なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2009年3月仙台・白石旅( 14 )

宮城の土産物

●つつみ屋 つつみ揚げ

・・・作並温泉の岩松旅館さんに日帰り入浴したときに売店で購入したお菓子です。
事前の予備知識はなかったのですが、なんとなくネーミングに惹かれて買ってみました。
c0060927_22123298.jpg


その名の通り揚げてあるようで、表面はカリっと(サクっと?)した食感。
c0060927_22133236.jpg


中は大ぶりなクルミの入った餡が詰まっています。
c0060927_22134688.jpg


甘いは甘いですが、表面の揚げた生地と中の「みっしりとした」感じの餡の相性がバッチリで
クセになる味でした。
c0060927_22135895.jpg


見た目は地味ですが、ハマる味だなあ~。
今回はすでにリクエストで白松がモナカを購入したあとだったので、自分の分しか買いませんでしたが、次回はぜひお土産に買いたいと思います♪

●仙台 ゆたかやの長茄子漬
c0060927_2320665.jpg


・・・仙台ゆたかやの長茄子漬は食べログレビュアーの酔いどれ小父さんが紹介していらっしゃったのを見て探して買ってきました♪
c0060927_23201939.jpg


小さな茄子なので切らずにそのまま食卓に出せて便利だし、食べやすいです。和辛子を添えて出しました。茄子の漬物に辛子をつけて食べる方法は、居酒屋の『笑笑』で初めて食べて知りました。

気に入りましたのでまた次回仙台へ行ったら購入したいです♪酔いどれ小父さん、おいしいものをご紹介ありがとうございました。
by natchan72 | 2009-05-12 22:15 | 2009年3月仙台・白石旅

宮城旅帰り 3/22(日)の食卓

■朝食 <旅行>鎌先温泉 湯主一條(別記事にて)

●おやつ 東北道国見SA上り線で

・・・2009年3月連休の宮城旅もついに帰路に。
行きに下り線でも立ち寄った国見SAで、帰りはおやつを食べることにしました。

私は山田乳業さんの売店で「フロム蔵王 濃厚チーズケーキ」(300円)
( http://www.from-zao.com/yamada/index.html )
を購入。チーズケーキ好きなので美味しくいただきました~。
c0060927_21195112.jpg


c0060927_21204382.jpg


夫は「くにみ峠スナック」で「牛タンつくね」(300円)を購入。
味見させてもらいました。
こちらも普通に美味しかったです♪
c0060927_21201251.jpg


高速道路のSAやPAはちょこっと買い食いするのが楽しいな~。

●東北自動車道 安達太良SA上り線

・・・日の丸サンズ(株)さんが運営されているSAだそうです。

「お好み焼き風 うどん串」(300円)・・・これ、うどんのさつま揚げみたいな感じでメチャクチャ美味しかった~。うどん好きさん必見!?
c0060927_21202936.jpg


c0060927_2121645.jpg


c0060927_21211941.jpg


「みそおでん」・・・みそおでんも大好きで、みつけたら結構な高確率で買ってしまいます。


■東北自動車道 矢板北PA(上)
c0060927_21224657.jpg


・・・鈴運メンテック(株)さんが運営されるPAだそうです。

今日は途中で色々買い食いしながら走ったので軽い食事にて。
c0060927_212310100.jpg


流石に三連休最終日なのでSAは混み混みだったもので、小さなPAで食事することにしたのです。
立ち食いで頂きました。

私は「手打ち蕎麦山菜」(480円)を。
c0060927_21214575.jpg


c0060927_2122470.jpg


夫は「塩バターラーメン」(500円)を。
c0060927_2122194.jpg


このようなお店で蕎麦が手打ちって珍しいなあと思いました。

「塩バターラーメン」は昔ながらの素朴な味わい。
見た目もいい感じだと思いました。
バターは溶ける途中で食べるのが好きだな。

まあ普通に街中にある立ち食い蕎麦のような美味しさでした。(笑)

●車の燃費は~♪
c0060927_2125542.jpg


・・・我が家のミニバンちゃん、今回の2泊3日旅行では、12.759Km。
なかなか優秀です~♪♪

■夕食カレーライス
c0060927_21252183.jpg


・・・帰りの高速道路は、早め早めの帰宅でしたので、東北道は渋滞に一切巻き込まれず帰ってこられました。最後、外環自動車道だけ大泉から渋滞していましたので、その手前で降りて和光市のスーパーで食材の買い物をして帰宅。洗濯機を回しながらカレーを作り、それを夕食にしましたー。
by natchan72 | 2009-05-12 21:23 | 2009年3月仙台・白石旅

(宿泊)2009/3/21鎌先温泉 時音の宿 湯主一條(朝食編)

■(宿泊)2009/3/21鎌先温泉 時音の宿 湯主一條(朝食編)

・・・翌朝の朝食時間は夕食の最後の方にに希望を聞かれます。
そしてその時間前に電話連絡の上、また迎えに来てくださいます。
夜に一度きたら場所がわかるので、朝までお迎えはなくても良さそうなものなのにご丁寧です。
c0060927_0192080.jpg


c0060927_0193479.jpg


朝食は以下のようなもの。
c0060927_0194762.jpg


c0060927_020030.jpg


焼き鮭、
c0060927_0202153.jpg


肉じゃが、
c0060927_0203744.jpg


手作り豆腐の冷奴、
c0060927_021233.jpg


c0060927_0212667.jpg


あぶりかまぼこ、
c0060927_0215090.jpg


サラダ、
c0060927_0221177.jpg


白石うーめん
c0060927_0223071.jpg


玉子料理 小鉢 漬物 梅干
c0060927_0225946.jpg


海苔 御飯 味噌汁
c0060927_0233061.jpg


すごく豪華です。

箸置きにもお花が飾ってあって私はは「きれい!」と喜びますが
夫には「邪魔だ」と不評。

白石うーめんが出るのですが、
鉄鍋の形状とレンゲの形状の組み合わせで出汁が飲みにくくて残念。
(これも宿にはそれを直接お伝え済み)。

最後にヨーグルトとコーヒーもつきました。
c0060927_0235734.jpg


お会計を済ませて出発です。
「駐車場まで車に乗っていかれますか?」と聞かれたのにはちょっとびっくり。
荷物が重たいので勿論お願いしましたが、下り坂だから歩いてもいいのでは?
と思っているのかな?

ここで初めて女将さんとお会いしました。
駐車場まで送ってくれる車のドアを閉める勢いのよいこと。
乱暴な所作にはちょっと白けてしまいました。

夕食も朝食もお運びの従業員は大勢雇っていらっしゃいますが、
それぞれの方からの「このお料理をぜひ召し上がってみていただきたいのです。」
というような心が伝わりにくく、宿に宿泊する際の最重要課題がそれな私たちにとっては残念に思う点でした。
(みんなで試食して、料理を愛した上でお運びしてほしい、ということも宿にはを直接お伝え済み。)

私は「寝るだけなら車中泊で十分。旅行は景色や空気の美味しさや、
道中で出会う温泉と味を一番の楽しみ。」というタイプなので、
こちらの宿については「どれを取っても不満はないけど、感動が伝わってこない」ように思えてしまいました。

私の気持ちが通じる方は一部にいらっしゃるかな??
全然悪い点はないので、幅広い層にお勧めできる優等生的な宿には間違いないし、
文句もないんです。
若い従業員の方が多くて、マニュアル的というか、ファミレス的な丁寧さに感じる・・
そんなところで表面的には★5なのに、気持ち的に★4でつけさせていただきました。

変なことを言って申し訳ないです。
ちょっと変な私のたわごとですから、気にしないでどんどん利用されてくださいね。
by natchan72 | 2009-05-12 00:24 | 2009年3月仙台・白石旅

(宿泊)2009/3/21鎌先温泉 時音の宿 湯主一條(夕食編)

■(宿泊)2009/3/21鎌先温泉 時音の宿 湯主一條(夕食編)

・・・さて、夕食です。チェックインの際に予約した時間頃になると部屋の電話が鳴り、その後にお迎えの方が来てくださいます。
このサービスぶりにはビックリ。
スイートルームやセミスイート泊ならいざ知らず、一番安いお部屋へも1部屋1人ずつお迎えです。

しかも食事処は文化財級本館にある個室。大正から昭和に掛けて建てられたものらしく、
渡り廊下手前には「時の架け橋」なんて洒落たプレートがかかっていました。
この橋を渡ると平成から大正時代へタイムスリップするという意味だそうです。
c0060927_23224617.jpg


建物は昔のままで、畳にイス・テーブルというしつらえ。
土壁と障子、高い天井や手作りのゆがんだ窓ガラスや黒光りした廊下など
まさにタイムトリップした空間ながら、夕食時はジャズ音楽が流れ、
旅行に来たという気分がたっぷり味わえます。
c0060927_2323326.jpg


空調はファンヒーターが設置してあり、温度調節も各自でできるので暖かくて快適でした。
女性用の座席には膝かけも用意されていました。
c0060927_23234695.jpg


コースターもオリジナルのもの。
c0060927_23272847.jpg


箸置きや紙製の敷き紙も素敵です。
c0060927_23274454.jpg


お酒はまずは地ビールをグラス1杯ずつ。
c0060927_23242019.jpg


続いて蔵王酒造さんの「純米大吟醸 蔵王昇龍」( http://www.zaoshuzo.com/item/i07.html )というものを予めお願いしてありました。
陶器のクーラーにトルコ桔梗のお花を添えて冷やしてくださいます。
c0060927_23243851.jpg



料理は以下のようなもの。

一、フルーツビネガー 地元で最高級と言われる高野さん家の苺
c0060927_232869.jpg


一、先附 宮城県産百%の豆乳から作る汲み上げ湯葉
c0060927_23282048.jpg


一、前菜 春の摘み草和え 蛤 根三葉 菜の花 こごみ うど
 よもぎ豆腐 白魚 姫皮 おくら チーズ風味絹酢和え
 木耳 海老 せり うるいあおり烏賊酢味噌和え
 紅蓼 牛煮凍り かもじねぎ 糸唐辛子
c0060927_233398.jpg


一、 お造り 鮎魚女の炙り とろサーモン
 カルパッチョ仕立て 香味野菜いろいろ
c0060927_2333394.jpg


一、蓋物 雲龍豆腐 筍 パプリカ うすい豆 木の芽おろし
c0060927_23341123.jpg


一、温物 薬膳スープ 気仙沼産鱶ひれ つくね
 白木耳 白玉豆腐 粟麩
 舞茸 チンゲン菜 水菜
 針ねぎ水菜 枸杞の実
c0060927_23343122.jpg


(↓ふかひれが入っています!)
c0060927_2335375.jpg


一、焼物 最高級仙台牛ステーキ
c0060927_23354622.jpg


(↓ステーキをクローズアップで。これぐらいの量がちょうどいい。)
c0060927_23362444.jpg


  又は
  鱒のポワレと筍のソテー 春野菜を添えて ガスパチョ風のクリームソース
c0060927_23371413.jpg


一、地元の白石三澤屋で飼育した 宮城野ポークの豆乳しゃぶしゃぶ
c0060927_23391980.jpg


c0060927_2339376.jpg


  又は
  いわき産の金目鯛のしゃぶしゃぶ
c0060927_23395429.jpg


c0060927_234096.jpg


「いわき産の金目鯛のしゃぶしゃぶ」の出汁がとっても美味しかったのですが、この出汁を飲むレンゲがないのが残念。(宿にはそれを直接お伝え済み)。私たちは陶器の器の蓋を使って飲んじゃいました。
一、ご飯 山菜ご飯
c0060927_2345262.jpg


一、留め椀 沢煮椀
c0060927_23451744.jpg


一、香の物 三点盛
c0060927_23453234.jpg


一、水菓子 苺のムースと胡麻のジェラード
  白石の高野さん家の完熟苺のジュレを添えて
c0060927_23455148.jpg


どれも美味しくて超満腹になりました。趣向も凝らしていて楽しかったです。
ただ、ちょっと汁ものが多いかしら?
by natchan72 | 2009-05-11 23:24 | 2009年3月仙台・白石旅

(宿泊)2009/3/21鎌先温泉 時音の宿 湯主一條(洞窟の湯編)

■(宿泊)2009/3/21鎌先温泉 時音の宿 湯主一條(洞窟の湯編)

・・・もうひとつの浴室は「洞窟の湯」。
男女別に内湯1つ、露天風呂1つがあり、「鎌先の湯」よりも脱衣所も湯船も広いです。

源泉が違うだけでなく、循環ろ過、塩素消毒でとのこと。
ただ、入浴していてとても気になる程の事もなく、薬湯ほどありがたみは感じないものの、
温泉に入っているな、という感じは充分しました。

c0060927_23271175.jpg


c0060927_23272653.jpg


c0060927_23281338.jpg


(↓写真は2枚ずつ撮っていますが、内湯・露天ともに1つずつです。)
c0060927_2328407.jpg


c0060927_23304470.jpg


c0060927_2331070.jpg


c0060927_23312651.jpg


(↓シャンプー、リンス等がちょっと高級感あるボトルなのが嬉しい。)
c0060927_23325934.jpg


c0060927_23335170.jpg


(↓基礎化粧品類もありました。)
c0060927_23342053.jpg


(↓シャワーキャップ、綿棒などのアメニティもそろっていました。)
c0060927_23345015.jpg


by natchan72 | 2009-05-10 23:35 | 2009年3月仙台・白石旅

(宿泊)2009/3/21鎌先温泉 時音の宿 湯主一條(鎌先の湯編)

■(宿泊)2009/3/21鎌先温泉 時音の宿 湯主一條(鎌先の湯編)

源泉名:鎌先の湯
浴室名:鎌先の湯(小)
ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(旧名 含芒硝-食塩泉)
源泉温:26.7度C
加水なし、加温あり、塩素消毒・循環なし

温泉のお風呂は普通に使えるのは2ヶ所。
(私達は利用しませんでしたが、有料の家族風呂もあるようでした。)
それぞれ男女別にあり、夫から聞く話と比較すると、
大きさや作りはほとんど男女差がなさそうに思いました。

嬉しいのは自分が履いてきたスリッパを他人が履いて立ち去らないようにするためのクリップがあること。
c0060927_23222451.jpg


c0060927_23223828.jpg


このあたりが女性心をつかんでいる宿の所以かもしれませんね。

源泉は2つあり、こちらの浴槽は「鎌先の湯」。
c0060927_23161643.jpg


薬湯と言われる湯で、これは塩素等の消毒なし、加水加熱なし、循環なしの「源泉掛け流し」。
色や濁りは感じませんでしたが、温泉独特のいい香りはしていました。

(↓写真は3枚撮りましたが、湯船は男女各1つずつです。)
c0060927_23164353.jpg


c0060927_2317341.jpg


c0060927_23174787.jpg


湯温も適温で肌に温泉成分が染み込む感じ。

ただちょっと脱衣所が小さめですので先客が沢山いるときには、
もう一方の大きめ浴室へ行く方が都合いいかも。
c0060927_23205973.jpg


c0060927_23212519.jpg


湯上り処があり、冷水器が置いてあるのも好感度高かったです。
c0060927_2315375.jpg


c0060927_23152267.jpg


(↓湯上り処から少し歩くと自販機コーナーもありました。)
c0060927_2318579.jpg


by natchan72 | 2009-05-10 23:19 | 2009年3月仙台・白石旅

(宿泊)2009/3/21鎌先温泉 時音の宿 湯主一條(部屋編)

■(宿泊)2009/3/21鎌先温泉 時音の宿 湯主一條(部屋編)

c0060927_2250744.jpg


・・・一番安い和室も広さは充分。広縁から角を曲がって廊下もあるゆとり。
c0060927_22503896.jpg


部屋からは木造本館が眺められます。
c0060927_2353535.jpg


空の冷蔵庫には水が備え付けられ、湯沸しポットでお湯を沸かすときに使う仕組みに。
氷入りの冷水魔法瓶もありました。ここでのお茶はセルフです。
冷水を飲む用のグラスがオシャレな形だったのが嬉しかったです。
c0060927_22514454.jpg


お着き菓子はロビーで既にいただきましたが、部屋にもお菓子がありました。
c0060927_22522820.jpg


クローゼットには丹前は腰丈と足首までのロング丈(食事へ行く時に極寒い場合どうぞとのこと)の
2種類用意され、女性には足袋までありました。
タオルは持ち帰って良いタイプのビニール袋に入った白い小タオルの他、
貸し出し品のバスタオルもありました。金庫もありました。
c0060927_22543891.jpg


部屋には灰皿が予め設置されており、禁煙室というものはないようでしたが、
特に壁や調度品のヤニ臭さなどは感じませんでした。
c0060927_2255429.jpg


テレビは普通のサイズで無料で見られます。若い方はご存知ないかもしれませんが、
廉価な旅館や湯治宿はコインを入れて見るテレビも時々あったものなんです。
c0060927_236294.jpg


空調はエアコンのみ。この日は暖かい日でしたが、やはり上から送風されるエアコンは、
自宅でもそうですが、あまり足元の利きがよくないような気が。
空気の乾燥を防ぐための加湿器が備え付けられているのには感心しました。

鍵は2つ。これも嬉しいですね~。
例えば夫と同じ時間に大浴場へ行くとしても、どちらかが上がってくるのが遅ければ
いくら館内とはいえ、神田川状態。待ち合わせる手間が省けます。
c0060927_22593080.jpg


一番安い部屋でもトイレと洗面は付いているのもうれしいです。
c0060927_22562844.jpg


by natchan72 | 2009-05-10 22:59 | 2009年3月仙台・白石旅

(宿泊)2009/3/21鎌先温泉 時音の宿 湯主一條(廊下から部屋へ編)

■(宿泊)鎌先温泉 時音の宿 湯主一條(廊下から部屋へ編)

・・・再び荷物を持ってくれて部屋まで案内してもらいます。
ロビーを出るところでは浴衣がS、M、L(これは身長の差らしいです)と3種類のサイズと、
緑と紫の2色のものが用意され、任意のものを各自2枚ずつ選んでお借りする仕組みでした。
c0060927_1847966.jpg


階段を上がったり下がったり。複雑ではありませんが、ちょっと入り組んでいます。
廊下のコーナー等にはちょっと洒落たランプやお花が飾ってあり、
雰囲気を盛り上げます。
c0060927_18511023.jpg


c0060927_18514553.jpg


c0060927_18525938.jpg


c0060927_18534210.jpg


(↓サロンは昔、湯治宿だったとき、入浴後に休憩する場所だったらしい)
c0060927_1848573.jpg


c0060927_18542951.jpg


by natchan72 | 2009-05-10 18:55 | 2009年3月仙台・白石旅

(宿泊)2009/3/21鎌先温泉 時音の宿 湯主一條(チェックイン編)

■(宿泊)2009/3/21鎌先温泉 時音の宿 湯主一條(チェックイン編)

・・・食べログレビュアー「オトシン」さんのレビューを拝見し、
なかなかリーズナブルで良さそうな宿だと思ったところ、
太夫さんも去年泊まった宿の中でベスト3に入るとおっしゃっていたので
私も三連休を利用して宿泊してみることにしました。

こちらの宿、部屋にお風呂が付いた部屋や広い洋風の部屋など
色々バリエーションがあるのも魅力的なのですが、
今回私達は旧館を眺めることのできる本館和室を選択。
ここが一番安い設定。

セミスイートとスイートのお料理はどちらもスイートのお料理内容。
他はスタンダードのお料理だそうです。
スタンダードのお料理内容が出る部屋でも2,100円アップでスイートの料理内容に変える事も出来るそうですが、今回はスタンダードで。
予約は宿の公式HPから直接webにて。

宿の敷地内は細くて急な坂道なので、宿の手前に平坦で広い駐車場が設けてあります。
そこから宿に電話をすれば迎えの車が来てくれるそうですが、
携帯電話を持っていない人はどうするのかな?

(↓こちらが駐車場)


c0060927_16441078.jpg


(↓玄関を入ったところ)
c0060927_16451991.jpg


(↓ロビーラウンジ)
c0060927_1646173.jpg


(↓器や小物を販売しているようでした。)
c0060927_16514348.jpg


宿の玄関前に送迎車を横付けしたら、宿の人が荷物を持ってくれ、
同じフロアのロビーラウンジ(夜はバーになるそうです)へご案内。
c0060927_1648145.jpg


c0060927_16522080.jpg


c0060927_16524715.jpg


和菓子と抹茶を頂きながらゲストカードに記入します。このときに夕食の希望時間を決めます。

(私と夫の2種類の器が楽しめて♪)
c0060927_16535768.jpg


c0060927_16541710.jpg


(↓各テーブルにお花が活けられていたのがうれしい。)
c0060927_16553162.jpg


また、夕食時に注文するアルコール類を大体決めます。
飲み物は「当館ではワインを特にオススメしております」と案内されましたが、値付けが高く感じたのと、
グラスワインの銘柄がわからないと言われたことと、
料理は和洋折衷とのことだそうですが、私には和食ベースのコース料理に思えたという理由で
ワインは選ばずに地ビールグラス1杯ずつと日本酒の純米酒350mlを注文しておきました。

また、「夕食時にお布団を敷きに参ります。
翌朝のお布団は、チェックアウトまでそのままか、朝食時に上げに参るのとどちらがよろしいですか?」と
聞かれます。私たちはチェックアウトまでそのままを選択しました。

翌朝ドアのところに朝刊が届けられていました。
by natchan72 | 2009-05-10 16:48 | 2009年3月仙台・白石旅

白石うーめん番所(宮城県白石)

3/21(土)の昼食 白石うーめん番所(宮城県白石)

c0060927_15332377.jpg


・・・宿泊する宿のHPに「宿の近くのオススメ飲食店」が載っていて、
その中のひとつ「白石うーめん番所」さんで昼食を摂ることにしました。
c0060927_15334673.jpg


昼食にはちょっと遅めの14時過ぎでしたが、駐車場の車もほぼ満車、賑わっているようです。
戸を開けて入ると左に売店、右が4人がけのテーブル席と小上がりの座敷がありました。
c0060927_15341910.jpg


3連休なのでとても混んでいるようでした。
もうちょっと早いタイミングで入店した人は料理が出るまでかなり待ったようで、
あちこちから「まだでしょうか?随分待たせていただいているのですが。」との声が聞こえました。
私達は少しずれていたからか、危惧したほどは待たずに食べることができました。

待つ間に売店でうーめんの原材料表示を見たら、品名に「そうめん」とありました。
へえ、分類は「そうめん」だったんだ~。
c0060927_15345236.jpg


待ち時間の間にちょっと・・と思い、「ゆずみそ おでん」(1串100円)を注文。
ゆず味噌がさっぱりしていて美味しく満足です♪
c0060927_15352439.jpg


夫が注文した「板そば温麺(うーめん)えび天・ゼリー付」(1,200円)は、
ついつい蕎麦としての味を評価しがちなのですが、あくまでも「蕎麦うーめん」のような味かな~。
蕎麦として考えると私は好みじゃない感じ。
セットにした天ぷらはフリッターのような海老天の周りにうーめんの衣がさらにまぶしてあり、
二度揚げしてあるような作りで、カリっとした食感が面白くて気に入りました。
c0060927_15355711.jpg


c0060927_15362720.jpg


c0060927_1537268.jpg


c0060927_15373040.jpg


c0060927_153804.jpg


私が注文した「うーめん三昧 ゼリー付」(三色うーめん)(900円)は、
冷やし素麺みたいで美味しかったです。
薬味に梅肉がちょこっと付いているのも美味しかった♪
c0060927_15383956.jpg


c0060927_1539986.jpg


どちらにもついているゼリーもあっさりしていて美味しかったです。
c0060927_15395292.jpg


食後には裏手にある座敷でJR東日本・大人の休日倶楽部CM・宮城県「白石うーめん篇」
( http://www.jreast.co.jp/otona/tvcm/shiroishi.html )
(2008年11月)の撮影に使われた場所を見学させていただきました。

このCM以外でもテレビ番組等の撮影が行われたことがあったそうで、
タレントさんのサイン色紙や写真などが飾ってありました。

c0060927_1544134.jpg


c0060927_1544382.jpg


c0060927_1545381.jpg


c0060927_15452689.jpg


c0060927_154551100.jpg


by natchan72 | 2009-05-10 15:40 | 2009年3月仙台・白石旅