なっちゃんのダイニング

natsuhome.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

十万石ふくさや 草加店

■十万石ふくさや 草加店
http://r.tabelog.com/saitama/A1102/A110203/11024224/

イオンモール川口キャラへ買い物に行った帰り、急に夫が「あの有名なCMの十万石まんじゅうって食べたことがないよね~。一度食べてみたいよね~。」と言い出しました。なぜかというと、尺八の音楽と川のせせらぎ音に続き「うまい うますぎる 十万石まんじゅう」というナレーションが入る、埼玉県内を中心に放映されているテレビCMが印象的な商品なのです。

会社名は「十万石ふくさや」と言い、埼玉県行田市に本社があるそうです。2010/5月現在の店舗数は38店舗。HPによると、行田本店の他に、行田水城公園店、ベイシア行田持田店、羽生店、加須店、かぞマイン店、ベイシア栗橋店、白岡店、久喜イトーヨーカドー店、幸手店、本庄店、上柴店、深谷店、サングリーン店、熊谷店、八木橋店、熊谷AZ店、太田店、尾島店、ベイシア寄居北店、吹上店、鴻巣店、北本店、桶川店、東松山店、鶴ヶ島若葉店、ベイシア日高店、上尾アリコベール店、大宮別所店、大宮櫛引店、そごう大宮店、与野本町店、大和田店、七里店、岩槻店、春日部店、草加店、八潮店があるそうです。

イオンモール川口キャラから車で向かうとすると、与野本町店か草加店が距離的に近そう、その後、家に帰るルートを考えると、草加店が適しているとカーナビに目的地をセットしました。もう夕方でしたし、以前旅行帰りにベイシア寄居北で「本日の十万石まんじゅうは売り切れました」と札が出ていたのを見た経験があったので、草加店に電話して「まだ十万石まんじゅうは残っていますか?」とお聞きしたところ、取り置きしておいてくださるという親切なお申し出。そこで安心して車で30分ほどかけて向かいました。
c0060927_23515259.jpg


路面店の綺麗なお店でした。駐車場は店のまん前に。傾斜があるので若干停めにくいかも。川越が本店の「くらづくり本舗」さんの路面店にも似たような雰囲気です。バラ売り商品も色々あったので、カゴに入れながら選びました。

「十万石まんじゅう」
→ついに憧れの十万石まんじゅうにご対面できました。新潟県産コシヒカリの粉を使ったという白いしっとりした薄い皮からは、ほんのり山芋の香りがし、優しい甘さの漉し餡が中に入っています。甘いものが苦手な人でもこれなら食べられるかもしれない甘さ。冷蔵庫で少々冷やして食べるのも私は好きでした。日持ちは4~5日だそうです。
c0060927_2352776.jpg


c0060927_23522132.jpg


c0060927_23523615.jpg


「小倉十万石最中」
→基本こし餡の中に少々粒のある餡で、かなりの甘さ、砂糖成分かと思いますが、結晶のような食感もあって、私には若干甘すぎたかなあ。
c0060927_2356885.jpg


c0060927_23531510.jpg


c0060927_2353267.jpg


「はにわさぶれ」
→行田らしい商品に一目ぼれしました。味は、アーモンドプードルをたっぷり使った、サクッとした食感で、予想より気に入りました。
c0060927_2353433.jpg


他は↓のようなものを買いました。
c0060927_235420100.jpg


c0060927_2354331.jpg


c0060927_23551790.jpg


c0060927_2355282.jpg


c0060927_23554650.jpg


帰宅後HPを見ると「蓮の実甘納豆」(行田は蓮の花でも有名なので)、「彩の国ぽてと」(紅あずまに生クリームをたっぷり使ったものらしい)、「幸たま」(自家炊きカスタード入りのもの)などにも興味があるなあと思いました。また訪問する機会があれば、これらもぜひ試してみたいです。
by natchan72 | 2010-09-13 23:24 | スィーツ&パン&カフェ&コーヒー | Comments(0)