なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

赤坂うまや新宿

■赤坂うまや新宿
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13170874/

新宿駅南口から南新宿方面、甲州街道の一本内側を入ったところの左側。JR九州ホテルズのホテル1階にあり、入口は歩道に面しています。西新宿方面での所用の帰り、「カフェ・ハイチ 新宿二号店」で昼食を食べたあと、新宿駅へ向かう途中で新しくできているのに気付いて(2014/8月オープンだそう)足を止めてみました。
c0060927_22195788.jpg



c0060927_22201016.jpg



宿泊者用の朝食会場にもなっているそうですが、一般客向けにカフェ営業もしていると外に書いてあったので、入ってみることに。土曜日の15時過ぎに一人で訪問。入ると左側にレジとコーヒーを淹れると思われるスペースと店内で提供するお菓子のショーケースが。右側が朝食や夕食に利用すると思われる場所とカフェに使用するテーブル席が、一番奥は個室として使えそうなスペースもありました。
c0060927_22202188.jpg



「赤坂うまや」といえば、三代目 市川猿之助さんディレクションのお店とのことで、2008/4月に赤坂へ伺ったことがあり、値段が高いのはさておき、内容にはそこそこ満足した印象があったので、結構期待しての訪問です。

こちらの店舗は、ミカフェートという会社( http://www.mi-cafeto.com/ )とコラボレーションしているそうで、ブレンドコーヒーの他、コーヒーハンターズというくくりで4種のコーヒー、プルミエクリュカフェという名称でブルボン・ナチュラルというコーヒー(1,000円)というのもありました。ブレンド以外のメニューには、焙煎度、ボディ、酸味が5段階表示されていて、期待が高まります。私は「ラグリマ・デ・アンデス・ライト」(アルディアーノ・デルガード農園/ペルー)(600円)を注文。

甘味は4種ありました。「うちのたまごケーキ」(450円)、「うちのたまごプリン」(650円)、「アーモンドプリン」(650円)、<季節商品>ビエネーズサンドウィッチクッキー(350円)。私はこの中から「うちのたまごケーキ」(450円)を注文しました。

店内は中ほどのスペースを夕食会場の準備なのか、テーブルや椅子の移動をされていて、少し衝立はあるものの、なんだか落ち着かない雰囲気でした。コーヒーを1杯ずつ淹れてくれているのか、店内は空いていた割には提供までにかなりの時間がかかりました。

やっときたコーヒーですが、コーヒーハンターという副題がつき、「ラグリマ・デ・アンデス・ライト」(600円)という値段にも拘わらず、コーヒー皿(ソーサー)の余白部分にプラ容器のコーヒーフレッシュと最近よく見かける塊の砂糖がそれぞれ1個ずつ置いてあるのにはびっくり仰天。(ブラックで飲むから関係ないといえば関係ないんですが)。しかも写真を見てもらったらわかるように、持ってくるときにこぼしてそのまま・・・。これはひどいなあ。コーヒーは浅煎りで酸味もあって好みの味でしたが、その他の点は残念なのでした。
c0060927_22211930.jpg



c0060927_22214452.jpg



c0060927_22215180.jpg



「うちのたまごケーキ」(450円)は、福岡か佐賀県産の小麦粉、高千穂バター、佐賀県産の米飴、こだわりたまごを作った長崎カステラのような見た目と口当たりという解説がメニューに書いてありましたが、私の感想としては、ポソポソした食感に思え、とても甘くて、長崎カステラというよりは、東京名物の「ナボナ」みたいと思いました。それに、450円もするのに袋から出して半分に切ってお皿に出しただけで、生クリームホイップも付かないで、フォークがお皿に既に載せられた状態で供されるってどうよ・・って思ってしまいました。
c0060927_2222066.jpg



なんだか提供されたものが非常に残念だったので、急いで食べてそそくさと帰りました。JR九州ホテルズがやっているだけあって、レジでは交通系のICカードで支払えるのが便利でした。斜め前あたりにドトールとセガフレードザネッティがありますが、あちらはタバコが臭いので、こちらは禁煙なのがメリットかな。

宿泊しての朝食であれば、満足度もそれなりに高そうな気はしますが、カフェタイムはちょっと微妙かなあと思いました。
by natchan72 | 2015-04-11 15:14 | スィーツ&パン&カフェ&コーヒー