なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:2008年6月神奈川ホタルプチ旅( 7 )

神奈川ホタル見学のプチ旅 目次

神奈川ホタル見学のプチ旅 目次

■2008年6月7日

海老名SA下り線 ドーナツプラントにて朝食
(日帰り入浴)湯河原町営 こごめの湯
湯河原温泉 万葉公園足湯施設「独歩の湯」
真鶴 磯料理専門店 正徳
ペシュ湯河原店≪湯河原駅前≫
神奈川 開成町 あじさい祭り
アサヒビール園 足柄店「アサヒビオガーデン」でホタル鑑賞
by natchan72 | 2008-06-07 21:00 | 08年6月神奈川ホタルプチ旅 | Comments(0)

アサヒビール園 足柄店「アサヒビオガーデン」でホタル鑑賞

●アサヒビール園 足柄店「アサヒビオガーデン」でホタル鑑賞
http://www.asahibeer.co.jp/factory/brewery/kanagawa/midokoro/index.html

c0060927_13551187.jpg


関東で唯一のアサヒビール園。アサヒビール神奈川工場は、地球・地域・人との調和を考えた21世紀の「環境創造工場」だそうです。水と緑にあふれ、春は桜、初夏には「アサヒビオガーデン」でホタルを鑑賞できるということで、こちらへ伺いました。

ホタルを鑑賞する前に約10分ほど、映像シアター室で映像を交えながら蛍の一生について学び、鑑賞の心得を聞きます。15分ごとの開催ですが、21:00で閉門なので、私達が訪れた20:15からのホタル鑑賞ミニ説明会が最終回ぐらいだったかもしれません。

心得としては、「カメラのフラッシュは厳禁」「ホタルを捕まえたり持って帰ったりしない」「大声を出したり騒いだり走ったりしない」というような事柄でした。

こちらで見られる「げんじぼたる」は、卵から成虫になるまでに約1年かかり、成虫になってから飛翔する期間は約2週間とのこと。おおまかな流れは以下のようになるそうです。

(6月)メスが産卵(水辺の湿ったコケなどに産み付けます)
  ↓
(7月)ほぼ1ヶ月でふ化し、水中に入ります。
  ↓
(8月~翌年4月/水中生活約9ヶ月) 幼虫は、約9ヶ月間水の中で「カワニナ」という黒い巻貝を食べて成長します。これが意外と大きな貝で、ホタルの幼虫が食欲旺盛なのがわかります。

養殖する場合はこの期間での水管理が重要で、熱帯魚などと同じようにずっとポンプで新鮮な空気を送りつづけ、なおかつ水温を25度から最高でも30度までに抑えなくてはいけないそうです。このあたりが、地球温暖化で夏場の気温が35度や40度近くにもなる昨今、ホタルが現象している一因であるのかもしれないと思いました。
  ↓
(翌年5月~6月/地中生活約40日)雨上がりの湿った土に上がり、土嚢を作ってサナギになります。
  ↓
(6月) 成虫になり飛翔。パートナーを見つけるために光ります。ここが一般的に「ホタルが光る」と言われる時期ですが、実は幼虫のあいだもほんのり光っているのだそうです。ちなみに、メスは水辺の葉やコケにとまってジっとしたまま光り、オスが飛びながら光るのだそうです。成虫になると、蛍はエサを摂らず、水だけを糧にして過ごすそうです。そういう意味でも水が綺麗なところでないと生きられないということです。

蛍と似たような成長方法をする昆虫は、ほかに「トンボ」と「クワガタ」でしたっけ?

アサヒビール園の係員の方が手に乗せて見せてくださった蛍。(一般の人は蛍を捕まえたり触ることはできません。) 想像より大きかった♪
c0060927_13582553.jpg


*****************

アサヒビール園に行く前に立ち寄った和田河原駅近くのホタル保存会の方が育てていらっしゃる水路では、メスだけが見えたようです。アサヒビール園は半々ぐらいで見られたかな。
c0060927_1356057.jpg


夕暮れ時、周囲が暗くなってホタルの光がいつ見えるかしらと期待にドキドキする時間、そして、薄っすらと見え始めた瞬間、次々に見えた時、「わぁっ」と歓声を上げたいのを我慢して蛍の明かりを静かに見守りました。
c0060927_13563081.jpg
私が撮れたのはほーんのちょっとだけ写ったそれらしい光の筋。(笑) 「ふうのなんでも帳」のふうさんが写真を撮ってブログにアップしていらっしゃるのを発見!蛍が光っている写真はすごく難しいと思うのですが、お上手です。ふうさんは茨城の群生地へ行かれたそうです。


将来に渡って沢山の蛍が生きられるためにも、自然環境を大切にしていきたいと思いました。ポイ捨てをせず川や水路を綺麗に保ち、地球温暖化が少しでも抑えられるように燃料や電気を節約したり。当日各自水筒を持参している子供さんをお見かけして、ペットボトルを持参していた自分を反省してしまいました。例えば、やかんで沸かした麦茶を水筒に入れて持ち運ぶことは、その分ペットボトルを使わずに済むのですよね。ペットボトルは資源ゴミとしてリサイクルしているから、と環境に優しいことをしているつもりの自分を反省。勉強になりました。

余談ですが、神奈川県に昔いたものの、現在は生息が確認されていない動物は、かわうそ、あざらし、狼、日本カモシカだそうです。自然を大切に♪



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

More(蛍幼虫のエサとなるカワニナ写真)
by natchan72 | 2008-06-07 20:00 | 08年6月神奈川ホタルプチ旅 | Comments(8)

神奈川 開成町 あじさい祭り

●神奈川 開成町 あじさい祭り
http://www.ag-farm.com/ajisai/

c0060927_1151268.jpg


今回のプチ旅の最大の目的は自然の蛍を見ることでしたが、夜までに時間があったので、どうしようかと思ったところに「開成町あじさい祭り」のノボリを発見。うほほーい、これは渡りに舟。早速行ってみることにしました。
c0060927_11512527.jpg


駐車場は何箇所か用意されていて、普通車は1回500円です。割と立派な仮設のトイレもありました。
c0060927_11514412.jpg


開成町というのは、神奈川県足柄上郡にある町で、神奈川県の中で1番小さい町なのだとか。私は知らない地名でしたが、小田急小田原線を利用する方なら開成駅という駅名に聞き覚えがあるかもしれません。ちなみに小田急線・開成駅西口~あじさいの里入口に片道150円でシャトルバスが出ているようでした。また、このシャトルバスですが、「あじさいの里~ハナアオイ~アサヒビール園(10:20~14:20)」というルートもあるようで、自家用車利用でない方は、乗り放題500円パスを買ったこのルートで楽しまれるのもいいのではないかと思いました。(正確なことは公式HPでご確認ください。)
c0060927_1152599.jpg


2008年は6月7日(土)~15日(日)に『2008年開成あじさい祭り』が、開催されるということで、丁度訪れたのは初日でした。花は「まだ少し早いかな」と言う人もいましたが、まあまあ、写真でご覧いただける程度には咲いていました。
c0060927_11522578.jpg


あじさい農道と呼ばれる田畑の周りを紫陽花がぐるーりと囲むように植えられています。とても広い範囲で、とても一周は無理と諦めた私達は、一辺だけを行って、同じ道を戻ってきました。それでも結構距離がありました。
c0060927_11524541.jpg


紫陽花といえば梅雨時の雨を思い浮かべることが多いですが、ここのように、用水路の横に咲いている紫陽花もいいですね。水が流れる音と紫陽花。あ、やっぱり水と関係があるということか。
c0060927_11534396.jpg


夜(19:00~21:00)にはライトアップされるそうで、そちらも見てみたかったのですが、今回は蛍鑑賞に充ててしまったので蛍を見終わって再度このあたりを通ったのが21:30頃でした。残念。また来年訪れてみようかな。
c0060927_1154553.jpg


ちなみに、あじさい祭り会場近くに「足柄 翁」という蕎麦屋さんがありました。「○△日は師匠のところへ行くので臨時休業の予定・・」のような貼り紙があったり、訪れた際に蕎麦が売り切れのために閉店とあったりしたので、もしや、と思ったら、やっぱり長坂の翁で修行された方が出された店だったそうです。来月長坂翁へ行ってみようと思っていたので、なんだかご縁を感じてしまいました。
c0060927_11543223.jpg


c0060927_11545323.jpg


c0060927_11551219.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
by natchan72 | 2008-06-07 15:30 | 08年6月神奈川ホタルプチ旅 | Comments(6)

タルトのペシュ湯河原店≪湯河原駅前≫

■ペシュ湯河原店≪湯河原駅前≫
http://shunyoutei.com/peche.html
神奈川県足柄下郡湯河原町門川497橋本ビル
0465-63-4161

c0060927_005926.jpg


去年の12月に「play of color」のオパールさんが紹介してくださった「熱海春陽亭」のキッシュ&タルトが通販再開という記事。そのときにすぐにHPをブックマークし、行ける機会を伺っておりました。

今回神奈川へプチ旅へ行くにあたり、ぜひともこちらのキッシュかタルトを頂きたいと。ただ、今回は昼食はお刺身を頂きたく思っていたので、フレンチの熱海春陽亭ではなく、湯河原駅前のタルトショップでタルトを購入するだけの予定で。
c0060927_012423.jpg


せっかくなので期間限定の商品を頂きたく、この日あった「甘夏」(330円)と「さくらんぼ」(300円)を購入。
c0060927_05109.jpg


「甘夏」はアーモンドスライスが入っていたように思いまして、サッパリしていて大変気に入りました。
c0060927_0102890.jpg


「さくらんぼ」の方はしっとりタイプのフィリングでパイっぽい生地も美味しかった~。
c0060927_0105346.jpg


硬くて甘いタイプのタルト生地は少し苦手な私ですが、こちらのタルトは生地まで美味しかったです。フィリングも自然な味でペロリといけました。
c0060927_0112553.jpg


これならホールでお取り寄せしてもペロリだわ~、なんて思いながら頂きました。オパールさん、美味しいお店をご紹介くださりありがとうございました。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

More(ペシュが入っている建物の写真)
by natchan72 | 2008-06-07 12:49 | 08年6月神奈川ホタルプチ旅 | Comments(4)

真鶴 磯料理専門店 正徳

■真鶴 磯料理専門店 正徳
神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1162-1
http://r.tabelog.com/kanagawa/rstdtl/14008084/

c0060927_21441321.jpg


「*ヨーコさん家の台所*」のヨーコさんが以前紹介してくださっていて以来憧れていた真鶴の正徳さんへ初めて訪れることができました。
c0060927_21435460.jpg


予約をした方がいいかなあと迷ったのですが、何時に到着できるかわからなかったこともあり、結局予約なしで。11時開店のようですが、10分ほど前に到着したらすぐに案内していただくことができました。
c0060927_21452465.jpg
席は2階で、座敷になっていました。温かいお茶は急須とポットが各テーブルに1つずつ持ってきてくれ、セルフサービスで入れる方式でした。濃くて美味しいお茶でした。


c0060927_2147146.jpg


c0060927_21573386.jpg


c0060927_21455752.jpg


正徳セット3,500円「サザエ、舟盛り刺身5種、さわらの西京漬、かれいの煮付、ご飯、味噌汁、漬物、抹茶アイス」を一人前。本日のオススメ品「かます塩焼き」(1200円)とご飯と味噌汁(漬物付)を単品で注文しました。

出てきたのは最初は「自家製烏賊の塩辛」。私は瓶詰めの塩辛は味が濃すぎてすきでないのですがここの塩辛はとても美味しくいただけました。
c0060927_21472962.jpg


c0060927_2156463.jpg


次に「もずく酢」が出てきました。磯の香りのするもずく酢という感じでお酢の具合も丁度よく美味しくいただきました。
c0060927_2215774.jpg


次は前菜(?)
c0060927_2291765.jpg


私が単品で注文した「かます塩焼き」ですが、思い描いていたのは「かますの開き」で、このように開いていない「かます」を見るのも初めて、塩焼きで食べるのも初めてでした。意外と身が柔らかめで、淡白な美味しさでした。
c0060927_22428.jpg


「サザエ」のつぼ焼きは、火は通っているので汁を温める程度にあぶって頂くそうです。身はワタまで一気に夫がペロリと食べ、私は汁を頂きました。
c0060927_2251312.jpg


c0060927_226577.jpg


舟盛りは個別に名前が付いていたのが大変嬉しい配慮。しかも、初めて食べるものもありました。
c0060927_22341711.jpg


(花鯛、かんぱち、めじまぐろ、ちかめキンキ、めだい)
c0060927_22345021.jpg


焼き魚は「さわらの西京漬」。「さわらの西京漬」は普段スーパーで買ったものをよく食べるので正直珍しくないなと思ったのですが、ごめんなさい!誤ります!身がコリ、プリっとして、めちゃくちゃ美味しい。いつも食べるのとは別の魚のようでした。
c0060927_22405811.jpg


「かれいの煮付」は煮汁が濃すぎずあっさりしていて美味しかったです。濃いのも美味しいですが、おかずが沢山あるので、これぐらいの味付けがいいと思いました。
c0060927_22412630.jpg


お漬物はこれが2人分。
c0060927_22423791.jpg


c0060927_22415796.jpg
こちらはご飯用のふりかけ。

乾燥わかめ、天然塩、カツオ粉、のような材料かな。

ちょっと塩辛いけど、味は良かったです。
レジ横でも売っていました。


デザートは抹茶アイス。これも手作りっぽい素朴な味で満腹でも有難く頂くことができました。
c0060927_2242546.jpg


c0060927_22434087.jpg
舟盛りを食べて見たかったので3500円のコースをひとつ注文しましたが、2人で分けても容量オーバーぐらいでしたー。他には花籠という料理が籠に数種類入っているものや、鯛づくしや、定食っぽいものもありましたので、2回目はそのあたりでもいいのかなと思ったりしました。


店の下では干物を売っていましたので、鯵と鯖みりん干しを買って帰りました。車にクーラーボックスを積んであるので、付けてくれた氷ペットボトルと一緒に入れて持ち帰りました。
c0060927_224321100.jpg


いやはや、おかげさまで存分にお魚を堪能することができました。ヨーコさん、ありがとうございました。

↓ここは真鶴駅から比較的近いところにある「魚伝」。10年ぐらい前にこちらで「あじたたきの まご茶漬け」を頂いたことがあるのを思い出しました。こちらも美味しかったです♪
c0060927_22512492.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

More(定食のメニュー写真はこちら)
by natchan72 | 2008-06-07 11:00 | 08年6月神奈川ホタルプチ旅 | Comments(8)

湯河原温泉 万葉公園足湯施設「独歩の湯」

湯河原温泉 万葉公園足湯施設「独歩の湯」
http://www.yugawara.or.jp/doppoinfo.htm

湯河原温泉ままねの湯の斜め前に「独歩の湯」という看板がありました。なんだか聞いたことがあるような、ないような。ひとまず行ってみることにしました。
c0060927_2346475.jpg


まあ、綺麗な清流!
c0060927_23462232.jpg


そう、この時期の湯河原は蛍の宴があるそうです。
c0060927_23514449.jpg


ただ、ここの蛍の宴は、湯河原温泉の旅館宿泊者向けと思われ、駐車場がないので遠方から車で行くのはちょっと難しいかもしれないなと思いました。(ままねの湯隣の駐車場がありますが、台数がそんなに多くないので停められる保障もないなと思いました。)
いい感じの遊歩道です。散歩って脳のリラックスにいいそうですね♪
c0060927_23574668.jpg


独歩の湯というのは足湯施設だったみたいですね!そういえば、テレビで見たことがあるのを思い出しました。町外の人も300円とは良心的価格♪
c0060927_001572.jpg


c0060927_042476.jpg


c0060927_04426.jpg


紫陽花も綺麗でした♪
c0060927_09839.jpg


いいお天気だったので、大勢の人が足湯を楽しんでいました。私たちは結局入場せず、お昼ご飯を食べに向かってしまいました。(食い気ばっか!笑)


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
by natchan72 | 2008-06-07 10:05 | 08年6月神奈川ホタルプチ旅 | Comments(4)

海老名SA下り線 ドーナツプラントにて朝食

■朝食<海老名SAドーナツプラントにて>

・・・今回のプチ旅は海老名SAで車中泊。朝7時頃に起きたのですが、駐車している車の数の多さもさることながら、切れ目ないぐらいに入ってくる車の列にもビックリ。海老名SA下り線人気恐るべし。

7:30になると開店する店がちらほらあるので、お互い好きなものを買って食べることにしました。夫は屋外店舗の「富士宮焼きそば」売り場へ、私はドーナツプラントへ。ドーナツプラントはJR新宿駅構内にあり、開店間もない頃に甘いドーナツをいくつか買ったことがあったのですが、いつでも買えるという気もあり、それっきりになっていました。

なのでベーグルを買ったのは初めて。マルゲリータピザベーグル(350円)を選びました。買う前は、値段が高いなあと思ったものの、生地がずっしりしていて半分ぐらいでお腹がいっぱいになるぐらい。

(↓ベーグルの裏側)
c0060927_2039201.jpg


ベーグルを食べ終わってもう既に満腹ではありましたが、甘いものは別腹、そして、新鮮なうちに食べてみたいと「海老名ドーナッツNYC(ニューヨークシティ)キャラメルチョコレート」(290円)を食べました。これは海老名サービスエリア(下り)限定の商品だそうです。塩味はきつくなくて、チョコレートも上品なコクがあり、しっとりした部分もあり、とても美味しかったです。
c0060927_20495936.jpg


ドーナツプラントのドーナッツやベーグルサンドは、無添加、無漂白の小麦粉や、有機栽培のサトウキビから作った砂糖などの自然素材を使い、ひとつひとつ丁寧にハンドメイドで仕上げられたものだとか。ベーグルもドーナツも美味しかった。さらに、静岡のお茶を使ったアイス抹茶ラテ(380円)もめちゃくちゃ美味しかった。

↓こちらは夫が買った肉まん。かなり大きくて2人でも大変なぐらいでした。(笑)
c0060927_20511081.jpg


c0060927_20512043.jpg


c0060927_20513514.jpg


海老名SA(下り)へは是非また訪れたいです~♪楽しい朝食でした~。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
by natchan72 | 2008-06-07 07:30 | 08年6月神奈川ホタルプチ旅 | Comments(10)