なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

北海道 川湯温泉 御園ホテル 宿泊記(温泉編)

■北海道 川湯温泉 御園ホテル 宿泊記(温泉編)

川湯温泉のお湯の良さは2002年8月に公衆浴場で入浴させていただいた時より知っており、今回いくつもある北海道ツアーのコースを選ぶ際には、川湯温泉に泊まるという点にも惹かれて選んだのでした。

川湯温泉のお湯というのは、特に関東の方だとよくご存知の(私が関西にいるときは随分な歳になるまでその存在を知らなかったけど)群馬県の草津温泉に似ていると思います。また、スキーなどをされる方だとご存知かもしれないのですが、山形県の蔵王温泉にも似ていると思います。簡単に言うと、酸性の(舐めると酸っぱい、肌がピリピリするような)硫黄泉です。硫黄の香り(ちょっと臭いような)は同じ成分が入っている温泉でも、その地方や源泉にもよるのですが、この御園ホテルのお湯はプンプンと硫黄臭(硫黄の香り♪)が匂っていました。

お湯の色は無色透明で湯口は黄色身がかった白色に変色。湯船も温泉成分で白っぽくなっているので、遠目には白濁しているように見えましたが、そういうわけではありませんでした。湯の花は少しあったような気がしますが、それを手に乗せて遊んだ、というほどの記憶がないので、少量だったと思います。

露天風呂に入っていた若い女性が、お湯の匂いを嗅いで「くっさ~い」と言いながら顔を湯に浸けていました!彼女にとっては「良薬顔に苦し」のような気分でお肌が綺麗になると思ったかしら?でも万一お湯が目に入ったらすごく染みると思うので、お湯のついた手で頬から下あたりをおさえる程度にとどめておいたほがよろしいかと。。。(笑)

内湯には白湯(水を沸かしたもの)の浴槽もあり、肌の弱い人や、石鹸で身体を洗いたい人(酸性泉はアルカリ性の石鹸が泡立たないので)は、そちらも利用できるような配慮もありました。

お風呂はチェックインから翌朝9時まで一晩中入浴可だったので、私は夜と朝一度ずつ入りました。夜の露天風呂で上を見上げると、粉雪がライトに照らされて、ダイヤモンドダストのように見えました。これはとっても幸せな気持ちになりました。

宿泊者向けかもしれませんが、川湯温泉にある加盟ホテルのお風呂に3箇所入れる湯めぐり手形もあるようなことが部屋にあった案内に書いてありました。この宿は日帰り入浴もできるそうですので、もし北海道のこの地域へ行かれたら是非立ち寄ってみられてはいかがでしょうか。

では写真を。大浴場は湯気がモクモクで写真が撮れなかったので露天風呂だけですが。

↓手前から奥を見たところ。
c0060927_2323683.jpg


↓奥側から手前を見たところ。
c0060927_2254428.jpg


↓湯口
c0060927_22544589.jpg


↓下から見上げた写真なので分かりにくいですが、斜めの木製のひさしがついていました。
c0060927_22562517.jpg


↓太夫さんが話されていたネットとはこのことかな?
c0060927_22573866.jpg


●こちらは玄関横にある足湯。
c0060927_22565556.jpg


(おまけ)玄関先にあった氷を利用したキャンドルライト
c0060927_2258645.jpg



↓御園ホテル公式HP
http://www.misonohotel.com/



源泉名:御園ホテル1号泉他1本・混合泉
湧出形態:自然湧出
泉温:54.1度C
湧出量:260L/分
源泉所在地:北海道川上郡弟子屈町川湯温泉3-1-20
泉質:ナトリウムー硫酸塩泉
(HP記載)硫黄泉《酸性・含硫黄・鉄(Ⅱ)・ナトリウム・アルミニュウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)》(低張性・酸性・高温泉)
pH:1.98
循環の有無:完全放流式(毎日入替)・塩素消毒なし
新湯:毎分200L注入 左記注入量で満たされるまでの時間:2時間26分
加水加温:なし。2種混合(高温低温)の湯量で適温
c0060927_2313071.jpg


by natchan72 | 2008-02-07 19:30 | 温泉 | Comments(11)
Commented by 太夫 at 2008-02-20 22:58 x
ぼくが行った時は、上・左右すべてネットに囲まれていたのです。
虫かごの中で入っているような感じでした。
女房に聞いたら女湯はネットがなかったようなことを言ってましたが、どうも信用できません。
Commented by natchan72 at 2008-02-21 13:10
>太夫さん
なるほど、もっとネットが張り巡らされていたのですね。雰囲気が悪くなるのは仕方ないですがアブに刺されるよりは有難い配慮と思いましょうか。黒部渓谷方面の宿も夏場はそのようにしてあると書いてあるレポを読んだことがあります。川沿いはどうしてもアブがね~。
黒部といえば太夫さんは黒部ダム方面は行かれたことあります?私は富山自体一度も足を踏み入れたことがないのです。そのうち行ってみたいなあと思っていまして。
Commented by kago-fp at 2008-02-21 22:18
ひと晩中、入浴可のところって好きです。夜中に入ってみたり
すると、なんだかいいんですよねー。ゆったりとして。
そこに粉雪とは、きれいでしょうねえ。
氷のライトがとてもすてきですね。
Commented by natchan72 at 2008-02-22 13:45
>レイコさん
そうなんです。こちらの宿、チェックインから翌9時まで入浴可で、9時以降にお湯を抜いて掃除して2時間半かけてお湯を張るんだそうです。24時間1週間近くお湯を循環したままいれっぱなしで一晩中入浴可のところはよくあるのですが、こちらのように毎日お湯を入れ替えでかつ一晩中というのが素晴らしいと思いました。勿論湯量豊富な温泉だからこそできることなのですけど。氷のキャンドル立ては初めて見ましたがいいものでした。雪国では雪国らしい装飾がイベントがあっていいものだなあと思いました。地域らしさっていいですね。
Commented by snowy_opal at 2008-02-22 19:49
上から見てきたんですが、このホテル、本当に良さそうですねぇ。氷のキャンドルライトも癒されるわ~。温泉、気もち良さそうっ!

あ、そういえば、ご主人様のカメラ、D40とおっしゃてましたよね。我が家は、夫が40D(キャノン)なんです。で、私がコンデジ。うふふ。似たような雰囲気でありましょうか(^^)
Commented by 太夫 at 2008-02-22 22:16 x
実はおととしのパックツアーが黒部でした。
最終日に上高地にまで行ったのですが、晴れ男としたことが、ひどい豪雨にやられて、河童橋に行くのさえ断念しました。

上高地に行ったのに河童橋に行かなかった、なんて話って聞いたことがありませんよね。
Commented by natchan72 at 2008-02-23 01:26
>オパールさん
川湯温泉の御園ホテルは平成15年にリニューアルしたそうで、新館は新しいのですが、本館にあるお風呂の大浴場浴室はちょっと古めかしいかもしれません。脱衣所の清掃は問題ありませんでしたけど。あと、私は訪れたことがないのですが、知り合いは「川湯グランドホテル アレックス川湯」もいいと言っていました。
http://www.gh-alex.com/

カメラの持ち方、似ていますね♪♪ あ、ニコンは今日D60が新発売されていました。
http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d60/index.htm
うちで購入したエントリーモデルのD40Xより、機能がアップしたものだそうです。私のコンデジは去年秋ぐらいまではカシオのエクスリムでしたが2年使って電池が全然持たなくなってきたので、ニコンのP5100に買い換えました。
http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/compact/coolpix/p5100/index.htm
エクスリムより大きくなっちゃったんですけどね~。
Commented by natchan72 at 2008-02-23 01:30
>太夫さん
わあ、一昨年黒部と上高地へ行かれていましたか!いいな~。私は上高地へも一度も行ったことがないんですよ~。予め予定していく旅行は雨になることもあって残念ですけどどうしようもないんですよね~。私も去年の秋田竿灯祭りは小雨の中で、中止になるか五分五分だったとか。太夫さん長崎くんちとか、阿波踊りとか、おわら風の盆とかは行かれたことあります?
Commented by ONKEN21 at 2008-03-26 23:20 x
なっちゃん、今回の北海道&東日本パスの旅で入った温泉の話、忘れてました。川湯温泉は十数年前に公衆浴場に入ってますが、今回は入っていません。この旅では北海道4ヶ所(宿泊2、日帰り2)と青森2ヶ所(日帰り)入ってきました。北海道で泊まったところは「くしろ湿原パーク憩の家かや沼」とめまんべつ温泉「ホテル山水」。日帰り入浴したところは帯広の「ホテルボストン」と札幌の「森林公園温泉」、青森の「八戸温泉駅前旅館」と「つくだ温泉ゆ~ぽっぽ」でした。すべてかけ流しです。宿泊はゆっくりできましたけど、日帰りは乗り換え時間1時間前後を利用したので入浴時間10分程度の烏の行水、結構忙しいかったです。すべてかけ流しです。
Commented by ONKEN21 at 2008-03-26 23:23 x
青森県の「八戸温泉駅前旅館」(600円)は文字通り八戸駅から徒歩5分程度の近さ、そこから少し行けば「はちのへ温泉」という同源泉の390円の公衆浴場があります。薄茶褐色の濁り湯で白い成分が浴槽縁に付着しています。
東青森駅から歩いて10分位の「つくだ温泉ゆ~ぽっぽ」は外観が子供騙し風で引きますが、お湯は茶褐色の濁り湯ですばらしかったです。390円。
帯広駅徒歩15分の「ホテルボストン」(500円)はG氏も絶賛してましたけど、紅茶色が美しく、お湯の中は気泡で白っぽくなるほど。肌が強烈にヌルヌルし、泡がたくさん付きました。最上級のモール泉でしょうね。
かや沼は無色透明の塩辛いお湯ですが、露天風呂から眺める木々の間の茅沼がきれいでしたね。宿の庭や茅沼駅にいた丹頂鶴に感激。
女満別のホテル山水はスーパー銭湯風の「美肌の湯」に入りに行く、外湯形式。ここはやや黄緑色ぽく、石鹸は全くききません。
札幌市厚別区にある漸新なデザインのスーパー銭湯「森林公園温泉」は何と東京の黒湯とそっくりで墨のように真っ黒の湯でした。北海道で黒湯に出会えるとは驚きです。東京とその周辺以外で黒湯に入ったのは初めてかも。残念ながら4/13を以って閉館となります。
Commented by natchan72 at 2008-03-27 16:49
>ONKEN21さん
電車で行かれたのに沢山の温泉に入られましたね♪下調べが大変だったでしょう!素晴らしいです。

「くしろ湿原パーク憩の家かや沼」は未湯です。近くの「湿原温泉 湯元 鶴乃家」は既湯なのですが。かや沼さんのHPによると、「釧路湿原国立公園で唯一の天然温泉」と書いてありますね。鶴乃家さんは敷地内の独自源泉なので、また違う温泉みたいですね。続けて入ると違いがわかりやすいかな?

帯広の「ホテルボストン」は私も迷ったのですが、そこではなく「帯広温泉 アサヒ湯」の方に入りました。こちらも泡つきの良いお湯でよかったです。お湯が空気に触れると劣化するからと、湯口が湯船中にあるのを思い出します。場所は少し離れますが、似たような系統でとても評判がいいのは「丸美が丘温泉ホテル」と「別海温泉 公衆浴場 清乃湯」ですね。

札幌の「森林公園温泉」は未湯で閉店になるとは残念です。青森の「八戸温泉駅前旅館」と「つくだ温泉ゆ~ぽっぽ」も未湯ですね~。

東京の黒湯に似た温泉では、青森の「東北温泉」が印象深いです。私もそこに入ったとき、青森にも黒湯があるとは思っていなかったのでビックリしたのを思い出します。