なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

■昼食<博多旅>天ぷらひらお 天神店

■昼食<博多旅>天ぷらひらお 天神店
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40004474/

西鉄福岡天神駅徒歩3~4分の「天神東宝ビル 1F」にある天ぷら屋さんです。私たちは地下鉄空港線から行きましたのでもう少し時間がかかりましたが。テレビ(ケンミンショー)で見て知ったお店で、テレビでは別の店舗が映ったと思いますが、何軒かあるとのことで検索したら、公共交通機関で行きやすそうなお店がここかなと思い、伺いました。この便利な場所の店ですが、天神東宝ビルが閉館するとのことで、2017/3/31で閉店なのだとか。所有者の建替え検討に伴う閉館だそうですが残念なことです。
c0060927_21515048.jpg
c0060927_21492825.jpg
さて、こちらの店舗ですが、10:30から営業で、開店前から行列とか、開店直後に満席とか、なにせ混み合うような話を聞くにつれ、30分ぐらい前に到着しておきたいと10時過ぎを目指して伺いました。店の外に券売機があり、10:30にその券売機の電源を入れてくれるまではただ店の前で待つ感じでした。
c0060927_21493109.jpg
「お好み定食」(880円)と「あなご 単品」(220円)の計1,100円×2人分の食券を購入して入店。音楽は歌謡曲がかかっていました。

カウンターがコの字型になっていて、その中が厨房です。席はカウンター奥から詰めて座るように指示されますが、カバンやコートを置く場所がないから困りました。(カバンかけのフックのみあり)待つ人はカウンターの後ろの席に座って、それより待つ人がいれば外に並びます。

テーブルの上には自由に食べて良いおつまみがあります。角切り大根の煮物、昆布の煮物、もやしのナムル、国産イカの塩辛。これとご飯だけでも定食になりそうな立派さに頭が下がります。そりゃ人気も出るよなあ。
c0060927_21495602.jpg
c0060927_21495661.jpg
c0060927_21495907.jpg
c0060927_21502017.jpg

天婦羅を置くバットと、濃い色のツユにたっぷりの大根おろしが入った器が目の前に置かれ、それとは別にお好みで、3種(カレー、抹茶、紫蘇?)の塩をつけて食べることも可能です。
c0060927_21504342.jpg
c0060927_21503800.jpg
c0060927_21505999.jpg
c0060927_21510116.jpg

揚がった順番に天ぷらが置かれます。当日の順番は、白身、単品穴子、豚肉、海老、安納芋、茄子、烏賊、ピーマンというもので、お味噌汁は豆腐入で麦みそなのか白っぽい味噌汁でした。
c0060927_21512396.jpg
c0060927_21512902.jpg
c0060927_21513057.jpg
c0060927_21513608.jpg
c0060927_21513751.jpg
c0060927_21514581.jpg
c0060927_21514222.jpg
衣はそこそこの厚みがあり、豚肉などネタ自体が大きいこともあり、正直穴子の単品は私には多すぎたかなあと思いました。でも油物が好きな同行者は生ビールを飲みつつ、全然平気な顔で平らげていたので、一般的にはそこまで多い量ではないのかもしれません。私は揚げ物の時に冷たい飲み物は胃が受け付けないので飲まずでした。

あ、そうだ、野菜が3種入る定食だったのですが、そのうちの一品が大きなカットの安納芋で、甘くておいしいのですが、たっぷりの天ぷらの途中で甘いものを食べたのも途中でギブアップしそうになった一因だったかもしれません。ピーマンは美味しかったです。

ともあれ、すごくお安くて、すごい店だというのは実感できました。今度また他の店舗でいただく機会があれば、一番小量な定食をいただきたいと思います。ご馳走様でした。それにしても烏賊の塩辛が美味しかったなあ。
by natchan72 | 2017-01-27 10:30 | 2017年1月博多旅 | Comments(0)