.jpg


この日は帰宅するので、再び白樺湖畔を通って諏訪方面へと降りていきました。
c0060927_2143271.jpg


c0060927_21433654.jpg


空が青くて嬉しい♪
c0060927_2144326.jpg


by natchan72 | 2010-02-18 21:44 | 09年10月長野保養所旅 | Comments(0)

<旅行>10/11(日)の保養所夕食

<旅行>10/11(日)の保養所夕食

前夜とは違う小さめのダイニングルームでの食事でした。
c0060927_22243243.jpg


赤いテーブルクロスとアルコールランプがいい感じ。
c0060927_22252715.jpg


ワインはシャブリ2007(白)と、赤のハーフまで飲んでしまいました。飲みすぎじゃー。
c0060927_22263474.jpg


c0060927_22264634.jpg


今日は単品料理はエスカルゴを注文してみました。
c0060927_22281332.jpg


c0060927_22282437.jpg


c0060927_22283461.jpg


<2009/10月の白樺コース>

フォアグラのソテー 木の子の軽い煮込み バジルの香り
c0060927_2391721.jpg


パン
c0060927_2395835.jpg


かぼちゃのポタージュ カプチーノ仕立て
c0060927_23105352.jpg


地場野菜のパイ仕立て ラングスティーヌのポワレ
c0060927_23113952.jpg


ここで赤ワインのハーフボトルを1本。「シャトー・オー・ムリール 2007」(ボルドー)というものでした。
c0060927_2314682.jpg


c0060927_23141892.jpg


子牛肉のソテー りんごソース
c0060927_23143392.jpg


季節のサラダ
c0060927_2314481.jpg


ハチミツ入り アプリコットケーキ
c0060927_23152862.jpg


コーヒー
by natchan72 | 2010-02-17 23:15 | 09年10月長野保養所旅 | Comments(0)

夜の保養所

今回長野の保養所は2泊を予約していましたので、この日は日帰り温泉に入ったあと、保養所に戻りました。

(ロビー前など館内の様子)
c0060927_2248826.jpg


c0060927_22482158.jpg


c0060927_22483230.jpg


c0060927_2250812.jpg


(前日、サントリー白州蒸留所の売店で購入したミニチュアボトルのウイスキーを部屋で楽しみました。)
c0060927_22493753.jpg


c0060927_22495051.jpg


c0060927_2250209.jpg


by natchan72 | 2010-02-16 22:50 | 09年10月長野保養所旅 | Comments(0)

タケヤ味噌 みそ会館

■タケヤ味噌 みそ会館
http://r.tabelog.com/nagano/A2004/A200404/20001643/

長野旅行の際。諏訪湖、間欠泉センターの駐車場横にはタケヤ味噌でおなじみの「(株)竹屋」さんがありました。
c0060927_22342526.jpg


c0060927_22351678.jpg


「売店(2F)→」の看板を見かけ、冗談で「味噌ソフトクリームがあったら食べちゃおうっかな~。」なんてつぶやきながら入っていってみました。そうしたらビックリ!本当にあるらしく、ポスターみっけ~。
c0060927_2235291.jpg


階段を上って2Fへ上がると、左側に「ごま味噌ソフトクリーム」(300円)と「一日50食限定の具沢山の豚汁」(100円)を販売する軽食コーナーがあり、右側に物品を売っている一角がありました。軽食コーナーはカウンター席がありましたが、そこだけでなく、物品販売コーナー側のテーブル席も使用可能でした。
c0060927_22355928.jpg


ソフトクリームと豚汁を各1つずつ購入♪「ごまみそソフトクリーム」は、味噌入りとはいえ、茶色の味噌がたっぷりのソフトクリームではなく、黒胡麻主体の胡麻味噌ペーストが入った食べやすいものでした。色もクリーム色+黒ごまの粒みたいな程度で茶色くはなかった。ほっ。(笑)
c0060927_22361227.jpg


「具沢山の豚汁」は、豚肉、じゃがいも、蒟蒻、長ネギ、しめじ、人参、大根、ごぼうのささがきなどが入る本当に具沢山のもの。家で豚汁を作るとき、つい面倒でごぼうは輪切りにしてしまいますが、このようにささがきで入れる方が美味しいなあと、普段の面倒がりを反省。
c0060927_2236295.jpg


c0060927_22364035.jpg


物品コーナーで木製の「味噌べら」を買ったら、サンプル味噌をくれました♪
c0060927_2237190.jpg


(↓これは大豆を煮たり米を蒸すのに使っていた地釜というものだそうです。)
c0060927_22372738.jpg


by natchan72 | 2010-02-14 22:38 | 09年10月長野保養所旅 | Comments(0)

諏訪湖 間欠泉センター(見学)

■間欠泉センター(見学)

昼食後は日帰り温泉施設に寄ってから保養所に早めに戻ろうと思って車を走らせました。
c0060927_21565135.jpg


(↓カリンの並木だそうです。)
c0060927_21571823.jpg


(↓若干紅葉ぎみ?)
c0060927_21573875.jpg


うっかり左折する場所を間違えて曲がった場所が間欠泉センターの駐車場。せっかくなら今まで何度か諏訪湖畔に来たものの間欠泉センターを見たことがないからと行ってみることにしました。

(↓レトロな郵便ポスト)
c0060927_2158931.jpg


(↓これが間欠泉センター)
c0060927_21583823.jpg


いやはやビックリ。間欠泉というのは、時々吹き上げる自然の温泉だと思っていたのですが、こちらの間欠泉は、タイムスケジュール通りに吹き上げるのだそう。(笑)要は熱湯の噴水ですな。
c0060927_2159526.jpg


c0060927_21591686.jpg


間欠泉は時間制だったので今回は見学できず。
c0060927_21595213.jpg


(↓隣には足湯があり、賑わっていました。)
c0060927_2205456.jpg


足湯と湖の間を散策する人も多し。逆光でなんだか画になります。
c0060927_2214011.jpg


c0060927_2215771.jpg


by natchan72 | 2010-02-14 22:02 | 09年10月長野保養所旅 | Comments(0)