なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2009年の食卓( 373 )

アズリーフのサンドイッチ 他 12/28(月)の食卓

■朝食

蒸しキャベツ
人参ツナサラダ
スモークチーズ
チンジャオロウスー
さとうの御飯1/2膳
c0060927_23193572.jpg


■昼食 <持ち帰り>アズリーフ
c0060927_23195474.jpg


サンドイッチとメープルクリームチーズを買ってきて食べました。メープルクリームチーズは私には甘すぎてあんまり好みじゃなかったなあ。サンドイッチは普通に美味しかったです。

■夕食

人参ツナサラダ
蒸しキャベツ
「日本一」の焼き鳥
ねぎおかか
さとうの御飯1/2膳
c0060927_23201190.jpg


by natchan72 | 2010-03-22 23:19 | 2009年の食卓 | Comments(5)

<外食>珈琲館 大宮東新井店 他 12/27(日)の食卓

■朝食 <外食>珈琲館 大宮東新井店

日曜日の朝、10:30に見沼区で待ち合わせがあったので、早めに家を出て途中で見つけたこちらで朝食を食べることにしました。
c0060927_2392555.jpg


珈琲館は、レシートの裏を見ると、ユーシーシーフードサービスシステムズさんが取りまとめるフランチャイズ店のようです。関西では国道二号線沿いの西宮あたりの店や、三宮駅近くの店など入ったことがありましたが、関東に引っ越してからは初めて。

駐車場完備。店内は分煙されていますが、透明の仕切り板は天井までなくて半分ぐらいの高さ。勿論ドアもないので禁煙席とはいえども全体的にタバコの臭いが漂ってしまっています。空気清浄機は置いてありますが・・。路面店だからか、暖房はかかっているのですが、足元と腰が寒かったです。

メニューを見ると、トースト、スクランブルエッグ、ミニサラダが200円台というお得なモーニングサービスがあったものの、クラブハウスサンドも美味しそう、25センチオーバー・ロングウインナーが入ったビッグホットドックも捨てがたい・・と迷っているうちに、全部レギュラーメニューの単品オーダーをすることになりました。

「珈琲館ハウスサンド」(500円)
→ローストチキン、玉子、野菜入りのパンが焼いてあるタイプのサンドイッチ。私は噛むとパンが2ミリぐらいの厚さになってしまうのが、なんだかイーストフードでも使っていそうなイメージがしてあまり好ましくないように思ったのですが、夫は噛んでも厚さの変わらないパンはサンドイッチの場合は食べにくいからこれがいんだと主張します。パンの好みって人それぞれなので難しいです。
c0060927_2395299.jpg


「ビッグホットドック」(今だけ400円)
→夫が食べたがったので注文した品。ごく普通のホットドック用パンにロングウインナーがはさまっていて、粒マスタードが添えてあるというもの。全く普通で面白みは感じません。私はドトールの方が好きです。
c0060927_2310623.jpg


「ミックスサラダ」(380円)
→「ビッグホットドック」だと野菜が摂れないので追加注文。切り口は特に酸化していませんが、手でちぎったものではなく、刃物状のもので四角くカットされたリーフレタスでした。上にはトマトの角切り、コーン、パプリカ。摩り下ろしドレッシングはオーロラソースっぽくて少し甘みがあって美味しかったですが、セットのミニサラダにかかってくるドレッシングも同じものでした。
c0060927_23102314.jpg


「陰干しコーヒー」(500円×2)
→プレミアコーヒー的なものかと思いますがコーヒーカップは白いこぶりのもので、あまり高価な感じがしません。そして、カップの取っ手の内側がベトベトしています。昔喫茶店に入ることがあった時(最近はせいぜいドトールぐらい)この取っ手の内側のベトベトが気持ち悪かったのですが、久しぶりにフラッシュバック。カップの内側は茶渋もなくて綺麗なんですけど、何ででしょうねえ?味は良かったですが、500円の割には香りが少ないかなあ。前日、志木の『コーヒー豆屋』さんの豆を家で挽おて入れて飲んだコーヒーの方が美味しく感じました。これは好みの問題なのでしょうね~。
c0060927_23104193.jpg


お会計は計2,280円(1人1,140円)。んー、やっぱりモーニングとブレンドにすれば良かったか。

■見沼天然温泉 小春日和にて(別記事)

■夕食

チンジャオロウスー
人参のオリーブオイル煮
ウインナーと野菜炒め
かます焼き
c0060927_23142689.jpg


●朝の空
c0060927_2315924.jpg


雲が綺麗でした。
by natchan72 | 2010-03-22 23:15 | 2009年の食卓 | Comments(0)

<外食>梨花園 他 12/26(土)の食卓

■朝食兼昼食 

雑炊
ローストビーフ
c0060927_21432283.jpg


・・・前夜の鍋の残りに御飯を入れて雑炊を。玉子がなかったので本格的ではないですが、普通に美味しく頂き、満腹になりました。

■夕食 <外食>梨花園

1週間前、夫がこの店をリクエストしたのに私がイタリアンな気分といって連れて行った店がイマイチで険悪ムードになったので、今日は再度ここをリクエストしてきた夫意見を尊重して。

行くと駐車場に車が一杯でびっくり。初回訪問時と随分様子が違います。店内へ入ると、8人ぐらい座れそうなテーブル席が1つだけ空いていてそこに案内していただきました。どうも座敷で団体さんが宴会をされていたようです。

今回注文したのは

「タン塩焼き」(950円)
→この店のタン塩は焼くと表面に肉汁が出てきてそれを落とさないように小皿へ運んでレモン汁で食べるのがうまうまですー。
c0060927_2144068.jpg


「特上ロース焼き」(1,280円)
→最近脂身入りの肉が苦手なのでここの特上ロースは我が家の好みにピッタリ。肉の旨みが味わえて嬉しい。
c0060927_21442199.jpg


c0060927_21454635.jpg


「バリバリサラダ」(420円)
c0060927_21443573.jpg


「キムチ3種盛り合わせ」(780円)
c0060927_21445798.jpg


「ナムル4種盛り合わせ」(420円)
→これらも前回と同じものを注文。特にナムルの味がそれぞれ違う味付けなのが嬉しいです。ごま油と塩の味でどれも素材しか違わないっていう店もありますからね~。あと、ぜんまい(?)も味わい深くて好きです。
c0060927_21475975.jpg


「牛スジポックン」(530円)
→これは料理名も初めて聞きました。牛スジを甘辛く煮込んであるような感じ。お酒のおつまみにピッタリ合いそう。
c0060927_21452841.jpg


「コムタンスープ」(580円)
→コムタンスープが飲みたくて注文したものの、大きな器だったのでもてあまし気味に食べてしまいました。今日はちょっと注文しすぎました。キムチとバリバリサラダを減らせば良かったかなあ。具は大根、肉、葱など。とってもいいお味でした。今度から最初に注文しようっと。
c0060927_21462127.jpg


c0060927_21463259.jpg


「ビビンバ」(530円)
→これは夫注文の品ですが、やはり満腹だったそうで、ナムルをやめてこれにすればよかったと。(笑)
c0060927_21464761.jpg


c0060927_21465779.jpg


どれも美味しいのでついつい注文しすぎてしまいました。こんなにお腹がはちきれそうなぐらい食べてお会計は計5,490円(1人2,745円)。安っ。またきます。
by natchan72 | 2010-03-22 21:46 | 2009年の食卓 | Comments(0)

豚しゃぶ鍋 他 12/25(金)の食卓

■朝食 S&Bのキーマカレーライス
c0060927_21153891.jpg


■お弁当

かぼちゃの煮物
チンジャオロウスー
十穀米入り御飯
c0060927_21155947.jpg


■夕食 豚しゃぶ鍋
c0060927_21161487.jpg


c0060927_21162496.jpg


・・・2年ぶりぐらいに家で鍋を作りました。具は、白菜、豚肉、人参、椎茸、絹こし豆腐、下仁田葱。ポン酢でさっぱりと。七味唐辛子の代わりに柚子胡椒を入れてみました~。
by natchan72 | 2010-03-22 21:16 | 2009年の食卓 | Comments(0)

キーマカレー 他 12/24(木)の食卓

■朝食

S&Bのキーマカレーライス
ヨーグルト桃ジャム添え
c0060927_214820.jpg


・・・S&Bから出ているキーマカレーのルーを初めて買って作ってみました。まずくはないのですが正直期待外れ。というのも、普通のカレーっぽいのです。スパイスを少なめに入れて万人向けにするとこうなるのかな。

■お弁当

かぼちゃの煮物
マルシンハンバーグ
十穀米入り御飯
c0060927_2142344.jpg


■夕食 <外食>ホッピー酒場一球

東武東上線「志木」駅南口を出て左へ。回転寿司屋、花屋を左に見ながらちょっと進むと、右側にある角地のビルの1F。店長さんと思われる男性がドアを開けてくださって入店。
c0060927_2145496.jpg


客席は表に立ち飲みスペース。店内に入った右側にドラム缶をペイントしたものがテーブルというバーっぽい作りのスペース。左側のオープンキッチンに沿ったカウンター席、正面が普通のテーブル席、という分布。私たちはテーブル席に着席しました。
c0060927_2151697.jpg


お店にいるのは皆さん中国系とお見受けする方で、若い女性店員さんがお絞りのビニールを目の前で開けながら差し出してくださいます。へえ、ちょっとしたレストランみたいなサービスだな♪そして、コートはハンガーにかけてくださいました。ビックリ。たまたまヒマな時間帯だったからのサービスかもしれませんが、嬉しかったです。

飲み物は寒い日だったのでホットの紹興酒をデキャンタで(1,280円)。ボトルのものよりこちらの方が店長さんはオススメだとか。(お通し250円×2)
c0060927_216698.jpg


注文した料理は以下のもの。

「岩塩キャベツ」(280円)
→塩だれと白胡麻がかかった生キャベツです。生キャベツが食べやすい大きさにカットされていて量が少なめだったので、パっと見、少なっって思っちゃいましたが、色々食べたいしこれで丁度いいのかも。味は良かったです。
c0060927_2161928.jpg


「一球ラム串」(150円×2本)
→これ、すごく気に入りました。身は小さめなのですが、肉の味が抜群。クミンが嫌いでなければ是非に。私はお皿に落ちたクミンを指で拾って食べたぐらい気に入りました~。
c0060927_2163197.jpg


「(限定10食)焼き餃子」(280円)
→注文を受けてから1つずつ手包みしてくれる餃子です。
c0060927_2164873.jpg


「豆苗炒め」(580円)
→豆苗ってあまり食べたことがないので注文してみました。緑のスプラウトみたいな感じ。栄養満点なんだろうな。あっさりした味もなかなかでした。
c0060927_217095.jpg


「ホイコーロー」(650円)
→日本のホイコーローとは別物でした。皮付きの豚肉がたっぷり。めっちゃうまです。皮付き肉を食べられるのは沖縄料理のラフテーか、中国料理のトンポーローぐらいかと思っていましたが、ここでこのお値段でお目にかかれるとは。感激です。
c0060927_2172387.jpg


「四川麻婆豆腐」(620円)
→韓国料理の石焼ビビンバの器を一回り小さくしたような形の器に入った「四川麻婆豆腐」を店員さんがかき混ぜながら運んできてくださいました。グツグツです。この山椒は今まで食べたことがないビリビリ感。痺れます。唐辛子の辛さはあまり得意でない私ですが、この山椒はいけました。ただ、さすがにライスが欲しくなり1つ注文。
c0060927_2173663.jpg


「ライス」(200円)
→固めに炊かれた小ぶり茶碗に入った御飯。麻婆豆腐にドンピシャな味でした。
c0060927_2174934.jpg


「三冷ホッピー」(380円)
→三冷とは、ジョッキ、焼酎、ホッピーの3つが冷えていて、氷を入れずに作るものだそうです。初めて飲みました。そしてめっちゃ旨いです。焼酎の銘柄はキンミヤです。今までホッピーの中が多い店がサービスがよくていい店だと思っていましたが、目からウロコでした。冷えたジョッキに適量のキンミヤ、そこに冷えたホッピーを注いでジャストジョッキの容量ピッタリなのが抜群の味です。いやはや感激しました。
c0060927_218841.jpg


「四川胡瓜漬け」(280円)
→ホッピーのつまみに漬物を。普通に美味しくいただきました。
c0060927_2182479.jpg


「一口チャーハン」(380円)
→チャーハンは夜は一口サイズのみの用意なんだそうです。だからこそ注文する気になるのかな。
c0060927_2183944.jpg


こちらのお店、ランチ営業もしていらっしゃるそうで、ランチメニューも美味しそうでした。飲み屋で料理が中華って、実際に行くまではなんだかピンとこなかったんですが、アリだなと思いました。宴会予約もできるそうなので、いつかプチ宴会もいいな♪

お会計は合計5,930円(1人2,965円)。大満足でした。ご馳走様でした。

●今朝の空(6:49)
c0060927_2192784.jpg


●田端駅前のイルミネーション
c0060927_2195441.jpg


by natchan72 | 2010-03-22 21:10 | 2009年の食卓 | Comments(0)

クリスマスっぽい夕食 他 12/23(水・祝)の食卓

■朝昼食 菜の花とウィンナーとしめじのスパゲティ(夫製)
c0060927_20485937.jpg


c0060927_20491137.jpg


・・・まだ外は真冬なのに、スーパーにはなんと菜の花が並んでいました!気持ちだけでも春を感じたくて購入。スパゲティの具として食べました。

■夕食

鶏の丸焼き・半身(スーパー惣菜)
サーモンサラダ(スーパー惣菜)
オードブル(日本ハム)
スーパークリングワイン・ハーフ
c0060927_20492498.jpg


c0060927_2049429.jpg


c0060927_20495679.jpg


・・・祝日プログラムにヨガがあったのでスポーツクラブへGO。帰りにクリスマスっぽい惣菜をスーパーで買って家でイブ前倒し。「サーモンサラダ」は美味しかったけど、上げ底で葉っぱ少ない。リーフレタスとサーモンを買って家で盛った方が数倍美味しかったんだろうなあ。「鶏の丸焼き半身」はナイフを入れた途端、赤い汁が出てきてギョっとしました。原材料の表示に赤ワインとは書いてないしなあ。でも鶏肉なのに、たんぱく加水分解物を使っているっていうのが理解できない。国産ハーブ鶏って書いてあるから買ったのになあ。やっぱりこれも家で照り焼きなどをする方が美味しかっただろうなあ。
c0060927_20501953.jpg


by natchan72 | 2010-03-22 20:50 | 2009年の食卓 | Comments(0)

山芋とろろ汁 他 12/22(火)の食卓

■朝食 カップ麺

■昼食 <外食>ハローJ
c0060927_20281694.jpg


ランチで利用しました。日替わり定食の魚は赤魚の煮付けで、それにしようと思っていたのに、寒い日だったので急に汁物が食べたくなり、思わず口から「野菜タンメン」って出てました。(笑) 肉気がほとんどなくてちょっと寂しい気がしないでもなかったですが、身体は温まってよかったです。単品の小鉢はカレー風味のポテトサラダのようなもの。こちらはまあまあでした。

■夕食

蒸しキャベツ
山芋とろろ汁
鶏の唐揚げ(冷凍食品)
ポタージュスープ(インスタント)
c0060927_20283222.jpg


c0060927_20284470.jpg


■今日の富士山
c0060927_202982.jpg


by natchan72 | 2010-03-22 20:29 | 2009年の食卓 | Comments(0)

<外食>PAZOO 他 12/21(月)の食卓

■朝食

ちりめんじゃこのせレタスサラダ
魚の缶詰
信州くらかけ豆煮
紫米と麦入り御飯
c0060927_14253741.jpg


■昼食<外食>浅野屋

「カレー南蛮蕎麦」(700円)を食べました。薄切り豚肉が何枚も入っていて、青葱の斜め切りも添えてあり、ダシとカレーがしっかり蕎麦屋ならではのカレーでした。このカレー蕎麦が好きなんです♪とっても気に入りました。
c0060927_14275618.jpg


カレー物を注文すると、お願いしなくても熱いお茶だけでなく冷水も持ってきてくださる気遣いも嬉しいお店です。

(↓飾り・・かな?)
c0060927_14282350.jpg


■夕食<外食>PAZOO

いままで2名でしか訪問したことのなかった店ですが、今回は初めて7名で訪問しました。飲み物は基本的にワイン飲み放題800円を利用し、以下のものを食べました。このワイン飲み放題は、前回訪問時は飲みすぎて二日酔いが辛かったのですが、今回はよくおしゃべりしながら飲んだからか問題ありませんでした。
c0060927_14293281.jpg


「イタリア直送 グリーンオリーブ盛り」
→グリーンオリーブだけの一皿って初めて見ました。しかも、新鮮というか、若いというか。種入りなので食感もよく前菜としてなかなかのものでした。
c0060927_14285430.jpg


「本日のアンティパスト」
→これは不思議な食べ物。とうもろこしっぽい粉で作ったパンドケーキ型にチーズがかかったもの。チーズは美味しいのですが、台があまり口に合わなかったかも。ただ、内容がわかっていれば注文しなかった料理だと思うのでいい経験になりました。
c0060927_14291674.jpg


「プロシュートのピザ」(980円)
→こちらの店は2名で訪問するとピザまでたどり着けなくて食べたことがなかったのです。念願のピザで嬉しい。想像より薄いピザ生地でおつまみとしても良さそうでした。プロシュートも美味しかったです。
c0060927_14323091.jpg


「木ノ子達のリゾット」(800円)
→前回ポルチーニやスカンピ海老のリゾットを食べてこの店のリゾットの美味しさは知っていましたがこれも皆さんに評判良くて。この店はリゾットがイチオシだな♪と思いました。
c0060927_14332776.jpg


「石井さんちのトマトのサラダPAZOO風」(680円)
→石井さんちのトマトというのは新座市内にある農家で作られたものだそうです。別のところで聞いた話によると、水耕栽培なのだそうで、夏の露地栽培に比べると濃さは少ないのかもしれませんが、年間通じて食べられる甘みがあってサッパリ系のトマトということではなかなか。トマトが堰になったような綺麗な盛り付けも見た目を楽しませてくれました。
c0060927_14335016.jpg


「トマトのブルスケッタ」(400円)
→これは私の推薦で注文。バゲットが厚めなので、1切れでも食べ応えあります。
c0060927_14341520.jpg


「卵とベーコンと生クリームのスパゲッティ(R)」(950円)
→生クリームがたっぷりらしく、カルボナーラよりソースがやわらかくてクリーミーな感じでした。このソースがかなり美味しい。これもこの店イチオシだな~。
c0060927_1435694.jpg


「ゴルゴンゾーラとジャガイモのグラタン」(600円)
→記憶があやしくなってきました。
c0060927_14361663.jpg


「森の木ノ子達と生クリームのスパゲッティ(R)」(950円)
→このあたりでワインが結構回ってきたような。
c0060927_14364863.jpg


「ラザニア エミリア風」(980円)
→なぜかあまり記憶にない。
c0060927_14371128.jpg


「横田さんちのルッコラとシチリア産アンチョビのサラダ」(730円)
→これは私が注文したもの。アンチョビが少なめだったかなあ。若干物足りないかも。
c0060927_14373581.jpg


「骨付き地鶏の網焼きフレッシュトマトとバジリコソースレモン風味」(900円)
→これも私が注文。元々この店へ行ったのは桑畑三十郎さんのレビューでこの料理の写真が印象的だったからという思い出の一品♪バジルがたっぷりついたレモン1/2個の断面が好きなのです。(笑)
c0060927_1438473.jpg


グラッパだっけ?
c0060927_14401134.jpg


「パエリア」(2000円)
→パエリアはこの店で初めて注文してみました。お時間かかりますけどいいですか?と。ということで、お急ぎの方は早いうちに注文しておいた方がいいと思います。味はよく覚えていないんです・・。
c0060927_14392277.jpg


「ウォーヴォのピザ」(800円)
→こじんまりしたピザ。真ん中の玉子が印象的でした。
c0060927_14403277.jpg


「活アサリのワイン蒸し」(580円)(写真撮り忘れ)
→前回私が頼んで、唐辛子の種が蒸し汁に入っていて口の中が大変なことになったのでおそるおそるアサリ1つだけつまんで頂きました。(笑)

「マロンとミルクのジェラート」(400円)(写真撮り忘れ)
「ミルクティーのジェラート」(400円)(写真撮り忘れ)
→今まであまり気付かなかったのですが、こちらのお店はデザートがこれしかないんだそうです。これはちょっと拍子抜け。でもオーナーシェフと思われる男性がメインでこれだけの箱を切り盛りされていて、あとは若いアルバイトさんが多いというお店ですから仕方ないのかもしれませんね~。味はどちらも素朴な感じで全然悪くなかったです♪

■夜食 

イタリアンの帰り、ちょっとだけ居酒屋へ寄ってみました。
レモンサワー、
c0060927_14412129.jpg


あん肝、
c0060927_1441446.jpg


タコ刺身
c0060927_1442276.jpg


ソース焼きそば
c0060927_14421934.jpg


を食べて帰りました~。
by natchan72 | 2010-03-22 14:22 | 2009年の食卓 | Comments(2)

<外食>クルミドコーヒー(西国分寺) 他 12/20(日)の食卓

■朝食 レタスチャーハン(夫製)
c0060927_13232331.jpg


■昼食 <外食>クルミドコーヒー(西国分寺)

中央線沿線在住の方と待ち合わせる用があったので、こちらに伺うことにしました。JR中央線・武蔵野線「西国分寺」駅の改札口を出て左へ。東武ストアを過ぎた角を右へ曲がると正面に見えます。公式HPを拝見すると、こちらの土地に元々住まいがあったオーナーさんが集合住宅に建替え、そこに喫茶店を作られたのだとか。
c0060927_13234854.jpg


1Fの入口を入ると、客席は地下、中二階、その上、二階と色んなフロアに分かれている面白い作りでした。ツリーハウスをイメージしたような内装という感じでしょうか。楽しいのですが、私は目があまりよくないので、個人的には階段があまり得意じゃなくて、こういうアンチバリアフリーっぽい作りはあんまり好みじゃないです。トイレは男女兼用で地下に1箇所しかないので、待つことを考えると、早めに行く方がいいと思います。
c0060927_13241466.jpg


私たちが着席したのは、中二階の7人がけテーブル席。照明は色々あるのですが、私たちのテーブルの上や二階への階段途中にぶら下がった照明器具があり、同行した方も、店員さんも頭をぶつけていました。目でもぶつけたらどうするつもりなんでしょうか?安全面にもう少し配慮があったほうがいいと思いました。
c0060927_1327557.jpg


c0060927_1328797.jpg


c0060927_13281715.jpg


c0060927_13283061.jpg


注文したのは、飲み物は私は「ホットカフェオレ」(650円)、夫はクルミド珈琲(というブレンド)のホットコーヒー(650円)。こちらのお店、地下に水出しコーヒーメーカーが置いてあり、どの銘柄のものも水出しなのだそう。ホットカフェオレはあまり熱くなくて最初から温め、クルミドコーヒーは普通に美味しいコーヒーだったそうです。
c0060927_13272598.jpg


昼食がまだだったので軽い食べ物を注文することに。休日は食べるもののメニューは3つしかありませんでした。BLTサンドはなんとなく想像がつくような気がしたので「ポテトサラダサンド」(430円)と「天然酵母のパン 南部パン」(550円)を注文。テーブル備え付けのクルミを割って食べながらおしゃべりもしながら待ったので別にいいんですが、とにかく注文の品が出てくるまでにものすごく待ちました。
c0060927_13293354.jpg


「ポテトサラダサンド」は、一般的なポテトサラダとは全然違うもので、びっくり。マッシュポテトにベーコンのようなものを混ぜたようなものかなあ。バンズがこれまた普通のパンじゃなくて、パウンドケーキみたい。ひまわりの型に入れて焼いたかぼちゃ入りのパンらしいのですが。まあ見た目はカワイイです。が、食事らしいサンドイッチが食べたかった私たちはちょっとガッカリ。
c0060927_1329432.jpg


もうひとつ「天然酵母のパン」は、1/2サイズぐらいのベーコンエピと、クルミパンのスライスしたものが5枚ほどがバスケットに入ってきました。クリームチーズとメープルシロップが添えられていました。が、ミニサラダやピクルスのひとつも付いてなくて再びガッカリ。買ってきたパンを食べるだけなら、喫茶店じゃなく家でもできるし、駅のベンチだってできるものなあ。クリームチーズとメープルシロップがついているのがオリジナルだといわれればそうですが・・。
c0060927_13294833.jpg


しばし歓談し、滞在時間も1時間ほど経ちましたので、楽しみにしていたスイーツ系のものを注文することにしました。「アイスクルミドケーキ」(450円)です。一覧の中から2種類のアイスかシャーベットを選ぶというものです。塩ミルクアイスと木の実アイスを選択。これまた延々待たされて登場。いえ、別に今回はゆーっくりしたいので、却って都合はいいのですけどね。なんで出来上がっているケーキに仕入れたアイスをはさむのにそんなに時間がかかるんでしょうねえ。アイスをはさむバンズはさきほどのポテトサラダサンドと全く同じものでした。デザートも食事も同じ材料でしたか・・。これらのアイス、静岡のアイス屋さんのものだそうですが、説明書きが面白かったです。「香料や着色料をできるだけ使わないもの」と。なんで「使わない」ではなく「できるだけ使わない」なのでしょう?ハーゲンダッツのアイスでも使用していないし、一般的にジェラートは添加物のあるものは滅多にないし。
c0060927_13301314.jpg


c0060927_13303152.jpg


c0060927_13304331.jpg


お会計伝票の代わりに木製のリスや小鳥を模ったものが渡されるの点はとても面白いですが、飲み物以外のメニューがスイーツや軽食ともに少ないのは期待ハズレでした。子供のための喫茶店ということで、お水のグラスが大人には陶器の白いコップ、子供用には透明の半分サイズのコップなどの差がありますが、逆に大人用の水の残量が店員さんから見えないので、お水のお代わりは一々1Fにいる店員さんまで言いにいかなくてはいけないという弊害があったりして。それに、音楽は静かな音量でクラシックがかかっていて、店内が静かなのと、声や足音がよく響く建材と作りなので、大人も子供も声が響いてしまいます。それゆえ、一人でコーヒーを飲みに来ているお客さんの中にはここが「子供のための喫茶店」というコンセプトに気付かないor知らない、静かに過ごしたい人も多いんじゃないかと感じてしまいました。
c0060927_1331367.jpg


まさに子供とその保護者への配慮としては、岩手県にある『館ヶ森アーク牧場 レストランTill's』という店に合った「お子様連れの皆さんへ」というカードに書いてあった《子供は散らかすことの名人です。散らかしても気になさらないでください。片づけは私どもにお任せいただき、お食事をお楽しみください。》
( http://r.tabelog.com/iwate/A0303/A030301/3004255/dtlrvwlst/1023222/ )
こういう配慮なのではないかなあと。

コーヒーを飲む喫茶店としては全然悪くないのですが、お店がHPで謳っているコンセプトとはギャップを感じてしまったので、色々書いてしまいました。大勢のファンがいらっしゃるお店に対してごめんなさい。支払い金額も2人で2,730円と喫茶としては高額の支払いもちょっと・・。でした。

■夕食<外食>幸龍

「ホット紹興酒(5年もの)」1本
→とても寒い日だったので、ホットでお願いしました。もっとビンテージのもあったので、次回はそれにしようかな。ホット紹興酒は翌日に響かないことが多くて好きだな。

お通し「豚しゃぶ胡麻だれ」
→この胡麻だれが美味しくて気に入ったので、メニューに入れてほしいと頼んでおきました。(笑)
c0060927_13337100.jpg


「幸龍特製サラダ」(690円)
→この日の内容は、トマト、水菜、ブロッコリー、カリフラワー、リーフレタス、大根、きゅうりなどで、上から刻み海苔がかかっていました。
c0060927_133439.jpg


「台湾風玉子焼き」(580円)
→これも初めて見たメニュー。あんかけの玉子焼きですが、ちょっと甘みもある餡がしょっぱすぎない優しい味付けなのが気に入りました。具は牛肉の細切れ(っぽく感じた)や青葱が入っていたように思います。
c0060927_13341915.jpg


「ホタテ貝と海老とイカのあっさり炒め」(1,280円)
→この日の具は、イカ、ホタテ、人参、カボチャ、パプリカ、青菜、レンコン、クワイ、カリフラワー、オクラ、サツマイモ、ブロッコリー、しめじ、竹の子、ふくろたけなど。その名の通りあっさりした素材が生かされたお料理でした。
c0060927_13345857.jpg


「ホルモン(豚もつ)の唐揚げピリ辛山椒風味」(800円)
→初めて見たメニューで、面白そうなので注文してみました。中華料理っぽくないけど、小口切りの唐辛子と一緒に揚げてあるモツで、味はかなり美味しかったです。
c0060927_13352379.jpg


「ザーサイあっさり和えソバ」(800円)
→エビが入っていて、水菜がのせてありました。中華の細めんが大好きなので、これは味も麺もとても気に入りました。
c0060927_13354031.jpg


by natchan72 | 2010-03-22 13:31 | 2009年の食卓 | Comments(0)

<外食>カメさん食堂(朝霞) 他 12/19(土)の食卓

■朝食 フォー

■昼食 <外食>カメさん食堂(朝霞)

かねてより一度訪問したいと思っていた店ですが、やっと念願叶っていくことができました。日曜日がお休みの店なので、思い出すと日曜日・・という感じで今までご縁がなくて。この日は、土曜のブランチに、『石釜パン工房』へ行こうと車を進めていたときに思い出しました!

駐車場があるかどうか心配でしたが、朝霞市役所前に平日は埼玉りそな銀行の契約駐車場になるコインパーキングがあり、そこに停めることができました。お店は埼玉りそな銀行前の信号から斜め右を見たらすぐ見えます。車で市役所前はよく通るものの、そこから朝霞駅方面へは滅多に進まず、いつもその交差点で曲がってしまうので、こんな駅近くにあるんだって知りませんでした。
c0060927_1220382.jpg


外観は老舗の食堂!という感じです。紺色の暖簾がいい感じ。ガラガラと透明の戸を開けるとパイプ椅子とテーブルでいかにも昔の食堂という雰囲気です。13:30頃に2名で訪問。
c0060927_12205394.jpg


c0060927_125404.jpg


予め作ってあるおかず1品と御飯、味噌汁、漬物の定食が500円。おかずが2品だと600円、3品だと700円でした。私たちは3品700円の定食を1つと、とんかつ定食(850円)を注文しました。
c0060927_12512331.jpg


c0060927_12515170.jpg


おかず3品は、ショーケースの中から、ポテトサラダとブロッコリー、切干大根と里芋煮、サバ煮を選びました。ポテトサラダはマヨ少な目で家庭的な味。ブロッコリーは柔らかめに茹でてありました。切干大根はちりめんじゃこ入りらしく、目が光っていました。ちょっと味が濃い目。里芋は味はいいですが、これらのおかずはラップや蓋がされずにショーケースに入れられてしばらく時間が経っていたようで、表面が乾燥しているのがやや悲しい。
c0060927_1252276.jpg


御飯はかまど炊きだそうですが、訪問時間が遅めだったので、炊き上がってジャーに移されてしばらく時間が経っているため、普通に美味しめの御飯という程度かなあ。水加減が少なめで弾力があるので美味しいには違いないですが。
c0060927_12521676.jpg


c0060927_12522865.jpg


味噌汁はこの日は大根が粗め細切りにされたものが入っていました。味噌はそんなに多くなくて、味も薄めで、出汁をちゃんととって作っていそうな出汁味が嬉しかったです。

お漬物はこの日は白菜の浅漬け。葉っぱの方はいい感じですが、芯の方はほとんど漬かってない感じ。醤油を少々かけて食べました。小さ目の梅干が2個ついているのですが、その梅が梅酢につける前に干したような塩がふいた状態のものでした。なんだか不思議な味で、これもなかなか美味しかったです。

夫注文の「とんかつ定食」は、とんかつの肉がワイルドな感じで、いかにも家庭で作ったという好ましいものでした。叩いたり延ばしたり、柔らかくなる液に漬け込んだりしていない感じの。肉肉していて良かったです。ソースはテーブル備え付けの中濃ソースっぽいもので。手で刻んだと思われる生キャベツ、それにポテトサラダまで添えられていて好感が持てました。味噌汁と御飯と漬物は私が食べた定食と全く同じもの。
c0060927_12525939.jpg


お店が古いのと、店内の装飾や植物など、私の趣味とは違うので、なんだかお尻が落ち着かない感じはしますが、味付けは好感の持てるものでしたし、職場の近所にあれば重宝しそうとも思いました。地域に根付いた老舗の食堂。この存在価値は大きいように思います。遠方からわざわざいらっしゃるタイプの店ではないかと思いますが、いつまでもお元気で。丁寧な家庭の味を提供してくださるといいな。
c0060927_12531842.jpg


c0060927_12533430.jpg


■夕食<外食>エル・パルケ(朝霞)

スポーツクラブの帰り、夕食はなんとなくイタリアンっぽい料理が食べたくなり『La・毛利』さんへ電話してみるも、さすがのクリスマス前、超満員で無理とのこと。やっぱりなあ。携帯食べログで検索してみたところ、こちらのお店を見つけました。なんだかスペイン料理屋さんのような名前ですが、イタリアンなのだとか。

和光市方面から志木方面へ向かう道から行くと、宮戸交番(跡)を左折し、ちょっと進んだ右側という場所です。駐車場が店の北側に複数台あり、個人店の割りに駐車場が広くて台数があるのに気を良くしながら入ってみました。ドアを開けると内装が古めの喫茶店のような感じ。
c0060927_12573494.jpg


先客は幼児連れの10名ほどのグループさんがいらっしゃいましたが、ほどなく帰られ、その後は帰るまで私たち2人だけでした。

着席すると、何も聞かれないまま、水とビニールに入ったお絞りが出されました。夫は車の運転があるけど、私はグラスワインぐらいもらおうかなあと思っていたのですが、水を出されると白けてしまいます。じゃ、いいや、水で。この日のホールは高校生っぽい女性がおひとり。もう一人女性がいらっしゃいました(私語はよく聞こえていました)が、ホールにはほとんど顔を出しませんでした。テーブルは木製の古い感じのもので、クロスはありません。

注文した料理は以下のもの。

「前菜3種」(850円)
→この日の前菜3種は、キノコのマリネ、生ハムガーリック、たこの唐揚げと黒板に書いてありました。キノコのマリネとたこの唐揚げはごく普通の味でしたが、個人的には生ハムガーリックのガーリックトーストの切り方が分厚すぎて味のバランスが悪いように思いました。
c0060927_12575985.jpg


「鴨とキャベツの温製サラダ」(850円)
→鴨の枚数は結構入っているのですが、鴨肉が硬くて噛み切れないほどです。あんまり硬いので一口サイズでしたが、もう半分にナイフで切ろうと思いましたが、バスケットにはナイフが1本しか入っていません。もしかしてメインディッシュを頼む人だけにナイフを提供する仕組みなのでしょうか?わざわざお願いして1本追加で貸していただきました。そんなことなら、割り箸でも用意しておいて貰う方がよっぽどマシな気が。キャベツが温かいのは美味しいですが、下が冷たい生のレタスで、ドレッシングが上からたっぷりかかっているので、食感が全部ベチャーっとした感じで上品には感じませんでした。
c0060927_12581991.jpg


「舌平目のムース詰めエビクリームソース(パンorライス付)」(1,300円)
→パスタかピザやリゾットを後から注文したく思い、(パンorライス付)というのは外せますか?と尋ねたら、アルバイトさんと思われる高校生風のホールの方が、「できますが値段は同じです」と即答。パン単品は200円と書いてあるんだから、強制的にセットにしなくてもいいのに・・。
c0060927_12584766.jpg


そんなことなので、もう1品、肉料理を頼もうとしていたのですが、注文するのはやめました。「舌平目のムース詰めエビクリームソース」は特にソースがマイルドでいい味だと思いました。ついてきたパンにソースをつけて食べました。
c0060927_12591455.jpg


そして、パンを食べてしまったので満腹になり、パスタやリゾットは注文できませんでした。私がオーナーだったら、パンがいらない人には200円引きして、パスタやリゾットを別注文してもらうほうが客単価が上がるしいいと思うんだけど。人それぞれ考えがあるので面白いです。

音楽は音量小さめで洋楽のクリスマス系音楽がかかっていました。店内は静かなので、私たちが食事をしている間、厨房の男性1人+ホールの女性2人の3人で私語が盛り上がりまくっているのがよく聞こえていました。私たちがいるのをすっかり忘れていたんでしょうか?

お会計はちょうど3000円。安いですね。最後、調理場の男性が小さい声でありがとうございました、とモゴモゴっと言ってた。ありがとうございましたとハッキリした声で言ってくれる点では、ファミレスや牛丼屋の方がよっぽど感じいいな。

イタリアンディナーを(特にアラカルトで)頼みたかった私たちには残念な店でしたが、駐車場が停め安いですし、ランチ時や高校の帰りなどに、料理メニューも豊富な喫茶店として利用するにはいい店なんじゃないでしょうか。もしくは、子供連れで洋風料理を食べに行く店とか・・。
by natchan72 | 2010-03-22 12:54 | 2009年の食卓 | Comments(0)